タグ: 夢への実現

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

NO DOG, NO LIFE

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

 

このメルマガを読んでくださる皆様の中には、すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

毎週、配信スタッフが変わろうと、このタイトルだけは、週に一回必ず配信されているんです!

 

そうです、それが!

NO DOG, NO LIFE』

 

このタイトルを見ると、あるレコードショップの『NO MUSIC, NO LIFE』なんて文字が頭に浮かんでしまいますが、直訳すると『犬がいなければ、生きられない』というようなニュアンスですが、

個人的には

犬がいない人生なんて・・!

と、受け取っています。

 

 

この言葉が、私はとても好きで、きっとこの先、どんな道を歩んでいてもなにかしらで犬と繋がっているのだろうな、と感じています。

 

 

ですが、犬がいればただそれだけでいいのか!と問われたら、正直に答えるとNOです(笑)

 

犬が好き

ただただそれだけで生活はできません。お金は必要だし、やはり、家族や友人との時間も大切ですし、美味しいご飯もたべたい!

そんな人生の中で、犬と携わり、人も犬もより自然に共生できる世界を目指していきたい!と考える、とても欲張りな人間です。

北ちゃん・南ちゃんの写真

犬と人が充実して暮らす人生が理想です~

 

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、日本のペットの殺処分を0にするというミッションがあります。

ですが、そのミッションを達成するためには、ただただ欲張るだけではダメなんです!

 

では、そのミッションを達成するためにどう行動するのか、そしてプレイボゥはどうして作られたのか、

この答えがつづられた森山名誉校長のブログのある記事をご紹介をしたいと思います。

 

 

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

タイトル:
想い

本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9268.php

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

好きなことを仕事にするというのは、時に困難な現状を痛感する時もあると思います。

しかし、森山名誉校長の強い想いのように、理想のためには、何が必要で、何を守るのかを明確にし、実行することで、

現状を変える手段が開けてくるのではないでしょうか?

 

 

冒頭でお話ししたように私は欲張りな人間です。

 

NO DOG, NO LIFE』な生活を実現しつつ、その他のことも楽しみたい。

 

それをしっかり実現するためにも、自分にできることしなくてはならないこと、守るべきものをしっかりと整理し、今日からまた頑張ろうと思います!

 

 

皆さんもぜひ、参考にしてみてください♪

偉大な存在

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

 

スクール説明会などで来校される方にプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーを知ったきっかけを伺うと、

まず、犬が好きであること。

そして、犬に関わる仕事に興味をもっていた。というお話しを比較的多く耳にします。

 

 

私も、まったく同じきっかけや考えから犬業界へ転職、そして今現在、こうして皆さんへメルマガをお届けしているので、

その気持ち、すごく分かります!!!!という気持ちを込めてかなりの勢いでうなずきながらお話しをお伺いしてしまいます。(怖いと感じた方がいたら申し訳ございません・・)

 

 

そして、犬が好き犬に関わる仕事に興味をもつ、根本には、やはり愛犬の存在が大きく関わっている方が沢山います。

 

今飼っている愛犬のため、もっと犬の知識を学びたくて

 

今後迎える時のためにいまから準備しておきたくて

 

以前飼っていた愛犬にしてあげられなかった後悔を、今後何かに役立てていきたくて

 

など、本当に様々な思いを持ってスクールに足を運ばれています。

 

 

私の場合は、3つ目の理由がほぼほぼ該当するのですが、

こんな風に人生を変えるほどのきっかけを与えてくれた愛犬のすごさを、皆さんのお話しを聞きながら、最近、より強く感じています。

 

人生を変えるなんて大げさなことだけでなく、普段の生活を思い返してみても、

愛犬の存在によってプラスになったことは、皆さんの中にもきっと沢山あるのではないでしょうか?

石田家の犬の写真

私にきっかけをくれた愛犬(ショコラ)です♪

 

そんな私が、愛犬の存在の偉大さと同時に最近痛感しているのは、

 

もっと犬について理解を深めておけばよかった

ということです。

 

 

私はたくさんの幸せを愛犬からもらっていましたが、「人間の幸せ=犬の幸せ」では必ずしもないのだ、という・・・

 

犬には、人間とは異なる欲求があり、犬の欲求をしっかりと満たすことができるように、犬についての知識を深めることが大切で、習性やボディーランゲージを正しく知れば、犬の気持ちをより理解することができるのだ、ということを、学びました。

 

 

ドッグトレーナーや講師の話を聞いていると、

その当時、私は愛犬へ愛情表現のつもりでも、愛犬にとっては、もしかしたら嫌なことだったかもしれない・・・と反省することが多々あります。

 

 

このように、人間の意図と犬の受け取り方のすれ違いを意識することで、愛犬との生活もより充実するのではないか、と感じています。

 

今現在は、犬を飼育していない為、その反省を実践することはできませんが、同じような気持ちでスクールを検討されている方や、生徒さんへ、少しでもなにか伝えることはできるのではないか、と思い、日々、皆さんとお話しをしています。

 

 

このメルマガを読んでくださる皆さんの中にも、きっと同じような気持ちを抱えている方もいるかと思います。

 

そんな方はぜひ!

