タグ: 犬の仕事

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

犬の社会化と保育園

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局の佐藤ですU^エ^U

 

前回は、プレイボゥ創立者の森山名誉校長が
イギリスのフィリッパ先生からトレーニング研修を
受けるようになるまでをお伝えさせていただきました。

 

 

前回のブログはこちらから!

 

 

本日は、その続きをお話です。

 

こうして、森山先生はイギリスで学んだことを
日本に戻って実際にトレーニングに活かす、
ということを続け、10年ほど出張トレーナーとして
活動してきたのです。

 

 

すると気付くと、忙しいときは月に
70万円位稼ぐ売れっ子のドッグトレーナーとして
活躍されるようになっていました。

 

顧客数が増え忙しくなると、
森山先生1人だけでは仕事がまわらなくなり、
スタッフを2人かかえるようになっていきました。

 

 

しかし、仕事柄、顧客数が多い時もあれば
少ない時もあり、収入には波があるので、
もっと安定したビジネスにできないかと
考えだしたのです。

 

 

そして森山先生は、
仕事のシステムを変えることを決断しました。

 

 

出張トレーナーとして顧客をまわるのでは効率が
どうしても良くないので、

 

 

イギリスで見た犬のディケア施設を参考に、
社会化やしつけを行う「犬の保育園」という
お店を開業することにしたのです。

 

 

この「社会化」とは、犬が人間社会で
生きて行く中で経験するであろう物事に慣れ、
良い印象を持ってストレスなく
暮らしていけるようにすることです。

 

 

犬の社会化の様子

犬の社会化のイメージ写真

 

 

子犬には「社会化期」という時期があり、
その時期に適切な社会化をしないと
将来的に飼い主さんを困らせてしまう行動が
多い犬になる可能性が高くなります。

 

 

社会化期は生後約3~12週齢と、
とても短い期間しかありません。

 

 

子犬の脳は生後3か月で成犬とほぼ同じ
働きをするようになります。

 

 

逆に言うと生後3か月までは脳が未発達な
状態だということなのです。

 

 

この時期の子犬の特徴は、
恐怖心があまりなく、好奇心が旺盛になります。

 

 

生後3か月を過ぎる頃から、
好奇心がだんだん弱くなっていき、
逆に恐怖心や警戒心が強くなってきます。

 

 

そしていろいろなものに馴れづらくなっていきます。

 

 

これは自然の世界では至って当たり前のことで、
活動範囲を広げる4~5か月のころに自分の群れ
以外の動物に「ライオンさん遊びましょ」
って近づいて行ったら食べらてしまいますよね。

 

 

ですから子犬は4~5か月を過ぎるころには
知らない動物や環境を怖がるようになるのです。

 

 

野生の動物も、人間が触ろうとしても絶対逃げてしまいます。

 

 

逆に犬は生後3か月頃までに馴れ親しんだものに対しては
一生涯、親近感を持ちます。

 

 

ですから子犬を飼い始めた方は、とにかく急いで
子犬の社会化を始めなければなりません。

 

 

たとえば

 

沢山の人、それも男性、女性、
大人、子供、高齢者や赤ちゃん、制服を着た人、
ひげを生やした人、帽子をかぶった人・・・

 

 

数え上げていったらきりがありません。

 

 

人以外には、他の犬、それも、大きな犬、
小さな犬、優しいん犬、やんちゃな犬

 

 

などなど。

 

 

さらには、環境や音も社会化が必要です。

 

 

車の音や工事現場の音に馴らすことはもちろん、
夏に向けて雷や花火の音に馴らしておかないと
大変になことになってしまいます。

 

 

要するに子犬が成長するに当たり経験するで
あろう事柄のすべてに馴らしておく必要があるのです。

 

 

「そんなこと時間なくてできないよ」
と思われる方もいることでしょう。

 

 

だからこそ、そんなときのサポートとして、
犬の保育園という存在があるのです。

 

 

プレイボゥの犬の保育園は関東と関西に
計4店舗ありますが、生後2か月ごろから
通っている子たちは本当にフレンドリーで、よい子ばかりです。

 

 

よっぽどのことがない限り、将来的にも
生活をしていく上での問題は出づらくなるのです。

 

 

犬の保育園では沢山の犬たちと、遊びを通して仲良くなります。

 

 

子犬を小学校や駅、ホームセンターなど色々な
場所へ連れて行って環境に馴らします。

 

 

環境音のCDを小さな音で聞かせて雷や花火の
音などにに馴らします。

 

 

ですから、どんな犬とも仲良くなれて、
どんな人にもフレンドリーに接することが
できるようになるのです。

 

 

つまり犬の保育園でのお仕事は、
子犬の将来を決めてしまうくらい責任重大なものであるといえます。

 

 

プレイボゥは将来、犬の保育園を
日本中に広めたいと思っています。

 

 

