Tag Archive for ドッグトレーナー、学校、実習、イベント

君は幸せ?

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 君は幸せ? 】

——————————————

こんにちは!プレイボゥ関西校の竹井です。

本日のメルマガは、今週から
週に1回シリーズで配信させていただく

当アカデミー講師、児玉尚保先生の
お話をお届けいたします。

実は、プレイボゥは最近
大きな変化がありました。

授業で使っているテキストの変更と
生徒の皆さまが実技のやり方を
覚えるために見る「実技動画」の
内容の変更です。

実は、プレイボゥは
少しずつ進化しているのですっ!

どうして変更が必要だったのか
児玉先生のお話を読んでいただければ
少しずつ、分かっていただけるのでは
無いかと思います。

週に1回のシリーズを見逃さず
ぜひぜひお読みくださいませ!

=======================================

こんにちは。プレイボゥの児玉です。

みなさんはアニマルウェルフェアや
環境エンリッチメントという言葉を
聞いたことはありますか?

テレビやネットなどのニュースで
アニマルウェルフェアが報道されているのを
見かけたことのある方も
いらっしゃるかもしれません。

今回は犬業界を含む動物業界で
最近重要視されている
考え方についてお伝えします!

さてアニマルウェルフェアと
環境エンリッチメントという言葉には、
いろんな意味が含まれているのですが、
ちょっと難しい表現になりますが、
簡単に要約すると

動物園にいる展示動物や
鳥や牛や豚などの家畜動物、
犬や猫などの愛玩動物などを
ただ飼育するだけでなく、

人が動物に与える痛みや
ストレスといった苦痛を
最小限に抑えるなどの活動を行い、
動物の心理学的幸福を
実現しようという考えをもって、

出来る限り心理学的幸福を実演するために、
飼育環境を豊かにするアクションを
しようということなのです。

この飼育環境とは、
その動物と人が関わる
全てのことをさしているので、

物理的な環境である、
広い狭いなどのスペースや床が堅い、
動物の習性にあった
施設かどうかなどだけでなく、
他の動物や人とかかわる社会的な環境の
二つのことを指しています。

例えば、動物園なども展示動物たちを
ただ狭い柵のなかで過ごすだけや、
餌をただ与えるだけでなく、

餌を隠して狩猟本能を刺激するよう工夫したり
木やロープなどの遊具を設置し、
野生でその動物がしていた行動が出来るよう
飼育環境を整えてあげるべきということです!

かの有名な旭山動物園は
『行動展示』と呼ばれる
本来の動物たちの生活や行動を
観察できるような施設づくりをされています。

しかしこれは人間が見て楽しい!
というだけでなく
動物も本来の行動が出来きるよう
環境を整える工夫をしているとも
いえるわけです。

そして愛玩動物である犬も、
ただ飼われているだけでなく、
イキイキした姿がみられるように、
ストレスや苦痛を出来る限り減らしたりと
心理的幸福を感じられるような
環境を作っていくことが大事なのです。

では、私たちドッグトレーナーも
犬たちのアニマルウェルフェアを考えて
どんなことをすべきなのでしょうか?

続きはまた来週お届けします。
楽しみにお待ちください!

課題、始めてみました。

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 課題、始めてみました。 】

——————————————

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
関西校の竹井です。

11月から新しいクラスが始まった関西校ですが

ご入学された皆さんには
半年間の間に、頑張って行っていただく
「課題」があります。

無料の出張トレーニングに行ったり
1頭の犬をしっかりトレーニングして
動画を提出したり、と

卒業して、開業した時に困らないように
課題として経験を積んでいただくように
なっているのです!

もちろん、課題以外にも
実習で色んな犬とトレーニングを
してもいただきますよ。

皆さんこれからいろんな犬と出会って
いろんなトレーニングをして
いろんな経験をされるんだろうなぁ。

いいなぁー…。

という事で

竹井、課題始めてみました。

だって竹井もトレーニングしたい!!

専門学校のドッグトレーナーコースを
卒業してから早、、年。
(何年経ったかはご想像にお任せします)

お仕事をしながら学び直しをさせてもらいつつ
実技の機会はというと

スタッフの愛犬に
数週間お付き合いいただいた後
なかなか恵まれていない竹井です。

皆さまのサポートをさせていただくなら
同じ経験をしてみた方が良いよね!

という事を口実に
実際はただ単純に
「トレーニングをしたい!」
という理由だけで

勝手にやってみることに決めました!

