Archive for playbow_academy

あなたの未来を決めるもの

 

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 あなたの未来を決めるもの 】

——————————————
こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
関西校の竹井です。

本日は、プレイボゥ大阪松屋町店の
大庭マネージャーへのインタビュー
第2弾を配信いたします!

前回のインタビューでは
夢や目標を持つことの大切さを
お話していただきましたが

今回のインタビューでは
更に具体的に、夢を叶えるために
大切にしていることをお聞きしてきました!

「私の夢ってなんだろう?」
と、迷っている方や
夢を諦めそうになっている方にも
読んでいただきたいお話です!

ぜひ最後までお付き合いくださいませ(*^^*)

———–

-夢や目標を考える時に
大切にしていることは何かありますか?

まず、叶うか叶わないかは別にして
少しでも叶えたいと思う大きな夢を
描くことですね。

夢の大きさによって
その人の将来(未来)が決まるというか…

自分の持った夢に、自分の人生は
おおむね比例する結果を生むと言われています。

だから、馬鹿にされようが何を言われようが
夢は大きく持つようにしています。

まず、一番大きい夢を考えて
その後、それまでの小さな目標や
行動計画を考えていきます。

例えば、ドッグトレーナーになりたい
という目標だけでなく
「犬の保育園を全国展開する!」とか
「○頭の犬を救ってみせる!」とか
できるだけ大きな夢を持つことが
大事かなと思います。

-叶わないんじゃないかと
諦めそうになった時はどうするんですか?

自分は元々はネガティブな方なので
落ち込んだ時に自分だけで考えても
抱え込んでしまうだけで
何も解決できなかったんです。

なので最近は、成功した人や
先に自分の夢を実現された方の話を聞いたり
相談するようにしています。

そういった方々は、今までに
同じような過程を通ってきているので
話せばわかってもらえると思うんです。

「あぁ、自分もそんな時あったなぁ」って。

こんなに成功している人でもそうだったなら
自分にもあって当然だよなって思います。

これを乗り越えたら自分も
こんな風になれるんだって思えば
モチベーションが上がります!

その部分がプレイボゥのアカデミーって
とても良いと思うんですよ!
色んな期の人と話せるので、
同じ過程をたどって成功した先輩の話を
聞けるのはとても良い事ですよね。

-今までに色んな方のお話を聞かれて
印象的だったことは?

すごくたくさんあるので選べないです(笑)

でも、いつもすごいなと思うのは
皆さん諦めずに夢に向かっていることです。

夢って絶対に叶えたいものだと思うんです。
じゃなければ、ただの幻想になってしまうので。

皆さんも絶対これをやりたいとか
絶対こうなりたいっていうのが
あると思うんです。

今、成功されて遠い世界にいるような人も
言ってしまえば同じ一般人だったわけで
何を言われても、気持ちを曲げずに
進んできたからこそ叶えたい自分の夢を
実現できているんですよね。

それは、どんな夢でも同じだと思うので
せっかく夢を持ったのであれば
その夢をどんな手段を使ってでも
叶えてほしいと思います。

例えば、アカデミーなら同じ夢を持った人が
集まっているとても良い環境ですし
先輩やトレーナースタッフなど
アドバイスをもらえる相手もいます。

こういう環境もどんどん使って
諦めずに進んで欲しいです。

私はこうだからできないと思っていることは
実は思い込んでいるだけだったりもする。

誰でも諦めずに頑張れば
夢は叶えられると思いますよ。

-大庭さんが思い描いていた
ドッグトレーナーの夢は叶いましたか?

叶いました!!!

しかし今の自分は
その頃想像していたものとは少し違います。

それは、実際に飛び込んでみて
色んな事を知ったり
色んな人と話したりして
自分の世界が広がったからです。

前よりも更に、大きな夢や憧れができました。

思っていたのとは少し違ったけれど
そこは結果オーライです(笑)

今がとても楽しいですし、
将来叶えたい夢を想像するとワクワくします♪

夢について一緒に語りましょう!!

———–

以上、大庭マネージャーへのインタビューでした!

ぜひぜひ、参考にしていただいて
大きな夢に向かって諦めずに進んでいきましょう!

