タグ: 夢への実現

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

愛犬と出勤!が理想だけれど。

 

皆さんはネットでお買い物したりしますか?

 

突然ですが、皆さんはネットで買い物をしたりしますか?

私はついつい便利さ、楽さを優先し、ネットで買い物をしてしまいますが、
今回はそんなネットショッピングで有名な会社の面白いニュースをご紹介。

その会社とは・・・「Amazon」です。

 

エラーページに犬の写真が・・・!

Amazonにて買い物をした時、商品ページが既にないなどの理由でエラーページがでた経験はありませんか?
ご経験のある方ならば目にしたこともあるかと思いますが、そのエラーページには犬の写真が掲載されています!

そして、この犬の写真、実は1種類だけではないんです!

 

犬の写真

犬の写真が登場するんです~

 

愛犬との出勤が可能

2019年7月に米Amazon公式が公開した記事によると、実はエラーページに映る写真の犬達は、Amazonに出社している社員の飼育している愛犬たちなどだそう!

米Amazonでは、初期の頃から犬を同伴した出勤が認められていたそうで、
オフィスビルには犬が走り回れるドックデッキを設けているほか、近隣に従業員や地域の犬が楽しめるようドッグパークを開設。
さらに、施設を充実させるだけでなく、過去には従業員らが動物保護団体を支援するためボランティア活動を行ったこともある、と伝えています。

犬と共に出勤できる環境・・・想像だけでも幸せな環境ですね。
(かくいう私も、講師の愛犬(スタッフ犬)たちに囲まれながら仕事ができるとても素敵な環境にいるので、至福な空間で仕事をしております。(笑))

日本でも、ペットと共に出勤可能な会社もありますが、その数は決して多くはありません。

 

 

一緒に出勤が難しい理由。

理由は様々ですが、その1つとして、吠える・トイレの失敗などが挙げられるかと思います。

せっかく共に出勤できたとしても、会社で愛犬が吠え続けてしまったら、他の社員や別の犬達へ影響が出てしまったり、
慣れない環境に、新たに会う同僚の愛犬など多くの刺激を感じることがストレスになることも・・。

これは、出勤に限らず犬と共に行ける場所全てに共通していえることでもあります。
そして、その為にもドッグトレーニングや社会化が重要となってくるのです!
(社会化とは:https://playbow-dogtrainers-academy.com/9834.php

今よりさらに社会化やドッグトレーニングが身近になり、
愛犬とより自然に共生できる過ごすことができる社会が実現したら素敵ですよね♪

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーではそんな社会を実現させる為に、
1人でも多くの方に、ドッグトレーニングの重要さをお伝えしていきたいと思っています。

このメルマガを読んでくださる皆さまの中にも、同じ思いを持ってくださる方がいると嬉しいです!

P.S. Amazonのエラーページですが、私はまだゴールデンレトリバーしか出会えたことがありません。
もし、他の犬種をお見かけの際にはぜひ教えてくださいね!

========★

■プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーTwitterはじめました!

https://twitter.com/Playbow_academy

========★

犬種を超えた活躍~警察犬~

 

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの事務局の石田です。

先日、SNSで盛り上がっていた話題に「チワワの警察犬」という項目がありました。

ちわわの画像

なにやら気になる話題・・

○○が警察犬に・・?

気になって調べてみると・・・2010年、奈良県警の嘱託警察犬審査会で、ロングコートチワワ(7歳)の桃ちゃんが、見事試験に合格し、全国でも稀なチワワの警察犬が誕生した、という内容。

桃ちゃんが合格した「嘱託警察犬」とは、一般の飼い主が飼ってる犬の中で、嘱託警察犬審査会を通過した犬を指します。
審査に通過すると、1年間その都道府県の嘱託警察犬としての活動が許可されるそうです。

