Tag Archive for プレイボゥドッグトレーナー

人気ドッグトレーナーが関西校へ!

—————————————————

☆どんどんお席埋まっております!お申込みはお早めに☆

■関西初開催!デビー・ポッツ先生の
テリントンTタッチワークショップ■

【日時】2018年3月20日(火)10時~16時30分
【会場】大阪ECO動物海洋専門学校
【定員】25名
【参加費】18,000円
(1月31日までにお申込いただいた方は3,000円OFFの
15,000円でご案内いたします!)
【お申込】以下URLのお申込フォームよりお申し込みください。
http://playbow-dogtrainers-academy.com/12354.php

—————————————————
ドッグトレーナーのお仕事
タイトル
【 人気ドッグトレーナーが関西校へ! 】
————————————————

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です。

今年は月曜日が元日でしたので木・金曜日も休みを取って
成人の日までがっつりお休み!
なんて方もおられるようですが

皆様はどうされていますか?

竹井はしっかり働いています!(笑)

 

先日から、新年新年と騒いでおりますが
今日のメルマガは一度昨年のことを振り返りたいと思います!

でも今年の新たなアカデミー関西校をお知らせするためにも
大切なお話なんです。

一度しっかり振り返っておきましょう!
—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

—————————————————

昨年12/17、アカデミー関西校では
「問題行動ケーススタディ勉強会」が開催されました!

ありましたよ、ということは他スタッフのメルマガでもお伝えしていましたが
今回はその時の様子などを、より詳しくお伝えします。
ケーススタディ勉強会とは

実際にドッグトレーナーが経験した事例をもとに
どのような原因があったのか
その時の犬の感情はどんなものだったのか
どのような改善方法があるのか

などを、参加者みんなで考えるセミナーです。

今回の勉強会には
卒業後、既に開業されている1期の方から
現在在学中、座学の真っ最中な5期の方まで
様々な期の方が集まって下さいました!

講師は、プレイボゥ向ヶ丘遊園店マネージャーの
矢川淳先生!

矢川先生のドッグトレーナーになる前の職業は
なんと馬の調教師!!
犬だけではなく、馬にも詳しい
とってもすごい先生なのです!

まずは矢川先生から、
犬種や年齢、家族構成、お困りごとなどの情報をお話され

シンキングタイムスタート!

はじめは自分で原因を考え
その後、グループに分かれて
改めて原因の追究を行い、改善策を話し合います。

皆さんとても真剣に考えながらも
和気あいあいと話し合っておられました。

話し合う中で出てきた疑問も積極的に先生に質問されていて

「いい質問ですね!」と
池上彰さんのようなお言葉が出たり(笑)

様々な期の方が参加されたので
後輩からの質問に先輩方が答えているような場面もあり

繋がりってこうやってできていくんだなぁ、と
ちょっと嬉しくなったりもしました。
そして、勉強会の後にはお楽しみの懇親会です!

楽しみにしているのは主に竹井です(笑)

でもでも!
お時間があればどうぞとご案内していた懇親会に
なんと、参加者全員が残ってくださいました!!

皆さんとワイワイお昼ご飯を食べながら
矢川先生に質問したり
お互いの課題の進み具合を話したり

まだまだ矢川先生のお話が聞き足りない!
といった様子で懇親会は幕を閉じてしまい。。。

同じく矢川先生が講師をされる
生徒様向けグループレッスンへの申込が続出しました!

さすが矢川先生。大人気!
そして、そんな大人気の矢川先生が何と!
2月からアカデミー関西校のスタッフになります!!!
大事な事なのでもう一度言っておきましょう。

 

大人気の矢川先生がアカデミー関西校のスタッフになります!!

 

開講から1年と少し
関東校に比べるとまだまだ歴史の浅い関西校ですが

これからどんどん盛り上がっていく予定です。

 

絡まった足首、結果は如何に。

 

前回のメルマガでは、犬と遊んでいた
佐藤の足首にリードが絡まり、
そのまま犬が駆け抜けていき…

 

というところまでお話させていただきました。

 

前回の内容はこちらからご確認いただけます↓↓

http://playbow-dogtrainers-academy.com/inunoshituke/2716.html

 

本日はその続きです。

 

*******

 

研究室に戻った佐藤は恐る恐る足首を見ます。

 

(…あれ?意外と血は出てない…。)

 

傷は足首の外側にあり、
傷口は綺麗にリードの跡がついていました。

 

が、出血はさほどしていないのです。

 

ちょっと滲んだくらいかな?という感じです。

 

しかしよく、よ~く見ると。

 

火傷ような傷跡になっていました。
(リアルな表現は避けます。笑)

 

リードの幅は2㎝位でしょうか?

 

その細さで、ラブラドールが駆け抜けていったので
摩擦できっとなってしまったんだろう。

 

そう思い、適当に研究室にあった
動物用の消毒液でかる~く消毒を済ませ
そのまま乾燥させることに。

 

そして数日が経ち…。

 

—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

—————————————————

 

「足首の痛みが取れない!」

 

「足首が上の方まで腫れてきた!」

 

という症状で、治る気配が感じられなかったので
近くの形成外科へ…。

 

どうやらきちんと消毒できていなかったようで
お医者様に怒られてしまいました。

 

その後1週間ほど、薬を飲みながら
処置を続けると、傷は治りました。

 

******

 

と話が大分長くなりましたが、
この話を聞いていた多くの方は
「うわっ!」「ひやっ!」としたのではないでしょうか?

