人も犬も食欲の秋

Pocket

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の三浦です!

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、

先日の台風が通り過ぎてから

神戸の山奥はすっかり秋模様です。

朝晩、寒いです(>_<)

 

皆さんは季節の変わり目で体調を崩されていませんか?

せっかくおいしい物がたくさん食べられる秋ですので

具合が悪くてご飯が食べられないというのは悲しすぎます。

犬と同じくらい食べ物に執着する三浦です。

 

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

—————————————————

 

さて今回のメルマガでは、愛犬との生活を楽しむために

三浦が大切にしていることをお伝えしております。

前回は「お散歩に変化をつける」ということをお伝えしました。

 

今回は2つ目、

「食事」についてです。

 

三浦は普段の自分の食事でも

添加物や化学調味料が入っている味があまり好きではなく

買い物をするときは必ず裏面の

原材料を確認するようにしています。

 
同じように犬のご飯も

以前から、ドッグフードはなるべくよいものを与えたいと、

保存料などの添加物の少ないドッグフードを

選ぶようにしていました。

 

しかし、プレイボゥに入学してから、

森山校長に、

「ぜひ、手作り食を与えてあげてください」と言われ、

愛犬の手作り食について興味を持つようになりました。

 

ですが、犬のご飯を手作りする、と言っても

何をどのくらい、

どうやって与えればよいのか

全く分かりません。

 

書店で手作り食の本を手に取ってみると、

なんだか自分のご飯よりも

手が込んでいるのではないかと思うほど。

 

生来、面倒くさがり屋の三浦は

静かに本を閉じました・・・

 

手作りの食事は

何より安心だとは思いつつ

作る手間を考えるとなかなか継続できませんでした。。。

 

しかしある時、「生の食材を与える」という

与え方を知ったのです。

 

肉や野菜を生のまま与える方法です。

 

ほとんど熱を加えず、生のまま与えるので

食事の準備は思ったより大変ではありません^^

 

まだまだ勉強中ですが、

ドッグフードと併用しながら継続中です。

 

手作り食を始めてから

愛犬の様子に変化も見られました。

 

我が家の愛犬のうち1匹が

乾燥肌でフケがひどく、

プツプツと赤い発疹もあちこちにでており

これまで様々なドッグフードを試しても、

ほとんど改善できないで悩んでいました。

 

しかし、食事を手作りに変えてからというもの

フケも発疹もぱったりとなくなったのです。

 

また、毛がパサパサでゴワゴワしていたのが

ふわふわ~の、つやつや~の、さらさら~になったのです!

 

愛犬の様子に良い変化が見られたことも

手作り食を継続できている一因だと思います。

 

愛犬たちも、ドッグフードを準備している時の興奮度と

手作り食を用意している時の興奮度では
後者の方が明らかにテンションが上がっています。

 

また、ドッグフードだとバクバク噛まずに飲み込んでしまい

あっっっという間に食べ終わってしまいますが、
生肉を骨ごと与えると、

肉を噛みちぎったり

骨を噛み砕いたりと

食事に時間がかかるようになり、

食べ終わった後の満足感が違うのではないかと

感じます。

 

愛犬には健康で、元気に長生きしてもらいたいですよね。

食事は愛犬との生活を楽しむ

土台を作ってくれるものだと思います。

これからも、安心・安全でおいしい食事を

与えていきたいと思っています。
※ドッグフードから手作り食に切り替える際には、
必ず愛犬の様子を見ながら、少しずつ切り替えてくださいね。
初めて生食を食べると下痢になる場合があります。
また、生肉や野菜など食材によってアレルギーなど
体質に合わない子もいるのでご注意ください。

 

さて、次は最終回。

愛犬との生活を楽しむための

「コミュニケーション」についてお伝えします。
つづく
—————————————————-

【ドッグトレーナーの裏側まで全部見せます!】

ドッグトレーナーに興味はあるけど
実際どんな仕事なの??

詳細はこちら!
http://playbow-dogtrainers-academy.com/157.php

—————————————————-