Tag Archive for 学習理論

大切なポイント伝えます

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局の佐藤です!

2019年に入ってから児玉先生の愛犬
あたちちゃんに「いないいないばあ」という
芸を教える目標が出来たのですが、

なんだかんだ最初に燃えて取り組み、
ある瞬間からトレーニングをパタリと
しなくなってしまった今日この頃(^^;

しかし先日大阪教室に出勤した際に
この「いないいないばあ」の芸について
生徒さんとお話していたら、

「可愛い!わたしも愛犬に教えます!」

と意気込みをもらいました。

それに対して佐藤は、

「次お会いした時に完成した芸の
動画を楽しみにしていますね!」

なんてお話をしたので、
鎮火し始めていた佐藤の芸へのやる気が
徐々に燃え始めました。

さて、本日はそんなひょんなことから
やる気が出てきた佐藤がお届けするのは、
前回の続きです。

「いないいないばあ」でも、
何かを犬に教えるなら
効率よく行えると嬉しいですよね。

犬も混乱せずに済みますし!

前回の内容はこちらから↓↓

犬のしつけの効率を上げるには

さて、前回の質問の答えとして
小学生佐藤が洗面台に落ちた髪を
片づけるようになった方法は、

ズバリ。

「洗面台にティッシュを置いた」

だけだったのです!

え?どういうこと?と
思われた方もいらっしゃるかもしれません。

実は佐藤は濡れた洗面台に落ちた髪を
手で拾うのがなんとなく苦手でした。

今まではティッシュが
洗面台にはなかったので

置くようにしたら、あら不思議
落ちた髪を片付ける行動がとれるように
なってきたのです!

そうすると、両親から

「あら、最近ちゃんと
片づけているのね。偉いわね。」

と褒められるようになり、
しっかりと片づけるようになりました。

このテクニック、犬のトレーニングや
しつけに応用できます。

プレイボゥではこの方法を
「環境の設定をする」と表現したりします。

ちなみにこの環境設定には

・良い行動が発現するような環境設定

・望ましくない行動が
発現しないような環境設定

の2つの種類が考えられます。

前者は先ほどの小学生佐藤の
エピソードの方法であり、

後者は次のような使い方があります。

例えば、ゴミ箱を漁ってしまうという
問題行動を抱えている犬がいたら、

犬がゴミ箱にアクセスできないように

・ゴミ箱を撤去する

・蓋つきのゴミ箱にする
(※犬が開けられないもの)

・ゴミ箱を犬の
居住スペースに置かない

といった方法をとることです。

こうすることでゴミ箱を漁る行動
そのものが発現しなくなりますし、

犬は叱られることもなく、
むしろ漁らなくなったことで

褒められる機会も増える!

この環境を設定する方法は
人にも犬にも優しい方法なので

プレイボゥでは多くの場合、
この点に注目して
トレーニングプランを立てます。

しかし現実的に難しい環境設定も
ありますので、そういった場合には
他のトレーニングやコツを使いながら
行っていきます。

いかがでしたか?

トレーニングの世界は、
皆さまが思う以上に奥が
深い世界でもあること、

何となくでも感じて
頂けましたら幸いですU^エ^U

犬に行動を教えるということ

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局の佐藤ですU^ェ^U☆

 

さて前回はプレイボゥのトレーニング方法の
原理をお伝えいたしました。

 

この原理を使った犬のトレーニングを
行うのですが、大事なことがあります。

 

犬は動物ですので、人も個々に性格が異なるように
犬も一頭一頭性格が違います。

 

これをしっかりと理解した上で
焦らず、その子にあったやり方で
トレーニングすることがとっても大事なのです。

 

人間は結果を早く求めてしまいます。
(仕事とかでも同じでしょうか…?)

 

犬のトレーニングやしつけは焦らず、
根気よく継続する必要があることを
頭の中に入れ、トレーニングをやっていきましょう!

 

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

—————————————————

 

さて、前回ご紹介した原理とは
「犬がとった良い行動の直後に、
報酬を与えることで、その良い行動頻度を増やす」
という原理でした。

 

例えば、愛犬との生活で自然に犬が座ることってありますよね。

 

そのタイミングで愛犬の大好きなオヤツをあげると、
その愛犬さんはどんどん「座る」ようになるわけです。

 

他にも自然に「伏せ」をしたタイミングで
オモチャで遊ぶなんていうのも、「伏せ」という行動を
どんどん取らせることが出来るようになりますし、
色んな行動を教えることが出来るのです。

 

しかし、これを使うだけでは厳しい場合ももちろんあります。

 

例えば「バイバイ」「バック」などの芸は
犬は自然に行動することが少ないので、
この方法だけでは厳しいんです…。

 

ということで便利なのが、手の誘導です。

 

手の動きで犬の行動を引き出して…
その目的の行動を犬がしたら、おやつをあげる。

 

これで最初の自然に行動を待つだけでなく、
効率よく行動を教えることが出来るのです!

