Tag Archive for 大阪

管理がとても重要なわけ

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
関西校の竹井です。

今月の第2日曜日
5月12日は母の日でしたが
皆さんはお母様に何かしましたか?

お子様から、プレゼントを
もらわれた方もいらっしゃるでしょうか?

では、その次の日はいかがでしょう?

5月13日は愛犬の日なんだそうですよ!

この日は、血統書の発行などを行っている
ジャパンケネルクラブの前身となる
全日本警備犬協会が設立された日。

それを記念して

5月13日は「愛犬の日」
となったそうです。

血統書。

皆さん、どんなものかご存知ですか?

もちろん、血統書が無くたって
MIXの子だって、保護犬だって

みんな素敵な犬たちに
変わりないのです!

可愛さは血筋で決まるものではありません!

それでも、血統書を作って管理する事は
大きな意味があるんです。

血統書にはその子のルーツが
記載されています。

どこで生まれた犬なのか。
お父さんはどんな犬なのか。
お母さんはどんな犬なのか。
兄弟は何頭で、どんな子なのか。

おじいちゃんは、おばあちゃんは
どんな犬なのか。

この記載が、大きな意味を持つのは
繁殖を考えた時です。

例えば、遺伝的な疾患。

両親や祖父母、兄弟犬に
遺伝性と思われる疾患がみられる場合

繁殖を行うと、同じ疾患を持った
子犬が産まれる場合がありますので

血統書を確認し、調べることで
そういった繁殖を防ぐことが可能です。

また、たまたま知り合って
繁殖を考えていた犬が
実は兄弟だった、なんて場合にも

血統書を確認することで
近親交配を防ぐことが出来ます。

実は兄弟だった、なんて
なかなか無いケースではありますが

いろんなところから
日本全国のお家に
お迎えされていることを考えると
絶対にないとは言い切れないですよね。

きちんと管理するという事は
不幸な子を産みださないという事にも
繋がることなのではと思います。

血統書が無きゃダメ、
なんてことはありませんが

年に一度、
愛犬に感謝と愛情を伝え

犬を管理するってどういう事かしら?

なんてことも
考えてみても良いかもしれませんね。

夏の準備を始めましょう!

 

こんにちは、プレイボゥ関西校の竹井です。

まだ5月だというのに
さっそく夏日になったり
蒸し暑かったり

どんどん夏に近づいている大阪から
メルマガをお届けいたします。

さっそくの暑さに
竹井、早くも夏バテ気味でございます。

嫌になっちゃいますねー。

つい最近まで
寒いと思っていたはずなのに

いつの間にやら
もう夏の準備を
しなくてはいけないようです。

衣替えをしたり
エアコンの掃除をしたり
寝具を涼しいものに変えてみたり

そうそう、紫外線対策も必要ですね!

最近、光線過敏症の気がある竹井、
ゴールデンウイークのお出かけで
曇り空だと油断していたら
大変なことになりました…。

紫外線対策、と言われると
日差しの強い真夏のイメージですが

5月の紫外線量は、8月と同程度だそうです。

まだ涼しい時期だから、と
油断していると紫外線を
たくさん浴びてしまう事になりますね。

人と比べて、犬の皮膚は
毛に覆われている為
比較的紫外線の影響は
受けにくい、と言われています。

ですがそれは
皮膚が隠れている、という事で
つまりは、トラブルが起きていても
気付きにくいという事でもあります。

影響を受けにくい、と
言われてはいますが

もしかしたら竹井のように
他の子よりも敏感な子も
いるかもしれません。

赤くなっていたり
ちょっとかゆかったり

皮膚を直接見れば
「あら、それはどうしたの?」
と思うようなことも隠れてしまい
気付かれずにいることがあるかもしれません。

これからの季節
湿気の多い梅雨の時期や
皮脂の分泌が増える夏など
皮膚トラブルも起きやすい気候です。

過度に怖がる必要はありませんが

ブラッシングのついでに
ちょっと皮膚も見ておこうかな?

なんて
気にしてあげるだけで

長い間気付かずに
愛犬に辛い思いをさせ続けていた
という事は防げます。

触られるのがあまり得意でない子は

今日は頭の日
次は背中の日
その次はおしりの日

など、嫌がらないところから
少しずつチェックしてあげてくださいね!

 

犬のしつけに悩んでいる人

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局の佐藤ですU^ェ^U

 

昨日、日本ペットフード協会さんが出している
「全国犬猫飼育実態調査 」というものを
休憩がてら見ていました。

 

毎年調査項目に多少違いはあるのですが、
飼育頭数や飼育犬種・猫種などの変化が
見れるので、とても参考になります。

 

そこで少し印象的だった
項目をご紹介します!

 

2017年の調査で「あったらいいなと
思うサービス」に、しつけ代行サービスが
全体の18%を占めていました。

 

この数字を多いか少ないか、と感じるかは
人それぞれかと思いますが、

 

2018年の調査では「飼育している犬のために
利用しているサービス」という項目があり、
しつけ代行サービスは3.5%でした。

 

これを見た時、佐藤は
「あったらいいなと思うサービスには
18%も占めているのに、実際に利用している
人は意外と少ないな」と感じました。

 

毎年同じ人が回答しているわけでないと
思うので、一概には言えないと思うのですが、

 

これはもしかすると、

 

しつけやトレーニングサービスを利用したい!

 

けれど、近くにそういったサービスがない!

 

どこに行けばいいのかしら?

 

と言った要因もあるのでは?
と感じた佐藤です。

 

そして、逆にサービスの需要はあると
考えることが出来ます。

 

皆さまの身近には、こういった
犬のしつけやトレーニングサービスを
提供している場所(人)はありますか?

 

また、皆さまの身近に
犬の行動に悩んでいる方は
いらっしゃいますか?

 

その悩んでいる方は、愛犬の
悩んでいる行動の改善に向けて

 

取り組めるような場所(お店)や
人(出張ドッグトレーナー)などに
頼れているのでしょうか?

 

もし頼れていないという状況なのであれば
ドッグトレーナーはその地域に必要な
存在なのかもしれませんね!

 

少しずつ、犬のしつけやトレーニングを
提供できる人が増えていけば、

 

「飼育している犬のために
利用しているサービス」と言う項目に

 

しつけサービスの割合が増え、

 

愛犬の行動に悩む飼い主さまが減り、

 

問題行動が原因で
飼育放棄されてしまう犬たちを
減らすことも出来るのです。

 

犬を迎えたら、お互いストレス少なく
過ごせるようなトレーニングを行うこと、

 

これが当たり前の日本になりますように。