Tag Archive for ドッグトレーナーの知識

だって、怖いものは怖いんです

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
関西校の竹井です。

突然ですが、皆さんは
待つって、好きですか?

竹井は、あんまり好きではありません。

行列のできているお店には
行きませんし

赤信号で待つのも嫌いなので
信号が青の方へ青の方へと
くねくねと蛇行して歩きます。

うん、だってね、
私関西人だしね。
しょうがないよね。

なんて、生まれのせいにしたりしています。

ですが、こういう状況なら
他の人よりも、待つのが得意かも!
という状況が一つあるのです。

怖がりさんが、
自分でやってみようと思うまで
のんびり見守りながら待つことは
比較的得意ではないかと思います。

なぜ、これだけ得意かというと

竹井もビビりだからです!!!

あと、嫌がられると
本気でショックを受けるので

絶対嫌われてなるものか!

という
防衛本能も働きます。

自分がビビりであるがゆえに

怖いよねー
嫌だよねー
勇気でないよねー

わかるよー、と共感してしまうのです。

怖いという感情は
自分でコントロールするのが難しいですし
克服するには
とても時間のかかるものです。

そもそも、恐怖という感情は
「危険かもしれない」という
脳からの信号でもありますので
そう簡単に克服できるものでもないのです。

例えば、皆さんも
人通りの少ない、暗い夜道は
怖いな、と感じることがありませんか?

これは、危険な事が
起こるかもしれないという
予測から起こる自然な感情です。

怖いな、と思うからこそ
明るい道を選んだり
誰かと一緒に歩いたり
対策を取ろうと考えるのです。

1度や2度通ってみただけで
「夜道って全然危険じゃないじゃん」と
すぐに恐怖心を無くしてしまうことも
あまり無いのではないでしょうか?

前は何にも起こらなかったから、と
何とも思わずに
警戒もせず、1人で歩いていると
本当に危ない事に巻き込まれるかも
しれませんよね。

恐怖心は危機回避のためには
必要なものなのです。

ですが、パニックになってしまったり
安全な物まで怖がってしまうような
過剰な恐怖は

克服できた方がいいですよね。

怖いって、やっぱり大変です。

簡単には克服できるものではないので

安全だとしっかり認識できるまで
たっぷりと時間をかけて
何度も何度も何度も

怖い事は起こらないと
確認させてあげなければ
いけません。

良いイメージをつけてあげようと
怖いものの前におやつを置いても
食べられない子もいるかもしれません。

大丈夫だと知っている方から見ると

何がそんなに怖いの?
大丈夫だってー!

と思ってしまいますが

怖いものは、
なんと言われても怖いのです。

そして、そもそも犬には言葉が
通じませんから

「危険ではない」という事を
何度も体験してもらうしかありません。

近づくのが難しそうなら
少し遠くから始めてみたり
勇気が出るまで待ってあげたり
すごーく大好きなご褒美を用意したり

色んな工夫をしながら
たっぷりの時間を使って

克服できるまで
焦らずのんびりと
お付き合いしてあげてくださいね。

理由のあるカタチ

こんにちは!
プレイボゥ関西校の竹井です。

5月も日差しが強く
暑い日が多かったですが

6月に入り、何だか湿気も
プラスされたように感じます。

暑さに弱い竹井は
早くも疲れ気味でございます…。

ということで!

寒い地域のことを考えて
気分だけでも涼しくなりましょう!

(強引ですね…)

竹井は、もちろん
犬が大好きなのでプレイボゥで
お仕事をしているのですが

犬以外の動物も大好きです!

そんな竹井の中で
現在かなり注目度が上がっている
動物を紹介したいと思います。

ユキヒョウです!

2ヶ月ほど前
某動物番組で紹介された映像で
注目度が急上昇いたしました。

みなさん、ユキヒョウご存知でしょうか?

中央アジアの山岳地帯に生息している
ネコ科の肉食動物です。

標高の高い、寒い所に住んでいますので
身体はしっかりと
密度の高い毛で覆われています。

断崖をうろつき、
狩りを行うのですが
その狩りの映像が

なんともスペクタクルな
素晴らしいものだったのですよ!!

