Tag Archive for 卒業生

卒業生のお店が続々オープン!

こんにちは。プレイボゥの亀井です。

台風がまたやってきておりますね。。
皆さまの地域は大丈夫でしょうか。

こういった悪天候のときは、愛犬が
安全な環境で落ち着いて過ごせるよう
いつも以上に気を付けて頂ければと
思います。

雷や暴風雨に驚いてパニックになり、
リード食いちぎってしまったり、
網戸を破ったりして逃走してしまい、
迷子になってしまう犬も意外と多い
のでご注意いただければと思います。

さて、

先日、9月2日に卒業生が都内にお店を
オープンされました!

これでプレイボゥ卒業生がオープンした
お店が60軒を突破しましたー!!

(…たぶん、ざっと数えてみたところ…)

すごくないですか?!

日本全国に60軒以上もの犬の保育園など
社会化やトレーニングをサポートする
施設が生まれたのです。

しかも!
来月に埼玉県にまた1軒オープン!

さらに、もう少しすると大分県にも
素敵な犬の施設を卒業生がオープン
させる予定なんです!

続々お店がオープン!

これは本当にすごい事で、嬉しい事です。

でも、お店をオープンすることがゴール
ではありません。

大切なのは、そのお店をしっかり安定させ
ることです。

そのためには、まず、安全第一。
犬も人もです。

そして、犬の社会化やトレーニングに関する
正しい知識を飼い主様にお伝えし、
犬と人がストレスなく楽しく暮らしていける
ようにしっかりサポートしていくこと。

これが大切だと私は思います。

しかし、言葉でそう言うのは簡単ですが、
実際にはいろんな個性や背景の犬たちがいて、
さらにいろんな飼い主様たちがいますので、
ドッグトレーナーとして迷い悩むことも
多いハズです。

なので、
お店をオープンされた卒業生の皆さん!

お店の運営や経営で困ったことがあったら、
アカデミーにご相談くださいね。

一緒に1つ1つ乗り越えていけるよう
頑張って行きましょう!

ちなみに、9月2日にお店をオープンさせた
卒業生のWさんですが、去年までは建築系の
お仕事で、100人ぐらいを束ねて仕切ってた
方なのです。

そして、50歳目前にしたこのタイミングで
退職されてプレイボゥにご入学され、
ドッグトレーニングを学ばれました。

そして、ドッグトレーナーへ転身!

人生の大きなターニングポイントとなった
わけです。

実は、このWさんが初めてプレイボゥの
スクール説明会に来てくださったときに
私が説明・案内人を務めさせて頂きました。

そして、その数ヶ月後に「今年いっぱいで
仕事辞めてプレイボゥさんに入学することに
決めました!」とご連絡頂いたのをよく覚え
ています。

私はそのご連絡をいただいて、

とても嬉しかったのですが、、、

それ以上に感じたのは責任重大だ…
というプレッシャーでした。。。

Wさんの人生のターニングポイントに関わり、
ドッグトレーナーとしての基礎を築き、
プロのドッグトレーナーとして仕事をしていく
サポートをさせていただくわけですから。。。

もちろん、Wさんだけでなく、プレイボゥに
ご入学いただく1人ひとりに対する責任を
毎回ズシンと感じています。

生徒さん一人ひとりの人生に深く関わらせて
いただく事になるつもりでこのスクールに
お迎えしています。

責任重大ですが、ドッグトレーナーとして
開業した卒業生たちがイキイキとしている
姿を見ると本当に嬉しくなります。

そうそう。
Wさんも入学後どんどん表情も明るくなり、
服装も変わって、イキイキと若々しく
なられた1人です。

お店のオープンが本当のスタートです。

これからが勝負所!

頑張って行きましょう!

今度、お店にお邪魔させてくださいー♪

卒業生が国際ジャッジに!

こんにちは。

プレイボゥの亀井です。

今日はGW中の平日ですね。。。

なーんとなく、やる気のでない、GWモード…。

いえいえ!! ところがどっこい!!

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーは、

在校生・卒業生が教室いっぱいになるほど

集まって、熱い勉強会が開催されております!

