人間とコンタクトを取りたがる犬種

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 人間とコンタクトを取りたがる犬種 】

—————————————————

本文

前々回からドッグトレーナーの相棒である愛犬の選び方
についてお話しています。

前回は森山の愛犬であるゴールデンレトリバーのお話
でした。

ゴールデンレトリバーは人間の指示に従うように作られた
犬なので相棒にするにはうってつけの犬種ですよ!

と言う事でした。

しかしゴールデンレトリバーは大型犬になりますので
いかにドッグトレーナと言えども日本の住宅事情では
大型犬を飼う事は難しいケースもあるでしょう。

次におすすめな犬種は・・・

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/kNBTS

—————————————————

スパニエル種、もしくは牧羊犬です。

どちらもレトリバーと同じように人間の指示に的確に
従うように作られた犬種です。

まず、スパニエルですが、日本で有名なスパニエルと
言えばAコッカースパニエル、Eコッカ―スパニエル
キャバリアキングチャールズスパニエルぐらいかと
思います。

この犬種のお仕事ってなんだか知っていますか?

これを知っていたらあなたはかなりの犬マニアですね!

スパニエルの主な仕事はフラッシングと言ってブッシュ
の中に潜んでいるキジやウズラやシギなどを飛び立たせる
お仕事をしていました。

そして飛び立った鳥をハンターが撃ち、撃ち落とされた
鳥を回収するところまで行います。

ですからスパニエルのお仕事はフラッシングと回収なの
です。

そういった意味ではお仕事的にはレトリバーと似ている
感じです。

ですからイギリスではスパニエルはとっても人気犬種
なんです。

相棒にするなら結構いいかもですよ!

ちなみに森山の師匠のフィリッパはワーキングコッカ―
を飼っていてデモ犬に使っています。

さて次は牧羊犬です。

あなたも牧羊犬が羊を集めているところをテレビなどで
一度や二度は見たことがあると思います。

森山はイギリスで実際にボーダーコリーがお仕事をして
いる所を見てきました。

森山が見たのは相手が羊ではなくアヒルだったのですが
これがまた見事で「う~~ん」と思わず唸ってしまい
ました。

そこはイベント会場でボーダーコリーのシープドッグ
ならぬアヒルドッグショーをやっていたのです。

約10メートル間隔で6個のパイロンが置いてあります。

ハンドラ―はボーダーコリーをホイッスルと言葉で巧み
に操ってそのパイロンの間をアヒルがスラロームで帰って
くるようにボーダーコリーをコントロールしてアヒルを
操るのです。

これはすごいですよ!

森山もこれほどすごいシープドッグのコントロールは
始めてみましたので度肝を抜かれました。

森山はその映像を録画してきて、何回も見直しましたが
何と犬はハンドラ―のホイッスルの音に完璧に従って
いるのですよ。

ですからボーダーコリーも人間とのコンタクトを大切に
していますがボーダーコリーの特徴は羊に集中しながら
でも人間にコンタクトできると言う事です

ボーダーコリーは一日中羊に集中して機敏に動き回り
羊を操る能力と体力を持っています。

ですからボーダーコリーと言う犬種はスポーツ万能、
集中力は底知れずと言った感じの犬種です。

日本でもボーダーコリーを相棒にしているトレーナーは
多いですね!

そのような意味ではボーダーコリーはドッグトレーナー
が飼うのなら面白い犬種だと思いますが、決して犬を
飼う初心者にはお勧めしない犬種です。

だって初心者マーク付けたフェラーリなんて見たこと
ないでしょ!

犬を飼う初心者がボーダーコリーを飼うと言う事は、
車の運転の初心者がフェラーリに乗るようなものだと
フィリッパがよく言っていました。

さてスパニエルもボーダーコリーも小型犬ではありません
からやっぱり日本の住宅事情では難しいのかな!

それにしても何故、日本のマンションって大型犬、不可
なんでしょうね!

バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT事業企画委員

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

犬と一生一緒宣言

愛犬を迎えたら一生一緒に暮らす。
それが当たり前の社会であって欲しいですね。

ぜひ、Facebookで「いいね!」を押してください。
https://www.facebook.com/withdogs

—————————————————-

無添加で安心な愛犬の本当の食事
「ドッグトレーナーがすすめる手作りフード」
http://playbow-food.com/

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接お返事させて
いただきます。また、こんな内容の記事を書い欲しいとの
ご希望も受け付けています。

森山mail: school@playbow.jp
—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒153-0063
東京都目黒区目黒2-15-15岡地ビル2F
Tel:03-5734-1711
E-mail:school@playbow.jp
HP:http://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-