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーへ足を運んでみてください!

一緒に犬の知識を深め、愛犬とのエンジョイライフをぜひお聞かせください~♪

NO DOG,NO LIFE

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー神野です。

 

10月から新学期がはじまりました。今週で3回目の授業となりますが、初回授業に比べて皆さん緊張が緩和され、打ち解けはじめて来ました💛

 

せっかく犬好き同士が集まる学校なので、もっともっと仲良くなっていくと、より学校生活が楽しくなりますよね^^。👫🐩♪

 

注)新型コロナ感染症前のお写真ですm(__)m

 

アカデミー事務局スタッフは世話好きが多いので、「この生徒さんと、この生徒さんが仲良くなれば、絶対気が合うのになぁ~😃!」なんて、どうにかマッチング出来ないものかと、構想を練ってみたり・・・(笑)

 

しかし!ただのお節介ではないのですよ。そう構想するのはきちんと理由があるのです💦💦💦
今からクラスメイト同士、仲良く信頼を深めていけれれば、犬業界で皆さんが活躍する時、必ず生かされることでしょう。

 

故森山名誉校長のブログでもお祝いの言葉を述べています。是非ご一読ください♪
犬業界への入り口に立った皆さんを心より歓迎いたします!

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

タイトル:犬業界へようこそ

本文はコチラから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9459.php

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

いかがでしたでしょうか?

 

今の夢が途中変わっていったとしても、それは犬の業界が見えてきた証、そして、はじめはドッグトレーナーという職業に固執していても、自分の志向に沿った他の職業が見つかるかもしれないのです。

 

しかし、ドッグトレーニングの勉強が無駄になったという意味ではありません。どのような犬に関わる職業にも必ず、犬のしつけは必要です!

 

・ドッグトレーナーのいるドッグカフェ

・ドッグトレーナーのいるドッグホテル

・ドッグトレーニングもできるペットシッター

 

トレーニング要素が含まれていると、なんとも魅力的に感じませんか?

 

犬の仕事を始めるならば、ドッグトレーニングはいわばマスト事項。当スクールでは、現役の獣医師さんや、トリマーさん、ドッグカフェ経営の方等、犬に関わる仕事に既に就かれている方も必要性を感じて通学をされているのです。

 

当スクールでは新入生の見本となれるよう、皆さんが犬の業界へ突き進められていけるよう、常日頃、犬の勉強をアップデートし、お役に立てるよう努めております。なので、安心してスクールへ飛び込んできて頂けると嬉しいです^^。

 

ここ近年変わった入学理由

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー神野です(*- -)(*_ _)ペコリ

10月がはじまりましたね。当スクールでは、ドッグトレーナー養成講座【45期】の授業が始まりました。「気づけば45期生かぁ…」と感慨深い想いへとなります( ;∀;)

心がワクワク💛とする学びは、脳が活性化され、格段に記憶力も上がります

皆さん、犬を学ぶ意欲が非常に強く、キラキラ🐶✨と輝いていて、自分も頑張らなくちゃ!!と感化される思いです。

目からビーム

当スクールでは社会人の方が多く通学されています。セカンドキャリアを想定しご入学される方が多いのですが、何年越しで生徒さんたちと関わってきた中、最近、入学理由への変化が出てきたことに気が付きました。

Aさん
【愛犬のことをもっと理解し、良い関係を築きたい理由で入学しました。】

Bさん
【これから犬を迎える準備として、犬の基礎をきちんと学んでから、お迎えをしてあげたい。】

Cさん
【保護犬たちにトレーニングをし、素敵な家族に迎えてもらえるように活動したい。】

 

ドッグトレーナーを職業選択に考える方が圧倒的な中、飼い主として愛犬に向き合うため、入学される方が増えたことは実に変化だと感じました。この背景には、飼い主の犬への意識が非常に高く変わってきているんだなと感じています。

非言語であっても、犬はコミュニケーション能力に優れた動物です。

「水が飲みたい」

「お腹がすいた」

「散歩に行きたい」

「遊ぼう」

等、全体で表現をし、人へ伝達しようとします。その伝達を飼い主側が瞬時に汲み取れたら、嬉しいことですよね!犬側も意思が伝わると、今まで以上に飼い主への信頼度が増すことでしょう。

現代の時代的価値観は「犬を飼う」ではありません。正しくは「犬と共に暮らす」です。

素晴らしい家族関係を築くために、ドッグトレーニングは限られた人が学ぶものではなく、犬を迎えたならば、知り得ていなくてはならない時代になってきたと感じています。

愛犬は唯一無二の存在であり、大切な家族ですからね^^。

 

今悩んでいる方も来年からスタートを切り、私たちと一緒に走り出してみませんか?

