ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG トレーニングの本当の意味

トレーニングの本当の意味

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長
森山 敏彦

——————————————-

近況

再度、ご案内です。

OSがXPから7に変わりましたので
アウトルックからライブメールに変わり
操作方法がわからなくて面倒くさいので
全てGメールに変えてしまいました。

そんなこんなで、ここ半月ほどで森山から
メールの返事が来ないと思われている方、

パソコンチェンジのどさくさに紛れて
見落としている可能性が大です。

というかおそらく数名の方にメールの返信を
していないような気がします。

お心当たりの方は、申し訳ないのですが、
再度メールをお送りいただければと
思います

toshim@cdsplaybow.com

申し訳ございません^^;

——————————————

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 トレーニングの本当の意味 】

——————————————

本文

犬って見た目かわいいですよね!

その姿、自体がとってもかわいいです。

中目黒の街を歩いているとお洋服を着た子が
たくさん歩いています。

洋服が良い、悪いは別にして、みんなとっても
かわいいと思います。

でも、森山はトレーニングされた犬って
かわいいと言う概念が当てはまらないんです。

かわいいと言うよりも愛おしくなるのです。

なぜかというと
その意味は「言葉が通じるようになるから」
なのです。

森山のお散歩は基本、多摩川の河川敷に行って
ボール投げです。

でも、人が近づいて来たり、犬が近づいて来たり
するとすぐにボイシーを呼び戻してリードを
付けます。

自分で言うのもなんですがボイシーの呼び戻しは
ほぼ完ぺきです。

森山がボイシーに帰ってきてほしいとき呼べば
必ず帰ってきます。

このトレーニングが入っているからボイシーは
多摩川の河川敷を走らせることができます。

グループレッスンの時に、森山が飼い主さんに
説明をしているときはボイシーは伏せて
待っています。

この時にボイシーがうろうろしていたり、リード
を引っ張ったりしていたら森山はボイシーの
コントロールが忙しくて飼い主さんに説明
どころではなくなってしまいます。

そんな時、ボイシーはちゃんと待っていて
くれますから森山は安心して飼い主さんに説明を
することができます。

要するにトレーニングされた犬というのは
意志が通じるのです。

たとえリードが付いていなくてもちゃんと
コントロールできるのです。

相手はもちろん犬で、人間ではないのですが、
誤解を招くことを承知で言えば、森山の意思を
ちゃんと理解してくれる動物なのです。

本当は、呼ばれたらボールを投げてもらえるから
戻ってきているだけなのですよ。

じっと伏せて待っていれば、ご褒美が貰える
から待っているだけなのですよ。

森山もトレーナーですからそれは分かっています。

しかし、
ある意味、裏がない分、人間よりも接しやすい
相手です。

指示通り、けなげに従ってくれると、本当に
愛おしくなるのです。

この感覚はトレーニングが入った犬を扱って
みないと味わえない感覚です。

もし貴方の犬にトレーニングが入っていない
のならば是非トレーニングを入れてこの感覚を
味わってみてください。

愛犬が愛おしく感じますよ!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
 

 ぽちっとお願いします♪

——————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
school@playbow.jp

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————

—–