タグ: ドッグトレーナーの資格

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

世界基準のドッグトレーナー資格CPDT

昨日、生徒さん、スタッフを含め9月にドッグトレーナー資格CPDTの試験を受ける方を対象に勉強会を行いました。

 

CPDT (Certified Pet Dog Trainer)とは、
世界で最も大きなドッグトレーナー組織APDTによって企画された
プロフェッショナルドッグトレーナーの資格です。
http://www.japdt.com/ccpdt/

 

ですから、CPDTは世界基準のドッグトレーナーの資格なのですね。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、この資格を取ることを推奨しています。

 

この資格は以前はアメリカでしか受けることができませんでした。
それが、ジャパンAPDTの理事長、麻布大学の太田教授がアメリカのAPDTに交渉してくださり、
3年前から日本でも受けることができるようになりました。

3年前、日本のドッグトレーナー90人が世界基準のドッグトレーナー資格を取得しようと受験しました。
その時、合格したのは60名。

この数字、多いと思いますか?少ないと思いますか?

日本のトップクラスのドッグトレーナー90人がが受けて3分の1が不合格になったのですよ。

実はCPDTはかなり難解な試験なのです。

3年前に森山もこの試験を受けたのですが、無事合格することができました。
試験は250問のマークシート形式で、4時間の時間が与えられます。
そんな、4時間なんてかかるわけがないじゃん!
と高をくくって試験に挑んだのですがばっちり4時間掛かりましたね。

CPDT試験の内容は

指導スキル   32%
動物の管理   6%
動物行動学    20%
学習理論     32%
道具     10%

となっています。

 

学習理論は専門的に勉強した人でないと、おそらく使われている言葉の意味すら分からないと思います。
しかし、現在はこの難解な学習理論が世界基準のドッグトレーニング方法なのです。

世界基準のドッグトレーナー資格を取得しようと思ったら学習理論を外すことはできません。
ですからプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの座学では学習理論を中心に教えています。

しかし学習理論は一度聞いただけではなかなか理解できませんから勉強会を開いて試験に挑むのです。
昨晩も皆さん、かなり頭を抱えていました^^;

でもこれだけ頑張ったんだから、みんなに合格してほしいですね!

さて、今年は何人の世界基準のドッグトレーナーが誕生するのか楽しみです。

 

貴方も世界基準のドッグトレーナー資格に挑戦してみませんか!!

 

CPDT-KA取得のための勉強もPLABOWドッグトレーナーズアカデミーで

ドッグトレーナーの資格

いや~雪ですね^^
森山は雪、大好きです。
愛犬のボイシー君も雪大好きです。
テンションが上がります。
ドッグトレーナーのお仕事ブログ、さて本題です。
——-
ドッグトレーナーの資格
——-

今日は少し厳しいお話です。
昨日は犬のしつけの技術と知識を見につけても集客力を見につけなければ独立は難しいですよ
というお話でした。

今日は、昨日もちょっとだけ出た「ドッグトレーナーの資格」の話です。
うちが入っていないとか文句が出そうなので、
あえて名前は出しませんが、日本の訓練士、ドッグトレーナーの団体で大きな団体は6団体ぐらいです。

各団体で訓練士、トレーナーの資格認定をしています。
それ以外に、日本にはドッグトレーナーの資格が沢山あります。
どれ位あるかというと、トレーナー養成学校の数だけあるといえます。

 

ど、どういうことですか?

という声が聞こえてきそうですね^^;

 

要するに各学校が独自の協会を作って資格認定をしているということなのです。

国家資格のようなものではありませんから、誰でも好きなように協会を作ることができます。
そして独自の資格を発行しているのです。
言ってみれば資格ビジネスなのです。

 

最近ドッグトレーナーの資格以外にも、森山が聞いたこと無いような犬に関わる仕事の資格が沢山増えてきました。

犬に携わる資格を取って犬業界に入ろうとする方は飛びつくのですが、殆ど仕事にはならないケースが多いようです。
数十万円払って資格をとってみたのはいいけど仕事を斡旋してもらえるとか、どこかに就職できるとかはほぼ無いようです。

 

ドッグトレーナーの資格も同じです。

資格を取れば就職が有利になるとか、自動的に仕事が舞い込んでくるようなことはありません。

もちろん弁護士でも、お医者さんでもビジネスですから資格を取っただけでは独立しても収入にはならないですよね。

営業活動をしなければ収入にはなりません。

 

