ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 犬種ができた理由

犬種ができた理由

—————————————————-

近況

今日の夜から霧ヶ峰へ向かいます。

明日はガンドッグの競技会です。

お天気が良くなることを願います。

—————————————————-
ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 犬種ができた理由 】

—————————————————

本文

10月から18期生の授業が始まっています。

最初の授業は犬種について!

世界中のケンネルクラブに登録されている犬種は420種類
以上。

実際には登録されていない犬種を含めると世界中で700
から800種類の犬種が存在します。

他の動物種と比べてもかなり多い種類の犬たちが存在して
いるのです。

その理由は・・・・人と一緒に仕事をするために700種類
もの犬種が作られたのです。

日本では、仕事をしている犬と言うと盲導犬や介助犬と
警察犬ぐらいしか思い浮かびませんが、欧米では多くの
犬達が今でも実際に仕事をしています。

羊を集めたり移動させたりするシープドッグや猟の手伝い
をするさまざまなハウンドやガンドッグ、害獣の駆除をする
テリアなどなど。

トイグループ以外の犬たちは皆、仕事をするために作られた
と言う事を日本に住んでいると実感することができません。

日本の犬たちはほとんどがペットとして飼われているケース
が多いからです。

日本の人気犬種ナンバー1はトイプードル、ナンバー2が
チワワですので、この2犬種には仕事はありません。

しかしナンバー3はMダックスです。

Mダックスは数年前までは人気犬種ナンバー1でした。

頭数が多いと言う事もありますが、Mダックス特有の問題
行動が出ることがあります。

何故かと言うとその作業方法に答えはあります。

ダックスフントと言う名前ですがダックスはアナグマ、
フントは犬と言う意味です。

ですからアナグマ猟の犬と言う名前なのです。

名前のごとく穴の中に入っていきやすいように足が短く
胴が長くなりました。

しかし、穴に入って行ってアナグマをかみ殺して引っ張り
出してくるわけではなく、吠えて威嚇してアナグマを穴から
追い出すのが仕事ののです。

ですからダックスは獲物に対して吠えて威嚇するのが仕事
なのですね。

ですから、問題行動としては、吠える、攻撃すると言った
問題行動が出やすいのです!

それを知っているのと知らないのではトレーナーとして
大きな差が出てきます。

ですから、アカデミーには犬種について動画などを見て勉強
する授業があります。

日本に住んでいるとどうしても犬はペットとして飼われる
事のほうが多いので実感はしずらいのですが、本当は犬は
作業をするために作られた動物だと言う事を多くの人に
知ってもらいたいと思います。

あなたの飼っている愛犬はどんな仕事をするために作られた
かご存じですか?

その作業方法はどのような作業方法でしたか?

バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT事業企画委員

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

犬と一生一緒宣言

愛犬を迎えたら一生一緒に暮らす。
それが当たり前の社会であって欲しいですね。

ぜひ、Facebookで「いいね!」を押してください。
https://www.facebook.com/withdogs

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接お返事させて
いただきます。また、こんな内容の記事を書い欲しいとの
ご希望も受け付けています。

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒153-0063
東京都目黒区目黒2-15-15岡地ビル2F
Tel:03-5734-1711
E-mail:school@playbow.jp

HP:http://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–