Archive for イベント

スウェーデンに行ってきました!

こんんちは、プレイボゥの琴です。

昨日は嬉しい事がありました。

卒業された生徒さんのお母様が突然いらっしゃいました。

その生徒さんはまだお若くて、地方から
上京し一人暮らしをしてプレイボゥに通われた
生徒さんでした。

お母様は「本当にこちらにお世話になってよかった」
と目を潤ませて、更には「握手をして頂いてよいですか?」
と握手まで求めてくださいました。

亡くなった森山にも「供えてください」と
お花までくださいました。

詳しいお話は長くなるので書けませんが、

お母様から沢山の勇気を頂き「さぁ頑張らないと!」
と森山に肩をたたかれた気持ちでした。

———————————————-

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

————————————————–

4月2日からスウェーデンに行ってきました!!

あれ?
これを書いているのって7日なのに?と思った方。

そうなんです。

自分でもエアチケットを購入してから「やっぱ無理かも」
とちょっとだけ後悔をした日程の渡航。

スウェーデン滞在日数2日間という有り得ない渡航です。

「あほじゃん」とは思いましたが。

どうしても行かねば!の理由があったのです。

それは!

何回かメルマガでもお伝えしていましたが、
今年から特別講師をスウェーデンからお迎えする為、
きちんと双方の気持ちを確認し、正式に契約をする為です。

その話はまた後日お話したいと思います。

もったいぶらせているわけではないですよ!

このたった2日間のスウェーデン滞在が
それはそれは中身の濃い2日間になったので、
そちらを先にお伝えしたいと思います。

スウェーデンでは藤田りかこさんのお世話に
なったのですが、彼女が講師との話し合い以外
に私の為にプランを立てていてくださいました。

勿論私は知らされていなくて、
現地でそのスケジュールを伝えられました。

まずは1日目。
それはKATY(ケイティ)のブリーダー、マリアと
パピーウォーカーをしてくださったマリーの
ところに行き、ケイティの生まれ育ったところを
見に行く事でした。

ケイティとは3年前にスウェーデンから森山が
日本に入れたゴールデンレトリバーです。

当時、「日本に旅立つゴールデンのパピー」
というので現地の地方新聞にも大々的に掲載
されました。
(新聞見たい人はお見せしますよ~。一面に載りました!)

なので「ケイティの飼い主の日本人」は
現地のゴールデンを飼っている人達は
みんな知っていのだと言われました。

責任重大・・・。

今年3歳になったケイティ。

現在はガンドッグとオビディエンスの
トレーニングを不器用な私が行っています。
結果を出さねば(汗)

マリアはまずはケイティの兄にあたる
TURE(チューレ)の災害救助のトレーニングを
見せてくれました。

来月、最終テストがあり、それに受かると
政府から資格がもらえて実際の災害救助犬
として出動していくそうです。

ここでまずはひとつめのびっくり。

マリアはブリーダーを生業とはしていません。
別に本業をもっています。
そしてトレーナー資格の様なものも特別に
持っているわけでもありません。

「じゃあ、道楽か趣味?」

いえいえ!そんな半端な気持ちではやっていませんでした。

スウェーデンではマリアの様な人達が沢山いらっしゃいます。

日本でも犬種を大切に考えてホームブリーダーとして
ブリーディングされていらっしゃる方々もいらっしゃい
ますがスウェーデンだけではなく海外はそんな
ホームブリーダーが日本よりも一般的な気がします。

ホームブリーダーという言葉を
初めて聞く方もいらっしゃると思いますが
きちんと犬舎を構えていて
「自分の可愛い愛犬の子供が見たい」とか
「たまたまオス、メス飼っていてかかってしまった」
とかそんな理由の方はいないのです。

身体構成はもちろんの事、メンタル面、気質すべてを
考えてブリーディングしている上に、パピーが生まれて
譲渡するまでの期間の環境トレーニングはそれはもう
素晴らしいの一言につきます。

それはもう一人のブリーダーさんのお宅にいっても
感じた事でした。

話がそれてしまった・・・。

マリアの話に戻します。

災害救助のトレーニングは初めて見たのですが
イメージ的に厳しい訓練のイメージを持ちませんか?

