ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG ドッグトレーナーの資格2 (今日はちょっと難しい)

ドッグトレーナーの資格2 (今日はちょっと難しい)

近況

4月から英語の授業をお休みしていましたが、
今日から再会!

久々に頭使うと脳みそが爆発しそうになります


毎回英会話教室の先生ジョナサンがアイフォンの
面白いアプリを教えてくれます。


今日は世界各国のラジオが聞ける
Tunein Radioと言うアプリ

面白そうです!


=================================================

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

ドッグトレーナーの資格2

=================================================

本題

昨日はCPDTについてご説明しました。


CPDT(Certified Pet Dog Trainer)は
アメリカのCCPDT(Certification
Council for Professional Dog Trainers)が発行する
プロフェッショナルドッグトレーナーの資格です


森山は一昨年、CPDTの試験を受け合格する
ことができました。


世界的に通用するドッグトレーナーの資格
と言うことで日本のトップクラスの
現役トレーナーがほぼ受けたと思われます。


その人数が90人


少ないですか?多いですか?


森山はあまりにも少な過ぎると思っています。


しかも合格者は60人でした。


日本のトップクラスのドッグトレーナーが90人
受けて30人が落ちる試験ってどんなん?


その内容は結構専門的に勉強していないと
理解できません。

その内容は
①指導スキル 32%

②動物の管理 6%

③動物行動学 20%

④学習理論 32%

⑤トレーニング道具 10%

となっています。

試験はマークシート形式で250問の質問に
4時間で答えなければなりません。


森山は「4時間あれば楽勝」と思っていましたが、
ぎりぎり4時間使い果たしました。


中には常識を働かせれば解ける問題も含まれますが
専門的に学ばないと言葉さえも全く分からない
問題も含まれます。

出題される内容をざっと公開するとこんな感じです。


試験内容の概要
1)指導スキル
A.対人関係スキル
1.コミュニケーション
a.クライアントとの関係を作る
b.積極的に聞く
c.相手にフィードバックする
d.クライアントを主役にする
2.クライアントとの関係
a.特別な介助を必要とするクライアントについて、
アメリカ身体障害者法1990 に従う
b.難しいクライアント
B.指導スキル
1.説明、デモ、補助
2.授業計画の作成
3.配布資料の作成
4.参考資料源に関する知識
C.トレーニング環境の管理
1.安全性
2.物理的レイアウト
3.障害物/中断
D.イヌのスキル
1.デモンストレーション用イヌの選択
2.ハンドリングが難しいイヌ
3.吠えるイヌ
4.個体差の認識と管理
2)動物の管理
A.必要な予防接種
B.伝染病の症状
C.獣医師の診断をすすめるべき症状
D.トレーニングの制限をすべき症状
E.予防的な食餌
1.大型犬の整形外科的疾患
2.健康状態
3.年齢の考慮
F.寄生虫
1.同定
2.トレーニング環境の管理
G.去勢/避妊
1.行動への影響
2.健康への影響
3.年齢考慮
4.頭数管理
H.動物管理局と、その関連団体のドッグトレーニング
に関する役割
I.健康/衛生
3)動物行動学
A.家畜化
B.ボディランゲージ
C.発達
1.身体的
2.社会的
D.問題行動
E.身体的・感覚的特徴
4)学習理論
A.オペラント条件付け
1.行動の結果を理解する
a.強化‐正と負
b.罰‐正と負
c.消去
2.行動の結果を適応する
a.強化と罰の種類
1-一次性
2-二次性あるいは条件付け
b.強化と罰の選択
c.効果に影響する要因
d.強化スケジュール
e.行動を指導する時間
f.弁別と般化
g.行動への合図と刺激コントロール
3.トレーニング技術
a.プロンプティング
b.シェーピング
c.ターゲッティング
B.古典的条件付け
1.条件付けはどのように起こるか
2.消去
3.古典的条件付けにより影響を受ける行動
C.環境コントロール
5)道具
A.基本的なトレーニング道具(目的、安全性、適正)
1.バックルカラー
2.ホルター
3.スリップ&リミテッドカラー(チョークチェーン、
マーチンゲール、スナップチョーク)
4.ピンチ/プロングカラー
5.ハーネス
6.長さ固定のリード
7.ロングリード
8.格納式リード
9.クリッカー
B.補助的な道具(目的と安全性)
1.バークカラー(ショック、シトロネラ、音)
2.抑制システム(ショック、シトロネラ、音)
3.リモートカラー(ショック、シトロネラ、音)


です。

この中から250問が出題されます。


例題にチャレンジしてみたいですか?


下記URLの11ページにあります




http://www.japdt.com/cpdt/CPDThandbookJapanese.pdf

参考資料(JAPDT:CPDT受験者ハンドブックより)

いかがだったでしょうか!




難しかったですか?


それとも簡単すぎて眠くなりました?



アカデミーではCPDT試験に対応した授業を
行い、CPDTの取得をめざします。



—–