ヒントは体のどこかに

こんにちは。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

 

 

少し前のことですが、中目黒教室に出勤中、前方からお散歩中のミニチュアシュナウザーが近づいてきました。

 

交差点にさしかかり、信号待ちをするシュナウザーと飼い主様。

 

飼い主様の「おすわり」の指示で、スチャッとお座り。

 

飼い主様の顔をジーっと見つめながらしっぽを小刻みに振り振り

短いしっぽが精一杯喜びを表現していてなんとも愛らしい。

 

 

なにより、シュナウザーと飼い主様の固い信頼関係が見て取れて朝からなんだかほっこりしちゃいました。

  

東ちゃん

短くたって感情表現出来るんです♪

瀬尾家で飼っていた犬も信号待ちなどで同じように座ってくれましたが、

 

太い立派なしっぽが自慢のラブラドールだったので、きちんと座れていても、

しっぽがビョーンと後ろに伸びてだいぶ幅をとってしまっていたこと、
そして、それを左右に振ろうものならワイパーのごとく動き、その場にある小石などを吹き飛ばしていたな

なんてことを思い出しました。

 


短くても長くても、犬はしっぽで色々なことを私たちに教えてくれます。

 

 

犬のボディーランゲージを見るときも、しっぽは観察すべきポイントの1つというのは皆さまもすでにご存知だと思います。

 

 

ただ、

 

しっぽを振る=嬉しい

 

だけではなかったりします。

 

 

ボディーランゲージを見る時は、1部分だけを見るのではなく、しっぽ以外にも

耳、目、口周り、背中、重心など他の部分も見て総合的に判断することがポイントです。

 

 

 

私たち人間も表情だけ見れば笑顔なのに

 

全身を見た時、

腕組みして貧乏ゆすりしている人を見たら、 

あ、笑ってるけど心は全然笑ってなーーーい!
むしろそろそろ爆発するかもー

とヒヤヒヤしますよね()

 

 

また、

 

犬のボディーランゲージはコロコロと変わるので、瞬時に見て判断するのはなかなか容易ではありません。

 

私も出勤時スタッフの犬がいる時は、今よりもっと細かくボディーランゲージを読み取るために特訓している最中です!

 

 

ぜひ、皆さまも愛犬や近くにいる犬をいつも以上に観察して、犬からのメッセージ読み取ってみてくださいね!

NO DOG,NO LIFE

こんにちは。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

 

 

先週は秋晴れのスカッとした日々が続いていましたが、今週は台風の影響で雨が続いていますね。

 

台風とともに、新型コロナウイルスの脅威や暗いニュースもどこかへ飛んでけ~!なんて思っております。

 

 

そんな今日は、少し時を戻してまだ梅雨でジメジメしていた数か月前のことを。

  

自粛期間は明けたものの、まだ自主的な自粛が続いていたある日。

友人とオンライン飲み会をしました。

 

 

世間話をしながら、

 

友人A

「そう言えば、知り合いが犬を飼い始めて犬の保育園に通わせてるんだって~」

  

友人B

「え、犬の保育園ってなに?」

 

友人A

「私もよく分からないんだけど」

 

「それはね、、」

と、犬の社会化の大切や社会化を実践するには犬の保育園が有効なんだよとドヤ顔した私の説明が始まりました()

 

  

ちなみに

友人Aはハムスター派
友人Bは猫派

とあまり犬に興味がないので、まさかこのメンバーに犬の社会化や犬の保育園の話をするなんてと不思議な感覚になりました。

 

 

一通り説明した後、

 

友人B

「へ~じゃあ人間の保育園と変わらない感じなんだね?」

  

友人A

 「そんな世界があるんだ~なるほどね~」

 

 と感想があり、話題は移りました。

 

 

 

自分の身近ではないところで、犬を飼ったら保育園に通わせようと考えている方がいることがとても嬉しかったです。

 

のぶながと兄妹犬

小さい頃から他の犬と遊ぶのも大事な社会化の1つ

 

上記で出てきた、子犬の社会化犬の保育園について当アカデミーの創立者、故森山名誉校長がブログを書かれていたのでご紹介しますね!

 

 

.oo..oo..oo..oo.

 

 

タイトル:子犬の社会科

 

本文はこちらから↓↓

 

https://playbow-dogtrainers-academy.com/9834.php

 

 

.oo..oo..oo..oo.

 

  

いかがでしたか?

 

タイトルが社会化ではなく、社会科になっていたのはご愛嬌~()

  

本文では、犬の保育園パピーナーサリーと言っていましたね。

 

  

森山名誉校長も社会化の重要性を感じ、それを日本中に広めることを強く望んでいることがヒシヒシと伝わってきました。

  

本文にもありましたが、そうすることで当スクールの理念でもある「殺処分0」という大きな目標にも近づくからです。

  

私達、事務局スタッフも森山名誉校長のこの思い、しっかりと受け継いでおります!

 

当スクールの理念や思いにご賛同いただける方。

ぜひ、私達と一緒に犬と人が共生できる社会を作っていきませんか?