話は聞いていてもきっと罰(体罰ではなく)は
使っているのだろうと思っていました。

でも違っていたのです。

マリアは「TUREは見つけた後の私との遊びを
楽しみにしているのよ」と。

続く・・・。

リアルな現場を体験する

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の高橋です!

私の住んでいる家から最寄駅まで
桜の木が数本あるのですが、
その桜の咲き具合を確認しながら
通勤するのが日課になっています。

個人的には、
桜の花が満開に咲いている様子よりも
少し葉が出てきたくらいが
桜の木の生命力と新しいスタートを
感じさせてくれて好きです。

花は次の生命を繋げるために咲き、
散っていきます。
そして、また新たな息吹が生まれる。

自然界の力はすごいですね。

そして、
花粉の威力もすごい。笑

(ここ数日、くしゃみが止まらずです、、、、)

———————————————-

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

————————————————–

さて、前回は先週末に行われた
日本最大級のペットイベント、
インターペットの内のイヌリンピックブースでの
プレイボゥの生徒さんのイベント実習の様子をお送りしました。

なので、
本日は無料しつけ相談ブースの様子について、
お届けしたいと思います!

この無料しつけ相談ブースで
お客様のお話を聞いていただくのは
プレイボゥの認定ドッグトレーナーの皆さんです。

つまり、プレイボゥの卒業生さんです。

みなさん初めは、
うまくお客様とお話出来るか緊張されていますが
話しているうちに段々と慣れていき、
最終的には楽しかったと言って頂けることも多いのです。

大体、おひとり10名~15名とお話しして頂くのですが
一日だけで、こんなにたくさんの飼い主様と
お話しできるのは中々ないので、貴重な機会です。

お悩みも、ピンポン吠えやトイレ、他の犬と仲良く出来ない
などなど、、、、

一般的に多いものの他にも
ちょっと変わったお悩みや
初めて犬を飼ったからどう接していいかわからない、
可愛い芸を教えたいなど
そのお悩みは十人十色です。

お悩みに対しての
お話を聞くだけでも安心される飼い主様もいらっしゃいます。

また、そのトレーナーさんのお話の仕方も
その方のキャラクターが出ていて
しつけ相談の呼び込みをしてくださる生徒さんには
先輩方の相談を見学するのも
いい経験になっているようでした。

もちろん、
呼び込みも大切なお仕事で、
最初にどんな風に話しかけるかも大切なポイントです。

営業のお仕事をされている方、
接客業の経験がある方は
日々のお仕事の経験がすごく活かされていて
見ていて、さすがだなと思いました。^^

こんな風に実際の飼い主様と触れ合えることのできる
イベント実習を味わえるのは、プレイボゥならではです。

休憩時間には、会場内の他のブースに遊びにいくことも
できますよ!

高橋も参加していて
普段なかなか味わうことのできない経験を
みなさまにも体験して頂ければなと思いました。

イベント実習、楽しいですよ~^^

次回、インターペット開催の際には
是非遊びにきてくださいね~!

犬の祭典!いい経験!

こんにちは~。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の高橋です!

4/30~4/2で
インターペットという
日本最大規模のペットイベントが
東京ビックサイト内で行われました。

国内外問わずたくさんの
ペット向け用品の出展があり、
ペットとの来場OKなイベントなのです。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、
毎年こちらのイベントに
イヌリンピックという競技と
しつけ相談ブースのお手伝いとして
参加させて頂いております。

もちろん、お悩み相談を聞いて頂くのは
プレイボゥ認定のドッグトレーナーの皆さんです!

このインターペットには
イベント実習として
任意で生徒さん方に参加して頂いております。

在学中で、まだ認定ドッグトレーナーでは、、、、、

という方には、このしつけ相談ブースの呼び込みと
イベント実習で忘れてはならない、
イヌリンピックさんのブースでの
お手伝いをお願いしています。

今回のイヌリンピックのブースでは
主に30mのタイムレースを行っており、
プレイボゥでは、入場ゲートとお客様の誘導など
を生徒さんにやって頂くのですが、
これがすごくいい経験になると
ご参加頂いた生徒さんから好評なのです。

今回は、そんなインターペットでの
イベント実習レポートをお送りいたします♪^^

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

————————————————–

インターペット当日、
会場前から、入場待ちの列は大賑わいで
たくさんの犬犬犬!人人人!

