素晴らしいスウェーデンのシステム


—————————————————-
ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 素晴らしいスウェーデンのシステム 】

—————————————————

本文

さて、プレイボゥスウェーデン研修最終日、今日は犬の
気質テストのレクチャーと見学です。

スウェーデンではケンネルクラブで犬の気質テストが
行われています。

多くの犬がテストを受けそのデーターはケンネルクラブで
データーベス化されてブリーディングなどに利用されて
います。

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/kNBTS

—————————————————

スウェーデンではケンネルクラブが所有する犬の気質
テストを行う施設が国内に数か所あるそうです。

しかし私たちが訪れたのはケンネルクラブ公認の唯一の
プライベート施設でした。

この施設はバルブロさんと言うトレーナーが行っている
施設で、色々な複合施設となっています。

体育館を少し狭くしたぐらいのレクチャールーム。

森山達はこのレクチャールームで気質テストのレクチャー
を受けました。

聞けばこの建物はバルブロさんとご主人とで手作りで
作った施設なんだとか!

凄いですね手作りですよ!

それと犬のリハビリ施設も併設しています。

ベッド事態が振動してマッサージできるベッドや、水圧を
利用して筋肉補強を行う水中トレッドミルなどがあります。

獣医師と連携したコースモあるそうです。

そして芝生のアジリティーフィールド!

森山達が訪れたときもアジリティーのクラスが行われて
いました。

人間用の施設としては、とっても素敵なレストランが
あります。

前日のディナーはそのレストランでエヴァやバルブロ
さん達とウッドデッキでバーベキューパーティー。

夜の9時半ごろまで行われていましたが昼間のように
空が明るいのです。

そして気質テストのレクチャーの日はスウェーデン料理
の茹でた山盛りの小エビのオープンサンドイッチのランチ

バーベキューも美味しかったのですがその料理がめちゃ
めちゃおいしかったのです。

芝生のアジリティーフィールドを目の前に見ながら5月の
スウェーデンの太陽の光を浴びて屋外で食べた食事は一生
忘れません。

ちょっと大げさかも知れませんがまるで映画で見た貴族の
ガーデンパーティーのようでしたよ。

さて話を本題に戻しましょう。

気質テストの場所は今紹介したところとは別にあります。

サッカーコートを少し小ぶりにしたくらいの場所です。

何とも贅沢な施設ですよね。

その場所にテスト用の機材が点々と置かれています。

テストは合計8種類のテストがあるのですが、人に対して
どのように振る舞うかや玩具に興味を持つかなどのテスト
など。

興味深かったのは人間の上半身を書いた板の張りぼてが
地面に伏せて置いてあり、犬が近づくと急に起き上がる
装置です。

近づくといきなり変な張りぼてが出没しますから大概の
犬はビックリします。

それとか犬が近づくと大きな音が出る装置などがあります。

犬はどちらも一瞬びっくりするのはOKなのだそうです。

しかしすぐに立ち直って張りぼてや音の出た装置の匂い
を嗅ぐなどの行動に出られれば問題ないのだそうです。

あとは人間でも気味が悪いと思ってしまうような奇妙な
洋服を着てゆっくり近づいてくる人に対する反応や
不安定な床の上を歩いたときの反応などを見ます。

オプションで銃声を聞いた時にどう反応するかを見る
テストもあります。

ちなみにレトリバーなどのガンドッグは銃声に反応して
怖がってはいけません。

なぜならばガン(銃)ドッグなのに銃声を怖がっていては
お仕事にならないからです。

そのような犬はガンシャイと言われブリーディングから
除外されます。

このように犬の気質テストはブリーディングを行う時に
とても便利になります。

例えば森山がボイシーと交配させる相手のメスを探そうと
思ったら(この前、玉とっちゃいましたが・・)簡単に
相手を探すことができます。

相手の気質を調べる以外にも長期間ある程度の犬種の気質
テストを行っていると「ゴールデンレトリバーはこういう
気質」とかが分ります。

そして長期に気質テストを続けると「最近ゴールデンの
気質が変わってきたね」とかも分ります。

凄く便利じゃないですか!

このようにスウェーデンではケンネルクラブや個人レベル
でも犬に対する取り組みがたくさん行われています。

それだけ真剣に犬と向き合っている人種だと言ってもよい
でしょう。

コーディネートをしてくださった藤田りか子さんです。

りか子さん無くしては絶対にこのツアーは成立しなかった
でしょう。

本当に有難うございました。

さて、いかがだったでしょうか!

プレイボゥのヨーロッパ研修旅行の一部を紹介してきました。

まだまだ書きたいことは沢山あるのですがそれはまたの
機会にしておきます。

プレイボゥではこのようなヨーロッパツアーを生徒さん
を対象に毎年行っています。

森山は多くの事をヨーロッパから学びました。

ですから生徒さんにもヨーロッパ人の犬との付き合い方を
肌で感じてほしいからなのです。

実はすでに来年のツアーの計画も着々と進んでいるのです。

実はね、来年は・・・まだヒミツです。

バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓

にほんブログ村
犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT事業企画委員

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

犬と一生一緒宣言

愛犬を迎えたら一生一緒に暮らす。
それが当たり前の社会であって欲しいですね。

ぜひ、Facebookで「いいね!」を押してください。
https://www.facebook.com/withdogs

—————————————————-

無添加で安心な愛犬の本当の食事
「ドッグトレーナーがすすめる手作りフード」
http://playbow-food.com/

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接お返事させて
いただきます。また、こんな内容の記事を書い欲しいとの
ご希望も受け付けています。

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒153-0063
東京都目黒区目黒2-15-15岡地ビル2F
Tel:03-5734-1711
E-mail:school@playbow.jp
HP:http://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–