Tag Archive for ドッグスポーツ

ヤル気を出す

こんにちは。

プレイボゥの亀井です。

私は愛犬のタリーさんとドッグスポーツの

アジリティの練習をして、競技会にも出たり

しています。

10月の競技会でノービスというクラスを

ノーミスで走れたため、次はジャンピング

をいうクラスに出ようと思っています!

ノービスは、障害物がハードル、トンネル、

タイヤという3種類しかありません。

ジャンピングは、そこにスラロームという

障害がさらに加わるのです。

スラロームってご存知でしょうか?

棒が一直線に並んでいて、そこを犬がジグザグ

に通り抜けるというやつです。

このスラロームの最初の練習は、オヤツや

オモチャを手に持って、棒1本ずつジグザグに

誘導して歩くところから始めました。

オヤツを持った私の手を追って、

タリーさんが棒をジグザグ歩きます。

早く誘導の手を動かし過ぎると、

タリーさんが棒を1本飛ばしてしまったり

する事があったので、まずは失敗させない

ように丁寧にゆっくりとジグザグジグザグ。

慣れて来たら少しずつスピードを上げて

みました。

でも、スピードを上げようとすると棒を

1本飛ばしてしまう失敗をしてしまいます。

そもそも、スラロームを早いスピードで走り

抜けようという意思がタリーさんに無いよう

なのでした。

テケテケと歩いて、手の誘導に従って、

棒をジグザグ歩いているだけ。。。

うーーん。

どうやったら、タリーさんのモチベーションを

上げて楽しくスラロームを走り抜けてもらえ

るようになるのだろうか?

そう考えていると、ふと思い出したのが、

今年の夏からタリーさんがハマっている

ホースから出る水を追いかけてガブガブする

遊びです。

お庭でホースを持つだけで、ワクワク顔で

ホースを見つめ、水が出てきた瞬間から、

水に噛み付きガブガブするのが大好きなの

です。

まるで気が狂ったように水を追いかけて

ガブガブしています。。。

ホースから水が出るとタリーさんがヤル気

モードになるのであれば、これをスラローム

の練習に活かせないだろうか?

そう思った私は、ホースの水をスラローム

の棒あたりに出してみると、タリーさん

熱狂的に水を追いかけて凄い速さでスラローム

を走る走る!

…でも、棒1本ずつジグザグを水で誘導するの

は難しい!

なので、水でスラロームをジグザグ走らせる

のは諦めて、手の誘導で1本ずつジグザグを

ちゃんと出来たら、ホースから水をだして

遊ばせてあげるようにしました。

スラロームをジグザグちゃんと出来たら、

ホースで水遊び。

これを毎日5分~15分程度繰り返してみました。

すると、数日後には、お庭に出た瞬間から、

「今日も水遊びですね!」

とルンルンのタリーさん。

水遊び前のスラロームもルンルンでやって

くれるようになりました!

…ただ、スラローム練習中もホースが気に

なって仕方がない様子。。。

ダメダメ!ちゃーんとスラロームが出来ないと

お水出してあげないよー。

さぁ、もう1回スラローム練習!

ジグザグジグザグジグザグ…。

よーし!!上手!!さぁ、お水で遊ぼう!!

そんな感じで練習を続けて、もう夏も終わり、

すでに12月。。。

もう朝晩はかなり寒いですが、、、、

でも、まだたまにやってます!笑

タリーさんが楽しそうなんで。

お水なしでもスラロームを走るスピード

はかなり早くなったし、上手になりましたよ。

その犬が楽しい!と思うことをトレーニング

に活用するのがモチベーショントレーニング

です。

ただオヤツをあげればいいってわけではなく、

その子にとってのモチベーターが何なのかを

理解し、活用することが大切なんだってこと

を改めて実感しました。

犬のお鼻のおはなし

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 犬のお鼻のおはなし 】

——————————————

こんにちは!
プレイボゥ関西校事務局の竹井です。

本日は、プレイボゥ関西校で行った
セミナーのご紹介をしようと思います。

先月のお話になりますが、10/7(日)
大阪松屋町店にて、関西校初の
「ノーズワーク実践セミナー」を
開催いたしました!!

ノーズワークとは
犬の嗅覚を使ったドッグスポーツです。

自分の鼻を使っておやつを探したり
上級者になると、広い範囲の中から
アロマの匂いを探したり
犬の素晴らしい能力である「嗅覚」を
しっかりと活かすことが出来るのです。

また、匂いを嗅ぐことが出来れば
シニア犬でも、例えば目が見えない子や
耳が聞こえない子だって
楽しむことが出来るんですよ!

教えてくださったのは
日本のノーズワークの第一人者

細野直美先生!!