それは、犬の保育園で子犬が社会化されて
フレンドリーになり、問題行動が起きづらくなることで、
飼育放棄をなくすことにつなげられると考えるからです。

 

 

そしてそのような施設がたくさんあれば
沢山の飼い主さんたちが利用してくださり、

 

 

ドッグトレーナーと飼い主さんとの接点ができますので、
正しい飼育方法の啓蒙活動をすることができます。

 

 

そして最終的にはペットの殺処分を0に
することができるようになるはずです。

 

 

これこそが、プレイボゥが目指していることなのです。

プラットフォームを作る2 犬業界の壁を越えて

暑いですね~
犬にはこの暑さはしんどそうです^^;
愛犬ボイシー君も毎日散歩の後はパンティングがずっと続きます。
人も犬も水分の補給をお忘れなく!!
特にはなぺちゃ系のワンコ、気をつけて!

——–
ドッグトレーナーのお仕事
プラットフォームを作る2
——–

昨日は「プラットフォームを作りましょう」と言うお話をさせていただきました。
ご自分が中心になって色々な方にお声をかけプラットフォームを作り、集まった方たちが、何か楽しんでいただけるような催しを行うと色々な変化が起こってきます。

と言うお話でした。

今日も続きをお話していきます。

 

最初は小さなプラットフォームで良いと思います。
気心の知れた仲間に声をかけ、わいわい騒ぐだけでも良いのですが、回数を重ねるごとにだんだんと参加者に犬関連の友人を連れてきてもらうと、
ここからが面白くなります。

進行は主催者の判断で良いと思いますが、森山は、あえて仕切らず、流れに任せています。
ただし、主催者の仕事は初めてお会いする方同士を紹介することですのでお忘れなく。

貴方が、声をかけて集まった方々ですので貴方がキーパーソンになっています。
お互いに興味のありそうな職種の方同士を紹介してあげると自然と会話が盛り上がります。

貴方はホスト役に徹してください。

参加者の方たちに十分に楽しんでいただければプラットフォームはどんどん広がっていきます。
何が起こるかは全く分かりません。

 

でも、業界の垣根を越えて色々な人たちが繋がるのってとっても面白いですよ

1+1が3にも4にもなります。

そんな場を与えてくれる貴方には絶対に感謝が集まリますよ。

プラットフォームを作る!犬業界に化学変化

ドッグトレーナーのお仕事
プラットフォームを持つ
——-

突然ですが、森山は飲み会をやっています。

いやいや、名前が飲み会なのですが、業界の交流会なのです。
業界の垣根を越えたところで皆で協力し合って
行きましょうよ!と言う趣旨で行っています。

キーワードは「犬」犬に携わる方ならどなたでも参加OKなのです。

参加者の中には、しょっちゅう雑誌などに出ている有名トレーナーさんや、
芸能人、動物カメラマン、犬関係のIT会社のの社長さん、獣医師の先生
看護士さん、ペットショップの社長などなど。

色々な職業の方たちが参加してくれます。

 

その昔、森山はドッグトレーナーだけを集めて勉強会をやっていました。

かなり有名な先生を講師にお呼びして勉強会を行っていたのですが、やめました。

なぜかつまらなかったのです。
面白くない。
だから続けたくなくなってしまったのです。

 

そんな時、ある本を読みました。

アライアンス「自分成長」戦略
平野敦士カール著  
日本実業出版

森山が毎日読んでいるメルマガ「平成進化論」の鮒谷さんのご友人が書かれた本です。
著者の平野さんはNTTドコモでお財布ケータイを作ったことで有名な方です。


本の中にプラットフォーム戦略という企業の戦略で、楽天が紹介されていました。

 

楽天はネットショッピングモールをつくり、その中に色々な企業を誘致し、大きくなっていった会社です。
楽天は、色々な企業が集まるプラットフォームを作ることによって
楽天が一番儲かる仕組みを作ってしまったのです。

沢山の企業が集まっていますからお客さんにとってはとても魅力的なショッピングモールになりました。

ですからもの凄い集客力が出たんですね!

 

これは、個人でやっても面白いことが起きます。
自分がプラットフォームを作り、、色々な人を集めればいいのです。
それが森山のやっている飲み会なのです。

勉強会などと違い、堅苦しくないので、皆さん気軽に参加してくれます。

これは面白いんです!!

名前のごとく、お酒も入りますから色々な所で色々な話が盛り上がります。

ただ犬好きの人が集まって飲んでるだけなのに時間が経つにつれだんだん変化が起き始めます。
あちこちで新たなお仕事の話が出始めるのです。

同じ犬業界とは言っても普段はあまり係わることのない職業の方たちが一同に介しますので
面白い化学変化がおき、新たなビジネスの話が始まるのです。

 

森山は私の主催する飲み会で新たなお仕事の話が始まるのを沢山見てきました。
こんな感じで犬業界が盛り上がってくれると本当に嬉しいです。

 

皆さん、やってみてください。
プラットホーム作り。

 

楽しいですよ!