リアルな実習が魅力です

Pocket

こんにちは。プレイボゥの亀井です。

いやぁー、この週末はアツかったですね!!

暑かったですが、

熱かったですね!

イヌリンピック桜花が!!

新木場にあるイーノの森 Dog Garden にて

熱い熱い戦いが繰り広げられました。

イヌリンピック桜花祭についてはこちら↓
http://www.inulympic.com/2018oukasai/index.html

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーは、

イヌリンピックで無料しつけ相談やしつけ教室ステージ、

そして各競技のスタッフとして携わらせて頂いています。

と、言っても実際にしつけ相談にのったり、

スタッフとなって飼い主さんに接するのは、

私達スクール事務局員ではなく、生徒さんたちです。

ドッグトレーナーになるために勉強中の在校生、

認定ドッグトレーナーの資格を取得した卒業生が、

リアルな飼い主さんたちとその愛犬たちと接する

貴重な機会がプレイボゥならではの「イベント実習」

なのです。

ドッグトレーナーになるための社会人向けスクールは

たくさんありますが、こんな貴重な体験ができるのは

プレイボゥだけじゃないかと思うんです。

だって、、、

—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

—————————————————

ドッグトレーナーの愛犬とか、お店の犬とか、

すでにトレーニングが入っている犬としか

触れ合えないのでは、プロのドッグトレーナーに

なるにはちょっと心もとないですよね。

(でも、そういった学校でもちゃんとプロに
なれる人ももちろんいますので、そういう学校が
ダメって訳ではないですので。。。)

そして、

プロのドッグトレーナーのお客様は飼い主さんです。

どんな意識の飼い主さんが多いのか?

意外と犬に関する考え方とか意識って、人それぞれです。

自分自身が自然とやっている犬への接し方とか考え方、

それって、他の飼い主さんも同じ感覚かというと、

違う人もたくさんいるはずです。

そうった事を体験できるのがプレイボゥの

イベント実習なのです!

…と、マジメに語ってしまいましたが、

イベント実習の醍醐味は、なんてたって、

楽しい!!って事です♪

だって、いろーーーんな犬種を見れたり、

いろーーーーんな飼い主さんとお話ししたり、

飼い主さんと愛犬が頑張ってゲームをしている

様子を間近で見れるんですよ。

楽しくないわけがない!!!

タイムレース50という競技は、犬の50m競争です!

犬たちが全力疾走している姿はカッコイイ!

そして、好成績を出した犬の飼い主さんの誇らしげな顔!

その犬もとっても誇らしげ!!

フィールドレトリーブタイムトライアルという競技は、

1ゲーム6回投げたダミーを持って帰って来る速さを

競うのです。

まさに、飼い主さんと愛犬の連携プレー!

息の合ったコンビネーションは感動ものです!

あぁ、やっぱり、愛犬と一緒に何かに熱中するって

本当に素敵だなーって思いました。

そういえば、、、

犬って動物は、人間と一緒に何かをするために

作られてきた動物なんですよね。

だから、昔は一緒に狩をしたりしてきた犬たち。

しかし、現代社会の中では狩にいく犬も少なくなり、

人間と一緒に何かをする機会が減ってしまいました。

でも、イヌリンピックで飼い主さんと一緒に何かに

熱中する犬たち、イキイキとした犬たちを見て、

「あー、犬って、こーゆー生き物だったんだな」

って改めて感じました。

ドッグトレーナーは、ただ犬のしつけをするだけの

仕事じゃないと思うのです。

犬ってどんな生き物なのかを飼い主さんに伝え、

犬と人がイキイキと楽しく、のびのびと快適に

暮らしていけるようお手伝いをする仕事なのだと

私は思います。

ビジネス的にも、犬のしつけだけをする仕事なら、

吠える・咬むとかお悩み事が解消したらお仕事は

終わり。お客様が1人減って収入が減ります。

でも、それだけじゃなく、より犬と飼い主さんが

楽しく暮らせるようにサポートして行くので

あれば、ゴールってほとんどないと思うんです。

より楽しく、

よりのびのびと、

暮らすって、人間だって犬だって、ここまで

出来れば終わりってレベルが決まっているわけじゃ

ないですから。

そんなことを改めて感じさせてくれたイヌリンピック

桜花祭でした。

イベント実習として参加した生徒さんもきっと何かを

感じ取ってくれたはずです。

ね。

すてきな実習だと思いませんか?