アーティストという映画

Pocket

 

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【アーティストという映画 】

————————————————
こんにちは。

関西アカデミー事務局の矢川です。

皆さんは雨の日はどのようにお過ごしでしょうか?

自分の周りではアニメや映画のDVDを見て過ごす

インドア派が多いようです。

映画といえば先日、カンヌ映画際で、

是枝裕和監督の作品がパルムドールを受賞しました。

作品名はなかなかに衝撃的ですが。

日本人監督の作品としては、21年ぶりの受賞とのこと。

自分も上映している所を見つけて、ぜひ見たいと思ってます。

ところで、パルムドールならぬ、パルムドッグ賞

という賞があるのをご存知でしょうか?

今日はパルムドッグ賞についての

お話にお付き合いください!

—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

—————————————————

パルムドッグ賞とはカンヌ国際映画祭で上映された

作品のなかで、優秀な演技をした犬に送られる

賞です。

犬にも賞をあげるなんて、やっぱり日本との文化の

違いを感じてしまいます。

なんといっても国際映画祭ですからね~。

日本でもCMなどでは数々の動物がでていますが、

人の声の吹き替えがおもしろいだけで、演技までは

いっていないのが、残念な所です。

過去に何頭かパルムドッグ賞を受賞していますが、

自分が注目したのは、アーティストという映画に

出てくる、ジャックラッセルテリアのアギーくんです。

プレイボゥでもジャックラッセルを飼っている人がいますし

アギーくんの十八番トリック、銃で撃たれる「バーン」の

トリックを教えているので、注目せざるを得ません!

映画ではドッグダンスだったり、男優の動きと

シンクロする場面が特に印象に残っています。

アギーくんに動きを覚えてもらうために、約4ヶ月の

トレーニング期間を要したとのことです。

このアギーくん、わかっているだけで、

2度飼育放棄をされているとか。

それがある時、動物トレーナーに才能を見出され、

俳優犬としてのトレーニングが始まり、晩年は

捨て犬の養子縁組を促進させることに貢献しました。

犬の才能を最大限に引き出したトレーナーもすごいですが、

それに応えるアギーくんもすごい!

詳しくはこちらに掲載されています↓
https://www.koinuno-heya.com/famous/uggie.html

アギーくんの動きが全部できるようにとはいいませんが、

その動きにどう近づけていくか?

新しいトリックのヒントとして

ぜひ映画をご覧になってください!

良い勉強にもなると思います!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です