Tag Archive for ゴールデンレトリーバー

犬の能力を発散させる

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関東校
事務局の佐藤ですU^ェ^U☆彡

 

皆さまから見て、犬という動物はどんな風に見えますか?

 

人間を癒してくれる、伴侶動物、コンパニオンアニマル、など
様々な言い方がありますが、ヨーロッパにおいて
犬は作業動物である、という考え方があります。

 

人が一人で行うことが大変な作業を
犬と共に行うことよって、効率よく作業をするために
犬は作出されたと言われています。

 

そんな歴史的な背景があるヨーロッパでは
現在も犬とともに作業をしている方も多くいるようです。

 

ちなみにその作業内容は犬種によっても異なりますので、
調べてみると愛犬の犬らしい行動を見つけることが出来るかもしれません。

 

もし犬が犬らしく生活をすることを意識するのであれば
その作業をさせる、もしくは作業に似た行動をさせてあげることで
犬本来の欲求を満たすことが出来るという考え方があります。

 

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

—————————————————

 

さてそんな犬ですが、どんな犬にも共通して
ある能力として「嗅覚」が挙げられます。

 

この「嗅覚」に特化した犬種ももちろんいますが、
基本的に犬は「嗅覚」がとても優れた動物です。

 

その嗅覚を活かした遊びやトレーニングなどを取り入れると
犬の本能的な欲求を満たすことが出来ます。

 

実は今日のボイシーくんは何故だか午前中
事務所内をウロウロ…、ウロウロ…と落ち着きませんでした。

 

スタッフが仕事をしている背後で、
「構って~」と静かに尻尾でアピール…。

 

そのまま構ってしまうと、ボイシーくんの
構ってアピールはどんどん増してしまうので。。。

 

構ってアピールをしていないタイミングを見計らって、
先ほど私は勤務中に一息つくついでにとボイシーくんと
事務所内で探せゲームをして遊びました。

 

ボイシーくんお得意の「嗅覚」を使いながら
隠されたボールを探すというゲームです。

 

ボイシーくんを別室で待機させ、
その間にボールを隠し、探させる。

 

これを5回ほど行って、止めたところ、
10分後にはぐっすり夢の中でした。

 

(今現在も佐藤の後ろでぐっすりです)

 

このように嗅覚を使った遊び(トレーニング)は
犬の本能的な欲求を満たすことができ、

 

さらにはボイシーくんのようなシニア犬にも
たくさん走り回らせることなく安全に、
程よい疲労感を与えることが出来るのです。

 

実はこの嗅覚を使う行動は頭も使うので
本当におすすめですよ~(^-^)☆彡

 

ぜひ皆さまも愛犬に「嗅覚」使わせて
あげてみてくださいね!

流行のドッグスポーツ

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の佐藤です。

 

前回のメルマガの終わりに今年のスペシャルセミナーで
もう1人ドッグトレーナーを紹介するとお伝えいたしました。

 

その人の名は…。

 

バルブロ・リーデンさんです!

 

この方、昨年のプレイボゥのスペシャルセミナーで
特別ゲストとして30分ほど登場していただいたり、
ゲストのエヴァさんのデモ犬(人?!)として
お手伝いしていた方です。

 

バルブロさんはスウェーデンで
トレーニング施設を経営する経営者さんでもあり、
ノーズワークと呼ばれるドッグスポーツを
広める活動をしている方でもあります。

 

皆さんはノーズワークってご存知ですか?

 

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/kNBTS

—————————————————

 

犬という動物はとても嗅覚が発達した動物であり、
その嗅覚は生まれた時から使うことができ、
年齢を重ねても衰えづらい器官とも言われています。

 

シニア犬になってくると目が見えづらくなったり、
耳が遠くなったりしますが、嗅覚は使えることが多いです。

 

この嗅覚を使った遊びを取り入れると脳トレにもなりますし、
シニア犬になってきた際に老化防止に繋がったりします。

 

そして何より、犬という動物は
嗅覚がとても発達している動物ですので
その嗅覚を使わせることにより、本能的な欲求を
満たしてあげることが出来るのです!

 

皆さんの愛犬はイヌらしい行動はしていますか?

 

このノーズワークは嗅覚を利用したドッグスポーツですので、
イヌらしい行動を犬にとらせることが出来ちゃいます。

 

しかし日本で行っている方は少ないと思いますので
どうやってやったいいのか、どんな風にやるのか、
など今回のバルブロさんのワークショップで
ご理解頂けるチャンス!

 

バルブロさんのノーズワークも注目頂きたいのですが
昨年バルブロさんとのお話やセミナー中の様子を見て、
なんて、ユーモアがあり、素敵な方なんだろう!!!と
スタッフ一同で感動した、ということがありました。

 

デモ犬(人?!)をする際にもただ演じるだけではなく、
犬の歩き方ひとつとってもとても面白く、
さらにはエヴァさんの所に戻るのを演じる途中
寄り道をして木におしっこをかける仕草を取り入れたり
など、受講者を楽しませてくれるサービスも!!!

 

佐藤の拙い文章で伝わっているかが不安なので、
ぜひ皆さん自身の目で見ていただけたらと思います!

