ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 広報・マスコミ 【PRESS RELEASE】 ドッグトレーナーのためのシニア犬問題行動対応コースを新設

【PRESS RELEASE】 ドッグトレーナーのためのシニア犬問題行動対応コースを新設

報道関係各位

2015年3月24日

ドッグトレーナーのためのシニア犬問題行動対応コースを新設
PLAYBOWドッグトレーナーズアカデミー×ペットケアサービスLet’s共同開催

 

ドッグトレーナー養成スクールを運営する株式会社プレイボゥ(本社:東京都目黒区、代表:森山 敏彦)は、犬のデイケアやトレーニングを行うペットケアサービスLet’sを運営する有限会社PAO(本社:東京都江戸川区、代表:三浦 裕子)と共同開催で、「ドッグトレーナーのためのシニア犬問題行動対応コース」を新設いたします。

平成26年度の「全国犬猫飼育実態調査」(一般社団法人ペットフード協会調べ)によると、家庭で飼われているで7歳以上の犬は全体の56.6%、10歳以上だけで37.9%を占めており、犬の世界は高齢化が進んでいると言えます。

当コースは、さまざまな犬たちについて飼い主様から悩み相談を受けるドッグトレーナーに、これから増えてくるであろうシニア犬ならではの問題行動について正しい知識と対応方法を身につけていただくために開催いたします。

■セミナー概要
<学ぶ目標>
・シニア犬特有の問題行動の『原因の解析』と『回避法・対処を理解法』を理解する。
・オーナー様の心理を受容し、動物行動学、行動分析、トレーニング技術等を駆使して飼い主と愛犬がお互いに信頼しあえるシニア期のドッグライフのサポート学ぶ。

名称    :ドッグトレーナーのためのシニア犬問題行動対応コース
日時    :2015年5月スタート
カリキュラム:◆座学授業(4時間×6回=合計24時間)
   ・シニア期の身体の変化と行動の変化
   ・認知症とシニア期特有の問題行動(原因)
   ・問題行動を助長させるシニア犬オーナーの行動と心理
   ・問題行動解析と対処法<夜泣き・吠え、排泄、徘徊、咬み>
   ・シニア期に問題行動をさせないためのしつけ・トレーニング
   ◆犬有り授業(4時間×5回=合計20時間)
   【実習】シニア期に問題行動に対するしつけ・トレーニング
   【事例】精神的な不安定や咬み、分離不安、夜泣き・吠え
   【実習】 問題行動シニア犬カウンセリング&トレーニング
   ◆実習(6時間)
定員  :8名
参加費 :36万円(税別)
詳細URL:http://playbow-dogtrainers-academy.com/senior_dog.php

■株式会社プレイボゥについて
会社名  :株式会社プレイボゥ
代表者  :森山 敏彦
本社所在地:〒153-0063 東京都目黒区目黒2-15-15 岡地ビル2F
事業内容 :犬と人とのより豊かな共生のために、「ペットの殺処分ゼロ」の実現を目指して、以下の活動を行っています。
・犬を迎えたら一生一緒に暮らすのがあたりまえの社会をつくる「一生一緒宣言」の普及。
・犬の社会化やしつけ・トレーニングを行うパピーナーサリー(犬の保育園)の運営。
・ドッグトレーナー養成スクール、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの運営。
URL   :http://playbow-dogtrainers-academy.com/

■有限会社PAOについて
会社名  :有限会社PAO
代表者  :三浦 裕子
本社所在地:〒106-0032 東京都江戸川区中葛西2-19-13
事業内容 :老犬介護、犬のリハビリ、しつけ(犬のようちえん)を行うペットケアサービスLet’s及び、ペット関連専門のカルチャースクール、ペットケアマネージャー養成講座を運営。
URL   :http://lets-pet.com/

■本件に関するお問合わせ先

 株式会社プレイボゥ(担当:亀井)TEL:03-5734-1711 MAIL:school@playbow.jp
 有限会社PAO TEL:03-3675-0250 MAIL:school@j-petcare.org