タグ: 犬の仕事

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

選んだ道は、犬でした

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

 

昨日は、愛犬の問題行動がキッカケで、問題行動が原因で保健所に持ち込まれる犬が数多くいる現実に胸を痛めた私がある目標を立て、大学への進学を決めた、というところまでお話させていただきました。

今日はその続きのお話となりますので、もしよろしければ最後までお読みいただけると嬉しいです^^

 

私が立てた目標とは「母犬から早くに引き離されたことがその犬にどんな影響を与えるのか明らかにすること」でした。

 

犬の親子

親子のつながりはとても大事

 

なぜこの目標に行きついたかというと、当時の私は愛犬を約6週齢と早い段階で母犬から引き離し、迎え入れたことが問題行動に大きく関与していると考えていたからです。

 

その当時から、母犬から早くに引き離すことが子犬の社会化に悪影響を及ぼす等の研究結果が出ていたこともあり、その研究がもっと進めば、この事実がもっと世の中に広まれば、問題行動が原因で犬が保健所に持ち込まれるという現実を変えられるのではないか、と考えたんですね。

 

この目標を達成するために大学進学を決めた私は、運よく希望の大学へ進学でき、入りたかった研究室で研究に携わることが出来ました。

(研究自体はマウスで行っていたんですけどね!)

 

研究に没頭するあまり、自分の中でも想定外でしたが大学院まで進学してしまいました(笑)

が、大学院まで進学した甲斐もあり、新たな研究結果を得ることもでき、その研究内容は論文化もされ
世界に発信することができました。

(*’ω’*ノノ゛☆パチパチ

 

そして訪れた就職活動。

犬に携わる仕事をしたい」と思いつつ、その仕事自体が見つからない!ということもあり、大学院修了後は犬とは全く関係のない職に就きました。

仕事自体はそれなりに楽しかったのですが、日々の業務に追われる中で、ふと「私が本当にしたかったことってなんだっけ?」と考えるようになりました。

ちょうどそんなタイミングで見つけた、プレイボゥの求人。

これは運命かもしれない!!」と勝手に思い込み(笑)、即応募し、現在に至ります。

 

ケイティ

プレイボゥに来て、ケイティに出会いました♪

一度は外れましたが、やはり、選んだ道はでしたU^(エ)^U

 

 

と、長くなりましたが以上が私の自己紹介(?)となります。

文章を通して、少しでも私の人となりが伝わっていれば嬉しいです^^

 

これからまた本格的にアカデミー事務局の一員として活動していきますので、皆さまどうぞよろしくお願いいたします!

初めまして、そしてただいま!

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

 

私、昨年の春から産休・育休をいただいていたのですが、6月より復帰いたしました^^

また犬まみれの職場で犬好きなスタッフとともに仕事をし、犬好きなアカデミー生さんたちとお話出来る日々がとても楽しいです♪

向ヶ丘教室

犬まみれの職場♪

そして、今日は久しぶりの投稿ということで、タイトルは「初めまして、そしてただいま!」とさせていただいた次第です^^

読者の方々や、アカデミー生さんの中でも「この大竹って何者??」と思われている方がいらっしゃるかと思いますので…

今日は改めて≪自己紹介≫をしたいと思います^^

 

 

私が犬とふれあうようになったのは0歳の時。
生まれた時からですね!

生まれる前から家には犬がいたため、「犬がいる生活が当たり前」な環境で育ちました。

 

そんな環境で育ったこともあり、小学校の高学年くらいからでしょうか。
働く犬や、犬に関わる仕事にとても興味を持つようになりました。

 

小学生の時の自由研究は、
小4→盲導犬について
小5→警察犬について
小6→介助犬について
と、働く犬のオンパレード!笑

 

盲導犬の漫画を読んで「盲導犬の訓練士になりたい!」と思ったときもありますし、愛犬を助けてくれた獣医さんに憧れて「獣医になりたい!」と思った時期もありました。

 

そんな私の人生の大きな転機となったのは愛犬の咬みつき、いわゆる「問題行動」でした。

 

中学1年生の時に新たに犬を迎えたのですが、その当時は社会化の重要性も知らなかったことや、6週齢と早めに母犬から引き離してしまったこと、さらに、もともとの性格がちょっと神経質だったこともあったせいか、怖いことや嫌なことがあると咬みつくようになりました。

