Archive for ドッグトレーナー用語

犬の撫で方って?

 

皆様、朝夕日毎に涼しくなりましたね♪

いかがお過ごしでしょうか?

 

プレイボゥ関西校の丸本です。

 

 

まさに、秋到来ですよ。

 

いつも下ばかりを見て歩いている方、

お空を見てください。

 
秋の訪れを示す、ウロコ雲が

いっぱい出ておりますよ。

 

秋と言えば、行楽の秋、愛犬と秋を

感じてみてくださいね!

 

そして、秋と言えば、読書ですよ。
—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

————————————————–
最近、図書館に行ってみました。
すぐ近くに中央図書館があるのですよ。

 

そこで、犬関係の本を13冊借りました。
(内心、ちょっと欲張りすぎたかと・・・

持って帰るのが大変でした(汗))

 
その中で、気になって借りたかった本がありました。

 

皆様のなかでもご存知の方が多いと思いますが、

“犬のストレスがスーッと消えていく「なで方」があった”

という長いタイトルの本です。

 
私の場合、繁殖引退犬の愛犬にこれまで接しておりますが、

 

何だか上手くいかないのです。しっくりこないと言いますか、

 

互いのシグナルが読めていないように感じています。
そのため、とっても基本の“撫で方”から学んでいこうと
初心に戻り、犬との接し方を見つめ直すことを目標としました。

 

心の中では、そこまで基本に戻らなくても大丈夫ではないかと

小さく呟いておりました。

 

実際に、その本を手に取ると、

 

「えぇ・・・!? あれー――?」

 

そうです。副題を見てびっくりしました。

 

 
何と“Tタッチ”とあるではないですか!!!

 

そして、そして、著者には

 

“デビー・ポッツ”…

 

あの有名な先生だーって

 

読書へのモチベーションアゲアゲで、
読み進めていきました。

 

Tタッチってマッサージではないのですよ。

 

タッチの種類は色々あって、
犬の状況をみて判断して
多くのタッチのなかから選んでいきます。

 

例えば、神経質で過敏な性格や

人、犬、他動物への攻撃性、

慢性的な病気、事故などによる麻痺など

Tタッチで改善されるのですね。

 

 

私のおすすめの本は、

 

『犬にT・TOUCH 行動・健康・パフォーマンスに影響を

与える優しいアプローチ 』
リンダ・テリントン・ジョーンズ著

 

この本は事例やQ&Aもあり、

最後に犬の性格特徴ごとに適切なTタッチの種類が

分類表に示されていて、使いやすいと感じました。

 
これから、ドッグトレーナーになる皆さまは

色んな犬に出会うと思いますので、

1冊あると便利かもしれませんね。

 
是非、図書館や本屋で探してみてくださいね。

 

 

まぁ~、Tタッチは東京でセミナーが実施されましたね。

 

そして、近日も東京でありますよ♪

 

 

大阪でもあるといいなぁ~ですね!うふふ♪

 

 

 

なんと!大阪でのセミナー日程が決定致しました!!

 

3月20日(火)にプレイボゥ主催でデビー先生のセミナーが

 

開催されます!

 

 

詳細は来年になりますが、皆様ぜひお越しください!

 

 

それでは、今日も1日、よいことがありますように!

 

 

わたしはヒューマントレーナー

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局の佐藤です^^。

 

突然ですが、皆さまに質問です!

 

プレイボゥにご入学された多くの生徒さんが
口を揃えて言うことがあります。

 

それは何でしょうか?

 

「トレーニング楽しい!」

「意外と難しいかも…。」

「うちの子変わった!」

 

など様々ありますが、佐藤が印象に残っているのは、

 

「ドッグトレーナーってドッグをトレーニングする人だと
思っていたけれど、実際は飼い主さまを
トレーニングする仕事なんですね。」

 

です。

 

ドッグトレーナーは、犬のトレーニングやしつけを
もちろんすることが仕事です。

 

でも一番大事なことは、
飼い主さまにそのトレーニング方法をお伝えする事なのです。

 

—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

—————————————————

 

そう、言い換えるならば
「ヒューマントレーナー」なのです!

 

世の中ではドッグトレーナーを指す言い方は様々あります。

 

例えば、ドッグインストラクター、訓練士、などなど様々で、
どの言葉が正しい、というわけではなく、最終的には

 

飼い主さまへお伝えすることが終着点なわけです。

 

これが意外と難しいことも現実です。

 

佐藤は幼少期、ピアノを習っていましたが、
ピアノの先生に「ちゃんと来週までにここ練習してね。」
と言われ、「はーい!」と返事をし、次の週…。

 

「練習した?」と聞かれ、「したした!」と言う。

 

もちろん練習なんてしてません(笑)

 

嘘をつくわけです。

 

おそらくピアノの先生にはバレていたことと思います。

 

これがドッグトレーナーにも同じ状況に
なりえる可能性があります。

 

そんなとき皆さまはどうしますか?