ユキヒョウさん
ヤギに噛みついたまま
崖からダイブしたんです。

しかも相当な高さから。

それでもきちんと着地し
ヤギもしっかり捕まえ
なんのケガもない、という
何ともものすごい映像でした。

どうやら、これがユキヒョウの
狩りの仕方のようですね。

ネコ科らしい、しなやかな身体ですので
空中で態勢を整えながら
着地することが出来ますし

密度の高い被毛が
衝撃を吸収してくれるのだそうです。

そして、他のネコ科動物よりも
比較的しっぽが長いですので
これもバランスを取りやすい
要因ではないかと思います。

動物はやはり、生態にあわせた
身体つきをしているものですね。

犬だってそうなんですよ!

進化というよりも
人が仕事にあわせて作出した
という所が、ユキヒョウとは
大きく違う所ですが

ハウンド種、と呼ばれる
狩猟犬たちは、その狩りのスタイルに
あわせた身体をしています。

アナグマ猟を行うダックスフントは
巣穴に入りやすい短い脚をしていますし

視覚ハウンドと呼ばれる
グループの犬は
素早い動きで獲物を追い、捉えるために
空気抵抗の少ないスリムな身体です。

嗅覚ハウンドと呼ばれる
獲物の匂いをたどって探すという
仕事をするたちは
大きな垂れた耳を持っている事が
多いのですが

これは、鼻周辺に空気を留めて
匂いをわかりやすくするため
なのだそうです。

その他にも、それぞれの犬種に
犬のお仕事にあわせた
身体の特徴がありますので

色々調べてみると面白いですよ(*^^*)

新しいお家に慣れること

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
関西校の竹井です。

実は竹井、諸々の事情がありまして
引越準備の真っ最中です。

事情と言っても
大した事情では無いのですが(笑)

引越って、色々な準備が必要ですよね。

荷物をまとめるのはもちろんですが
色々な手続きが必要だったりしますし

引っ越した後も
家具の配置が変わっただけで
使い勝手が違う!!と
慣れるまで時間がかかったりします。

そんなお引越し
人は、準備をしている間に
「引っ越すんだな」と
心の準備ができますが

犬はどうでしょう?

「これは引っ越しの準備だよ」と
犬に言い聞かせようと思っても
言葉では伝わりません。

でも

伝わらないから
しょうがないよね、と
そのままお引越しして
さぁ、新生活だよ!と
いつも通りの暮らしをしようとすると

突然知らない場所で
全く勝手の違う生活が始まってしまい
ビックリして戸惑ってしまいます。

心の準備をしている人間でも
生活が落ち着くまで
少し期間が必要ですから

ぽん、と場所を移るだけでは
戸惑ってしまうのは当然ですよね。

新しい環境に移るには
準備はとても大切なのです。

新しい環境に移る時、と言えば
犬を家族にお迎えする時も
当然そうです。

引っ越しと違い
一緒に住む相手が変わるわけですから
引っ越すときよりも

新しい環境

新しい家族

どちらにも慣れなくてはいけませんので
さらにしっかりとした準備が必要です。

では、具体的にはどんな風に
準備をするのでしょうか?

気になる方には
おすすめのセミナーがありますよ(*^^*)

★飼い主1年生セミナー
日時:犬のお迎え準備編
6月22日(土)14:00~15:30
犬と一緒の生活編
7月6日(土)14:00~15:30
※どちらかだけの参加も可能です。
参加費:無料
定員:6名

【関西】飼い主1年生 セミナー

犬のお迎え準備編では
その名の通り、お迎え準備として
パートナーの選び方や
お迎えしたらやっておきたい
トレーニングのお話なども
するのですが

とっても重要な
新しい環境に慣らす事
についてもお話します。

お引越しの予定があるという方も
聞いておくと新生活が
楽になるかもしれません!

まだお席空いていますので
気になる方はぜひお申込くださいませ(*^^*)