家族全員咬みつかれましたし、私はそのとき咬みつかれた傷跡がまだ残っています。

それでももちろん、その子のことは可愛くて可愛くて…

そりゃぁもう可愛くて仕方ありませんでした。

「咬みつきがひどいから手放す」なんてことも、もちろん考えたこともありません。

 

ただ、このような問題行動がキッカケで、世の中には問題行動が原因で保健所に持ち込まれる犬が数多くいる現実を知りました。

 

テレビ番組で特集などが組まれていると、見た後絶対に辛い気持ちになるのが分かっていても、他人事とは思えなかったからか、見ずにはいられませんでした。

そんな悲しい現実を変えたい、という想いを抱えながら迎えた高校3年生の夏、私はある目標を立て、
大学への進学を決めました。

 

その目標とは…

 

ついつい熱くなってしまった上にまだこの話、先が長いこともありますので…

もったいぶるようですみませんが、「明日に続く!」とさせてください(>_<;)

明日も是非お読みいただけると嬉しいです!

犬の仕事

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

最近の近況報告を。5月末から、ついに、、、スクール説明会ご案内スタッフとしてデビューを果たしました!(拍手!)

 

皆さまに当スクールの魅力を沢山お伝えできるよう、頑張ってまいりますので、ぜひお気軽にご参加をお待ちしております。ちなみに、6月からは来校またはオンラインで随時説明会を開催しております!

 

と、宣伝しつつの報告となりましたが、またひとつ、成長できたかな、という気持ちと

 

皆さまとお話できる機会が増えたことにとても喜びを感じています。5月は主にオンラインでの画面越しでの説明会開催となりましたが、想像以上の緊張に襲われました。(笑)(小心者なんです)

生徒さんとお話をしている時はもちろん、説明会にご参加される皆さまのお顔が一番輝く瞬間があります。

 

それは・・・・・

 

『愛犬もしくは好きな犬(犬種)』のお話をされている時です!

 

ちなみに私は、幼いころから、ビーグルバセット・ハウンドなど大きな耳が垂れた犬が好きでした。ですが、小学生の頃、実際に迎えたのは大きな耳が特徴のパピヨンで、今では、パピヨンは私にとって特別な犬種です。

生徒さんや、来校者の方たちでパピヨンを飼っている方と出会うと勝手に親近感を覚えます。(笑)

 

このように、このメルマガを読んでくださる方々にも特別な犬種があるかと思います。

さて、ここで質問です!皆さまは、その好きな犬種についてどんなことを知っていますか?

そして犬種とはその種類によって作られた目的となる仕事があるのをご存じですか??

 

 

例えば、私の好きな【パピヨン

原産地:フランス、ベルギー

性格:活発で、優美だがたくましく、気品があり、軽快でエレガントな歩様をする。

用途:愛玩犬

石田家の犬

パピヨンのショコラです~♪

・・・・・・愛玩犬?

 

愛玩犬とは、家庭犬、伴侶犬としてかわいがることを目的に誕生した犬種

 

そう!つまりパピヨンは可愛がられる事が仕事。

 

そんなのありか!と突っ込みたくもなりますが、

16世紀のフランス、ルイ14世王朝時代では上流社会でもてはやされ、王妃マリー・アントワネットに寵愛された犬としても有名です。

 

 

このように、犬にはそれぞれ作られた目的となる仕事があり、その目的によって犬種のグループに分けられています。

 

他にも、私が好きなビーグルバセットハウンド嗅覚ハウンドというグループに属しており、獣猟犬として作られました。鋭敏な嗅覚を使い、猟を行う為、日常でも散歩中などの頻繁な匂い嗅ぎから誤飲などを起こしやすい可能性があります。

 

つまり、犬種によって出やすい問題行動があるのです。

 

ということは!その犬の目的の仕事を知る事で、事前に問題行動の回避ができたり、改善につなげることができるのです。

 

そしてそれは、ドッグトレーナーとして仕事をする上でも欠かせないポイントです。

 

現在は、インターネットでも簡単に犬種を調べることができます。皆さまもぜひ、お気に入りの犬種を調べてみてください♪

 

 

話を初めに戻しますが、生徒さんや来校者の方が、犬について語る瞬間のお顔が本当に素敵です。その表情をみているとついつい色々お聞きしたくなります。その際には、ぜひ愛犬のお話や、犬種のお話を聞かせてください!

 

 

皆さまとお話できる機会を楽しみに、説明会やセミナーのご参加お待ちしております!

