ダンバー博士曰く

—————————————————-

近況

夏真っ盛り、暑いですね~

わんこ達は大丈夫ですか??

こんなに暑いと体調を崩す子もいることでしょう。

そんな時にお世話になるのが獣医さん。

今回は獣医さんを招いて犬の健康セミナーを行います。

それと同時に万が一愛犬が怪我をした、手術しなければ
ならないといったことが起こるかもしれません。

そんな時、お金がないから治療してあげられないなんて
ことにならないようにペット保険のことも聞けてしまう
セミナーです

http://playbow-dogtrainers-academy.com/1864.php

若干空きがありますのでご興味のある方は是非ご参加
ください。

—————————————————-
ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 ダンバー博士曰く 】

—————————————————

本文

前回は社会化を行わないとどうなるかというお話でした。

今日はどうやって効率的に社会化を促進するかという
お話です。

イアン・ダンバー博士は子犬を入手したら毎週末、自宅に
友達を10人読んでホームパーティーをやりなさいと
言っていました。

そうすれば短期間で100人ぐらいの人に合わせることが
できますよと・・・・

森山は思いました、「そんなに友達いないよ」

ま~子犬好きなら毎週来てくれるかもしれませんので
延べで100人ぐらいになら可能な数字です。

あとは「銀行に行くときも子犬を連れて行って窓口の
お姉さんから子犬におやつをあげてもらいなさい」とも
言っていました。

森山は先住犬の小梅ちゃんがパピーの時にスーパーの前に
繋いでおいて買い物に来る人に撫でてもらうという荒業を
行いました。

でもこれ、結構効果があるのですよ。

車にも社会化されるし!

このように人に対しての社会化は意識していれば意外と
できてしまうのです。

問題は犬に対する社会化です。

犬に対しては、かなり相手を厳選しないと逆に犬嫌いを
作ってしまう可能性があります。

ハイパーな相手だったりすると子犬はいやな思いをして
遊びが楽しくなくなってしまう可能性があるからです。

相手は一緒に遊んでくれる子犬がベターなのですが特に
子犬である必要はなく、大人しめの成犬でも大丈夫です。

が、理想は噛みつき遊びができる子犬がベターです。

なぜならば、子犬どうしは噛みつきあって遊ぶことに
よって噛む力を抑制するということを学んでいくから
なのです。

相手を強く噛んでしまうともう相手から遊んでもらえなく
なります。

ですから、優しく噛むということを子犬は学ぶのです。

子犬の時期に噛む力を抑制することを覚えないで成犬に
なった犬は人間から爪切りなどの何か嫌なことをされた
ときに噛む力を抑制できないので大けがを負わせてしまう
ようになります。

成犬は子犬に比べて噛みつき遊びをあまりやらないので
その面では役不足です。

その代り、目上の者に対する接し方、いわゆるマナーを
教えてくれる可能性があります。

あまりしつこく接すると成犬から「がう」と叱られる
こともあります。

ですから子犬は「成犬にはしつこくしてはいけないんだ」
と学ぶことができます。

しかし、問題はそのような相手をどうやって探すかという
問題です。

理想的には子犬が社会化期の時に100頭の犬と合わせ
なさいとダンバー博士は言われています。

それこそ「100頭も知り合いの犬いないよ」となるじゃ
ないですか!!

毎日散歩で会う子も限られていますし、すべての犬が
友好的とは限りません。

そこで出てくるのがパピーナーサリー(子犬の保育園)
ですよ!

パピーナーサリーには毎日沢山のパピーや成犬が来ます。

しかも、その中でこの子とこの子は相性が合うからとか
プロのトレーナーが相手を厳選してくれます。

あまり子犬どうしがハッスルしすぎて遊びがヒートアップ
してくるとトレーナーがタイムアウトをしてくれます。

はしゃぎすぎてもだめなのです。

まさに理想の社会化の場所です。

しかも工事現場や電車が通る駅、幼稚園など色々な場所
に連れて行ってくれるので環境に対する社会化にも
なります。

これ以外にも子犬の社会化を行ってくれるパピークラス
やパピーパーティーに行くという手もあります。

いずれにせよ、子犬の社会化期はすぐに終わってしまい
ます。

ですから子犬を迎えたら大急ぎで社会化をする必要が
あるわけです。

これから子犬を迎えるお友達がいたら是非社会科の必要性
を教えてあげてくださいね!

バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT事業企画委員

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

犬と一生一緒宣言

愛犬を迎えたら一生一緒に暮らす。
それが当たり前の社会であって欲しいですね。

ぜひ、Facebookで「いいね!」を押してください。
https://www.facebook.com/withdogs

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接お返事させて
いただきます。また、こんな内容の記事を書い欲しいとの
ご希望も受け付けています。

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒153-0063
東京都目黒区目黒2-15-15岡地ビル2F
Tel:03-5734-1711
E-mail:school@playbow.jp

HP:http://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–