見習いトレーナー必見

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 見習いトレーナー必見 】

—————————————————

近況

北風が寒いですね^^

それでも近所の森を歩いていると枯葉の間から木漏れ日が
射してきて暖かさを感じます。

犬の散歩にはもってこいの季節になりました!

—————————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 見習いトレーナー必見 】

—————————————————

本文

前回からまた間が空いてしまいました。

すいません。

さて前回はホームページも持たず、車の運転ができない
のでチヤリンコで近所のお客様のお家にお伺いすること
しかできない出張トレーナーがなぜ引っ張りだこの伝説
のトレーナーになることができたのかと言うお話でした。

今日はその真相に迫ってみたいと思います。

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/kNBTS

—————————————————

太田さんは学生時代に盲導犬の訓練士になりたくて盲導犬
の訓練士になる方法を探して色々と情報を収集された
そうです。

しかし盲導犬の訓練士の募集はどこの協会もほとん無く
あっけなく盲導犬の訓練士になる夢は破れたのだそうです。

そして犬とは全く関係のない普通の会社に就職し、その後
社内恋愛の末、めでたくご結婚をされました。

ご結婚後も数年間、会社に務められたそうですが、ある
タイミングで円満退社され、主婦となりました。

そしてある程度時間に余裕が出てくると、昔の夢だった
盲導犬の訓練士の夢を思い出されたそうです。

何気にパソコンを見ていた時にふと目についたのは盲導犬
ではなく犬のスペシャリストを養成する専門学校でした。

すぐに彼女はその学校に資料請求をし見学に行きました。

その時にその学校でトレーニングの授業を担当していた
のが森山だったのです。

森山はその学校で講師としてドッグトレーニングを教えて
いたのです。

当時の森山はすでにパピーナーサリーを経営していてその
学校の生徒さんたちは森山が経営するパピーナーサリーに
研修生として参加することができました。

太田さんはすぐにパピーナーサリーに研修生として参加し
たのですがそのまま、パートタイムのスタッフとして
プレイボゥで働くようになったのです。

彼女は東京都のはじっこにある葛西と言うところから
これまた東京都の反対側にあるプレイボゥに通っていた
のですが片道2時間近くかけてせっせと通っていたのです。

もともと犬が大好きでトレーニングに興味があった彼女は
その真面目な性格もあったのですがめきめきと頭角を現し、
短時間でプレイボゥの中でも1~2を争うトレーナー
に成長していきました。

当時、森山は現役トレーナーとして現場で働いていたの
ですが森山がトレーニングをしているとふと視線を感じる
事があります。

はっ!として振り向くとそこには彼女の視線があるのです。

彼女はいつもじっと森山のトレーニングを見ていました。

森山は当時からあまりスタッフにトレーニングを教える
ことはせず見て覚えなさいと言うスタイルでした。

そのスタイルは森山がイギリスで師匠であるフィリッパの
トレーニングを学ぶ時に用いた方法です。

森山は
フィリッパが行うトレーニングやデモンストレーションを
ビデオに録り、帰国してから何回も何回もビデオが擦り
切れるくらい見てフィリッパの動きやしゃべる内容を
覚えていきました。

ある意味、森山はフィリッパのトレーニング方法を完コピ
していたのです。

数年前、久々にイギリスのフィリッパの所でトレーニング
研修を受けたとき、フィリッパの動きと森山の動きが全く
同じだたことに自分でもびっくりする程でした。

最近は「教えてもらわないとできない」と言う若者が
増えているようです。

ある意味、ゆとり教育の影響かも知れませんね。

森山はそんな若者に「教えてくれる人がいなくなったら
貴方はどうするのですか?」と聞きたくなります。

そうだとしたら教えてくれる人がいなければ、貴方の成長
は止まってしまうということになってしまいますよ。

最近の若者にもう一言、最近の若者は分らなければ聞く
と言う事ができないようです。

最近の若者はテレビやパソコンの普及で分らないことは
ネットで調べるという習慣が強いようです。

ですから先輩や上司に「聞く」「相談する」と言う事が
できていないようです。

とにかく自分でやってみて(これが大前提です)工夫し
それでも分らなければ先輩や上司に聞いたり相談したり
と言う事をやってみれば良いと思います。

太田さんは森山のトレーニングを見て、自分で考えて
工夫し、それでも分らないところは聞いてくると言う
スタイルでした。

とにかく彼女は持ち前の向上心で素晴らしいトレーナー
として成長して行きました。

続く!

バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

—————————————————-

スクール説明会常時開催中!詳しくはこちら↓↓↓↓↓

http://playbow-dogtrainers-academy.com/seminar.php

—————————————————-

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT理事

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

犬と一生一緒宣言

愛犬を迎えたら一生一緒に暮らす。
それが当たり前の社会であって欲しいですね。

ぜひ、Facebookで「いいね!」を押してください。
https://www.facebook.com/withdogs

—————————————————-

無添加で安心な愛犬の本当の食事
「ドッグトレーナーがすすめる手作りフード」
http://playbow-food.com/

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接お返事させて
いただきます。また、こんな内容の記事を書い欲しいとの
ご希望も受け付けています。

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒153-0063
東京都目黒区目黒2-15-15岡地ビル2F
Tel:03-5734-1711
E-mail:school@playbow.jp
HP:http://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-