クリアできなかったら困るので
こっそり始めようかと思ったのですが

楽しい事をする時は
黙っていられない竹井です(笑)

私、久しぶりにトレーニングする!と決めて
まず一つ目の問題は
竹井家に犬がいないこと。

1人暮らしの自宅にも、実家にもいません。

という事で、まずはパートナー探しから
始めてみることにしました。

知り合いに犬を貸していただいて
その子と一緒にトレーニングをするのです。

上手に色々できるようになれば
わんちゃんも飼い主さんも
喜んでくれるはず!

はたして、一緒にトレーニングをする
パートナー犬は見つかったのか?!

明日のメルマガをお楽しみにっ!!

いい子にトレーニングはいらないの?

 

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 いい子にトレーニングはいらないの? 】

——————————————

こんにちは!
ドッグトレーナーの学校に居ながら
猫の話ばっかりする
関西校事務局の竹井です!

いいかげん
猫意外の話もしようと思います(笑)

今日は、生徒さまとの面談のお話を。

竹井は、関西校事務局のスタッフとして
生徒さまの事務的な手続きの
お手伝いをしたり、授業の準備をしたり

生徒さまのサポートを
主なお仕事として行っています。

その中に「面談」というものがあるのですが
期限までに間に合わないかも、とか
思っていたように時間が取れない、など
お困り事の相談をされる方もたくさんいます。

プレイボゥに入学された方は
皆さん認定資格を取得するまでに
課題に挑戦されますので
その進め方なども相談にのっています。

プレイボゥの課題は
無料出張トレーニングをしに
実際にお客様のところへ行ってくること。
そして、トレーニングの成果を
動画に撮って提出すること。

具体的なトレーニングの仕方などは
講師の先生方にお願いするのですが
お客様の探し方や、お話の仕方
基本的な考え方などは
アドバイスをすることもあります。

そんな面談中によくあるご相談の一つに
こんなものがあります。

それは、出張トレーニング先のお客様を
お探し中の生徒さんや
トレーニングの動画を撮影するために
協力者をお探し中の
犬を飼っていない生徒さまが
良く出会うお悩み事です。

「犬を飼っている知り合いはいます。
でも、いい子だから困ってないんです。」

「課題の為に、何の問題もない犬を
トレーニングにつき合わせるって
いいんでしょうか…?」

出会う犬はみんないい子。
犬のしつけの重要性が少しずつ
認知されてきた証拠でしょうか。
素晴らしいですね。

ですが、だからこそ
トレーニングに行く先がない
というお悩み事です。

そんな時、竹井はこんなお話をします。

ドッグトレーニングって、問題行動を
解決するためだけのモノでしょうか?

もちろん、困っていることを解決するために
トレーニングはとっても役に立ちます。

ですが、日常生活の中で
これから困りそうなことを予防すること
犬の安全を守ること
そんなことにも、トレーニングは
とっても役に立つんです。

犬のことを勉強してから
飼い主さんと犬の普段の様子を見てみると
それまでとは違った視点で
見ることが出来ます。

より楽しく遊べる方法や
コミュニケーションの方法を教えてあげたり
困っていないからこそできる
「次のステップ」をお伝えして
生活を豊かにするお手伝いをするのも
ドッグトレーナーの大切な役割です。

課題の動画を撮らせていただく場合
「座って待つ」「伏せて待つ」
「人の横について歩く」などの
オビディエンスと言われる
基本のトレーニングを行いますが

これも先々、犬にも飼い主さんにも
ためになるトレーニングです。

待つことが得意になれば
安全管理はとても楽になりますし

横について歩くことが出来るようになれば
車道にはみ出して歩いてしまうことも
グッと減って、安全なお散歩ができますね。

皆さんも、小さい頃
お外では大人と手をつなごうね、と
教えてもらったのではないでしょうか?

あれは、急に飛び出してしまったり
迷子になるのを防ぐためですが

教えられたのは
飛び出す癖がついたから?
違いますよね。

飛び出して事故にあったり
迷子になったりする前に
飛び出してはいけないことも
迷子にならないように気をつけることも
しっかり教えてもらって、
お母さんやお父さんと
手をつないで歩きました。

犬も同じなのです。

危険なことが起こる前に
トレーニングで予防することは
とても重要な事なのです!

だから、トレーニングに
つき合わせちゃ悪い、なんて思わないで

これができるようになると
こんないいことがあるんですよ!と
胸を張って教えてあげてくださいね。