実は、先月のメルマガで少しお話した
竹井の卒業研究を指導してくださったのは
この、細野先生だったりします。

専門学校の卒業研究について
興味のある方はこちらをどうぞ!
ドッグトレーニングを応用した
キャットトレーニングを行いました(*^^*)

ドッグトレーニング応用編

専門学校では、トレーニング指導はもちろん
卒業研究の発表の時にはプレゼンの仕方や
ペットビジネスについてのクラスを担当され
イベントの企画・運営などについても
教えていただきました。

とっても広くて深ーい知識を持っておられ
気さくで色んなお話をしてくださいます。
怒るとちょっと怖いですが(小声)
普段はとっても優しい素敵な先生です!!

竹井は細野先生が大好きです(≧▽≦)♪

そんな細野先生が
「魅力にとりつかれた」とおっしゃるのが
犬の鼻、つまり犬の嗅覚です。

犬にとって、匂いは情報の宝庫。

お散歩中に地面をクンクン嗅ぐのだって
誰がその道を通ったとか
そこにどんなものがあるとか
色んな情報を集める大切な時間です。

そして、それは犬だからこそできること。
人が地面の匂いを嗅いでも
情報の収集はできません。

だからこそ、人の力を借りず
犬が自分の力で楽しめるのが
ノーズワークなのです!

竹井が、セミナーの中で
最も印象に残った細野先生のお話は
「トレーナーは
待つことを覚えなければならない」
という事でした。

こうすればいいよ、ああすればいいよ
こうやってするんだよ、と
催促するのではなく

犬が自分からやってみようかな、と
思うまで待ってあげること。

今、自分はどうしたいのか
選ばせてあげること。

欲しいけど怖い!というものがあれば
どうしたらがんばれるかな?と考えて
これなら平気!というものを
人ではなく、犬自身に選ばせてあげること。

トレーニングになると、ついつい
「教える」ことに注意が行ってしまって
こうやるんだよ、ああやるんだよ、と
口やら手やら、出してしまいがちになりますが

そりゃぁ、犬にだって
やりたいやり方があるよねぇ、と
目からウロコな気分でした。

次回の開催は、まだ決まっていませんが

またやりたいな
たくさんの人に聞いてほしいな
と思うセミナーでした!

アカデミー生限定のセミナーではありますが
次回開催が決まった時には
ぜひぜひ、話を聞きに来てくださいね!

すみません。ご説明します。

こんにちは。プレイボゥの亀井です。

昨日のメールで私と愛犬タリーさんが

アジリティの競技会でパーフェクトラン

したことを書かせていただきました。

が、しかし、、、

ご説明が不足している点がありました。

見栄を張るつもりもないですので、

誤解の無いよう説明させていただきます。

私とタリーさんが出陳したのは、

「ノービス2度」クラスです。

すごくざっくりまとめさせて頂きますと、

私が出ているOPDESの競技会のアジリティは

以下のようにクラスが分かれています。

ビギナー(ハードル・トンネル)

ノービス1度 (ハードル・トンネル )

ノービス2度 (ハードル・トンネル・タイヤ)

ジャンピング1度(上記に加えスラローム)

ジャンピング2度(同上)

ジャンピング3度(同上)

アジリティ1度(上記に加えタッチ障害1~3台)

アジリティ2度(上記に加えタッチ障害2~4台)

アジリティ3度(上記に加えタッチ障害2~4台)

※ジャンピングとアジリティには、
パフォーマンスクラスもありますが省略しました。

つまり、障害物の種類によって、

ノービス、ジャンピング、アジリティ

というクラスに分かれていて、

さらに、コース設定の難易度によって、

1度、2度、3度という構成になっています。

なお、ジャンピング(1度~3度)を飛ばして

いきなりアジリティ1度に出ることも出来る

と思います。

また、ジャンピングとアジリティは1度で減点5点以下

の成績を2回以上残さないと2度に上がれない、

というような細かい出場条件があったりもします。

私は、ノービス2度をやっとパーフェクトラン

したという段階で、まだまだ先は長いのです。

ちなみに、タッチ障害というのが、シーソーや

Aフレーム、ドッグウォークと呼ばれる障害で、

最初と最後のところの色が変わっている部分に

犬の足がタッチしていないと減点になるやつ

なのです。

タリーさんは、Aフレームとドッグウォークは

できるようになりましたが、まだシーソーが

補助がないと怖くてできません。。。

大丈夫。怖くないよ。ってことをタリーさんに

分かってもらい、スピードに乗ったまま

シーソーを走り抜けてもらえるようになるには

まだまだ練習が必要です。

でも、私の目標としては、

来年の春にジャンピングをパーフェクトラン!

来年末にはアジリティにも挑戦できるように

なっていればなぁ…、と思っています。

タリーさんは、今年で9歳になりました。

まだまだ元気ですが、世間的にはシニア犬。

あと何年ぐらい一緒に走れるか分かりません。

だからこそ、この1年、この1日、この一瞬を

大切にタリーさんと楽しく過ごしたいと

思っています。

一緒に頑張ろうと思える愛犬がいて、

一緒に楽しみながら挑戦できる事があるって、

すごく幸せな事ですよね。

今の環境に感謝しています。