Tag Archive for チームテスト

愛犬とのチーム力!

こんにちは。プレイボゥの亀井です。

愛犬とのチームか! ではなく、
チームりょくです。「チーム力」。

その、愛犬との「チーム力」をテストする、
OPDES(オプデス)のチームテストというの
を、私と愛犬タリーさんで受けて来ました!

チームテストの詳細はこちら↓
http://www.opdes.jp/チームテスト/

実は、私が初めてこのテストを受けたのは、
もう3年ほど前になります。

まずは、リードを着けた状態で、横について
歩いたり、オスワリマテやフセマテ、呼び戻し
などの基礎トレーニングを規程通りにやって
審査員に得点をつけてもらい、35点以上で
合格となるテストが、TT1というものです。

これに合格すると、次はTT2というテストに
挑戦する資格がもらえます。
TT2は、リード無しで全ての工程を行わなけ
ればならず、内容も歩行中のフセなど難易度
が少し上がります。

各テストに合格したという資格の有効期間は
1年間です。

また、次のテストを受けられるのは半年以上
間を空ける必要があります。

なので、愛犬とのトレーニングを継続して、
日々やっていく事になるわけです。

しかも、1年以上間が空いてしまうと資格の
有効期間が切れてしまいTT1からやり直しに
なるので、継続してトレーニングして挑戦し
たくなる仕組みなのですね。

そして、TT2に2回連続で40点以上で合格
すると、永久資格が与えられるのです。

今回、私は、この永久資格に挑戦しました!

3年ほど前にTT1に合格し、その半年後にTT2
を受けたけど不合格になり、またその半年後
にTT2を受けて合格はしたけど40点には届か
ず、またまた1年後にTT2を受けてなんとか
41点をゲットし、また約1年あけてから、
今回TT2を受けたのです。

ついに、ここまで来た。。。

結構長い道のりでした。。。

約3年間の愛犬とのトレーニングの集大成
として、テストに臨んだわけです。

…前日から緊張してあまり眠れず、、、

当日の朝もソワソワして、早めに会場に
着いてしまいました。

この日は、46組の犬と飼い主がチームテスト
にエントリーしていたのですが、私は35番。

私の順番まではまだまだだよなぁ、と思いつ
つ、ソワソワしていたら、、、

予定時間よりも30分近く前に名前を呼ばれ、

「早く進んでしまってるので、早いですけど
開始しても大丈夫ですか?」

「は・はいっ! だ・大丈夫ぅですっ!」

と若干裏返った声で返事をして、テストの
行われるリンクの中へ……。

その結果、、、、

—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

—————————————————

なんと!

想像以上の高得点!!

47.5点(50点満点中)
をいただきました!!!!!!

やったーーーーー!!!!

めっちゃ嬉しいっ!!!

ジャッジ(審査員)の方から

「とても良いチームとしての作業が出来て
いますね。」

とのコメント!

うれしすぎるぅーーーーー!!!!

そうなんです。

私としては、フセとかマテとかであっても
「指示に従わせる」という感じではなく、
私と愛犬タリーさんのチームとしての
共同作業を楽しく且つしっかりと出来る
ようになるのが目標だったのです。

なので、このジャッジのコメントはとても
嬉しかったです。。。

2年くらい前までは、リードを外すと、
自由に走り回ってしまっていたタリーさん。

そこから、どうやったら、タリーがひとりで
走り回るよりも私の横についていたくなるの
か?をとことん考えて、いろいろ試して来ました。

つまり、
どうやったら、タリーを最高に楽しませ、
私と一緒に居たいと思ってもらえるのかを
考えて試行錯誤してきました。

タリーが本当に好きな事は何なのか?

タリーが心から楽しいと思う時はいつなのか?

を探り、それを「私と一緒に」やるように
工夫してきました。

その楽しい時間の中にオスワリやマテなど
を組み込んでいくと、トレーニング自体が
タリーさんにとってどんどんが楽しい時間
になってきました。

そして、タリーと私の関係もどんどん良く
なりました。

これが、「モチベーショントレーニング」
なんですよね。

単純にオヤツをあげるだけじゃないんです。

嬉しい!楽しい!大好き!!

と、ドリカムの歌のような(古い?笑)
気持ちに犬がなってくれるのが、目指すべき
モチベーショントレーニングなのです。

そんなモチベーショントレーニングを使って
犬と飼い主さんの絆形成をお手伝いする
ドッグトレーナーさんが日本中に増える事が
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの
願いなのです。

それって、本当に素敵な事だなって、
身をもって改めて実感しました。

1人でも多くの方に、愛犬とのトレーニングの
楽しさを、幸せを、知ってもらいたい。

心からそう思います。

競技会のご報告

プレイボゥの亀井です。

年末年始はロンドンで犬まみれ旅行を楽しみ、
日本に帰って来たら、自宅のポストが…
パンパンになっていました。。。

年賀状などの郵便物がたくさん来ていましたが、
その中に、OPDES事務局からの封筒がありました。

封筒を開けてみると、、、

先月に愛犬タリーさんと出陳したチームテスト
(TT2)の合格証でした!

そうなんです!

先月のメールで挑戦することをお伝えしていた
チームテスト、私が目標にしていた40点以上を
獲得し合格することができたのです!!