その他にもミニチュア・ダックスフンドやトイ・プードル、コーギーなどの犬種も、嘱託警察犬になった事例があるようです。

そもそのの「警察犬」イメージ

そもそも、警察犬のイメージというと私の中では、シェパードが浮かんできてしまうのですが、
実際、日本警察犬協会にて警察犬指定犬種とされているのは7種。

・ドーベルマン 
・コリー
・エアデール・テリア
・ラブラドール・レトリバー
・ゴールデン・レトリバー
・ボクサー 
・ジャーマン・シェパード・ドッグ

なんだかイメージ通りの犬種たちが並んでいます。
この指定犬種に定められている犬種のグループは・・・
・使役犬:番犬、警護、作業をする犬
・牧羊犬・牧畜犬:家畜の群れを誘導・保護する犬
・テリア:穴の中に住むキツネなど小型獣用の猟犬
・鳥猟犬
というように、嗅覚や身体を使って、人の仕事を手伝う為に作られた犬種たちです。

チワワは真逆のイメージが。

しかし、冒頭でご紹介したチワワは指定犬種とは真逆。
体の大きさからもイメージしやすいかと思いますが、犬種グループももちろん異なります。

というのも、チワワの犬種グループは「愛玩犬」。
犬種グループの中でも、人の仕事の手伝いを担ってきた犬というよりも、家庭犬、伴侶や愛玩目的のとして作られた犬たちのグループです。

こうして犬種グループの役割や違いを知っていると、このニュースが、すごいなという感想以上に多くの情報を与えてくれます。

例えば、トレーニングにより多くの時間を費やしたかもしれない、身体が小さいからこそ審査や活動に活かせる部分があったのかもしれない、などなど。
犬種を超えた活躍をリアルに感じることができます。

犬種や犬種グループを知ることは、ドッグトレーニングの観点からも、その犬種のルーツを知りトレーニングに活かす重要なポイントとなりますが、日々の何気ないニュースでも、より深い部分まで読み解くことができるんです!

皆さんも是非、犬種や犬種グループを知り、様々な視点から犬の情報を読み取れるようになってみませんか?

========★

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー

■Facebook
https://www.facebook.com/playbowacademy/

■Instagram
https://www.instagram.com/playbowacademy/?hl=ja

========★

☆2022年1月開講生☆

https://playbow-dogtrainers-academy.com/course2.php

NO DOG,NO LIFE ~認知が必要~

 

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの事務局の石田です。


皆さんは、動物の5つの自由というものをご存知ですか?
このメルマガでは何度か取り上げてきた話題でもあり、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの理念にも深く関わっているものです。

 

犬がこちらをみいている写真

5つの自由、ご存知ですか?

5つの自由とは

元々は、家畜の飼育環境改善のために提唱されていたものですが、現在は、家畜だけでなく人の飼育下に置かれるすべての動物に対しての動物福祉の基本的な考え方として世界中で認められています。

5つの自由とは、下記を指します。
・飢えと渇きからの自由
・肉体的苦痛と不快からの自由
・外傷や疾病からの自由
・恐怖や不安からの自由
・正常な行動を表現する自由

こうして書き出してみると、私たちが生活する中でも、必要としているものですよね。この5つ自由が1つでも欠けた環境を想像すると・・とても辛く、苦しい世界です。

人間であれば上記の自由を当たり前に受け止めている方や、自由というのは「権利」でもあると感じる方もいるかもしれません。

 

動物にも権利がある

そして人間と同様に、動物にも「権利」があります。故森山名誉校長のブログにも、とても重要な箇所がありましたので、ご紹介いたします。

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

タイトル:動物の権利

本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9336.php

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

いかがでしたでしょうか?