 

プレイボゥが年に1度開くセミナー講師は
毎回同じとは限りません。

 

次にお会いできるのは数年後…、という可能性もあります。

 

ちなみに昨年お呼びし、今年もお呼びする
エヴァさんは2007年にお招きしていますが、
実に8年ぶりのプレイボゥへの来日だったのです!

 

皆さんも随時、プレイボゥのホームページ
またはメルマガをチェックいただき、
ご都合よろしければぜひお申し込みいただければと思います!

 

ドッグトレーナーだけに限らず、
一般の飼い主さま、犬に携わる方
全ての方に知って損はない知識や
技術をお届けいたします!!!

今年も来日!お見逃しなく!

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の佐藤です。

 

皆さんの中で、日本と海外のどちらが
犬のトレーニングやしつけにおいて
進んでいるか、考えたことはありますか?

 

今現在、日本で主流のオヤツやオモチャを使った
ドッグトレーニング方法は“陽性トレーニング”
とも呼ばれ、この手法は20年ほど前に海外から
入ってきたトレーニング方法です。

 

それまでの日本の犬のトレーニング方法は
現在とは少し異なった方法を使用していました。

 

そう、日本で今主流のトレーニングの方法は
海外から入ってきた方法であり、
日本よりも海外のほうがトレーニングについての
技術は進んでいるのです。

 

ということで常に最先端のドッグトレーニング方法を
知るためには海外の情報を取り入れることが大事です。

 

しかし、実際海外のドッグトレーナーさんの
トレーニング方法はどこで学べば良いのか、
分かりづらいという現状もあるかと思います。

 

佐藤は学生の頃、トレーニングについて学んでいたとき
海外のドッグトレーナーさんの手法について学ぶ機会は
ほとんどありませんでした。

 

よく大学の図書室にこもり、
海外のドッグトレーナーが書いた本を
読み漁っていたものです。

 

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/kNBTS

—————————————————

 

日本各地で海外のドッグトレーナーを
お呼びしてセミナーを開催しているのを
見ることは出来ますが、なかなか予定が合わなかったり、
そういった一覧のカレンダーがあるわけではないので
見つけにくい…ということもあるかもしれません。

 

皆さんもご存知かと思いますが、
プレイボゥは年1回、海外のドッグトレーナーさんを
お招きしてセミナーを開催しています。
(先週のメルマガでご紹介があったかと思います!)

 

こういった機会を通して皆さまにも
ぜひ海外の情報を知り、生活の中で
活かせることがあれば活かしていただきたいのです!

 

ちなみに今年お招きするドッグトレーナーは
複数いるのですが、そのうちの1人に
犬との遊びについて特化しているドッグトレーナーがいます。

 

イェシカ・オーベリーというドッグトレーナーですが、
「犬と遊ぶ」レッスンテクニックという本の
著者でもあり、昨年日本に来日しました。

 

その際にはJAPDT(日本ペットドッグトレーナーズ協会)にて
セミナー講師を勤められていたのですが、
実際に犬との遊びのデモンストレーションを交えて
セミナーを行っていました。

 

佐藤は残念ながら、JAPDTのセミナーには
参加できなかったのですがプレイボゥ
ドッグトレーナーズアカデミーの校長森山と
事務局スタッフの亀井はデモンストレーション飼い主と
飼い犬で参加しておりました!

 

どんなデモかと言うと、
犬と遊んでいる様子を見て、
犬と飼い主の関係性について見てくれたそうです。

 

実際にイェシカさんからのアドバイスを
受けられるなんて羨ましすぎる…。。。

 

そして実際に会場でそのデモンストレーションを
見れた方も羨ましすぎて…。

 

何故かと言うと犬との遊びって
なかなか意識して取り組んだことがなかったんです。
(犬のテンションをあげたり、トレーニングを
交えたりはしましたが…)

 

一言で遊びと言っても、
されど遊びなのです。

 

楽しそうに遊んでいたとしても、

「オモチャと遊んでいる」

「飼い主との社会的な遊びになっていない」

「飼い主がボールを投げる機械になってる」

などイェシカさんの目には
映ることがいっぱいなのです。

 

意外と見落としてしまっている点なども
多くあり、とても勉強になったと参加された
プレイボゥの生徒さんやスタッフから
話を聞いていました。

 

犬を迎え、生活を共にするなら
愛犬と良い関係性を築きたい!!!!

 

ましてや遊びを通じて良い関係性を築ける方法が
あるなら絶対知りたい!!!!

 

と思いつつ、佐藤が「デモ見たかった。」と
ぐちぐち言っている時、森山校長が
「来年呼ぶよ。イェシカさん。」と。

 

思わず佐藤は嘘かと思い、
聞き返してしまったのを覚えています。

 

その時は確定ではなかったのですが、
いつか森山校長は呼びたいと決めていたようです。

 

そして佐藤の願いも叶ってか、
晴れて今年イェシカさんを呼ぶことが決まったのです!!!

 

今から楽しみすぎて、
そしてイェシカさんのすごさを
1人でも多くの方に分かっていただけるよう
プレイボゥスタッフ一同準備してまいります!

 

次回は今年のスペシャルセミナーでお呼びする
もう1人のドッグトレーナーをご紹介したいと思います。

 

お楽しみに!