犬のお鼻のおはなし

Pocket

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 犬のお鼻のおはなし 】

——————————————

こんにちは!
プレイボゥ関西校事務局の竹井です。

本日は、プレイボゥ関西校で行った
セミナーのご紹介をしようと思います。

先月のお話になりますが、10/7(日)
大阪松屋町店にて、関西校初の
「ノーズワーク実践セミナー」を
開催いたしました!!

ノーズワークとは
犬の嗅覚を使ったドッグスポーツです。

自分の鼻を使っておやつを探したり
上級者になると、広い範囲の中から
アロマの匂いを探したり
犬の素晴らしい能力である「嗅覚」を
しっかりと活かすことが出来るのです。

また、匂いを嗅ぐことが出来れば
シニア犬でも、例えば目が見えない子や
耳が聞こえない子だって
楽しむことが出来るんですよ!

教えてくださったのは
日本のノーズワークの第一人者

細野直美先生!!

実は、先月のメルマガで少しお話した
竹井の卒業研究を指導してくださったのは
この、細野先生だったりします。

専門学校の卒業研究について
興味のある方はこちらをどうぞ!
ドッグトレーニングを応用した
キャットトレーニングを行いました(*^^*)

ドッグトレーニング応用編

専門学校では、トレーニング指導はもちろん
卒業研究の発表の時にはプレゼンの仕方や
ペットビジネスについてのクラスを担当され
イベントの企画・運営などについても
教えていただきました。

とっても広くて深ーい知識を持っておられ
気さくで色んなお話をしてくださいます。
怒るとちょっと怖いですが(小声)
普段はとっても優しい素敵な先生です!!

竹井は細野先生が大好きです(≧▽≦)♪

そんな細野先生が
「魅力にとりつかれた」とおっしゃるのが
犬の鼻、つまり犬の嗅覚です。

犬にとって、匂いは情報の宝庫。

お散歩中に地面をクンクン嗅ぐのだって
誰がその道を通ったとか
そこにどんなものがあるとか
色んな情報を集める大切な時間です。

そして、それは犬だからこそできること。
人が地面の匂いを嗅いでも
情報の収集はできません。

だからこそ、人の力を借りず
犬が自分の力で楽しめるのが
ノーズワークなのです!

竹井が、セミナーの中で
最も印象に残った細野先生のお話は
「トレーナーは
待つことを覚えなければならない」
という事でした。

こうすればいいよ、ああすればいいよ
こうやってするんだよ、と
催促するのではなく

犬が自分からやってみようかな、と
思うまで待ってあげること。

今、自分はどうしたいのか
選ばせてあげること。

欲しいけど怖い!というものがあれば
どうしたらがんばれるかな?と考えて
これなら平気!というものを
人ではなく、犬自身に選ばせてあげること。

トレーニングになると、ついつい
「教える」ことに注意が行ってしまって
こうやるんだよ、ああやるんだよ、と
口やら手やら、出してしまいがちになりますが

そりゃぁ、犬にだって
やりたいやり方があるよねぇ、と
目からウロコな気分でした。

次回の開催は、まだ決まっていませんが

またやりたいな
たくさんの人に聞いてほしいな
と思うセミナーでした!

アカデミー生限定のセミナーではありますが
次回開催が決まった時には
ぜひぜひ、話を聞きに来てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です