みえる世界

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

 

前回は、アイコンタクトそして犬の眼の構造についてお話しました。

 

早速ですが、皆さまにはコンプレックスってありますか? こんな質問をいきなり投げ掛けた私にはコンプレックスが沢山あります。せっかく眼についてお話したので、それに関わるコンプレックスの1つをお話すると、私は、小学生頃から視力が悪いです。その頃から、メガネやコンタクトなしの生活は考えられません。

 

ネットなどでよく、視力の悪い人の視界はこんな感じ!という画像があったりしますが、まさにその通り!まわりの景色はもちろん、人の顔も、裸眼だとかなり近づかないと認識できません。

 

前回もちらっとご紹介したとおり、当スクールのFacebookやInstagramでもアイコンタクトの話がでた際、ぼくとケイティがじっとスタッフを見つめる写真がアップされました。

そして、『あの二頭にはどんな世界がみえているのだろう』と気になったので、今日は犬から見える世界について調べた結果を皆さんにお伝えします!

あーちゃんが見つめてる写真

なにが見えてるの~?

 

まず、私たち人間は、目が顔の前面についていますので、横を向いたり振り返らない限り真横や後ろ側を見ることはできません。

 

犬の場合は、犬種にもよりますが、左右の目は離れてついています。犬の限らず、多くの動物は顔の左右に目が離れてついていることで、人間よりも広範囲を見ることができます。

そもそも、視野とは両目で見る「両眼視」と片目だけで見る「単眼視」の二つにわかれます。

 

両眼視は、左右の目を使って立体的にモノを見ることができるため、大きさや距離などを「正確に見る」ことが得意です。動物だと、獲物の大きさや飛び移ろうとしている枝までの距離を測る際に使われます。

 

一方、片目だけで見る単眼視は、モノを正確に見ることが苦手な一方で、広い範囲を見渡すことを得意としています。

 

例えば!ライオンとシマウマの関係をイメージしてみてください。

ライオンは、シマウマを仕留めるために正確な距離が大切なので目が前面にあります。一方、シマウマは、どれだけ早くライオンに気づけるかが大切なので、広範囲を見渡せるよう目が左右にわかれています。 生きるために大切なことの違いが、目の位置に現れているのです。

 

人の視野角は両眼視野が約120度、単眼視野が約40度ですが、犬は両眼視野が約30〜60度、単眼視野が約135〜150度とされています。 つまり、犬は人間に比べ、物を立体的に見る視野は狭いですが、物を捉える視野は広いといえます。さらに、犬の視力は人の視力の単位でいうとだいたい0.2〜0.3ほど。

 

ここでふと。私は、裸眼だと0.2より視力が低いので、あれ?犬の方が私よりもはっきりした世界が見えているのか!と新たな発見がありました。

 

また、先ほどの両眼視野を考慮すると、人に比べてかなり狭い範囲しかハッキリ見えていないことがわかります。ただ、これは単純に人に比べて視力が良くないということではありません。 動体視力という面では人より優れ、動きの速いものや遠くの変化に敏感に反応します。犬は、人より優れた嗅覚聴覚も使って物を認識する、つまり、複数の感覚器を使って物を認識しているのです。

また、色の見え方についても近年の研究では暖色系黄色寒色系青色として大まかに認識しているのではないかと考えられているそう。

 

まとめると犬は広範囲の視野をもち、視力は0.2~0.3だが、動体視力に優れ大まかに色も認識していると考えらている、ということです。想像すると・・・人とはまた異なった世界が見えているのですね。

 

こうして犬から見える世界を考えることで、犬への理解がより深まりますように!

 

(参考文献:ペトこと https://petokoto.com/articles/82

犬は最高の相棒

こんにちは🌞
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局 兼 講師も務めております佐藤です!

 

最近あるスタッフに、「こんなご時世だからお金を使って経済を回しましょう!」と言われました。

 

佐藤はこの言葉を聞いて最近、買い物をしています。

 

不要不急の外出は避けたほうが良いと思いましたので、インターネットショッピングを利用しているのですが…。

 

ついつい、

 

「経済を回すため…」

「運営者さんも大変だろうから…」

 

なんて理由付けして、自分の想像以上に買い物しすぎているのはここだけの話です。。。🤭笑

 

さて、そんな前置きはさておき、先週、某ニュースサイトを見ていたら気になる見出しが目に留まりました。

 

【コロナ探知犬】

 

探知犬

様々な探知犬がいます

 

メルマガをお読みの方の中にも目にした方もいらっしゃるかと思います。

 

私はこの見出しに引き寄せられ、本文を読みました。。。

 

するとなんと、イギリスが新型コロナウイルスの探知ができる“コロナ探知犬”のトレーニングに日本円で6000万円以上💰の予算を投じて取り組み始めたようなのです!

