Tag Archive for ドッグトレーナー、学校、実習、イベント

犬のしつけの効率を上げるには

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局と講師も務めております佐藤ですU^エ^U

 

普段は関東校(向ヶ丘教室・中目黒教室)に
務めているのですが、先月末は大阪教室に
数日間出勤しておりました。

 

そう5月末は大阪教室での仕事を果たしてきた
佐藤にとって、数日ぶりに
家に帰ると愛犬たちが

 

「おっかえりいぃぃぃ~~~~~!!!!」

 

と喜びの舞をしてくれるのが
たまらなく可愛くて、

 

可愛くて、可愛くて。

 

「フンス!フンス!フンスッ!」

 

と鼻息荒く、くるくると回る犬もいれば

 

「あ。おかえり。」と
クールに振る舞いながらも
尻尾だけは正直に振られ過ぎている犬も。

 

佐藤は「あ~つかれた。」なんて
思っていたことさえも吹き飛び

 

一緒に数日ぶりの再会に
はしゃぎまわっておりました。

 

(第三者目線で想像すると
おかしな人に見えてしまうことが
たまにキズですが…(^^; )

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
皆さまは、「犬のしつけやトレーニングの
効率を上げる方法」をご存知でしょうか?

 

この効率を上げる方法とは、
もっともっと専門的に言うのであれば

 

「犬の学習の効率を上げる方法」

 

と思ってもらえると良いと思います。

 

実はこの方法、1つではないですし、
アイディア次第で、新しい方法を
思いつくことも不可能ではありません。

 

ではいくつもある効率を上げる方法のうち
今回は1つ、とある例を用いて
ご紹介したいと思います。

 

まず、この例題は佐藤自身の体験談です。

 

少しプライベートな話ですが、
佐藤が小学生の頃、

 

ドライヤーを使ったあとに自身の髪が
洗面台に落ちてしまったときのこと。

 

そのままにしてしまい、両親に

 

「なぜ片づけないの!
毎回言っているじゃない!
次使う人が不快に思うでしょ!」

 

と指摘されることがとても多くありました。

 

こう指摘されると佐藤は

 

「あーうん、わかった。やるやる。」

 

と言った適当な返事をして、
結局次の日も同じことの繰り返し…といった
日々を繰り返していました。

 

大人になった今は、

 

「やればよいのに。
なんでやらなかったのだろう。」

 

と思うことも出来るようになりましたが(^^;

 

皆さま自身の幼少期や
お子様がいらっしゃる方は

 

「両親の言っていることは分かるけど
なんだか両親の言っていることが聞けない…」

 

といった経験や似たような経験が
思い浮かぶのではないでしょうか。

 

さて、ここで皆さまに問題です。

 

現在の佐藤はドライヤーを使ったあとは
しっかりと洗面台を
綺麗にする習慣がついています。

 

では、小学生佐藤にどのように
アプローチすることによって、

 

小学生佐藤は、ドライヤーを使ったあと
洗面台を綺麗にするような
習慣がついたのでしょうか?

 

ここには犬のしつけに役立つ
トレーニングのコツが隠されているのです。

 

つづく。

NO DOG,NO LIFE

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局の神野です。

 

大好きなたまごちゃん(卵型ボール)を、
両手に抱えて愛犬が、

 

「うーーーーーーーーーーー。」
と、私を上目遣いで見ながら
唸ってます。

 

「お手手にちょうだい。」と、
犬に伝えたところ、

 

5秒間悩んだ末、私の手に口から
ポロっと渡してくれました。

 

今回は「ありがとう」と犬に伝えて
おやつをプレゼントしました。

 

愛犬はたまごちゃんを気にすることなく、
おやつを受け取り、ルンルンです。

 

ここまでの過程、「普通では?」と
あなたは、思うかもしれませんが、

 

これは私と愛犬が2人で成し遂げた
成果であり、絆なのです。

 

今まで愛犬は、物を渡すと一切、
返してくれませんでした。

 

時に咬みつかせる経験も犬にさせ、
人の手に嫌なイメージを
植え付けてしまいました。

 

半日~1日中、唸り続けることだって
しょっちゅうでした。

 

1日唸っていたら血圧にも影響があります。
体が緊張で強張り、体に良いわけが
ひとつも無いのです。

 

これを機に愛犬とトレーニングを重ねた、
「お手手にちょうだい」という練習。

 

はじめは、いつまでかかるかな…と
遠い目をした日もありましたが、

 

「この子は必ず、分かってくれる!」
と信じて、約1ヵ月コツコツ練習しました。

 

ある日のことです。

 

一言も唸らずに、
私の手に「はい、どうぞ。」と
渡してくれました。

 

うわ、感動!

