Tag Archive for 非言語動物

非言語動物とのコミュニケーション

こんにちは。

 

プレイボゥの亀井です。

 

 

先日、卒業生のドッグトレーナーさんと一緒に

 

ボランティアで動物愛護センターに収容されて

 

いる犬たちにまた会いに行ってきました。

 

 

 

愛護センターには様々な犬たちがいます。

 

 

知らない場所に連れてこられたので

 

不安で怖がっている子。

 

人が来ると興奮して吠えてしまう子。

 

などなど。

 

 

職員の方は犬たちをお散歩に連れて

 

行ってくれたりしているわけなのですが、

 

中には、職員の方たちがどう接したら

 

よいのか分からなくて困ってしまって

 

しまうような犬もいるのです。

 

 

ドッグトレーナーとして、そんな犬の

 

様子を見て、その子への接し方を職員の方に

 

アドバイスするというような事をされている

 

卒業生について行って、私も勉強させて

 

もらっているのです。

 

 

 

—————————————————

 

ペット保険『うちの子ライト』の特長

・保険料は月々990円(犬・1歳の場合)から!

・手術費用の90%を補償!

・手術1回あたり50万円までを年2回まで補償!

詳しい補償内容はこちらhttps://goo.gl/TqmGmF

募1706-028(18.08)

 

—————————————————

 

 

犬たちは言葉を話さない非言語動物です。

 

 

でも、彼らは気持ちを身体で表現します。

 

それがボディーランゲージです。

 

 

怖がっているだけなのか?

 

攻撃しようとしているのか?

 

喜んでいるのか?

 

不安なのか?

 

 

私たちがそのボディーランゲージを

 

正しく読み取ってあげて、適切に対処

 

してあげる必要があるのです。

 

 

正しく読み取れていないと、、、

 

 

尻尾を振ってるから喜んでいる、

 

と思って近づいたら咬みつかれた。

 

 

そんな事にもなりかねません。

 

 

 

犬は攻撃態勢になったときにも尻尾を

 

ピーンと高く上げたり振ったりする事

 

があります。

 

尻尾だけで判断はできないのです。

 

 

身体がゆったりとリラックスして

 

尻尾を振っているのであれば友好的

 

な表現ですが、身体が固くなって

 

じっと見つめて尻尾を振っているので

 

あれば攻撃態勢の可能性が高いです。

 

 

犬の身体全体をみたり、その時の状況

 

を踏まえて判断する必要があるのです。

 

 

しかも、個体によって癖のようなもの

 

もあって、表現の仕方は少しずつ違ったり

 

もするので難しいのです。

 

 

 

だから、たくさんの犬のボディーランゲージ

 

を見て経験値を積まないと正しく判断が

 

しにくいわけです。

 

 

ボディーランゲージを読み誤ってしまうと

 

犬にとっても人にとってもストレスが

 

掛かってしまったり良くない状態になって

 

しまいます。

 

 

 

ドッグトレーナーとしても日々勉強です。

 

 

 

犬の数だけ、表現の仕方があるわけで、

 

ボディーランゲージの出し方があるわけです。

 

 

尻尾、耳、口元、目などの各パーツや

 

それらの力の入り方、動き方など一瞬も

 

見逃さずに観察するスキルが必要になります。

 

 

その子の気持ちを正しく理解してあげる

 

ために、一瞬も見逃さずに観察し、

 

トータルに判断する。

 

 

これは結構難しいです。

 

 

でも、1人でも多くの人が犬たちの気持ちを

 

正しく理解してあげられるようになったら、

 

犬たちも人も気持ちよく過ごせるように

 

なるのではないでしょうか。

 

 

 

ちょうど来週の土曜日に、ボディーランゲージ

 

のセミナーを行いますので、是非多くの方に

 

いらしてもらえたらと思っています。

 

 

ボディーランゲージから学ぶ

「犬の気持ちを読み取ろうセミナー」

3月24日(土)13:00~14:30

http://playbow-dogtrainers-academy.com/12882.php

 

 

…とはいっても、申し訳ございませんが、

 

会場などの都合で、先着6名様までなので、、、

 

満席になりましたら、また近々に再度開催

 

できればと思っています!