 

さすが犬との関わりが深いイギリス。

 

イギリスをはじめとするヨーロッパでは犬と一緒に作業(スポーツも含む)をすることが一般的です。

 

そして犬は人と何かをすることが大好きな動物で、家畜化されてきた背景にも常に人と一緒に作業をしてきました。

 

だからこそ、イギリスは「そうだ!犬と一緒に!」と(あくまでも推測ですが。)、新型コロナウイルスの探知ができる犬のトレーニングを始めたのかもしれません。

 

それにしても、日本円6000万円以上の予算を投じて犬のトレーニングに取り組むとは…😲!

 

イギリスにとって、いかに犬が身近な存在かを感じさせてくれる取り組みだな~と感じた佐藤です。

 

ちなみに、そのニュース記事にはトレーニングの期間は6~8週間を予定していると記載があり、症状が出始める前の感染者の匂いを嗅ぎ分けられるようトレーニングするようです。

 

新型コロナウイルスの感染者に症状が出る前に、匂いがある…、

 

ここにも驚きましたが(!)、早ければ秋くらいにイギリスの空港には、コロナ探知犬が活躍しているのかもしれません。(もっと早いのかな?)

 

すごい🎉!

 

犬との可能性は無限大!

 

本当に犬って素晴らしい生き物だ!

 

犬のトレーニングに関わる者としてもっともっと犬という動物の素晴らしさが伝わると嬉しいな!と興奮したニュースでした。

備えあれば患いなし

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

前回に引き続き、今回もGW勉強会のお話をしようと思います。

 

2日目に開催されたのは、矢川先生による『災害までに私達ができること』セミナーです。2011年の東日本大震災で被災した動物たちの保護活動に携わった経験談や、当時の様子を説明したり、被災したときに愛犬の安全やストレスを減らすため必要なこと、そして、いざという時に役立つトレーニングなどを丁寧に教えてくださいました!

 

勉強会をきいてやは『事前の備え』がどれだけ大切なのか改めて痛感しました。

 

たとえば・・・

皆さんは、ご自身が住んでいる地域の避難所では愛犬と一緒に過ごすことができるのか知っていますか?また、災害時、愛犬に必要となる物は何なのか、そしてその備蓄準備ができているか考えたことはありますか?私は現在、犬を飼育してはいませんが、自分の住んでいる地域がペットとどのように避難できるのかを恥ずかしながら知りませんでした。

 

また、避難用品や備蓄に関しても、自分では準備をしているつもりでしたが、当時の状況を聞くと、改めて見直しが必要だな、と思いました。

 

環境省では、『災害時におけるペットの救護対策ガイドライン』を作成しています。

皆さんは、ご覧になったことはあるでしょうか?
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506/ippan.pdf

 

見たことがない方は勿論、既にご存知の方も、定期的に内容に変更がないか、確認してみるのも良いかもしれません。

 

また、矢川先生のお話の中で、、今からできる犬のトレーニングの1つとして、ハウストレーニングを挙げていました。

ケイティのマットで寝ている写真

リラックスできる場所~

平常時から、ハウスは、犬が肉体的にも、精神的にもリラックスできる場所でなければいけません。

 

普段からハウスやクレートに慣らすことで、もしもの時や避難時に、犬の負担を少しでも解消できる事につながります。

 

その他にも、他人と長時間一緒にいた経験があるか、犬だけの空間に耐えることができるのか、など、愛犬ができること・できないことの把握も重要です。

そして、もしもの時を想定した環境でできないことに今から慣らしていくことはとても大切な事前準備となります。

 

そういった意味でも、普段から様々な物にならす、【社会化】とは本当に重要なことだと思いました。

 

このメルマガを読んでくださる皆さんもこれをきっかけにぜひ、今から愛犬と一緒にできる事前準備を考えていただけると嬉しいです♪

 

p.s.
災害についてのセミナーの翌日、関東でも真夜中に緊急地震速報が鳴り響き、私も飛び起きてしまいました・・・
そこで、さらに事前の備えに対する気持ちが引き締まったように思います。