ちなみにドッグトレーナーとして開業するには
6ヶ月以上の実務経験か学校法人方に定められた学校でドッグトレーニングの実務を修了しているという要件を満たし、
動物取り扱い業の主任研修というものを受け、自治体に登録すれば開業できてしまいます。

活字で書くと仰々しいのですが、実務経験6ヶ月というものも
半日勉強してその場でテストを受け合格すれば免除されるという裏技もあります。

森山は受けたことがないので分かりませんが、結構簡単なテストだそうです。
研修も普通に受けるだけですので簡単です。

ですから本当にあまり知識が無くても技術が無くても誰でもドッグトレーナーとして開業することはできます。
もちろんお客様の信頼を得られなければ、ドッグトレーナーとして仕事を続けることはできませんけどね^^;

何故ここで開業にこだわるかといいますと、
ドッグトレーナーとしての就職先は殆ど無いからなのです。

実際にドッグトレーナー就職とかドッグトレーナー募集とかで検索してみてください。
現実が分かります。
全くないわけではではありませんが、殆どありません。

プレイボゥにもしょっちゅう他の学校を卒業した方が仕事を求めて連絡してきます。
いくら資格があっても就職先がないのです。

当たり前ですが資格は名刺にも書けますし、「ドッグトレーナーの資格」は無いよりあった方がいいですよ!

しかし、
そのドッグトレーナー資格が本当に価値を生むのかどうかはちゃんとリサーチしてから取得されることをお勧めします。

 

ここまで書いてきて犬業界ってなんてグレーな業界なんだろうと思います。
しかし、
だからこそ、この業界を変えるためにプレイボゥは、ドッグトレーナーの人材育成をしているのです。

プレイボゥから、ドッグレーナーという人材が育つことによって
業界内で切磋琢磨が始まり、業界事態が成長していくのだと思います。

事実、子犬の保育園や幼稚園はどんどん増えています。
プレイボゥは犬業界にイノベーションを起こします。

 

ドッグトレーナーの資格3 CPDT 国際的なドッグトレーナー資格

ドッグトレーナーの資格3
=====

昨日はCPDTの試験内容についてお話させてもらいました。
CPDTは国際的なドッグトレーナー資格です。

それでは今日は、国内にドッグトレーナーの資格がどれ位あるかについてお話してみましょう。

以前にも書きましたが、犬業界で国家資格は獣医師の資格しかありません。

ドッグトレーナーにしてもトリマーにしても
ブリーダーにしてもドッグマッサージにしても
ドッグカウンセラーにしてもドッグセラピスト
にしても全て民間の資格です。

森山の錯覚でしょうか、最近、犬にまつわる資格が雨後の筍のようにうようよと出没してきた気がします。

そんなに資格作って誰が受けるの?て感じですが・・・

 

と言うことは、この業界、はっきり言って
どこかの省庁の許可も必要なく資格認定をしても良い業界だと言うことなのです。

これはドッグトレーナーとて同じことが言えます。

 

森山の知る限り、
盲導犬や介助犬などの使役犬
以外の日本の訓練士、ドッグトレーナーの団体で資格認定している大きな団体は

 

ジャパンケンネルクラブ
本警察犬協会
日本シェパード犬登録協会
オプデス
JAHA(日本動物病院福祉協会)

そして団体ではありませんが、CPDT
(CPDT取得者は日本で現在70名ほど)

 

この6つぐらいですかね!
これ以外にもあったらごめんなさい!

そして訓練士、ドッグトレーナーの資格は上記以外に各学校が出している資格が沢山あります。

 

勿論、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーも独自の資格を合格者に認定しています。
アカデミー認定資格を持ってトレーナーとして仕事をすることは十分できますし
誇りを持って
いただける内容の資格だと自負しております。

 

しかし、業界的に、あまりにも多くのドッグトレーナーの資格が溢れています。

 

ですからプレイボゥではプレイボゥ独自の資格 プラス、
世界基準のドッグトレーナー資格である
CPDTの取得を生徒さんにお勧めしています。

 

勿論、CPDT 取得は簡単ではありませんが、
森山にも取得できたのですから少しまじめに勉強すればアカデミー生徒さんでも絶対に取得することが可能です。

 

森山は、アカデミー出身者が皆
CPDTを
取得して世界基準のドッグトレーナーとして羽ばたいていくのが夢なのです。

 

ドッグトレーナーの資格2 (今日はちょっと難しい)

近況

4月から英語の授業をお休みしていましたが、今日から再会!
久々に頭使うと脳みそが爆発しそうになります。
毎回英会話教室の先生ジョナサンがアイフォンの面白いアプリを教えてくれます。

今日は世界各国のラジオが聞けるTunein Radioと言うアプリ
面白そうです!

