ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG あえて言います、社会化の必要性

あえて言います、社会化の必要性

—————————————————-
ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 あえて言います・社会化の必要性 】

—————————————————

本文

昨日はパピーナーサリーの必要性について書きました。

今日は少し子犬の社会化について補足させて頂きます。

既に私たちの間では当たり前となっていますのであまり
語られることはありません。

しかしまだまだ一般の飼い主さんたちにはとっても大切な
割にはあまり知られていない情報なので折に触れ書いて
行こうと思います。

子犬には社会化期と言う時期があって、生後約1ヶ月から
3か月ぐらいまでのことを言います。

ですからすごく短い期間しかないのです。

この時期に沢山の犬たちや人に会わせることによって子犬は
将来的に犬や人を怖がらなくなります。

かといって何でもかんでもいいから犬や人にに会わせれば
いいという事では無く例えば犬であれば相性を見ながら
合わせていく必要があります。

シャイな子がイケイケのやんちゃなパピーと一緒になって
しまったら逆に犬が嫌いになってしまう事もあります。

ですからパピーパーティーや子犬の保育園などでプロの
トレーナーのもとで行われているセッションに参加する
のがいちばん安全です。

人も、女性、男性、大人や子供、老人や幼児、制服を着た人
ひげを生やした人メガネをかけている人などなど色々な
タイプの人に会わせる必要があります。

それ以外には色々な環境に馴らす必要があります。

例えば工事現場の大きな音を子犬が怖がらない程度に
聞かせるとか、車の音を聞かせるとか、電車を見せる
とか。

数え上げたらきりがありませんが、要するに子犬が大きく
なったら経験するであろうと思われること、すべてに
馴らせておく必要があるのです。

それでは、社会化期を過ぎてしまったお友達はどうなるの?

と言うご質問が来そうなのでお答えしておきます。

社会化期と言うものはいきなり3ヶ月を過ぎたらバツっと
終わるものではなく、穏やかに終わっていくものです。

ですから遅くとも生後6か月ぐらいまでに子犬が怖がらない
程度に色々なことを経験させておく必要があるのです。

さらに6か月を過ぎてしまったお友達は・・・

長くなりますので次回に

PS
もっと詳しく聞きたい!!!

そんな疑問にプレイボゥはお答えしています。

是非下記のセミナーにお越しください、森山が直接お伝え
しています。

子犬の社会化セミナー
http://playbow-dogtrainers-academy.com/1796.php

いやいや本物のパピーナーサリーが見てみたい!!!
と言う方は下記の見学会にお越しください。

実際のパピーナーサリーを見て頂くことができます。

パピーナーサリー見学会
http://playbow-dogtrainers-academy.com/992.php

バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT事業企画委員

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

犬と一生一緒宣言

愛犬を迎えたら一生一緒に暮らす。
それが当たり前の社会であって欲しいですね。

ぜひ、Facebookで「いいね!」を押してください。
https://www.facebook.com/withdogs

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接お返事させて
いただきます。また、こんな内容の記事を書い欲しいとの
ご希望も受け付けています。

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒153-0063
東京都目黒区目黒2-15-15岡地ビル2F
Tel:03-5734-1711
E-mail:school@playbow.jp

HP:http://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–