知るだけでなく認知を広めることが重要

ノーリードで歩くのが日常であり、それでも何も問題が起きない状況というのは、
とても理想的な環境ですね。

ただし、愛犬をノーリードでお散歩できるようにする、というだけではその環境の実現は難しいように思います。なぜなら、公道を歩くのであれば他人も同じ場所にいるからです。どんなにトレーニングされた犬でも、見ただけで、それを全てわかってもらえるとは限りません。

現在の日本で、犬についての知識や関心のない方が、ノーリードの犬を見つけたらどんな風に思うでしょうか?
「何かあったらどうしよう…!」と感じてしまう方も多いかもしれません。

そう思わせないためにも、「愛犬だけが大丈夫」では足りないのです。犬というものは、ノーリードでも問題は起きないものだノーリードであっても管理がきちんとできるものだ、という世間での認識・認知が必要となってきます。

冒頭でお話した「5つの自由」も同様です。

動物との共存、そしてペット先進国となるためには、「5つの自由」の認識・認知が必要です。

プレイボゥのスタッフやアカデミー生だけでなく、このメルマガを読んでくださる皆さん全員で、この知識を広く伝えていけるよう、ご協力してくださると嬉しいです!

ーーーーーーーーーーーーー
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー

「一生一緒宣言」
犬を迎えたらその子の最期まで一緒!
それが当たり前の社会になるように。
https://www.facebook.com/withdogs/

日本語・英語・・・いぬ語・・?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。


私の趣味の1つに「映画鑑賞」があるのですが、先日の休みの日は久々に朝から夜まで映画を見続けるという1日を過ごしました。

フランス映画⇒ポーランド映画⇒フランス映画⇒アメリカ映画と、様々な国の映画を鑑賞したところ、最後の作品を見ている時に、なんだか少し違和感を覚えました。

 

犬にとっての言語とは

その違和感というのが「言葉」です。比較的聞きなれているはずの英語だったのですが、それまでに1日見ていたのが違う言語の作品ばかりだったためか、英語自体もなんだか違う言葉に聞こえていました。
ただ、言語が分からず、字幕がなくとも、演技やボディランゲージで、ストーリーが伝わるのが、役者さんや、映画作品の凄いところでもあるのですが・・・

映画だけに限らず、コミュニケーションをとる上でも、「ボディランゲージ」はとても伝達手段です。
そしてこれは、犬にとっても重要なコミュニケーションツールなのです。

犬が寝ている写真

すやすや・・ここにもボディランゲージが潜んでいるかも?

 

ボディランゲージをいくつかご紹介!

犬は、人間とは異なり、言語を用いない動物です。その代わりに、身体を使い、【ボディランゲージ】で気持ちを表現しています。つまり、犬にとっては、【ボディランゲージ】がまさに【いぬ語】といっても過言ではないのです!

今日は、そんな犬のボディランゲージの中から、日常でも見かけるものをいくつかご紹介!

1)笑顔をつくる(口角をひく・唇を長くする)
⇒犬が唇をうんと伸ばすと、少し人間の笑顔に似ています。これは、相手に親しさを見せているシグナル、もしくは、リラックスした感情の表れともいえます。その他にも、人間の笑い顏のように、前歯をみせて親しみをみせる犬もいるんです!しかし!状況によっては、愛想笑いであることも・・。表情だけでなく、身体の重心、尻尾などもよく観察してみてください。

2)丸くなって寝る
⇒犬は疲れると、まず丸くなって眠り始めます。その後、眠りが深くなると段々脚を伸ばして眠ります。
ただし、どこかに痛みを感じている犬も体を丸くして寝るのですが、違いは丸くなりまがら、同時に体が堅くなっていること。体調不良の犬にとって「眠る」ことは、薬を飲むのと同じくらい重要なこと。
これは、人も同じですね。そんな時は邪魔しないように気を付けてください!