特に4/2(日)は、入場待ちの列があまりにも
凄かったので開場時間が少し早まったくらいでした。

イヌリンピックのタイムレースのブースは
終始、順番待ちのお客さま達が大行列で並んでいます。

その列の長さは約20mほどはあったでしょう、、、

そんな中、事故なくスムーズに競技を行えるよう
お客様をご案内するという、
とても重要なポイントを生徒さん方にはお願いしています。

このレースに参加されるお客様には
初めてでルールも何もわからないけど、タイムは気にせず、
愛犬との楽しい思い出作りに参加される方が
たくさんいらっしゃいます。

そんなお客様に分かりやすくルールをお伝えして、
そして注意点や上手く走れるコツなどを
お伝えしなければなりません。

30mタイムレースは
基本は飼い主様にゴール地点で待ってて頂き、
「おいで~!○○~!」
と、名前を呼んでもらって
犬たち飼い主様のもとへ走っていく際のタイムを競うものなのですが、
(普段、どれだけ呼びかけに反応するかが重要になって来る訳ですね。)

会場の雰囲気に圧倒され、途中で止まってしまい
ゴールまでなかなかたどり着かなかったり、
走るのが楽しくなってしまって、
ゴールについたらすぐUターンをしてコース内を
走り回ってしまう子もいたりする子がたくさんいるのです。

そんな時に、飼い主様に

“ワンちゃんと一緒に走ってあげてくださいね~。”とか、

“ゴールの少し手前で待ってて、
飼い主様がゴールに向かって走ってあげると
ワンちゃんが追いかけてくれますよ~!”とか、

“ゴールの線の間近で待ってしまうと
ワンちゃんがゴール手前で失速してしまうかも知れないので
少し離れて待っていてあげると良いかもしれませんよ。”

など、そのワンちゃんと飼い主様にあった方法を考えて、
アドバイスすることが大切になってきます。

これは、ドッグトレーナーに
必要なスキルを磨くいい経験になりますね!

実際のリアルな飼い主様と
たくさんお話出来るチャンスでもあり、
伝え方などもその伝える相手や状況によって
わかりやすくつたえられるよう、工夫が必要になってきます。

それに、
競技を安全に事故なく行なう為には
こちらの接し方も大切なのです。

入場ゲートを開くタイミングもそうですが、
コース内の安全を確認してから
次のお客様を案内すること、
ワンちゃんがコース外に出てしまわないように
ドアの開閉に注意することが必要です。

慣れない場所で飼い主様が30mも遠くに離れていってしまう訳ですから
ほとんどの子が飼い主はどこ~?とパニックになってしまったり、
他の子が走っているのを見て、早く走りたい!となってしまったりで
興奮状態に入って周りが見えなくなってしまう子が多いのです。

そんな状態の子達にどう接するか
それもドッグトレーナーとして
すごく大切なところですね。

ますます興奮させすぎても良くないですし、
緊張させすぎてもいけないので、
その子やその状況にあった接し方が大切なのです。

これは実際に現場に出て、色んな犬と触れ合うことで
更に意識が出来る様になるのではないでしょうか。

実際に参加された生徒さん方も
初めは緊張している様子でしたが、
徐々に慣れて飼い主様と楽しくコミニュケーションを
取っていらっしゃいました^^

普段の生活ではなかなか味わえない経験を
皆さん楽しんで頂けたようでした。

私も色んな性格の子や
飼い主様とふれあえてとても楽しかったです。

イベントならではの体験ができ、
とても良い経験になりました!

来週の4/15(土)~4/16(日)の2日間、
新木場にあるイーノの森で
イヌリンピック桜花祭が開催されます。

プレイボゥもお手伝いとして
参加させて頂きますので
是非、皆さんも遊びに来てくださいね~^^