Tag Archive for 手作り食

愛犬手作りごはん

口にする食べ物で体が作られていることは近年知られています。

人間ですと、毎日ファストフード、コンビニごはん、お菓子で過ごしていたら、

たちまち現代病と呼ばれる三大疾病にかかるリスクが高まるでしょう。

犬だって同様です。

家族である愛犬が口に運ぶ食物を飼い主が管理をすることは務めだと思うのです。

と、前置きが長くなりましたが愛犬に手作りごはんを!

『手作り食セミナー』を川崎の向ヶ丘教室で開催いたしました。

5270627082781

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの参加者が犬の健康について学びにいらしてくださいました。

5270627085667

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師はウェルビードッグスクールの辻亜里先生で、食のスペシャリストです。

犬への食事はそれぞれの流派がありますが、辻先生は酵素を含む『生食』を推奨しています。

写真は、過熱調理から生食へと徐々に切り替える移行期の食事内容を

ご紹介してくださいました^^

5270627129003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして食事のデモを担当する可愛い子君は?

辻先生の愛犬Remo君です!

Remo君はまだ9か月のパピーちゃん♡ 食べること大好きです♡

5270627087448

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Remo君 『あ、ママがご飯作ってる・・・よいしょ・・・よいしょ・・・!見えないな・・・。』

一生懸命机の上の様子を覗き込もうとしているRemo君。

その動きに参加者さま、お顔がニコニコです^^~♡

しかし何度も机を覗こうとしてもご飯がもらえない・・・と

勘付いたRemo君はどうしたのでしょうか?

『僕いいこにする。』

5270627116228

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までフセを行うと、ご飯をもらえた経験がある。。。

そう学習したRemo君は、自らこの姿勢を選択しました。

パピーながらもアッパレな判断能力です。

 

その後、食事にありつけたRemo君は目にもとまらぬ速さで完食いたしましたーー

※ 写真は素早すぎて、撮影できませんでした・・・

 

 

ということで、こちらのセミナー。

与える量をキチンと決めてさえおけば、そんなに難しいものではないのです。

手作りにするだけで毛艶が良くなったり、口臭がなくなった子もいるそうです!

『手作り食セミナー』は定期的開催なので、気になられる方は是非一度ご来校をおまちしております!

人も犬も食欲の秋

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の三浦です!

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、

先日の台風が通り過ぎてから

神戸の山奥はすっかり秋模様です。

朝晩、寒いです(>_<)

 

皆さんは季節の変わり目で体調を崩されていませんか?

せっかくおいしい物がたくさん食べられる秋ですので

具合が悪くてご飯が食べられないというのは悲しすぎます。

犬と同じくらい食べ物に執着する三浦です。

 

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

—————————————————

 

さて今回のメルマガでは、愛犬との生活を楽しむために

三浦が大切にしていることをお伝えしております。

前回は「お散歩に変化をつける」ということをお伝えしました。

 

今回は2つ目、

「食事」についてです。

 

三浦は普段の自分の食事でも

添加物や化学調味料が入っている味があまり好きではなく

買い物をするときは必ず裏面の

原材料を確認するようにしています。

 
同じように犬のご飯も

以前から、ドッグフードはなるべくよいものを与えたいと、

保存料などの添加物の少ないドッグフードを

選ぶようにしていました。

 

しかし、プレイボゥに入学してから、

森山校長に、

「ぜひ、手作り食を与えてあげてください」と言われ、

愛犬の手作り食について興味を持つようになりました。

 

ですが、犬のご飯を手作りする、と言っても

何をどのくらい、

どうやって与えればよいのか

全く分かりません。

 

書店で手作り食の本を手に取ってみると、

なんだか自分のご飯よりも

手が込んでいるのではないかと思うほど。

 

生来、面倒くさがり屋の三浦は

静かに本を閉じました・・・

 

手作りの食事は

何より安心だとは思いつつ

作る手間を考えるとなかなか継続できませんでした。。。

 

しかしある時、「生の食材を与える」という

与え方を知ったのです。

 

肉や野菜を生のまま与える方法です。

 

ほとんど熱を加えず、生のまま与えるので

食事の準備は思ったより大変ではありません^^

 

