ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

「ドッグトレーナーになりたい!」人を応援するブログです。犬が好きで犬の仕事につきたい人、ドッグトレーナーに興味がある人必見です!
ドッグトレーナーになるにはどうしたらいいのか?どんな人がドッグトレーナーになっているのか?など、
ドッグトレーナースクールのスタッフが発信するブログです。

愛犬と過ごせる時間はどの位?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

昨日は、シニア犬についてのお話に触れましたが、そもそも犬を迎えてから、私たちが犬と一緒に過ごせる時間はどのくらいあるのでしょうか?

犬と人が共にソファでくつろぐ写真

一緒に過ごす時間は大切です~

そもそも犬の寿命って?

例えば、一般社団法人ペットフード協会「全国犬猫飼育実態調査2020年」にて公表された犬の平均寿命は、14.48歳でした。

サイズ別にみると、
超小型犬(~5kg)は15.19歳
小型犬(6kg~9kg)は13.97歳
中~大型犬(10kg~)は13.60歳といったように、
小型犬の方がやや平均寿命が長いことが分かります。

ちなみに、品種や生活環境によっても個体差がありますが、犬は約1年半のうちに、人でいう成人(20歳)に達し、そこからは1年間で約4歳ずつ歳を重ねていくこと言われています。

さらに今現在飼育している犬の平均年齢は7.68歳で、全体の約55.6%が7歳以上(高齢期)となっています。

このような結果からも、犬と人が一緒にいられる時間は限られており、その限られた期間の中で、お互いがストレスなく、幸せで充実した時間を共に過ごしていきたいですよね!

では、その為に私たちができることはあるのでしょうか?

 

限られた時間でできること

まず、第一にあげられるのは「健康」です。

バランスの取れた食事や、適度な運動に加え、定期的な健康診断や、予防注射など、愛犬の健康管理をしっかり意識することが大切です。

また、緊急の事態に備え、予め信頼できる獣医さんのもとで定期的な健康診断を行っておくと、何か異変が起きた時に、原因の判明がスムーズになることもあります!

こちらは人も同様ですが、日頃から常に「健康」に意識を向けることが、末永く愛犬と過ごすためには欠かせません。

 

さらに、愛犬の成長段階を知る

また、愛犬が現在どのような成長段階にいて、何を必要としているのかを知ることもとても大切です。

例えば、「子犬」の時期は、犬にとってとても大事な【社会化期】となりますに触れ、この先、人の生活環境下でストレスなく過ごしていくための重要な時期となるのです。

このように「子犬」「成犬」「シニア」と、犬が成長するにつれ、必要なものは変化してきますが、
何が必要なのかは、その犬によっても異なります。

そうした違いに気付く為にも、まずは「犬」について、さらには愛犬について深く知っておいて欲しいのです。

 

愛犬の一番の理解者であってほしい

「飼い主さまは、愛犬の一番の理解者」という話を聞きますが、まさにその通り。誰よりも愛犬について詳しく、些細な変化も逃さない愛犬マニアになってみてください。

犬と人、どちらも生きている物同士ですから、一緒に過ごす上で楽しいことはもちろん、不安に感じる瞬間もあるかもしれません。

ですが、愛犬とと共に過ごせる時間は決して無限ではありません。

お互いにとって、よりよい時間の積み重ねとなるよう、今日お話したことを意識して過ごしてくださると嬉しいです♪

そして、プレイボゥの理念でもあります「犬を迎えたら一生一緒」を実践していってください!

NO DOG, NO LIFE~シニア犬について~

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

いきなりの宣伝となり大変恐縮ですが、プレイボゥでは2021年GW期間にオンライン特別セミナーを開催することが決定しました!


テーマは【シニア犬】について。


ドイツ在住で獣医師としてもご活躍されているアルシャー京子女史をお招きし、老化の概念から終活・看取りについてまでお話をいただきます。

クッションの上にいる犬の写真

シニア犬セミナー開催です!

私も愛犬のことで一番悩んだのがシニア期でした。

私自身、以前共に過ごしていた愛犬との生活を思い返すと、接し方で一番悩んだのは、愛犬がシニア期に突入してからでした。

それまでは、あまり愛犬の行動を問題行動と捉える機会も少なく過ごしていましたが、高齢になるにつれ、攻撃行動を起こすようになりました。

その当時は、何が原因なのか分からず、とても焦ってしまい、愛犬にとってよりストレスのかかる接し方をしてしまったと反省しています。

その反省点が、犬についてもっと学んでいればよかったという強い想いや、今現在プレイボゥのアカデミースタッフとして、犬に関わる仕事に就くきっかけにもつながっています。

同じように、愛犬のシニア期の過ごし方で後悔した思い出のある方や、今まさにお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

森山名誉校長のブログにも、シニア犬に触れた記事がありますのでご紹介いたします。

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

タイトル:パピーからシニアまで

本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9219.php

※セミナーのご案内は過去のものになります。

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

いかがでしたでしょうか?

シニア犬だからこその原因

森山名誉校長の記事にも「一番多いのは痛みからくる攻撃なのでは」とありますが、私の愛犬も、シニア期に突入してから腰を痛めていました。といってもそれを知るまでにも時間がかかり、その間も愛犬にはストレスをかけていただろうと、未だに猛省しています。

その為、私はこのブログを読んで、当時の事を鮮明に思い出しました。

 

シニア犬について知っておく重要さ

今後ドッグトレーナーとして活動されていく方にとって、シニア犬の問題行動の相談はおそらく必ずくるであろうと思います。

ドッグトレーナーだけでなく、今まさに犬を迎えている方も、いつかは迎える愛犬のシニア期を経て、悩みを抱えるかもしれません。

私は、愛犬のシニア期の接し方で後悔をした経験があるので、同じ思いを抱える犬や飼い主様を一人でも減らせるよう、皆さんには、犬についてはもちろんのこと、年齢や成長によって起こり得る様々な可能性についてもしっかりと知っておいて欲しいと願います。

今回開催する特別セミナーは、まさに「シニア犬」について老化の概念から学べるとてもいい機会です。

さらに、講師を務めてくださるアルシャー女史が生活している「ドイツ」は、アニマルウェルフェア先進国でもありますので、動物福祉について欧州のリアルな考えも同時に学ぶことができます。

一般募集も開始しておりますので、ご興味のある方は、ぜひこの機会にご参加をお待ちしております!

以下詳細

■□…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…■□
アルシャー京子女史 オンライン特別セミナー

「犬」大国のドイツから学ぶ
  【シニア犬セミナー】

日程:2021年5月4日(火)・5日(水) 
時間:18:00~21:00
※2日間の連続セミナーとなります

<講師>
アルシャー京子女史

<プロフィール>
ドイツ・ベルリン自由大学獣医学部卒・獣医師
保健学士、ドッグ・ジャーナリスト、
獣医学/農学専門独日翻訳・通訳・リサーチャー、
ドイツ犬の飼い主免許実技試験官
(ベタリナリー・ワーキンググループ:TAG-H認定)

<参加方法>
Zoom(インターネット環境必須)

<参加費>
見逃し配信なし:10,000 円
見逃し配信あり:13,000 円
※見逃し配信期間:5月8日(土)~5月15日(土)

<詳細・お申込はこちら>
https://playbow-dogtrainers-academy.com/special-seminar-2.php

■□…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…■□

<注意>
本セミナーではドッグトレーナー養成講座の生徒達や、卒業し、開業を果たしたプロのドッグトレーナーも多く、参加いたします。

そのためセミナーの性質上、専門用語が出てくる可能性もございますので、ご出席希望の方はその点だけご留意いただけますよう、何卒宜しくお願いいたします。

十犬十色を理解する

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

連日暖かい日が続き、プレイボゥの教室がある東京でも桜の満開宣言が出ました。

中目黒教室までの道のりには、桜の名所である目黒川があり、コロナ禍になる前は、1日中多くの人で賑わっていました。さらにお花見の時期は、普段に増して、愛犬を連れた人も多く、様々な犬種を見かけることができます。

ですが、様々なのは犬種だけではありません。

犬と桜の写真

お散歩にもいい季節です~

犬種だけでなく・・

いつもと同じであろう散歩コースを颯爽と歩く犬もいれば、
知らない人や犬に興奮ぎみの犬や、慣れない場所なのか不安で怖がっている犬など、その犬によって様子も異なります。

中には、他の犬とすれ違う度に愛犬が吠えてしまい、飼い主さんが困り果てている様子を目にする事も。

このように、桜を眺めつつ犬種や犬の様子につい目が行ってしまうのは犬好きそして職業ならではのことだと感じます(笑)

皆さまにも同じような経験があるのではないでしょうか?

 

犬は言語を用いない動物

犬は、言語を用いない動物です。

ですが、その代わりに、身体で気持ちを表現しています。それが【ボディランゲージ】です。

喜んでいるのか、楽しんでいるのか、不安や恐怖心があるのか、または、攻撃しようとしているのか?

様々な状況下での【ボディランゲージ】を正しく読み取り、適切に対処してあげる必要があります。

 

ボディランゲージの解釈

ボディランゲージを誤って解釈してしまうと、尻尾を振ってるから喜んでいる、と思って近づいたら咬みつかれた。
なんて事態にも繋がりかねません。

(冒頭でお話したお花見をイメージしてみてください。例えば、飼い主さま以外の人がそういった解釈で犬に近づいてしまったら・・といった事も容易に想像ができます。)

犬は、攻撃態勢になったときにも尻尾をピーンと高く上げたり振ったりする事があります。つまり、尻尾だけで判断はできないのです。

犬の身体全体をみたり、その時の状況を踏まえて判断する必要があります。

さらに、ボディランゲージは、個体によって癖があったり、表現の仕方が少しずつ異なることも。

尻尾、耳、口元、目などの各パーツや力の入り方、動き方などを観察するスキルが必要になります。

個性や癖があるのは、人も同様ですが、言葉がない分読み取ることがとても難しく、ドッグトレーナーならば、数多くの犬のボディーランゲージを見て、経験値を積まなくてはなりません。

 

犬のボディランゲージを読み取るには日々勉強

ボディーランゲージを読み誤ってしまうと、犬にとっても人にとってもストレスが掛かってしまったり、犬の問題行動が起きるきっかけとなってしまいます。

逆をいうと、犬たちの気持ちを正しく理解してあげられるようになったら、犬たちも人も今以上に気持ちよく過ごせるようになるのです!

私自身も、犬のボディランゲージを読み取るため日々勉強中であり、犬の数だけ、表現の仕方があり、まさに【十犬十色】だなと感じる今日この頃です。(笑)

犬の気持ちをより理解し、お互いが快適に過ごす生活のため、一緒に、犬の観察スキルを上げていきましょう!

犬の○○も【質】が重要・・!?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。


突然ですが、皆さんはよく寝られるタイプの方ですか?私はとても寝つきが悪く、睡眠時間も短いタイプです。

なぜ唐突にこのような質問をしたかと言いますと、先日ある生徒さんから同じ質問をされ、冒頭と全く同じ返答をしたところ、「短くても、睡眠の【質】が高ければいいんですよ!」と励ましていただいたからです。

【質】ね・・とその場では、なんとなく理解したつもりでいましたが、それ以来、「睡眠の質を高めるには」といった記事がよく目につき、睡眠に対して以上に、この【質】というものにとても興味を持ち始めています!

例えば、睡眠の質を高めるには、体内時計や1日のリズムをリセットし、睡眠や入浴、食事を計画的に行っていく必要があると言われています。

さらに、この【質】高さに重点を置くのは睡眠だけでありません。

睡眠以外になにがあるのか、挙げていくと様々ありますが、皆さんにとっても身近な「犬の散歩」も【質】がかなり大切になってくるんです!

 

散歩をしている写真

散歩にも【質】があるのです・・!

犬にとって必要な【散歩の質】

犬を迎えた当初や、犬を飼育したいと考えている皆さんも一度は考えたことがあるかもしれませんが、犬の散歩は、どの位の時間が良いのでしょうか?

本やネットで調べてみると、犬の大きさや犬種、年齢で散歩の時間の目安を提案していたりします。

もちろん、その犬にもよりますが、小型犬は○分、大型犬は○分必要ですといった時間には根拠はなくあくまで目安となる数字です。

じゃあ正解は・・と思った方もいるかもしれませんが、ここで重要となるのが【質】なんです。

プレイボゥではよく、「散歩は時間より質の方が大切」という話しがあります。

 

【質の高い犬の散歩】とは?

では、【質の高い犬の散歩】とは、どういったものなのでしょうか?


例えば、散歩のコースを変え、いつもとは違った情報を与えて頭を使わせてみたり、途中で遊びを組み込んで運動をしてみるのも良いと思います。

他にも、散歩の中に「待て」や「座れ」といった基礎的なトレーニングを入れることで、頭や体を使うだけでなく、愛犬の飛び出し事故や、他の犬とのトラブルの防止にも役立つかもしれません。

注意してもらいたいのは・・・

ですが注意いただきたいのは、上記もあくまでも良質なお散歩の提案の一部であり、犬によって、年齢や性格・体格も異なり、当日の健康状態も日によって変わってきます。

ぜひその犬の状況をしっかりと判断しながら、その子にあった【質の高い散歩】を考えてあげてください♪

気候も暖かくなり、お散歩日和な日々が続いています。愛犬とのお散歩がより充実した時間となりますように!

犬と生涯続けられること

こんにちは。アカデミー事務局の石田です。最近、料理に凝り始めました。

今までは、簡単に時短でできるものばかり作っていましたが、作りたいものを時間をかけて作り、美味しくいただくことに至福の時を感じています。(笑)

もちろん、時短で美味しいくなおかつ簡単!に越したことはないのですが、料理も奥が深いですから、今後も難易度の高いものに挑戦できるよう日々成長あるのみです!

調理時間が長いと、その間に色々と考えたりする時間も増えたのですが、先日は、ハンバーグを煮込みながら
料理とドッグトレーニングって意外と共通しているところがあるな、と閃きました。(笑)

犬が片方の手を挙げている写真

はい!共通点が知りたいです!

料理とドッグトレーニングの共通点・・?

その1:奥が深い。
単純にみえてもそうでなかったり、正解が一つではない部分が似通っています。

その2:経験の積み重ね
料理もドッグトレーニングを経験が重要です。積み重ねることで、自身のスキルアップにもつながりますし、出来ることの幅が増えていきます。

その3:広い視野と判断力が必要
料理であれば、温度や状態、変化を瞬時に判断し、次のステップへ移りますが、ドッグトレーニングも、犬の状態や変化、環境、飼い主さまの様子など、様々な物事をみながら、決断し、実行していく力が必要となります。

と、挙げればキリがないのですが、私が一番似ていると感じたのは、【生涯続けられる】ということです。

 

【生涯続けられる】とは?

【生涯続けられる】とはどういうことなのか。

まず、イメージしやすい料理でお話すると、料理は、いくつになっても続けられるますし、逆に、始めたいと思えば、いくつからでも始められることのひとつです。(※身体的要因は除きます)

では同様に、ドッグトレーニングについても考えてみましょう。

このお話をする際に一つご紹介したいのが、説明会に来校された方々から、よく聞かれる質問のひとつです。

それは、「犬のトレーニングって何歳まで出来るんですか?」という質問。

皆さまの中にも、現に疑問として抱いている方や、質問してみた方も多いのではないでしょうか?

答えからいうと、基本的に何歳までもドッグトレーニングはできます。(※病気などの身体的な要因は除いてのお話です。)こちらも料理と似ていますね。

 

基本的にと書いた理由

しかし、ここからのお話はドッグトレーニングならでは!先ほど「基本的に」と書いたように、ドッグトレーニングは、若い年齢、特に子犬のころから行うことが望ましいです。

理由としては、吸収力ももちろんのこと、既に身に付いた行動に対し上書きをし、新たな事を身に付けていくにはやはり時間がかかります。

例えば・・、大人になってから利き腕を変えてください、と言われたらどれだけ大変かイメージしてみてください。

つまり、犬の問題行動が出る前にトレーニングするのと、問題行動が出てからトレーニングするのでは、トレーニングしやすさが変わってくるのです!

 

犬の問題行動とは

プレイボゥでは、犬の「問題行動」とは、犬にとっての問題ではなく、飼い主さまが問題と感じる犬の行動を指しますが、トレーニングを出来るだけ早くから行うことで、問題行動を予防することができ、不安を感じる飼い主さまを減らす事にもつながっていきます。

だからといって、ドッグトレーニングを始めることに遅すぎるなんてことはありません!

始めにお伝えしたように、基本的に何歳でもドッグトレーニングはできます。

時間をかけ、犬の問題行動と向き合うトレーニングもあれば、シニア期に突入した犬へ向けたトレーニングなどドッグトレーニングも様々であり、子犬の時期からシニア期まで、犬と【生涯続けられる】ことなのです。

今回は、料理を挙げてみましたがよく考えてみると、私たちの生活には長く続けられることが沢山あるかと思います。

その中でも、犬と一緒にできることを探し、素敵な犬ライフを送っていきたいですね♪

ストップ!誤飲!~愛犬を守るために~

犬にとってマスクとは?

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

新型コロナ感染防止や花粉症対策のため、私たちの生活にもはやマスクは欠かせない存在となっています。
今となってはマスクを取る瞬間、少し気恥ずかしいような、ソワソワする気分になるのは私だけじゃないはず?(笑)

そんな生活の中で溢れているマスクが犬の誤飲を引き起こしてしまっているというニュースを耳にしました。

家の中で犬が届く場所にマスクを放置していませんか?
道にマスクが落ちているのを見る機会も増えていませんか?

私たちにとって、誰かが使っていたであろうマスクは近づく気も起きませんが、犬にとっては飼い主の匂いや食べ物の匂いがついているとっても魅力的なもの!

枝を加える犬

道に落ちてるものはなんだって最高のおもちゃだよ!

事故を防ぐために・・

前足で触ってみたり、口の中で噛んでみたり、犬にとってはおもちゃです。いじるだけで済めばいいのですが、誤って飲み込んでしまう場合もあります。
マスクには紐もついてますし、ワイヤーが入っているものもあり、飲み込んだあと内臓にからまったり、傷つける恐れがあります。

愛犬の命を脅かすことは絶対避けたいですよね。

家の中で、またお散歩中に愛犬がマスクを見つけた時、普段から愛犬との絆を深めておくことで事故を未然に防ぐことができるかもしれません。

例えば、犬と飼い主が見つめ合う「アイコンタクト」を教えることで、散歩中、犬が下を向いて地面に夢中になることを少なくすることが出来ます。
結果的に、落ちているマスクに気を取られることが少なくなりますね。

また、名前を呼んだらすぐに呼んだ人の元に来るよう教えておくことで、少し離れたところで犬がマスクをいじっていても呼び戻すことが出来ます。

 

ヒールウォーク練習中

アイコンタクトばっちり!顔を覗き込んでこちらを気にしてくれています!

まとめ

ちょっとした工夫ですが、こうすることで愛犬の命を守ることに繋がりますし、こういったことが出来るようにトレーニングすることで愛犬との絆も深まりますね♪

特にアイコンタクトはドッグトレーナーの世界では「トレーニングはアイコンタクトに始まり、アイコンタクトに終わる」と言われるほど大切なものです。
犬に指示を出す時、アイコンタクトが出来ていると指示も入りやすくなるんですよ!

ぜひ、愛犬が皆さまのことを見てきたら、優しく声掛けしたり、ほめてあげてくださいね!そうすることでさらにアイコンタクトの回数が増えますよ(^-^)

愛犬の身を守りながら、ラブラブになれるなんてトレーニングって最高です!