だって、怖いものは怖いんです

Pocket

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
関西校の竹井です。

突然ですが、皆さんは
待つって、好きですか?

竹井は、あんまり好きではありません。

行列のできているお店には
行きませんし

赤信号で待つのも嫌いなので
信号が青の方へ青の方へと
くねくねと蛇行して歩きます。

うん、だってね、
私関西人だしね。
しょうがないよね。

なんて、生まれのせいにしたりしています。

ですが、こういう状況なら
他の人よりも、待つのが得意かも!
という状況が一つあるのです。

怖がりさんが、
自分でやってみようと思うまで
のんびり見守りながら待つことは
比較的得意ではないかと思います。

なぜ、これだけ得意かというと

竹井もビビりだからです!!!

あと、嫌がられると
本気でショックを受けるので

絶対嫌われてなるものか!

という
防衛本能も働きます。

自分がビビりであるがゆえに

怖いよねー
嫌だよねー
勇気でないよねー

わかるよー、と共感してしまうのです。

怖いという感情は
自分でコントロールするのが難しいですし
克服するには
とても時間のかかるものです。

そもそも、恐怖という感情は
「危険かもしれない」という
脳からの信号でもありますので
そう簡単に克服できるものでもないのです。

例えば、皆さんも
人通りの少ない、暗い夜道は
怖いな、と感じることがありませんか?

これは、危険な事が
起こるかもしれないという
予測から起こる自然な感情です。

怖いな、と思うからこそ
明るい道を選んだり
誰かと一緒に歩いたり
対策を取ろうと考えるのです。

1度や2度通ってみただけで
「夜道って全然危険じゃないじゃん」と
すぐに恐怖心を無くしてしまうことも
あまり無いのではないでしょうか?

前は何にも起こらなかったから、と
何とも思わずに
警戒もせず、1人で歩いていると
本当に危ない事に巻き込まれるかも
しれませんよね。

恐怖心は危機回避のためには
必要なものなのです。

ですが、パニックになってしまったり
安全な物まで怖がってしまうような
過剰な恐怖は

克服できた方がいいですよね。

怖いって、やっぱり大変です。

簡単には克服できるものではないので

安全だとしっかり認識できるまで
たっぷりと時間をかけて
何度も何度も何度も

怖い事は起こらないと
確認させてあげなければ
いけません。

良いイメージをつけてあげようと
怖いものの前におやつを置いても
食べられない子もいるかもしれません。

大丈夫だと知っている方から見ると

何がそんなに怖いの?
大丈夫だってー!

と思ってしまいますが

怖いものは、
なんと言われても怖いのです。

そして、そもそも犬には言葉が
通じませんから

「危険ではない」という事を
何度も体験してもらうしかありません。

近づくのが難しそうなら
少し遠くから始めてみたり
勇気が出るまで待ってあげたり
すごーく大好きなご褒美を用意したり

色んな工夫をしながら
たっぷりの時間を使って

克服できるまで
焦らずのんびりと
お付き合いしてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です