喧嘩の仲裁をする犬

Pocket

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局の佐藤です^^。

 

今日、Facebookを見ていたら、

 

「兄弟喧嘩を仲裁する心優しいワンコ」

 

というようなタイトルが目に留まり、

 

動画をクリックしていました。

 

前回に引き続き、犬の勉強をしたから
出来る考え方をご紹介したいと思います。

 

ちなみにその動画は小学生くらいの兄弟が
かなりヒートアップした喧嘩をしていて、
(叩いたり、蹴ったりしてしまうような…)

 

それを大型犬が仲裁する、というような動画でした。

 

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

—————————————————

 

犬と生活している方は、似たような経験があるかもしれませんね。

 

そもそも犬は「仲裁」をする動物なのでしょうか?

 

様々な考え方がありますが、本日は行動学的な見解を
一つ紹介しようかと思います。

 

まず基本的に、犬という動物は
無駄な争いを避ける動物です。

 

その無駄な争いを防ぐために、
または相手を落ち着かせるためにとる行動のことを
カーミングシグナルと言います。

 

このカーミングシグナルと言われる行動は
有名なノルウェーのトレーナーさんが27つの行動を挙げています。

 

その中に、「moving between two parties」という行動があります。

 

まさに夫婦喧嘩や、兄弟喧嘩のような
人と人が向かい合って喧嘩をしているときに
真ん中に割り込んでくる犬は

 

カーミングシグナルとして、
行動している可能性が高いと考えられます。

 

今回佐藤が見かけた動画は
兄弟の間に割り込む、というより

 

兄弟の肩を噛んでいたり、マウンティングと呼ばれる
上に乗ろうとする行動に近かったので、

 

カーミングシグナルではなく、何か別の理由で
その行動をしているのでは?と予測しました。

 

人間から見るとどうしても単純に仲裁しているんだ!
と判断出来てしまうかもしれませんが、

 

犬の勉強をしてみると、犬本来の行動と
結びつけて考えることが出来るので、
今よりももっと犬に寄り添えるはずですよ☆彡