歯磨き、してますか?

Pocket

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局の佐藤です^^。

 

タイトルにドキッとした方、
どのくらいいらっしゃるでしょうか…?
(この歯磨きは愛犬の、です。笑)

 

ちなみにちょっと前までの佐藤は
この言葉を聞いたら、ドキッとしていたと思います。

 

大きな声では言えませんが、
毎日はせず、少しおさぼりしていたこともあったのです。。

 

そのせいで、佐藤家の愛犬ひなたさんは、
歯石が化石のように歯にくっついてしまって…。

 

気づいて歯を磨こうとしても、
時すでに遅し…、そして、嫌がる嫌がる…。

 

皆さんの愛犬さん、歯石はついていませんか?

 

—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttp://jump.cx/ssbzz
募1706-028(18.08)

—————————————————

 

この歯石、犬の口腔内の健康に影響を与えるだけでなく、
実は問題行動に繋がる可能性があることはご存知ですか?

 

ここでひなたのケースを用いてお話したいと思います。

 

ひなたは6歳になるミニチュアダックスフンドの女の子。
(ロングヘアードですが、巻きが強くくるくるりんで、可愛いですよ♪)

 

歯石が気になり始めたのは4~5歳のころでした。

 

そして半年くらい前から、突然ヴ~ッと唸る行動が
みられるようになったのです。

 

その唸るシーンとしては、
同居犬が遊ぼう!と誘って身体が当たった時が
多い印象でした。

 

今まで唸るなんてしたことがなかったひなたが…。

 

この同居犬へ唸る行動は、大きな喧嘩に
発展することはありませんでしたが、
当時の私は大きくショックを受けました。

 

この同居犬へ唸る行動は頻繁に起こるわけでもなかったのですが
なぜだろう?と原因を探る日々…。

 

「まあ突然何かのきっかけで(人が見ていないときなど)、
同居犬と馬が合わなくなったのかも…。」

 

なんて考えることも。。。

 

そんなとき、ひなたは歯石除去を受けました。
(全身麻酔で行うため、高齢になってからよりも
早めに受ける方が良いと獣医さんから
いわれたことがきっかけでした。)

 

すると歯が綺麗になっただけでなく、

 

ひなたに驚きの変化が…!

 

つづく。