午前中は、世界基準の資格CPDT-KAの受験対策

勉強会だったのですが、私はこの勉強会の講師を

務めさせていただいたのでした。

みなさん、熱心にメモを取りながら受験手続方法

や出題傾向などに耳を傾けてくれていました!

アメリカの団体CCPDTというところが発行して

いるドッグトレーナーの資格なのですが、

アメリカのみならずヨーロッパでも英語圏を

中心に世界的に広く認知されている世界的は

資格なのです。

プレイボゥはこの生徒さんたちがこの資格を

取得することをサポートしております。

これからのドッグトレーナーは世界基準の

知識を持っているべきだと思うからです。

世界基準と言えば!

最近、プレイボゥの卒業生がある競技の

国際ジャッジの資格を取得されたんですよー!

その競技とは、、、

DOG PULLER(ドッグプラー)!

2012年にウクライナで初めて開催された

新しいドッグスポーツだそうなのですが、

ご存知でしたでしょうか?

詳しくは、こちらのWEBページをご覧いただくと

良いかと思います。

http://puller.asia/dog-puller/

国際ランキングがある競技なんですねー。

このDOG PULLERの国際ジャッジの資格を

卒業生の13期の河内さんと17期の小野さんが

取得されたのです。すごいですねー!

早速、小野さんにDOG PULLERについてや

国際ジャッジについてインタビューして

みましたので、ぜひ読んでみてください。

—————————————————

ペット保険『うちの子ライト』の特長
・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!
・手術費用の90%を補償!
・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!
詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF
募1706-028(18.08)

—————————————————

—【17期小野さんへのインタビュー】—

Q:DOG PULLERとはどんな競技ですか?
また、この競技のメリットを教えてください。

A:「DOG PULLER」は転がってるプラーを

追いかけてキャッチする「running」と、

プラーをジャンプキャッチする「jump」

の2種目からなる競技です。

どちらも2つ1組のプラーを交互に使います。

プラーは5つのサイズのものがあり、

その犬に合ったサイズを使い、どんなサイズ、

犬種、年齢の犬でも楽しむ事が出来ます。

また、飼い主さんも特別な技術や体力は

必要がないので気軽に犬と楽しむ事が

出来る競技です。

また、追いかける、咥えるなど犬の本来

持っている本能を刺激され無理のない運動

をする事で、身体だけではなく精神的にも

鍛える事ができ、健康寿命を延ばす事に

繋がります。

Q:小野さんはなぜ国際ジャッジを目指そう
と思ったのですか?

A:2012年にウクライナで出来たDOG PULLER、

日本では2014年からPULLERの発売が開始

されました。私は日本に入って来た頃から

トレーニングに活用しやすく、また自身の

愛犬と楽しむオモチャに最適だと代理店と

公認サポーターの活動を行なって来ました。

PULLERというオモチャ自体は徐々に認知

されていくにつれて、誰でも気軽に参加

出来るDOG PULLERという競技ももっと

認知度をあげていくために、DOG PULLER

という競技についての興味と、公式記録

が付けられる大会開催を自分達で行いたい

という思いから今回、国際審判認定を

受ける事にしました。

Q:現在のお仕事にどんな風にこの資格
を活かす予定ですか?

A:DOG PULLERはどんなサイズ、犬種の犬でも、

飼い主には特別な技術など必要なく誰でも

楽しめるドッグスポーツです。

小型犬でも気楽に参加出来るスポーツとして、

もっと多くの方に知ってもらい、犬と一緒に

楽しむ事の素晴らしさを広めていきたいと

思っています。

—-【インタビューここまで】—-

私自身、犬と一緒にするスポーツは大好きですし、

ぜひDOG PULLERが日本にもっともっと広がって

欲しいと思います。

小野さん、河内さん、頑張ってくださいー!

応援しています!!

犬の気持ちを変える仕事

こんにちは。

プレイボゥの亀井です。

プレイボゥの犬の保育園稲城店の景山マネージャー
にインタビューをしてみましたので、その内容を
お届けしたいと思います。

景山マネージャーは動物業界とは全く違うお仕事をされて
きていましたが、プレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに入学されました。

医療事務のお仕事と、テレビの編集のお仕事をされ
てからドッグトレーナーに転身されたのです!