 

このお話をしたのは、咄嗟の時に
手でリードを持つと危険が伴うその理由についてでした。

 

今回私が過去に経験した事件は
足にリードが絡まった事件でしたが、

 

これが手に起きたら、どうでしょう。

 

例えば犬が他の犬に咬みつこうと
ダッシュをし、リードが手から離れてしまったとき。

 

咄嗟に止めようとリードを掴んだけれど、
中型~大型犬であれば、リードを引っ張りながら
走り抜ける事は可能なはずです。

 

そうなった場合、手の平がどうなることか、
だいたい予想はつくかと思います。

 

さらには使用していたリードによっても
怪我の状態は変わるはずです。

 

ナイロン製の平たいリードだったら?

 

伸縮性のあるフレキシブルリードだったら?

 

どちらにせよ、どんなタイプにせよ
咄嗟にリードを掴むことはお勧めしません。

 

もし止めるのであれば、足で踏む方が良いでしょう。

 

体重もかけられますし、何より
怪我をする可能性が低く済みます。

 

私たち人間にとって大切な部位でもある「手」。

 

ドッグトレーナーの「命」でもあるはずです。

 

そんな手を大切にしつつ、
犬と良い関係を築いていきたいですね。

その○○○どうでしょうか?

ドッグトレーナーのお仕事 

タイトル 

【その○○○どうでしょうか?】 

--------------------------------------------------- 

みなさま、こんにちは。

アカデミー事務局の高橋です!

今日もプレイボゥアカデミー関東校事務局では、
オフィスにたくさんの犬達が寝転がっております。

なんて、幸せなオフィスなんだ、、、

と羨ましく思う皆さまもいらっしゃるかと思いますが

実際は、この誘惑に負けずに仕事をするのは
なかなか厳しいものがあります。笑

誘惑されまくりなのです、、、。

この誘惑に打ち勝ち、
日々の仕事をこなしているアカデミー事務局スタッフです。

(一緒にお昼寝したいな~。)

---------------------------------------------------

ペット保険『うちの子ライト』の特長
 ・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
 ・手術費用の90%を補償!
 ・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

--------------------------------------------------

さて今回のタイトルにあります、
○○○に当てはまる言葉は何だと思いますか?

オヤツ?

あそび?

しつけ?

残念ながら、どれも正解ではありません。

さて、正解はなんでしょう。

高橋のお仕事のひとつに
当スクールに来校して頂いた方のご案内をさせて頂くという
お仕事があります。

その際に、たくさんの犬好きの皆さまとお話させて頂くのですが
意外と知られていないのが犬の正しい“撫で方”なのです。

犬を撫でる時、どんな風に撫でていますか?

その子の性格、その時の心情によって
撫で方(接し方)は変化させた方が良い場合があります。

よく犬好きの人に多いのが
毛の向きに逆らいワッシャワッシャという撫で方。
(ム○ゴロウさんを想像して頂ければ分かり易いでしょうか、、)

私高橋もモッフモッフな子を見ると思わずやりたくなりますので、
気持ちはすごくわかります、、、、。

しかし、この撫で方はあまり犬にとって
心地良いものではない場合もあります。

特に興奮しやすい犬に対して
このような撫で方をすると、
興奮度は更に上がってしまうでしょう。

落ち着かせようと頑張っても
わっしゃわっしゃと撫でていては
落ち着くのは難しいでしょう。

また、トレーニングの際にも撫でられるのが大好きな犬に対して
褒める行動としてこのようなテンション上げる撫で方をした場合
興奮しすぎてしまってトレーニングに集中できない事もありえます。

ドッグスポーツやトレーニングの大会などに出る前に
このような撫で方をしている、または飼い主が犬の体を
ポンポンと叩いているのを見かけませんか?

あれは、テンションを上げるため、
興奮させるため(やる気を出させるため)
に行っている方がほとんどなのです。

では、逆に犬を落ち着かせたい場合はどうでしょうか?

この場合、毛の流れに沿って優しくゆっくり撫でてあげるのが
良いと言われています。

緊張している犬の場合も同じくです。
(緊張の度合いやその犬との関係性によっては触れない事が重要な場合もあります。)

よく見かけるのが、
興奮や緊張している犬を落ち着かせようと
人間が『大丈夫、大丈夫』と体を摩っている様子。

これも撫でるペースが早かったり、
毛の向きに逆らってしまっている場合、
犬は逆に落ち着けなくなってしまうかもしれません。

意外と気にせずに撫でてしまっている方も多いので、

犬は人の接し方にとても影響を受ける動物なので、
接するときには人側にも配慮が必要ですね。

ちなみに、興奮してしまいやすい犬に対してのアプローチ方法について
当スクールの講師、佐藤が執筆したコラムの記事がありますので
そちらをご覧くださいませ!^^

↓  ↓

https://wanpedia.com/soothe_the_excited_dog/

撫でると犬が気持ちよく感じる箇所については諸説ありますが、
私が個人的に思う撫でると気持ちよさそうにしてくれる部分は
耳の付け根(頭蓋骨の終わり辺り?)です。
(もちろん、個体差はあるか思いますが)

犬は言葉を話せませんので、
代わりに気持ちを代弁してあげることが
ドッグトレーナーの大事なお仕事です。

あなたの周りにいる犬は、
どんな風に撫でられていますか?