 

こんな方法を実際にプレイボゥに通う保育園生と
トレーニング体験が出来るセミナーがいくつかありますので
ご紹介いたしますね(^^)♪

 

☆子犬の保育園で犬まみれ体験セミナー
2016年12月9日(金)14時~15時@中目黒
http://playbow-dogtrainers-academy.com/7036.php

◆アカデミー体験入学
2016年12月17日(土)13時~16時@向ヶ丘
http://playbow-dogtrainers-academy.com/298.php

◆オープンアカデミー
2016年12月22日(木)10時~15時@中目黒
(※トレーニング体験会は時間が決まっています)
http://playbow-dogtrainers-academy.com/7927.php

◆マークは無料ですので、ぜひぜひご参加くださいU^ェ^U

 

このトレーニングの原理について学び
愛犬に色々と教えてみませんか?

Let’s training!

子育てと犬育て

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局の佐藤です!

 

昨日、自宅に帰ろうと最寄り駅から
バスに乗っていたところ、こんな光景を目にしました。

 

小学生3年生くらいの娘さんと
そのお母さんが私と同じバスに乗車して、
発車時刻になるまで待っていた時です。

 

そのバスは帰宅ラッシュと遅延が重なり、
普段よりも多い人が乗っていて、
バスなのに、満員電車かのような状態でした。

 

そんな時お母さんは娘さんにこんなことを
小さな声で話していました。

 

「降りるとき、お母さんと一緒に行こうとすると
迷惑になっちゃうかもしれないから、あなた先に
降りて、降りたら降り口から離れて待ってなさい。」

 

こんな内容でした。

 

これってこの娘さんにとってはとても
大事な経験だと思います。

 

これを経験しなかった娘さんは将来、
バスの降り口に立ったままで周りの人へ
迷惑となってしまうことがあるかもしれません。

 

例えるならば日本と海外の電車の
待ち方ではないでしょうか?
(国民性?もあるかと思いますが…)

 

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

—————————————————

 

日本では電車を待つとき、
大部分の方は、2列(地域によっては3~4列)に
並んで待ちますよね。

 

何で並んで待つのでしょうか?

 

それは冒頭にお話した親子のように
ご両親や大人が子供さんにしっかりと
社会での暮らし方を教えるからですよね。

 

それが日本で電車を待つ際のマナーなわけです。

 

そうすることでお互い気持ちよく
電車に乗車することができるわけなのですが。

 

こういった経験(大人からの教えなど)は
幼少期の私達にとって、とても重要になってくるのです。

 

では子供さんを犬に置き換えて考えると、
飼い主さまが愛犬に人間社会で暮らすマナーやルールを
教えていく必要がありますよね。

 

しかし多くの方のご意見としては
「ルールを教えたい気持ちはあるんだけど、
教え方がよく分からないのよ…。」
というものではないでしょうか?

 

一言にドッグトレーニングや犬のしつけと言っても
方法も様々ですし、どうやってやったらいいのやら…
という感じですよね。。。

 

私もトレーニングの勉強を始めるまでは
色々な犬のしつけやトレーニングの本を
読んだのですが、上手くできず家族で
悩んでいたのを覚えています。

 

プレイボゥが行うトレーニングは
「犬の良い行動」をとった後に「報酬」を与えて
その「犬の良い行動」を増やす、というものを
使ってトレーニングやしつけを行っていきます。

 

【このメルマガに返信をしてくださったら
「1万円のアマゾンギフトカード」必ずプレゼント!】

 

な~んて言われたら、皆さん返信してくださることと思います。

 

これは佐藤が、皆さんの「メルマガに返信をする行動」を
「1万円のアマゾンギフトカード(報酬)」を与えて
トレーニングしているのです!!!!

 

という例が分かりやすいでしょうか?

(※実際にはアマゾンギフトカードのお渡しは出来ませんが
ご返信いただけると喜びます!笑)

 

こんな理論を使って、
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは
犬と一緒にトレーニングを行っていきます。

 

次回は具体的な方法についてお伝えをしたいと思います!

 

お楽しみに☆