 

今までパニック状態だった愛犬の頭の中が
冷静に判断できた瞬間だと思いました。

 

これがモチベーショントレーニングの
素晴らしさなんだ!と感じた瞬間でした。

 

この感動、名誉校長の森山先生も、
ケイティのトレーニングで感じた記録が
残っていました。

 

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

タイトル:お座り待てができない犬

本文はこちらから↓↓

お座り待てができない犬

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。

 

いかがでしたでしょうか?

 

その後、私の愛犬にも【学習曲線】が
ありました。

 

人間のダイエットやフィットネスで
筋力作りも同じことだと思いました。

 

停滞していたとしても、
犬もいつか身となり、
結果となるのです。

 

 

モチベーショントレーニングは
確かに時間はかかります。

 

しかし、かかった時間の分だけ、
愛犬との繋がりを実感することが
出来るとも言い換えられます。

 

私の思い込みかもしれませんが、
私も愛犬に時間を費やす様になって、

 

「あなただったら信頼してもいいわよ。」
と、心の声が聞こえる様な気がします。

 

あくまでも「気がする」ですが。

 

あなたも是非、ドッグトレーニングを
通じて、愛犬との絆を感じて欲しいです。

 

必ず、今まで以上に愛犬のことが
愛しくて仕方なくなりますよ。

緊張している時こそ呼吸を

こんにちは。
プレイボゥアカデミー事務局の神野です。

 

言わずもがなですが、人も動物も植物も
皆、空気を吸って~、吐いて~と、
呼吸をし、地球上で生きています。

 

今回はその【呼吸】について、
お話をして参りたいと思います。

 

一旦、犬とは話が遠くなりますが、
神野が体力作りのため通うジムで
バーベルを上げていた時の話です。

 

負荷をつけようとウエイトを上げて
「ぐ!」と力んだ時、

 

「腰がギクッときた…」
違和感がありました。

 

幸い腰の痛みは軽度で済みましたが、
ジムのトレーナーに話したところ、

 

「筋トレをする時は【呼吸】に意識を
向けないといけませんよ。」と注意され
ました。

 

「へ・・・こきゅう(・・?」

 

神野は今まで無呼吸で力を込めた方が
最大の力が発揮出来るのだと
思っていたのですが、

 

その考えは逆だった様です。

 

呼吸とは、力を入れる時に息を吐き、
力を抜く時に息を吸うことが基本。

 

これがバラバラになってしまうと
最大の力が発揮できなくなってしまう他、
体を痛める危険性もあるとのことです。

 

「バラバラ」とは身体と呼吸の
バランスの事を指します。

 

試しにトレーナーの誘導の元で、
「ハーーー」と、息を吐きながら
バーベルを持ち上げ、

 

「スーーー」と息を吸いながら
バーベルを下ろしていくと、

 

あらあら!まぁまぁ!
面白いほどバーベルの上下が
楽になりました。

 

(ウエイトもう一つ上げられそう^-^♪)

 

呼吸の正しい使い方で、
苦しかったトレーニングが楽しくなる。

 

この原理を犬に当てはめて
考えてみました。

 

愛犬と散歩に行くとしましょう。

 

「そこへ行って欲しくないなぁ…」
「車が来たから危ない!」

 

と言った犬の身を守る為の【回避】を
必要とする際に、咄嗟に犬のリードを
「ぐっ!」と引いたご経験はありますか?

 

その時の犬の反応、どんな感じでしたか?

 

「嫌だ!」

 

と、犬は踏ん張りませんでしたか?

 

踏ん張ったその行動、「抵抗反応」と
言います。

 

そして、その瞬間の呼吸状態は、
人と犬、どんな感じでしょう?

 

きっと、
「咄嗟だったし、覚えていないわ。」
と仰るかと思いますが(笑)

 

大抵は、一瞬だけ
【無呼吸】な状態になっているはず。

 

咄嗟の回避は緊張が走るので、
呼吸を止めがちです。

 

犬も同様。

 

飼い主が一瞬緊張してリードを引っ張り、
力んだことで犬が驚き踏ん張るため、
抵抗反応が起こります。

 

結果として、踏ん張って硬直した犬を
危険な場所から回避するため、人が
無理矢理ズルズルと引きずってしまう
ことが、よくあるパターン。

 

パットも削れてしまうし、
嫌がってるのに引きずってしまうし、
可哀想ですよね。

 

では、ここで実験です。
息を吐きながら回避を促したら…
どうなるでしょう?

 

答えは是非ご自身でお試し頂ければと
思います。

 

バーベルを上げる負担が減った様に、
犬も人も互いにストレスが激減に
減ることとなるでしょう!、

 

この呼吸にも影響するセミナーが
下記で開催されます。

 

私もこのセミナーに参加して、
呼吸の必要性を改めて理解しました!

 

まだ若干数お席のご案内が可能です。
目に見えない効果を体感してください。