まだまだ勉強中ですが、

ドッグフードと併用しながら継続中です。

 

手作り食を始めてから

愛犬の様子に変化も見られました。

 

我が家の愛犬のうち1匹が

乾燥肌でフケがひどく、

プツプツと赤い発疹もあちこちにでており

これまで様々なドッグフードを試しても、

ほとんど改善できないで悩んでいました。

 

しかし、食事を手作りに変えてからというもの

フケも発疹もぱったりとなくなったのです。

 

また、毛がパサパサでゴワゴワしていたのが

ふわふわ~の、つやつや~の、さらさら~になったのです!

 

愛犬の様子に良い変化が見られたことも

手作り食を継続できている一因だと思います。

 

愛犬たちも、ドッグフードを準備している時の興奮度と

手作り食を用意している時の興奮度では
後者の方が明らかにテンションが上がっています。

 

また、ドッグフードだとバクバク噛まずに飲み込んでしまい

あっっっという間に食べ終わってしまいますが、
生肉を骨ごと与えると、

肉を噛みちぎったり

骨を噛み砕いたりと

食事に時間がかかるようになり、

食べ終わった後の満足感が違うのではないかと

感じます。

 

愛犬には健康で、元気に長生きしてもらいたいですよね。

食事は愛犬との生活を楽しむ

土台を作ってくれるものだと思います。

これからも、安心・安全でおいしい食事を

与えていきたいと思っています。
※ドッグフードから手作り食に切り替える際には、
必ず愛犬の様子を見ながら、少しずつ切り替えてくださいね。
初めて生食を食べると下痢になる場合があります。
また、生肉や野菜など食材によってアレルギーなど
体質に合わない子もいるのでご注意ください。

 

さて、次は最終回。

愛犬との生活を楽しむための

「コミュニケーション」についてお伝えします。
つづく
—————————————————-

【ドッグトレーナーの裏側まで全部見せます!】

ドッグトレーナーに興味はあるけど
実際どんな仕事なの??

詳細はこちら!
http://playbow-dogtrainers-academy.com/157.php

—————————————————-

秋と言えばやっぱり!!!

こんにちは。
初めましての方もいるかもしれませんので初めまして!

 

今月の授業も担当しています、
アカデミー事務局 兼 講師の佐藤です^^。

 

さてもう季節は秋。

 

空も秋めいていて、空が高いですね。

 

この空が高い感じ、いいですよね~^^。

 

秋といえば、○○の秋。

 

ということで、今週のメルマガは○○の秋特集☆☆

 

まず記念すべき1本目は……、

 

食欲の秋!!!!!

 

—————————————————

月々990円からのペット保険(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/kNBTS

—————————————————

 

先日、テレビで人間の健康に良い食べ物を
特集した番組を見ました。

 

その特集をぼーっと眺めながら、
人間の健康に良い食材があるのであれば
犬の健康にも良い食材があるのでは???

 

と、ふと感じました。

 

皆さんは犬の健康に良い食材、
ご存知でしょうか?

 

実は佐藤、この分野については
まだまだ勉強中の身です。

 

どうやって勉強しているかと言うと、
亀井先生に直接聞いたり、
こちらのブログを見ながら勉強しています。
http://playbow-food.com/aboutdogs/

 

実は今、旬の秋刀魚も
犬の体に良い影響があると言われています。

 

その秋刀魚を使ったレシピも
ブログに載っていますので、ぜひ見てみてくださいね。

 

他にも犬の健康に良い食材は、たくさんあります。

 

ただし、最初は少しずつ愛犬の体調を気にしながら
徐々に量を増やしてあげてみてください^^。

 

犬とトレーニングするためには健康であることも
大事なポイントですよね。

 

人間ももちろんですが、愛犬にも
健康でいてもらいたいものです。

 

皆さんは愛犬の健康について
どんなことに気を付けて生活されていますか?

 

食事についても色々な方法があると思いますので
ぜひ皆さんのやっている愛犬の健康法があれば
教えてください!!!!

 

それでは本日は短いですが、この辺でおしまいです。

 

次回の○○の秋特集、お楽しみに。