Tag Archive for 犬

豊かさって何?

 

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
関西校の竹井です。

昨日のメルマガでは

豊かな生活って何だろう?
というお話をしていたのですが

皆さん、少し考えてみたり
されたでしょうか?

衣食足りて礼節を知る
とも申しますし

まずはお腹を満たして
安全を確保して

という所が必要だと思うのですが

それだけでは
生きていける、というだけで

豊かなのかと言われると
疑問符がついてしまいます。

やっぱり、豊かさの中には
喜びが必要なのではないでしょうか。

それはきっと、
人も、他の動物も
きっと一緒だと思うのです。

そして、その喜びの中に
「受け入れられること」
というものが
あるのではないかと思うのです。

人と犬は、違った生き物です。

同じ場所で生きていても
世界の見え方が違います。

人同士だから、犬同士だからと言って
同じように感じるとも限りません。

だからこそ
一緒に暮らすパートナーとは
衝突することもあるかもしれません。

愛犬の行動が理解できなくて
悩んでしまう事もあるかもしれません。

でも、もしかしたら

私とは、違った風に考えているんだね。
あなたから見た世界は
どんな風に見えているのかな?

そんなことを考えてみるだけで
少しだけ、受け入れることが
できるかもしれません。

捉え方が違うという事。
それを受け入れるだけで
自分の見え方も
少し変わってきたりします。

今、どんなことを考えているの?
今、私に何をして欲しいと思っているの?

それをお互いに
考えられるようになれば

豊かな生活に
一歩近づくことが
出来るのではないでしょうか?

そんなことを
最近考えたりしています。

 

夏の準備を始めましょう!

 

こんにちは、プレイボゥ関西校の竹井です。

まだ5月だというのに
さっそく夏日になったり
蒸し暑かったり

どんどん夏に近づいている大阪から
メルマガをお届けいたします。

さっそくの暑さに
竹井、早くも夏バテ気味でございます。

嫌になっちゃいますねー。

つい最近まで
寒いと思っていたはずなのに

いつの間にやら
もう夏の準備を
しなくてはいけないようです。

衣替えをしたり
エアコンの掃除をしたり
寝具を涼しいものに変えてみたり

そうそう、紫外線対策も必要ですね!

最近、光線過敏症の気がある竹井、
ゴールデンウイークのお出かけで
曇り空だと油断していたら
大変なことになりました…。

紫外線対策、と言われると
日差しの強い真夏のイメージですが

5月の紫外線量は、8月と同程度だそうです。

まだ涼しい時期だから、と
油断していると紫外線を
たくさん浴びてしまう事になりますね。

人と比べて、犬の皮膚は
毛に覆われている為
比較的紫外線の影響は
受けにくい、と言われています。

ですがそれは
皮膚が隠れている、という事で
つまりは、トラブルが起きていても
気付きにくいという事でもあります。

影響を受けにくい、と
言われてはいますが

もしかしたら竹井のように
他の子よりも敏感な子も
いるかもしれません。

赤くなっていたり
ちょっとかゆかったり

皮膚を直接見れば
「あら、それはどうしたの?」
と思うようなことも隠れてしまい
気付かれずにいることがあるかもしれません。

これからの季節
湿気の多い梅雨の時期や
皮脂の分泌が増える夏など
皮膚トラブルも起きやすい気候です。

過度に怖がる必要はありませんが

ブラッシングのついでに
ちょっと皮膚も見ておこうかな?

なんて
気にしてあげるだけで

長い間気付かずに
愛犬に辛い思いをさせ続けていた
という事は防げます。

触られるのがあまり得意でない子は

今日は頭の日
次は背中の日
その次はおしりの日

など、嫌がらないところから
少しずつチェックしてあげてくださいね!

 

NO DOG,NO LIFE

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局の神野です。

 

大好きなたまごちゃん(卵型ボール)を、
両手に抱えて愛犬が、

 

「うーーーーーーーーーーー。」
と、私を上目遣いで見ながら
唸ってます。

 

「お手手にちょうだい。」と、
犬に伝えたところ、

 

5秒間悩んだ末、私の手に口から
ポロっと渡してくれました。

 

今回は「ありがとう」と犬に伝えて
おやつをプレゼントしました。

 

愛犬はたまごちゃんを気にすることなく、
おやつを受け取り、ルンルンです。

 

ここまでの過程、「普通では?」と
あなたは、思うかもしれませんが、

 

これは私と愛犬が2人で成し遂げた
成果であり、絆なのです。

 

今まで愛犬は、物を渡すと一切、
返してくれませんでした。

 

時に咬みつかせる経験も犬にさせ、
人の手に嫌なイメージを
植え付けてしまいました。

 

半日~1日中、唸り続けることだって
しょっちゅうでした。

 

1日唸っていたら血圧にも影響があります。
体が緊張で強張り、体に良いわけが
ひとつも無いのです。

 

これを機に愛犬とトレーニングを重ねた、
「お手手にちょうだい」という練習。

 

はじめは、いつまでかかるかな…と
遠い目をした日もありましたが、

 

「この子は必ず、分かってくれる!」
と信じて、約1ヵ月コツコツ練習しました。

 

ある日のことです。

 

一言も唸らずに、
私の手に「はい、どうぞ。」と
渡してくれました。

 

うわ、感動!

 

今までパニック状態だった愛犬の頭の中が
冷静に判断できた瞬間だと思いました。

 

これがモチベーショントレーニングの
素晴らしさなんだ!と感じた瞬間でした。

 

この感動、名誉校長の森山先生も、
ケイティのトレーニングで感じた記録が
残っていました。

 

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

タイトル:お座り待てができない犬

本文はこちらから↓↓

お座り待てができない犬

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。

 

いかがでしたでしょうか?

 

その後、私の愛犬にも【学習曲線】が
ありました。

 

人間のダイエットやフィットネスで
筋力作りも同じことだと思いました。

 

停滞していたとしても、
犬もいつか身となり、
結果となるのです。

 

 

モチベーショントレーニングは
確かに時間はかかります。

 

しかし、かかった時間の分だけ、
愛犬との繋がりを実感することが
出来るとも言い換えられます。

 

私の思い込みかもしれませんが、
私も愛犬に時間を費やす様になって、

 

「あなただったら信頼してもいいわよ。」
と、心の声が聞こえる様な気がします。

 

あくまでも「気がする」ですが。

 

あなたも是非、ドッグトレーニングを
通じて、愛犬との絆を感じて欲しいです。

 

必ず、今まで以上に愛犬のことが
愛しくて仕方なくなりますよ。