====
ドッグトレーナーの資格2
====

前回はCPDTについてご説明しました。

 

CPDT(Certified Pet Dog Trainer)は
アメリカのCCPDT(CertificationCouncil for Professional Dog Trainers)が発行する
プロフェッショナルドッグトレーナーの資格です

 

森山は一昨年、CPDTの試験を受け合格することができました。

 

世界的に通用するドッグトレーナーの資格と言うことで日本のトップクラスの現役トレーナーがほぼ受けたと思われます。

 

その人数が90人
少ないですか?多いですか?

森山はあまりにも少な過ぎると思っています。
しかも合格者は60人でした。

日本のトップクラスのドッグトレーナーが90人受けて30人が落ちる試験ってどんなん?

その内容は結構専門的に勉強していないと理解できません。

 

その内容は

①指導スキル 32%
②動物の管理 6%
③動物行動学 20%
④学習理論 32%
⑤トレーニング道具 10%

となっています。

試験はマークシート形式で250問の質問に4時間で答えなければなりません。
森山は「4時間あれば楽勝」と思っていましたが、ぎりぎり4時間使い果たしました。

中には常識を働かせれば解ける問題も含まれますが
専門的に学ばないと言葉さえも全く分からない問題も含まれます。

出題される内容をざっと公開するとこんな感じです。

 

試験内容の概要
1)指導スキル
A.対人関係スキル
1.コミュニケーション
a.クライアントとの関係を作る
b.積極的に聞く
c.相手にフィードバックする
d.クライアントを主役にする
2.クライアントとの関係
a.特別な介助を必要とするクライアントについて、
アメリカ身体障害者法1990 に従う
b.難しいクライアント
B.指導スキル
1.説明、デモ、補助
2.授業計画の作成
3.配布資料の作成
4.参考資料源に関する知識
C.トレーニング環境の管理
1.安全性
2.物理的レイアウト
3.障害物/中断
D.イヌのスキル
1.デモンストレーション用イヌの選択
2.ハンドリングが難しいイヌ
3.吠えるイヌ
4.個体差の認識と管理
2)動物の管理
A.必要な予防接種
B.伝染病の症状
C.獣医師の診断をすすめるべき症状
D.トレーニングの制限をすべき症状
E.予防的な食餌
1.大型犬の整形外科的疾患
2.健康状態
3.年齢の考慮
F.寄生虫
1.同定
2.トレーニング環境の管理
G.去勢/避妊
1.行動への影響
2.健康への影響
3.年齢考慮
4.頭数管理
H.動物管理局と、その関連団体のドッグトレーニング
に関する役割
I.健康/衛生
3)動物行動学
A.家畜化
B.ボディランゲージ
C.発達
1.身体的
2.社会的
D.問題行動
E.身体的・感覚的特徴
4)学習理論
A.オペラント条件付け
1.行動の結果を理解する
a.強化‐正と負
b.罰‐正と負
c.消去
2.行動の結果を適応する
a.強化と罰の種類
1-一次性
2-二次性あるいは条件付け
b.強化と罰の選択
c.効果に影響する要因
d.強化スケジュール
e.行動を指導する時間
f.弁別と般化
g.行動への合図と刺激コントロール
3.トレーニング技術
a.プロンプティング
b.シェーピング
c.ターゲッティング
B.古典的条件付け
1.条件付けはどのように起こるか
2.消去
3.古典的条件付けにより影響を受ける行動
C.環境コントロール
5)道具
A.基本的なトレーニング道具(目的、安全性、適正)
1.バックルカラー
2.ホルター
3.スリップ&リミテッドカラー(チョークチェーン、
マーチンゲール、スナップチョーク)
4.ピンチ/プロングカラー
5.ハーネス
6.長さ固定のリード
7.ロングリード
8.格納式リード
9.クリッカー
B.補助的な道具(目的と安全性)
1.バークカラー(ショック、シトロネラ、音)
2.抑制システム(ショック、シトロネラ、音)
3.リモートカラー(ショック、シトロネラ、音)

 

です。

この中から250問が出題されます。
例題にチャレンジしてみたいですか?

 

下記URLの11ページにあります

 

http://www.japdt.com/cpdt/CPDThandbookJapanese.pdf

参考資料(JAPDT:CPDT受験者ハンドブックより)

いかがだったでしょうか!
難しかったですか?
それとも簡単すぎて眠くなりました?

 

アカデミーではCPDT試験に対応した授業を行い、CPDTの取得をめざします。