ご褒美の効果

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 ご褒美の効果 】

—————————————————

本文

犬のトレーニングの基本に4コマンドのと言われるもの
があります。

それは、シット、ダウン、ヒール、カムの4つの指示語
です。

森山の持論ですが、この4つが完璧にできていれば問題
行動と言われるものは殆どなくなります。

ようするに、マテと言われたらリードを引っ張っていく
事もできません。

他の犬に攻撃しに行こうとしてもカムと言われれば飼い主
の方に戻らなければなりませんから攻撃もできません。

ですから、犬の問題行動を治すときは必ず4コマンドと
言われる基礎トレーニングを並行して行っていきます。

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/kNBTS

—————————————————

Kさんと花ちゃんの場合もこの基礎トレーニングを並行
して行っていきました。

花ちゃんには、基本的なコマンドはクリッカーを使って
教えていきました。

Kさんはトレーニングが始まった最初のころクリッカ―
トレーニングに慣れるまでかなり練習を積まれした。

実は森山はその事実を知らなかったのです。

森山がクリッカーの使い方をお伝えするのですが、既に
60歳を過ぎたKさんは当初タイミングよくクリッカー
を鳴らすことが出ませんでした。

そしてKさんは森山に言われた通りにできない事を相当
悔しがっていらっしゃいました。

その後、だいぶ経ってからですが、ご主人から「彼女は
ね、根っからの負けず嫌いなんで森山さんが帰ってから
すっと練習しているのですよ」と仰っていたのがとても
印象的でした。

以前にも書きましたが森山は通常50歳を過ぎた
クライアントにはよほどのことがない限りクリッカー
トレーニングはお勧めしていません。

しかし初回のカウンセリングの時、森山は通常の60歳
とは思えないKさんであれば何とか頑張ってくれるので
はないかと思っていたのです。

そしてKさんは森山の期待に応えて見事にクリッカーを
使いこなせるようになって下さったのです。

ですから、花ちゃんはシットもできるしステイもできる
ようになっていました。

しかし、いつでもどこでも出来るというレベルでは
ありません。

出張トレーニングと言うのは最初は犬の気が散る物が
少ない自宅の中で行います。

そしてある程度それができてきたら少しづつ刺激が多い
お庭や家の前の道路などで行っていきます。

最終的には人がいても他の犬がいても飼い主さんに集中
できるようにするのが目的です。

花ちゃんが家の中でもトレーニングに集中できるように
なってきたので森山はトレーニングの場所を家の外に
移しました。

Kさんのご自宅は閑静な住宅街の中にありますので家の
周りにはそれほど車が走っている状況ではありません
ので万が一のトラブルの時も比較的安全です。

しかも、すぐそばにトレーニングにはうってつけの公園
もあります。

今度はその公園でKさんとトレーニングを始めました。

トレーニングは午前中に行っていたのですが、公園には
近所の奥様達が小さなお子さんを連れて遊びに来ます。

ですから花ちゃんはその子たちが気になって仕方がない
のです。

かといって子供たちは、花ちゃんにちょっかいを出して
くる訳でもないのでトレーニングをするには格好の刺激
になってくれます。

その公園でクリッカーを使ってお座りやマテなどの基本
トレーニングを行います。

しかし、それが子供たちが気になって中々難しいのです。

そこで森山はクリッカーのご褒美を玩具に変えました。

例えば、花ちゃんにお座りマテをさせうまく出来たら、
通常はクリッカーを鳴らしてご褒美に食べ物を与えます。

しかし今回はご褒美におもちゃを使って引っ張りっこの
遊びを取り入れました。

食べ物のご褒美は、食べてしまえば一瞬でなくなって
しまいますが、玩具は遊んでいる限りなくなりません。

ですから花ちゃんの集中力をこちらに引き付けておくの
に最適なのです。

そして玩具は、遊び方を工夫することでさらに集中力を
増してくれます

このトレーニングを続けることによって花ちゃんは子供
達を気にすることなくKさんに集中してトレーニングを
する事ができるようになりました。

続く。

バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

—————————————————-

スクール説明会常時開催中!詳しくはこちら↓↓↓↓↓

http://playbow-dogtrainers-academy.com/seminar.php

—————————————————-

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT理事

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

犬と一生一緒宣言

愛犬を迎えたら一生一緒に暮らす。
それが当たり前の社会であって欲しいですね。

ぜひ、Facebookで「いいね!」を押してください。
https://www.facebook.com/withdogs

—————————————————-

無添加で安心な愛犬の本当の食事
「ドッグトレーナーがすすめる手作りフード」
http://playbow-food.com/

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接お返事させて
いただきます。また、こんな内容の記事を書い欲しいとの
ご希望も受け付けています。

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒153-0063
東京都目黒区目黒2-15-15岡地ビル2F
Tel:03-5734-1711
E-mail:school@playbow.jp
HP:http://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-