譲り合って暮らしましょう

—————————————————

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 譲り合って暮らしましょう 】

————————————————

こんにちは!プレイボゥ関西校の竹井です。

昨日のメルマガでは、森山先生のブログをご紹介し
ドッグトレーナーというのは、飼い主さんに
トレーニングを教えることが大切なんですよ、という
お話をしました。

飼い主さんとたくさんのお話をして
理解していただき、行動を変えてもらうことが
大切な事なのです。

時には、行動だけでなく意識を変えてもらう事も
必要な場合があるかもしれません。

今回は、私が専門学校生だった頃に教科書として使っていた
トレーニング本の中から、印象的だった言葉をご紹介します。

それは、やって欲しくない行動のなおし方を解説したページに
まずはじめに出てきた見出しでした。

—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

—————————————————

「少し妥協する」

これが、やって欲しくないことをやめさせるために
まず必要なことの一つなのです。

学生時代、試験の成績は悪くはなかったという程度ですので
教科書の内容を全てしっかり覚えていたというほどでは
ありませんでしたが(先生ごめんなさい)この言葉は
衝撃だったというか、とても印象的だったので
卒業してからもしっかりと覚えていました。

妥協、というよりも譲歩といった方が
わかりやすいかもしれません。

例えば、スリッパを咬んで遊ぶのが大好き!
という愛犬にお古のスリッパを一つだけ分けてあげる。
(遊ぶときは誤飲に注意!)

例えば、花壇を掘り返してしまう愛犬に
穴掘り遊びができるお砂場スペースを用意してあげる。

やりたい事をさせてあげる場所やものを
ほんの少し譲ってあげるだけで、人も犬も
ストレスなく過ごすことが出来るのです。

この「少し妥協する」というやり方を思い出した時
そういえば、と思ったことがありました。

竹井の母はこの「譲歩」がとても上手い人です。

竹井の姉が高校生の頃、ピアスをつけたいと言い出しました。
当時はまだ、ピアスが流行し始めたところで
痛そうだし、手入れをきちんとしないと危ないし、と
母は当然のように反対しました。

でも、流行に敏感な女子高生がそう簡単には納得しません。
でも開けたい、と姉が何度か粘ったところ

「どうしても開けたいなら、病院で開けてもらいなさい」

という所で決着しました。
話合いの時間は数分間。

姉は、お医者さんにピアスホールを開けてもらい
消毒をしてもらった上で、化膿止めをもらって帰ってきました。

自宅で開けるよりもかなり費用はかさんだと思いますが
やりたいことが出来た姉は大満足。
一番心配していた衛生面がクリアされ、母も安心です。

ケンカになることも、どちらかが我慢することもなく
説得するよりも少ない労力で見事に解決されました。

犬の場合は、どの程度の譲歩で納得するのか
様子を見ながら探る必要がありますが

お互いの希望がぶつかった時
「少し妥協する」というのは、もしかしたら
一番簡単な解決方法なのかもしれません。

NO DOG,NO LIFE

————————————————
ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 NO DOG,NO LIFE 】

————————————————

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です。

本日のメルマガは、故森山名誉校長のブログから
「色々なクライアントがいるから難しい」
という記事をご紹介いたします。

どんな業界もそうですが
お客さまって、本当に様々な方がいらっしゃいます。

それが面白いところで、難しいところですね。

こちらからどうぞ
http://playbow-dogtrainers-academy.com/9255.php

—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

————————————————–

 

人との生活の中で、犬はたくさんのことを
学んでいるのですね。

だからこそ、飼い主さんの行動の
一つ一つが大切になるのです。

犬にわかりやすいように、同時に、
飼い主さんにもわかりやすいように。

その人がどんな人なのか、どう伝えるのが
わかりやすく、やる気になるのか
その人が嫌だと思うのはどんな事なのか。

犬のことも、お客様のこともよく見て
よく理解しないといけません。

それには、知識だけではなく経験も必要。

もしかしたら、このメルマガを読みながら
「もう私もいい年だし。今さら新しいことなんて…」
と思われている方がいるかもしれません。

ですが、クライアントや同僚と仕事をしてきたこと
ママ友たちとの関係を作ってきたこと
子供たちの様子を見ながら育ててきたこと

その経験こそが、ドッグトレーナーに
必要なものなのかもしれません!