犬の鼻はなぜ良いの?

Pocket

 

こんにちは。

アカデミー事務局の山本です。
最近、授業終わりにお昼に生徒さんと

犬の鼻についての話をしました。

それから犬の鼻について調べてみよう!と思ったので

今回は「犬の嗅覚」についてお話ししていきます。
—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

—————————————————
「犬の鼻はなぜ良いの?」
誰かに質問されたら皆様は答えられますか?
私は恥ずかしながら、聞かれても

完璧に答える事が出来ないな。と思いました。
そこで調べたところ、犬の嗅覚が優れている3つの理由がありました。
(色々な情報がありますので、参考程度にお読み頂ければと思います)
1つ目は、犬の外鼻孔(鼻の穴)

犬の鼻は人間と違い、鼻の穴の横に切れ目の様なものが

あるのをご存知でしょうか?

この切れ目のおかげで、鼻をヒクヒクさせたときには、

正面からだけでなく横からも空気を送り込むことができるそうです。

また、犬は息を吐くとき、鼻の横の割れ目から自分の後方に吐くことによって

ターゲットとする物体の匂いと、自分の吐く息の匂いを混合しないように

しているという事がわかったそうです。
2つ目は、上唇溝(鼻の中央から口にかけて一直線に伸びた溝)

犬には鼻の中央から口にかけて一直線に伸びた溝の様なものがあり、

常に水分が蓄えられていて、空気中の匂い分子を吸着しやすくなっています。

犬の鼻がいつも湿っているのには、大切な役割がある事が分かります。

人間にも上唇溝(人中とも呼ばれるそうです)がありますが、

特に意味はないそうです、、。
3つ目は、鋤鼻器(じょびき・ヤコブソン器官とも言う)

犬には人間と違い副嗅覚器として鋤鼻器があります。

鋤鼻器は、犬の上顎の犬歯のすぐ後ろ側にあって、

鼻の穴に抜ける細い管で、鼻口蓋管という組織へとつながっています。
これらの3点を踏まえて、人間と違って空気を取り込む量が多い、

上唇溝の湿りによって空気中の匂い分子を吸着しやすくなっている、

鋤鼻器という人間にはない副嗅覚器があるから、鼻が良いのかも

しれませんね。
また犬によって匂いの嗅ぎ方にも違いがあったり、

犬のマズル(口まわり)の長さで嗅覚の鋭さが違かったり、と

調べれば調べるほど沢山気になる事が出てきます。
今回思ったのは、何か1つの事にものすごく詳しい

ドッグトレーナーさんも素敵だなと思いました。

もちろん犬の全てを知っていた方が良いのだけれど、

調べてみて、犬はもちろん他の動物も調べると沢山

面白い情報や、勉強になる事ばかりで範囲が広すぎる!!(笑)

調べれば調べるほど深くハマっていく感じです。

なので、この分野は○○さんというドッグトレーナーに聞けば

誰よりも詳しく分かる!と言う様なスペシャリストもかっこいいですよね。

自分の強み(+a)として活用できるようになれば、

お客さんも自然とついてくるかもしれませんね!
他にも鼻に関する面白い情報を見つけたので、

明日のメルマガでお伝えしますね!

お楽しみに~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です