スウェーデンに行ってきました!

Pocket

こんんちは、プレイボゥの琴です。

昨日は嬉しい事がありました。

卒業された生徒さんのお母様が突然いらっしゃいました。

その生徒さんはまだお若くて、地方から
上京し一人暮らしをしてプレイボゥに通われた
生徒さんでした。

お母様は「本当にこちらにお世話になってよかった」
と目を潤ませて、更には「握手をして頂いてよいですか?」
と握手まで求めてくださいました。

亡くなった森山にも「供えてください」と
お花までくださいました。

詳しいお話は長くなるので書けませんが、

お母様から沢山の勇気を頂き「さぁ頑張らないと!」
と森山に肩をたたかれた気持ちでした。

———————————————-

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

————————————————–

4月2日からスウェーデンに行ってきました!!

あれ?
これを書いているのって7日なのに?と思った方。

そうなんです。

自分でもエアチケットを購入してから「やっぱ無理かも」
とちょっとだけ後悔をした日程の渡航。

スウェーデン滞在日数2日間という有り得ない渡航です。

「あほじゃん」とは思いましたが。

どうしても行かねば!の理由があったのです。

それは!

何回かメルマガでもお伝えしていましたが、
今年から特別講師をスウェーデンからお迎えする為、
きちんと双方の気持ちを確認し、正式に契約をする為です。

その話はまた後日お話したいと思います。

もったいぶらせているわけではないですよ!

このたった2日間のスウェーデン滞在が
それはそれは中身の濃い2日間になったので、
そちらを先にお伝えしたいと思います。

スウェーデンでは藤田りかこさんのお世話に
なったのですが、彼女が講師との話し合い以外
に私の為にプランを立てていてくださいました。

勿論私は知らされていなくて、
現地でそのスケジュールを伝えられました。

まずは1日目。
それはKATY(ケイティ)のブリーダー、マリアと
パピーウォーカーをしてくださったマリーの
ところに行き、ケイティの生まれ育ったところを
見に行く事でした。

ケイティとは3年前にスウェーデンから森山が
日本に入れたゴールデンレトリバーです。

当時、「日本に旅立つゴールデンのパピー」
というので現地の地方新聞にも大々的に掲載
されました。
(新聞見たい人はお見せしますよ~。一面に載りました!)

なので「ケイティの飼い主の日本人」は
現地のゴールデンを飼っている人達は
みんな知っていのだと言われました。

責任重大・・・。

今年3歳になったケイティ。

現在はガンドッグとオビディエンスの
トレーニングを不器用な私が行っています。
結果を出さねば(汗)

マリアはまずはケイティの兄にあたる
TURE(チューレ)の災害救助のトレーニングを
見せてくれました。

来月、最終テストがあり、それに受かると
政府から資格がもらえて実際の災害救助犬
として出動していくそうです。

ここでまずはひとつめのびっくり。

マリアはブリーダーを生業とはしていません。
別に本業をもっています。
そしてトレーナー資格の様なものも特別に
持っているわけでもありません。

「じゃあ、道楽か趣味?」

いえいえ!そんな半端な気持ちではやっていませんでした。

スウェーデンではマリアの様な人達が沢山いらっしゃいます。

日本でも犬種を大切に考えてホームブリーダーとして
ブリーディングされていらっしゃる方々もいらっしゃい
ますがスウェーデンだけではなく海外はそんな
ホームブリーダーが日本よりも一般的な気がします。

ホームブリーダーという言葉を
初めて聞く方もいらっしゃると思いますが
きちんと犬舎を構えていて
「自分の可愛い愛犬の子供が見たい」とか
「たまたまオス、メス飼っていてかかってしまった」
とかそんな理由の方はいないのです。

身体構成はもちろんの事、メンタル面、気質すべてを
考えてブリーディングしている上に、パピーが生まれて
譲渡するまでの期間の環境トレーニングはそれはもう
素晴らしいの一言につきます。

それはもう一人のブリーダーさんのお宅にいっても
感じた事でした。

話がそれてしまった・・・。

マリアの話に戻します。

災害救助のトレーニングは初めて見たのですが
イメージ的に厳しい訓練のイメージを持ちませんか?

話は聞いていてもきっと罰(体罰ではなく)は
使っているのだろうと思っていました。

でも違っていたのです。

マリアは「TUREは見つけた後の私との遊びを
楽しみにしているのよ」と。

続く・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です