3)首を伸ばす
⇒犬が、様子を伺うように首を伸ばすしぐさをしているときは、様子が気になり、興味を覚えているけれど、その後の行動を決めかねている状態です。首が肩より低く、前に伸ばされていれば、それはたいてい攻撃をしようとする構えがあることを示しています。

 

ボディランゲージとはまさに「いぬ語」


本日挙げたのは、犬のボディランゲージのごく一部ですが、このように、犬は全身を使って気持ちを表現しています。ボディランゲージはまさに「いぬ語」ですね。

犬たちの気持ちを正しく理解してあげられるようになったら、犬との絆形成はもちろんのこと、お互いがさらに気持ちよく過ごせますね!皆さんもぜひ「いぬ語」を理解する為に、犬の様子をしっかりみてみてください♪

参考図書:いぬ語会話帖(著:ヴィベケ・リーセ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
犬を多角的に学んでみませんか?
https://playbow-dogtrainers-academy.com/course2.php

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
Facebook https://www.facebook.com/playbowacademy/
instagram https://www.instagram.com/playbowacademy/

愛犬にも影響が・・?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、座学や実習の他にも、パートナー犬と取り組む課題があります。

犬と人が寝ている写真

一緒にリラックス~♪

 

生徒さんとの会話での一言

ドッグトレーニングの成果を動画に撮って提出してもらう課題なのですが、先日、アカデミー生との会話にてこの課題に関してこんな内容が。

「動画の課題、ほぼ完ぺきに出来ているのだけど、いざ、撮影となるとなぜか毎回上手くいかないんですよ・・」

「撮影するぞ!って緊張が愛犬にも伝わっちゃうのかな・・?」

緊張が伝わる・・たしかに、私にも身に覚えが。

私は、愛犬と初めての場所に行く際、いつも以上に興奮してしまったり、小さい子どもが比較的苦手な愛犬だったので、子供達が多くいる場所を通る時に少し緊張し、身構えることが多かったように思います。

それが愛犬にも伝わって、より警戒心を抱かせてしまった、と反省したことも。

皆さんも愛犬と過ごす中で、緊張や興奮や不安といった感情が犬に伝わった経験はありませんか?

感情が愛犬に伝わる?

犬と接していると自分自身では気付いていなかった癖や、張り詰めている気持ちに気付く機会があったりします。

冒頭の生徒さんとの会話に戻すと、おそらく課題の動画撮影を試みる際に、がんばる!という強い気持ちと緊張が伝わってしまったのでしょう。つい張り切ってしまう生徒さんの気持ちも痛いほど分かるのですが、まずはゆっくり深呼吸。リラックスした状態でトレーニングを行うことも大切です。

そして、緊張や不安な気持ちが伝わるのであれば、その逆も然り。楽しいや嬉しいといった、ポジティブな気持ちや行動も犬には伝わります。

 

犬と人、良い影響を共有しましょう!

犬と一緒に過ごすときはもちろん、犬となにかに挑戦するとき、飼い主さんの気持ちがポジティブであればあるほど、犬も楽しい気持ちで取り組むことができます。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、課題としてパートナー犬とドッグトレーニングに取り組んでもらうことをお願いしていますが、ドッグトレーニングを行う中で、「よりパートナー犬との絆が深まった」「共に楽しんでできた」という感想を多くいただきます。

きっと、この時の生徒さんの嬉しい気持ちをパートナー犬も感じてくれているはずです。

共に過ごす時間が長くなると、その分、犬と飼い主が似てくるなんて話も聞いたりしますが、できるだけポジティブ気持ちや行動が似てくると嬉しいですね♪

皆さんも、ぜひご自身の気持ちや行動がどんな状態なのかを意識しながら、犬と接してみてください!

 

ーーーーーーーーーーーーーー
ドッグトレーナー養成講座★2021年10月生
https://playbow-dogtrainers-academy.com/course2.php

ーーーーーーーーーーーーーー

スクールの様子はSNSをご覧ください♪
facebook : https://www.facebook.com/playbowacademy/
Instagram : https://www.instagram.com/playbowacademy/

犬を迎える夢をみた~私が犬を迎えるのを難しいと感じる理由~

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。


実は先日、犬を迎える夢をみました。


現在、私はペット不可の物件に住んでおり、今すぐに迎えることは難しい為、夢とはいえ、とても幸せで時間でした。
いつかは、再び犬を迎えたい!という密かな願望もあるので、正夢にならないかと願っています。


このメルマガを読んでくださる方の中にも、犬を迎えたいけど、今はまだ難しい、将来的に迎えたいという方もいらっしゃるかもしれません。

お散歩ですれ違う様子

犬を迎えたら、愛犬とのお散歩も日常風景ですね!

