ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG もーいくつ寝ると♪スウェーデンからKatyが来ます

もーいくつ寝ると♪スウェーデンからKatyが来ます

—————————————————-

スクール説明会常時開催中!詳しくはこちら↓↓↓↓↓

http://playbow-dogtrainers-academy.com/seminar.php

—————————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 もーいくつ寝ると♪スウェーデンからKatyが来ます 】

—————————————————

本文

今日は1月16日、「もーいくつ寝るとお正月~」と
言う歌がありますが、あと7回寝るとスウェーデンから
待ちに待ったKatyが日本にやってきます。

思えば昨年、「ボイシーも高齢になってきたので仕事で
デモンストレーションをするのも大変になってきたので
次のデモ犬を探しているんです」とスウェーデンの藤田
りか子さんに相談したところから話は始まりました。

りか子さんには「じゃあスウェーデンでワーキングタイプ
のゴールデンのパピーを探してみましょう」と仰って
いただきました。

そして、とんとん拍子で話が進み、スウェーデン国内でも
有名な素晴らしいブリーダー兼トレーナーのマリアさんを
紹介していただきました。

しかしその後もいくつか問題がありました。

殆んどのヨーロッパのブリーダーはパピーの貰い手を
選びます。

ブリーダーにしてみれば一生懸命育てた母犬から産まれた
可愛いパピーを遠いアジアのよく分らない東洋人にホイホイ
と渡すわけには行かないのです。

ヨーロッパのブリーダーは自分がブリーディングしている
犬種の特性を殺さないように新たに飼い主になる人間が
犬と何をしたいのか、今まで犬を飼った経験があるのか
などを事細かに聞いてきます。

ゴールデンレトリバーであれば、レトリバーの競技を
やっているのか、トレーニングの経験はどれくらい
あるのかなどが気になるところです。

それ以外にも留守番の時間は何時間ぐらいなのか、定期的
に散歩やアクティビティーに連れ出せるのかなどなど何回
も面接をして事細かにチェックして納得しないと自分が
ブリーディングしたパピーを譲りません。

普通なら、会ったこともない東洋人にパピーを譲ることは
絶対にしません。

しかし今回はここでもミラクルが起こりました。

森山はたまたまりか子さんの紹介でスウェーデンで一番
有名なカリスマドッグトレーナーであるエヴァ・ボット
フェルト女史を日本に招いてレトリバーの競技のワーク
ショップをやって貰った事があるのです。

その時に何故だか知りませんエヴァが森山の事を妙に気に
入ってくれたのです。

(ちなみに今年はエヴァを日本に招いてセミナーを行います)

そしてエヴァからマリアさんに「森山さんなら大丈夫よ」
と口添えをして頂いたそうなのです。

そのエヴァの口添えがあって初めてKatyを日本に輸入する
ことができることになったのです。

ちなみにボイシーをイギリスから輸入した時は5年間毎年
フィリッパの元へ通って信頼を得てから譲ってもらう事が
できました。

しかし今回は問題はこれだけではありませんでした。

ヨーロッパから犬を輸入する場合、生後10か月を過ぎて
いないと日本に輸入することができないのでKatyをマリア
さんに10か月まで預かってほしいとお願いしたのです。

しかしマリアさんは・・・

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/kNBTS

—————————————————

「10か月まで育てたら離れられなくなってしまうから
無理です」と言う返事が返ってきました。

これは困った。。。

譲ってもらう約束はできましたがそれでは日本にKatyを
迎えることができない・・・

そこで森山はスウェーデン国内でKatyのパピーウォーカー
を募ることにしたのです。

そして見つかったのが犬雑誌のライターをお仕事にして
いて自らもラブラドールを操って猟をやっているマリー
さんです。

そしてやっとの想いでスウェーデンからワーキングタイプの
ゴールデンレトリバーを日本に迎えることが可能になったの
です。

昨年5月には森山自身スウェーデンに出向きKatyに初面会
してきました。

Katyは3月3日生まれですから5月ではまだ生後2か月
のパピーです。

しかしすでにホイッスルトレーニングやオフリードでの
ヒールウォークなどもできるようになっていて感激して
しまいました。

あれから半年以上がたち、マリーさんが送ってくれた画像
ではKatyもすでに大人の様相になっています。

今回はなんと、Katyを譲ってくれたブリーダーのマリア
さん夫妻とパピーウォーカーをしてくれたマリーさん夫妻
とりか子さん達の総勢7名でスウェーデンからKatyを
日本に届けてもらいます。

あと7日、Katyと皆に会うのがとても待ち遠しいです。

バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

—————————————————-

スクール説明会常時開催中!詳しくはこちら↓↓↓↓↓

http://playbow-dogtrainers-academy.com/seminar.php

—————————————————-

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT理事

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

犬と一生一緒宣言

愛犬を迎えたら一生一緒に暮らす。
それが当たり前の社会であって欲しいですね。

ぜひ、Facebookで「いいね!」を押してください。
https
://www.facebook.com/withdogs

—————————————————-

無添加で安心な愛犬の本当の食事
「ドッグトレーナーがすすめる手作りフード」
http://playbow-food.com/

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接お返事させて
いただきます。また、こんな内容の記事を書い欲しいとの
ご希望も受け付けています。

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒153-0063
東京都目黒区目黒2-15-15岡地ビル2F
Tel:03-5734-1711
E-mail:school@playbow.jp
HP:http://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–