 

ドッグトレーナー自身が犬へのトレーニングを頑張っても、
犬と生活をするのは飼い主さまです。

 

愛犬との生活をより良きものにできるよう
サポートするためには、どのように
フォローしていくかがとっても大事です!

 

是非考えてみてくださいね!

愛犬との楽しい時間を作る

こんにちは。プレイボゥの亀井です。

東京では20日以上雨が降る日が続いていて、
今日も午後から降る可能性が高そうです。

雨が降ると愛犬とのお散歩が大変ですよね。。

でも、私はドロドロになるの覚悟で、昨日は
荒川の河川敷で愛犬と2時間くらい散歩して
遊んで来ましたよ。

帰宅後はお風呂場直行!

犬も人間もシャワーでさっぱり。

その後のビールが最高に美味しかったです♪

 

さて、話しは変わりますが、
先週ふと立ち寄ったペットショップで
フリスビーが目に留まった私は、

「うちの子とフリスビーができたら
楽しそうだなぁー。」

と思ってフリスビー(ディスク)を購入
してみました。

 

フリスビー犬って、カッコイイですよね!

 

フリスビーとかフライングディスクと呼ばれる

円盤型の物を人がシュバッと投げて、

犬が空中でその円盤をキャッチする。

その姿がめっちゃカッコいいなーと、
ひそかに憧れている私なのです。

 

我が家の愛犬タリーさんはジャックラッセル
テリアで体を動かすのが好きなので、きっと
フリスビーも楽しんでやってくれるはず!

そう思って、帰宅後にさっそく、タリーと
お散歩で公園の広場に行ってやってみました。

 

「ほら、タリ。フリスビーだぞー!」

「投げるぞー!ほらっ!!!」

 

と空中にディスクを投げてみると、

 

—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

————————————————–

 

「うわぁ!これなんだ?!なんだ?!」

 

と空中をふわりと飛ぶ円盤に興味津々の
タリーさんはディスクを追いかけました。

 

おぉ。いい感じ!!

 

そして、ディスクは地面に落ちました。

 

落ちたディスクを1・2秒眺めたタリさんは、

 

「あの円盤、動かなくなったよー」

 

とでも言う感じで私の元に戻ってきました。

 

 

ふーむ。

 

そうか。。。

そうなるのか。。。

 

まぁ、初回からカッコよくジャンピング
キャッチしてくれるわけないですよね。。。

 

よーし。ここからどうやってタリーさんに
教えていくかです。

 

まずは、このフリスビー(ディスク)を
大好きになってもらおう!

そう考えた私は、毎日、朝晩5分ずつ程度
家の中やお散歩中にディスクを使ってタリー
と遊ぶようにしました。

 

ディスクにタリーさんのおやつをのせて、
「ほーら、ほら。オヤツが乗ってるよー♪」
と追いかけさせて食べさせたり、

 

ディスクを地面に転がせて、ボール投げの
ように「モッテコイ」をハイテンションで
やって大袈裟に褒めてあげたり。

 

とにかく、一緒に楽しむことを意識して、
テンション高めでやりました。

 

そして、5分ぐらいやって盛り上がって来た
ところで「はい。終わりー!」と切り上げ
るようにしました。

 

「楽しく、上手にできたところでやめる」
これってドッグトレーニングの大切なコツ
の1つなのです。

 

良い印象で終わることで、次回も意欲的に
取り組んでくれるようになるのです。

 

…しかし、40歳の私にとってもハイテンション
で犬と遊ぶのは5分もやると息が切れるという
理由もありますが。。。汗;

 

短時間ですが、それだけ全力で遊んであげていました。

 

そんな風にディスクで遊んで3日間も経つと、

タリーさんに変化が出てきました。

私がディスクを持つと、目をキラキラさせて
寄ってくるようになったのです。

 

そして、ディスクを投げると本当に嬉しそうに
咥えて持ってきてくれるようになりました。

 

本当に嬉しそうに楽しそうに持って来るんですよ。

その姿が可愛くて可愛くて。。。。

 

そんな姿を見て、ふと、思ったのですが、

普段のボール投げではこんなに嬉しそうに
やってくれないなーと。

そして、それはなぜなのかを考えると、
私が普段のボール投げをローテンションで
やっていたからではないかという事に気付
きました。

 

もっと日々のボール投げとか遊びも
テンションを上げて盛り上げて、

タリーがもっと楽しくイキイキと遊べる
ようにしてあげなければと反省。。。

 

愛犬の楽しい時間を作るのは、
飼い主なんだよなー、と。

 

そんなことを改めて気付かせて
もらえました。

 

もっともっとタリーさんと楽しい
時間を作って行かねば!

そう思いました。

 

と、少し長くなってしまったので、
今回はこのへんで失礼します。

 

タリーさんとのフリスビーの練習の
続きはまた次回にお届けします。