 

 

 

犬と人が気持ちよく過ごせるように、

 

人がもっと犬の事を理解してあげられるように

 

なりますように…。

 

 

 

そうすれば、プレイボゥが追及している

 

“犬と人との豊かな共生社会”に近づくのでは

 

ないかと思うのです。

 

 

 

—————————————————-

 

プレイボゥ大阪教室 WELCOME DAY!

3月22日(木)10:00~16:00

※お好きな時間にお越しください♪

 

http://playbow-dogtrainers-academy.com/12932.php

 

—————————————————-

ドッグトレーニングとは

こんにちは。プレイボゥの亀井です。

前回のメールで愛犬にほっぺにチューを
してもらう方法のSTEP1とSTEP2を
ご紹介しました。

一昨日のメールから間があいてしまったので、

STEP1と2を簡単に言いますと、、、

オヤツを人差し指と親指でつまんで、
自分の頬に親指があたって人差し指が
外側になるようにして、頬に犬の鼻を
つけながら食べてもらうと言う内容
でした。

これ、なぜ、親指が頬にあたって
人差し指が外側になるようにして
食べさせるのか、分かりますか?

大切な意味があるんですよー。

——————————

月々990円からのペット保険
(犬1・1歳の場合)
高額になりがちな『手術』費用に
特化したペット保険で、
手術を含む診療費の90%を補償!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://jump.cx/ssbzz

——————————

きっと、この動作をやってみると
分かると思います。

何かを人差し指と親指でつまんだ感じで、

自分の頬に親指があたって人差し指が

外側になるようにすると。。。

ほら。

自分の頬を指差している動作と似てませんか?

そうなんです!この先のSTEP3で、頬を指差したら、
愛犬がその頬に鼻をつけてチューしてくれる
ようにするためだったのです!

犬は人間の動作をよーーく見ています。

非言語動物なので、基本的にボディランゲージを
読んでコミュニケーションする動物だからです。

そのため、オヤツを持っていた手で行動を誘導
していたSTEPから、オヤツ無しで誘導する
STEPに移って行く時に、オヤツを持ってない
ことを犬にバレないようにする事が大切だったり、

その誘導から、ハンドシグナルにスムーズに
移行させていく事が、大切だったりするのです。

ちなみに、この「ハンドシグナル」とは、
「犬に指示をするための手の動き」のことを
言う、トレーニング用語です。
「体符(たいふ)」といわれる人間の体で
出す合図の一種です。

ということで、他にもアプローチの仕方は
いろいろなやり方がありますが、
私はそんな事をポイントに考えてSTEPを
組み立ててみたワケです。

このように、どういうアプローチで
この子に教えようかなーって考えて、
やってみて、うまく教えることが
出来たときは、とっても嬉しい
気持ちになります!

でも、
逆にうまく行かないときもあります。

この子にはうまくいったけど、
こっちの子にはうまくいかない
という事もあります。

なので、いろいろなアプローチ方法を
自分なりに目の前の子と向き合って
考えていくチカラがドッグトレーナー
には必要なのです。

これを、「めんどくさいから無理!」って
思う人には、ドッグトレーナーという仕事は、
合っていないかもしれません。

「難しそうだけどおもしろそう!」って思う人
には、ドッグトレーナーの仕事はきっと楽しく
やりがいのある仕事になると思います。

ドッグトレーナーに興味を持ったかたは、
ぜひ、今週末21日(日)開催の無料セミナー
「ドッグトレーナーのお仕事」
にご参加いただくことをおすすめします。

ドッグトレーナーのお仕事セミナー
http://playbow-dogtrainers-academy.com/157.php
2月21日(日)13:30~15:00 向ヶ丘教室

先着6名までのセミナーですので、
お早目にお席確保してくださいね。

あぁ、、、

すみません。。。

愛犬がほっぺにチューしてくれる方法
のSTEP3を紹介する前に長くなってしまった
ので、いったん、今日はここまでと
させてください。

続きは明日!