自信の付け方

Pocket

こんにちは。プレイボゥの亀井です。

ドッグトレーナーってどんな仕事?

プレイボゥで働いているドッグトレーナーって

どんな人たちなんだろう?

そんな疑問にお応えすべく、

今日は犬の保育園プレイボゥ稲城店で

ドッグトレーナーとして活躍されている

佐藤瑠海トレーナーにお話しを聞いて

きましたので、それをお届けします。

—————————————–

こんにちは!

稲城店スタッフの佐藤瑠海と申します。

私は、静岡県出身で、浜松にある専門学校

ルネサンス・ペット・アカデミーで2年間

ドッグトレーニングについて勉強をして

きました。

授業の後に部活動のような感じで

愛犬と練習をして競技会に出たり、

ドッグダンスの練習をしてイベントで

披露したりもして、いろいろな経験を

積んできました。

その学校で講師をしてくださっていた

私の尊敬する先生が、金子真弓先生と

いう方なのですが、教え方がとても

分かりやすかったんです!

専門学校の生徒のときって、

普通に一般の飼い主に近い感覚だと

思うのですが、説明がとても分かりやすく、

何をどうすればいいのかをスムーズに

理解することができました。

ドッグトレーニングの方法っていろいろ

ありますが、ひとりひとりの飼い主さんに

やりやすい方法を分かりやすくお伝えする

事がすごく大事だと思っています。

でも、実際にドッグトレーナーとして

働いていると、いろいろな飼い主さんが

いるので、自分なりには分かりやすく説明

したつもりでも、うまく伝わらない時も

あります。

一生懸命にトレーニングをしていても

思うように犬が変わってくれない時も

あって、

「なんで?」

「こんなにやってるのに変わらないの?」

と犬を責めてしまい、ほんの少しだけ、

犬を可愛いと思えなくなってしまった

時期がありました。

でも、トレーニングのやり方を一つ工夫して

あげるだけで、犬が変わっていく姿を間近で

見ることができたり、お客様から感謝の言葉を

いただけたりすることがあります。

私がトレーナーとして働いて、一番最初の

担当犬の飼い主様に、

「佐藤先生がいたから、

この子がこんなにいい子になったんですよ」

と言って頂いた事があります。

こういう言葉をもらえると本当に

嬉しいです。

また頑張ろうって気持ちになれます。

すごく励みになります。

そうやって自信を付けていくものなんだと

思うんです。

きっと、ドッグトレーナーになりたいけど

自信がないという方も多いと思います。

でも、最初は自信が無くて当たり前です。

実際にやってみて、犬が変わってくれたり、

お客様から励まされたりしながら、

自信を付けていければ良いのだと思います。

大切なのは、「犬が好き」って気持ちから

始まる仕事だと思うので、その気持ちを

なくさずに犬をちゃんと可愛がっていく

ことだと思っています。

—————————————–

いかがでしたか?

ドッグトレーナーとして自信を付けるには

実際にやってみて犬たちやお客様たちから

自信をもらっていくものなんだという

お話しは、本当にそうだと私も思います。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーに

入学されると、プレイボゥの店舗で実技実習

をされることになりますので、ぜひたくさんの

犬たちとトレーニングを経験していただき、

少しでも自信に繋げてもらえたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です