なかなか珍しい転身の仕方ですよね!

そんな彼女からみたプレイボゥの良いところ、
ドッグトレーナーとして大切にしていることなど
を聞いてみました。

プレイボゥがどんなところなのか、少しでも
イメージを掴んで頂ければ嬉しいです。

↓↓↓

Q:なぜドッグトレーナーになろうと思われたのですか?

A:
もともと高校生のときに動物の仕事に就きたいと
思っていたのですが、当時地元には動物系の専門学校
がなかったので断念して、やりがいのありそうな仕事
として医療事務に就職をしました。

医療事務はやりがいがあって楽しかったのですが、
東京に出てみたくて、テレビ編集の会社に転職を
しました。

テレビ編集の仕事で目指していた夢が実現できたので、
次の挑戦として、子供のころからなりたかった犬の仕事
としてドッグトレーナーになろうと思いました。

Q:ドッグトレーナーとして、どんな事を大切に
していますか?

A:犬の気持ちをしっかり理解すること。

トレーナーは行動を教える仕事ですが、
行動を教えることで犬の気持ちを変えてあげる
ことが仕事なのです。

何故かと言うと行動ができるようになっても
気持ちが何も変わらなければ、その子の問題は
何も解決されないままになってしまいます。

表面的なことだけじゃなく、しっかり犬の気持ち
を考えて内面で何が起きているのかを飼い主様に
お伝えするようにしています。

また、犬の気持ちだけでなく、飼い主様の気持ち
もしっかり聞いて、犬と飼い主様お互いの希望に
添えるように心がけています。

なので、犬と本気で向き合うことを大切にして
います。

犬は言葉を話す動物ではないので、敏感に
人の気持ちを読み取りますよね。

だから、犬にも褒める時は本気で褒める、
遊ぶ時は本気で遊ぶというように、ひとつひとつ
の行動にしっかり向き合うように意識しています。

Q:ドッグトレーナーを目指す方たちを指導する
ときに心がけていることはありますか?

A:
犬の気持ちをしっかり見てもらえるように
場面場面で犬の気持ちを代弁して生徒さんに
伝えるようにしています。

犬も人と同じ感情を持った動物だということを
みんなわかっているけど、理解できていない
ことが多いと思うんです。

吠えているのにも何か理由があるはずなので、
その犬と向き合って、この子は今どんな気持ち
なんだろうということを犬を飼っている方、
犬と関わる方に考えられるようになって欲しいです。

また、犬の気持ちを理解するだけでなく、
ドッグトレーナーは犬をハンドリングでき
なければいけないので、犬の個性に合わせた
対応方法を指導するようにしています。

Q:ドッグトレーナーになろうか検討して
いる人にメッセージをお願いします。

A:
日本は犬に対する知識がまだまだ浅い国だと
感じます。

だから、1人でも多く正しい知識を持った人
が増えると日本の犬も犬を取り巻く環境も
もっと良くなると思っています。

人生は1度だけ。
1度しかないなら好きな事にチャレンジ
した方が楽しく充実したものになると
私は信じています。

やらない後悔よりはやって後悔する方がいい。
私はどの職業に対しても今でも誇りを持っているし、
どの職業もやってよかったと実感しています。
後悔なんて全くありません。

その中でもドッグトレーナーは人も犬も笑顔にできる、
とてもいい仕事だと思います。
かわいい犬達と温かい人達に囲まれ、
楽しくて毎日があっという間に過ぎています。

人は本気で始めようと思ったら、いつからでも
始められると思います。
何度考えてもやりたい、やってみたいと思えるなら
是非チャレンジしてみてください!

↑↑↑

インタビューは以上です。

犬と本気で向き合う景山マネージャーは、
人とも本気で向き合う方なんだと改めて
感じたインタビューでした。

そんな景山マネージャーから本気の指導を
受けられるプレイボゥの生徒さんたちは
とてもラッキーだなーって思います。

そんなプレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
にご興味がある方は、ぜひスクール見学会など
にいらしていただければと思います。

ご連絡お待ちしています!