犬を迎える理由

2020年のペットフード協会の調査によりますと、犬の飼育理由は上位3つは以下となるそうです。

1:安らぎ・癒しが欲しいから

2:過去に飼育経験があり、また迎えたいと思ったから

3:犬を飼育している人をみて羨ましいと思ったから

(参考:ペットフード協会 全国犬猫飼育実態調査 https://petfood.or.jp/data/chart2020/8.pdf )

私の場合は2に当てはまりますが、皆さんは犬を迎えた理由、迎えたいと思う理由にどれか該当しましたか?

と、ここまでは、また犬を迎えたいという私の願望のみのお話ですが、
正直、私が犬を迎えるのは、物件以外の理由も含め、現状難しいと感じています。

なぜ難しいと感じるのか、理由をいくつかあげていきましょう。

 

犬を迎えるのが現状難しい理由

1つ目の理由は、「留守」です。

現状、犬を迎えたとしても、私が仕事で家を空ける間、愛犬は留守番をすることになってしまいます。

朝出て、帰宅は夜ですので、約半日は留守番となり、1人で過ごすこととなります。

ストレスを抱えさせてしまうのはもちろん、子犬から迎えた際には、トイレトレーニングなども不安要素です。

成犬と比べ、子犬は排泄のコントロールが難しいので、留守番が長くなってしまうと、トイレトレーニングをする機会が減り、指定の場所以外でもトイレをしてしまう犬に成長する可能性が高いのです。

次にあげる理由は、「社会化」です。

先日のメルマガでも、子犬のうちから「社会化」を行うことがとても重要だとお伝えしました。
(その内容はこちら:https://playbow-dogtrainers-academy.com/28267.php )

もしも子犬から犬を迎えた際、子犬の時期(生後3週間~12週間)には、「社会化」を積極的に行う必要があります。

この時期の「社会化」は、その犬の今後を決める、と言っても過言ではないくらい重要なトレーニングの1つです。

社会化とは、その犬が成長するにつれ経験するであろう物事に慣らすことを指します。つまり飼い主以外の人や、犬・環境など様々なことに慣らしていく必要があるのです。

とても重要とお伝えしたように、「社会化」を積極的に行いたい気持ちは山々ですが、仕事をしながらですと、日中はなかなか取り組めないのが現状です。

最後の理由は、「移動手段」です。

こちらは、物件の理由とも少し似ているのもしれませんが、現在の生活では、車を持っておらず、移動はほぼ電車となります。

犬種や大きさによっては、トレーニング次第で電車移動も可能となりますが、やはり長時間の電車移動は、犬に負担をかけてしまう心配があります。

さらに、もしも夜間に愛犬の具合が悪くなった際にも、すぐに移動できる環境や手段が必要ですが、現状は、そこに該当していないと感じています。

他にも細々とした理由はいくつかありますが、大きな理由を3つ書かせていただきました。

夢にみるほど迎えたい気持ちは強いのですが、このような理由から、今は犬を迎えるの現実的ではない、と痛感しています。

犬を迎えてから「こんなはずじゃなかった…。」と後悔しないためにも、犬を迎える前にはまず、自分の現状や生活環境、そして犬との将来のことなど、しっかり考えたいですね。

 

犬を迎えたら「一生一緒」

「犬を迎えたら一生一緒」


プレイボゥで掲げている理念となりますが、もし身近に犬を迎えるか悩んでいる人がいたら、ぜひ今日のメルマガを参考にしてみてください!


余談:ちなみに夢で迎えた犬は白い子犬でしたが、犬種は分からず・・。おそらくミックスではないか、と夢の中で家族と会話をしていました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
日常の様子を大公開★

Facebook:https://www.facebook.com/playbowacademy/
instagram:https://www.instagram.com/playbowacademy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー