ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ ミッション

ミッション

貴方の夢を叶えるお手伝い

「ドッグトレーナーのお仕事」

プレイボゥドッグトレーナズアカデミーブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ドッグトレーナーになるにはどうしたらいいの?
ドッグトレーナーってどんな仕事?
ドッグトレーナーで成功するには?
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長の森山敏彦がお答えします。                          
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

イギリスでドッグトレーニングを学び、その素晴らしさを日本の多くの飼い主さまにお伝えすることを使命と考える森山が
ドッグトレーナーを目指す貴方に贈るメッセージです。


◆もう4月も中旬を過ぎたと言うのに朝起きたら雪が積もっている・・・

不思議な天気が続きますが皆様!
体調など壊されていませんでしょうか!

ドッグトレーナーは体力が勝負!
しっかりと体力つくりをしましょう!!!

4月生の授業が始まりました!
とっても意欲満々の皆さんです

卒業後の活躍が今から楽しみです。
次回の入学は7月ですよ~。

 

◆5月4日、5日
お台場、潮風公園にてイヌリンピックにて

今までは森山がしつけ教室を行っておりましたが、今年からプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーがイヌリンピック会場での無料のしつけ相談を行います。見かけたら声掛けてくださいね!!

============================

ドッグトレーナーのお仕事

◆ミッション

============================

森山名誉校長と愛犬ボイシー

 

◆前回もミッションについて少し触れましたが、
今回もアカデミーのミッションについてお話させていただきます。

森山は毎年のようにイギリスを訪れ、トレーニング研修に行ってきました。
しかし毎年のイギリス研修は、トレーニングのほかに、もう一つの目的があるのです。

それは、シェルター見学です。

◆イギリスには大小さまざまなシェルターがあり、今までに、ブルークロス、バタシー、ウッドグリーン
などの大きなシェルターを視察してきました。

どの施設も、とても素晴らしい施設で、清潔で広々とした犬の居住スペースと暖かい毛布ががあります。

シェルターには専属の獣医が待機していますので犬たちの体調管理も万全です。

郊外にあるブルークロスやウッドグリーンには、広大な広さを有していますので犬たちは運動も行き届いています。

バタシードッグホームはさすがにロンドンにありますので4階建てのビルなのですが
近くに10面のドッグランを有し、ボランティアの方たちがひっきりなしに出入りして犬たちをドッグランに連れ出しています。

そして、3時になると、おいしそうな匂いを奏でながら、
調理したレバーが一杯詰まったコングが犬たちに与えられます。

 

◆一見すると犬たちは飼い主はいないけど何不自由なくシェルターで暮らしています。

しかし、どこのシェルターも同じらしいのですが、平日は十の単位で犬がシェルターに連れてこられ、週末は百の単位で犬が貰われて行きます。

殆どの犬たちは新しい飼い主にもらわれていくらしいです。

とてもよいことに聞こえるのですが、私は、「待てよ!これって考えようによっては犬のリサイクルセンターだよな」と感じてしまったのです。

 

◆保護活動は日本でも活発に行われています。

殺処分を減らすにはとても素晴らしい活動だと思います。

この活動は続けていかなければなりません。

しかし、いくら保護活動を行っても捨てられる犬を作ってしまってはいつまでたっても殺処分はなくならないわけですね

 

そこで私たちは違った観点から殺処分を減らすことを考えました。

 

1●子犬を飼い始めたら保育園に通うのが常識の日本になるようにパピーナーサリーの普及に努める

いわゆるパピーナーサリー(犬の保育園)の義務教育化を推進する

 

 

2●飼い主さんに正しい犬の飼い方を啓蒙し、犬を飼ったら一生飼い続けることを教育する

この2つをこつこつと進めることで殺処分を減らす計画を立てました。

それがドッグトレーナーにできる活動ではないか!と考えたわけです。

 

 

◆自分のことだけを考えていると人は弱いですよね!

自分が愛する犬たちが幸せに暮らせる世の中を作ろうと考えるとパワーが沸いてきます。

物言えぬ犬たちの為に何ができるかを考えてみたら私たちにはこの形が見えてきました。

 

そして、そこからプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーのミッションが生まれたのです

 

ミッションを持っている人や企業はとても強いと思います。

 

そしてそのミッションを公言することで、そのミッションに共感する人が集まってきてくれますからミッションが実現しやすくなります。

 

皆さん、是非ミッションを持ってください!!

 

—–