叱っちゃダメって言ったでしょ!!

—————————————————-
近況

今週から20期生の授業が始まりました。

4月は新しいことが始まる季節ですのでアカデミーには
多くの生徒さんが集まりました。

さあ、新しい未来に向かって一緒に頑張りましょう!!

—————————————————-
ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 叱っちゃダメって言ったでしょ!! 】

—————————————————

本文

森山の愛読書にスティーブンRコヴィー博士の「7つの習慣」
と言う本があります。

よくこの記事にも書きますのでご存知かと思います。

今日はその中の言葉を引用してみます。

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/kNBTS

—————————————————

「7つの習慣」の中によく登場する言葉に「信用残高」と
言う言葉が出てきます。

信用残高とは人と人との信用を銀行の残高のように溜めたり
引き出したりした残りの量の事です。

コヴィー博士によると、少しづつ信用を溜めていくことに
よって相手に信用される人物になる事ができると言う事です。

信用残高が高い人が何かへまをやらかしたとしても「あの人
だから仕方がないよな」となります。

信用残高が低い人が何かへまをやらかすと「やっぱりあいつ
に頼むとろくなことがない、係るのはやめよう」となります。

信用を引き出してばかりいると相手から信用されなくなり
結果、その人にとって不利益な状況になります。

ですから少しづつでも信用を溜めていく努力をする必要が
ありそうです。

相手を非難したり信用を損ねるような態度を取るとその人
ばかりでなくその人の周りからも信用を失うことになります
から気をつけねばなりません。

ドッグトレーナーとして活躍する場合もこの点はまったく
同じですのでお客さんや周りの人に信用残高を溜めていく
必要があります。

悪い評判と言うのはすぐに広がりますのでお客さんから
信用されるような人物になる必要がありますね。

さもないと「あのトレーナーはよくないから頼まない方が
いいよ」などと悪評が立ってしまう可能性が大です。

前回もお話しましたが犬には優しいけれども人には厳しい
トレーナーがいます。

「叱っちゃダメって言ったでしょ!!!」などと飼い主に
対して悪態をつくトレーナーは、飼い主の信用残高を
引き出していることに気が付いていないようです。

結果どうなるかと言うと飼い主はモチベーションが下がり
トレーニングを止めてしまう結果になりかねません。

その結果ドッグトレーナーは飼い主から信用されなくなり
最悪は悪い噂を流されることもあるでしょう。

ですからドッグトレーナーは、こう言ったら相手がどの様に
感じてどの様に反応するかを考えて行動、発言する必要が
あります。

相手を非難した方はその場をコントロールしているような
気になりますし相手がしゅんとすれば効果があるように感じ
ますが長期的にみると信用残高をマイナスにしていく結果
にしかなりません。

ドッグトレーナーのあるべき姿は飼い主のモチベーションを
上げて、家事の合間でも仕事が忙しくてもトレーニングに
励むように飼い主を励ます必要があります。

そうすれば犬にもよい結果が出ますし飼い主からも好かれる
ようになります。

本当に相手に変わってほしいのであれば、どうすれば相手が
自分の望む行動をとってくれるか考えて発言、行動する必要
があります。

自分の感情を何も考えずに相手にぶつける行為は自殺行為に
近いものがあります。

犬を叱る飼い主を変えたければ一度その飼い主の気持ちを
理解してあげてから一緒に解決策を考えてあげるなど
すれば飼い主からの信用残高は高くなるでしょう。

ドッグトレーニングに限らず、普段から相手を気遣い言葉を
選んで発言し行動すれば信用残高は高くなっていきます。

反対に相手の気持ちなど考えず相手を非難すればどんどん
信用残高は払い出しされすぐにマイナスになってしまいます。

たとえあなたが正しいことをしていて相手が間違っていたと
しても相手を非難するとよい結果を招くことはありません。

犬に陽性強化を使えるのであれば絶対に人間にも使った方が
得です。

逆に人間に嫌悪刺激を使うと、信用残高が引き出され最悪な
結果を招きます。

さて、あなたの信用残高は今、いくらでしょうか?

バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT事業企画委員

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

犬と一生一緒宣言

愛犬を迎えたら一生一緒に暮らす。
それが当たり前の社会であって欲しいですね。

ぜひ、Facebookで「いいね!」を押してください。
https://www.facebook.com/withdogs

—————————————————-

無添加で安心な愛犬の本当の食事
「ドッグトレーナーがすすめる手作りフード」
http://playbow-food.com/

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接お返事させて
いただきます。また、こんな内容の記事を書い欲しいとの
ご希望も受け付けています。

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒153-0063
東京都目黒区目黒2-15-15岡地ビル2F
Tel:03-5734-1711
E-mail:school@playbow.jp

HP:http://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–