ドッグトレーニングのすすめ

Pocket

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関東校
事務局の佐藤ですU^ェ^U☆彡

 

本日も佐藤よりお届けいたします。

 

今週より、2017年1月開講クラスの授業が
始まっています。

 

31期生の皆さま!

 

これからまずは半年!頑張りましょうね^^

 

ちなみに、半年後の7月からは多くの生徒さんは
ドッグトレーナーとして開業できるようになります。

 

メルマガをお読みの皆さま!

 

どんどん遅れをとってしまいますよ!

 

いつの日か、いつの日か、なんて思っていると
あっという間に時が経ってしまいますよ!

 

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

—————————————————

 

そういえば、前回のメルマガで
犬の行動を先読み(予測)できるようにするためには
たくさんの犬とトレーニングしたり
犬を観察することが重要になってくるとお話しました。

 

その観察するために重要な着目ポイントとして、
今日は「転位行動」という物をご紹介しましょう。

 

転位行動とは、言葉の意味から
イメージしやすく説明しますと
「自分の緊張状態や葛藤状態を転位させるための行動」
という感じでしょうか。

 

動物病院の待合室で、ひっきりなしに
あくびや、体を?いている犬を見たことがありませんか?

 

このケースは多くの場合、行動頻度にもよりますが、
転位行動として犬が行動している可能性が高いです。

 

そして上記ケースは動物病院が苦手な犬に起きやすいです。

 

緊張状態にある犬は、緊張しているにも
関わらず、その場所の状況と無関係の行動をとり、
落ち着かせようとするのです。

 

少しストレスがかかっている、というイメージでも
良いかもしれません。

 

転位行動は「あくび」だけではありませんし、
その犬によって出やすい転位行動もあります。

 

個人的に多く見るのは、「あくび」
「体をかく」とかです。

 

とはいえ、何事もしっかり学び、
観察することが重要です!

 

この転位行動は読み取れるようになると
愛犬にストレス少なく、トレーニングすることが
できるようになります!

 

世界はガラッと変わることでしょう^^。

 

それでは本日のメルマガの最後にクイズです。

 

この転位行動、犬だけでなくあらゆる動物で見られます。
さて、人間ではどのような行動が挙げられるでしょうか?