いやぁー。よかったよかった。

OPDES(オプデス)というのは、犬の競技会を
行っている団体で日本でJKCに次ぐ大きな団体
です。

私は、OPDESのチームテストというのを受けて
いたのです。

愛犬とのチーム力をみられるテストなのですが、

・横について歩く
・進行中の伏せ
・呼び戻し
・座って待つ
・伏せて待つ

という項目を行って項目ごとに点数をつけて
もらって、35点以上で合格となります。

これをリード付きで行うのがレベル1で、
チームテストのレベル1なので「TT1」と
言われています。

リードを外した状態で行うのがレベル2で、
「TT2」と言われているものです。

私は、一昨年にTT1に合格し、去年TT2にも
39点で合格することができました。

しかし、TT2に40点以上で2回連続で合格する
とチームテストの「永久資格」がもらえるの
で、私はそれに挑戦するため、今回40点以上
を目標としていたのです。

————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

————————————————

12月17日に群馬県前橋市にある利根川沿い
の田口緑地というところで、競技会は行わ
れました。

タリーさんと車で会場に朝10時ごろに
到着すると既にたくさんの犬と人がいて、
チームテストやオビディエンスの競技会、
アジリティなどが行われていました。

おぉー、やってるやってる!

そう思って、会場をウロウロし始めたら、
見たことのある顔を発見。

アカデミーの卒業生で群馬県にお住まいの
Tさんが見学に来てくれていました。

すでに出張ドッグトレーナーとして活躍
されているTさんなのですが、
OPDESの競技会を見たことがなかったそう
なのですが、私が出るのを知って来て
くれたのでした。

すでに8時半から来ていて2時間ぐらい
競技会を見ていたらしいので、感想を
聞いてみると、

「思っていたよりレベル高いですね…。
すごく刺激になりました。」

と言っていました。

そうなんです。
普通の飼い主さんと愛犬のペアや
訓練士さんとお客様の犬のペアも
いてレベルはそれぞれですが、
結構しっかり仕上がったペアが多い
のでTさんは驚いたそうです。

そして、Tさん自身も競技会に
挑戦すると言ってくれました。

やはり、自分自身の目標を持つ
ということはとても大切だと思い
ます。

自分のトレーニングのレベルアップ
をするといっても、目標がないと
なかなか難しいものです。

スクールに在校中は「卒業」という
目標に向かって一生懸命に勉強し、
実際に犬にやってみて学んでいくの
ですが、卒業して急に目標がなく
なってしまうという人が結構います。

自分で自分の目標を決めなければ、
誰も決めてくれません。

「競技会に出て何点以上取る」

という目標を決めて、自分で練習し、
競技会で腕試しして出来ている所、
出来ていないところをジャッジに見て
もらって、出来なかったところを
また日々練習する。

そんな風に競技会をうまく使って
レベルアップするのもいいと思います。

私も今年はもう一度チームテスト
TT2を40点以上で合格して永久資格
をとるぞー!

そのためには、オビディエンスの
練習を日々の生活の中で継続して
していかねばっ!

がんばるぞ!

——————————

プレイボゥのスクール説明会で、
犬のこと、学校のこと、仕事のこと、
なんでもお教えします!

日程はこちら↓
http://playbow-dogtrainers-academy.com/seminar.php#day

——————————

原因と対応を考える

こんにちは。

来月、OPDESのチームテストを受けると

昨日宣言してしまったので、

応援メッセージを数名からいただきました。

ありがたく思うと同時にプレッシャーを

感じて、焦っている亀井です。。。

そんな亀井と同じタイミングで、チームテスト受ける人いませんか?

1人で受けるより、どうせなら一緒に挑戦しませんか?

日程や参加方法はOPDESのこちらのページ

に書いてあります。

http://www.opdes.jp/event/

が、申込み方法やタイムスケジュール、各競技のルール

などが、ちょっと分かりずらいかもしれません。

亀井が分かることでしたらお教えしますので、

プレイボゥ卒業生の方は、お気軽にお声がけくださいね。

…と、偉そうに言っても、、、亀井はチームテスト4回と

アジリティで1回出ただけなので。。。

不明点はOPDESに問い合わせて頂いた方がよいとは

思いますが、簡単なことでしたら亀井もおこたえ

できるかなと思います。

なんなら、一緒に練習会しましょぉ♪

他の犬がいる状況で練習したいし、

お互いにアドバイスし合うと気付きももらえるので。

ぜひぜひ!

ちなみに、

12月17日18日は関東で今年最後の競技会です。

アジリティもやってますし、オビディエンス

の競技会などもやっているので見学するだけでも

とっても勉強になると思います!

トレーニングを勉強するなら見ておくととても

刺激になると思いますよー!

————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

————————————————

さて。

そんなこんなで、12月17日にチームテストを

受けることにした亀井と愛犬タリーさん。

毎日のお散歩中の練習に熱が入って来ました。

今の課題は、

呼び戻しからの正面停座!

フセをさせて30歩進んだ所で、「おいで」と

呼んだら、私の正面に来てオスワリすることです。

タリーさんはどうも正面ではなく、

やや左側にななめにオスワリをして

しまうのです。。。

チームテストでは、真正面に座れないと減点

になってしまうので、これを直したいのです。

フセして待たせておいて、呼び戻した

ときに、真っすぐ正面に座ってもらえる

ように犬に教えるにはどうしたらいい

のでしょうか?

犬の行動を修正したいとき、

まずは原因を考えてみて欲しいと思います。

タリーさんは、なぜ左斜めになってしまうのか?

たぶん、左側について歩くという練習が影響

している気がします。

呼び戻しされたら、この後に左側に行くんでしょ?

って意識があるからではないかと私は分析しました。

じゃぁ、その意識を払しょくしたい!

どうしたら払しょくできると思いますか?

これを考えるのがドッグトレーニングの面白さ

であり、ドッグトレーナーとしての腕の見せ所

だと私は思います。

さぁ。あなたなら、どうしますか?