ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

「ドッグトレーナーになりたい!」人を応援するブログです。犬が好きで犬の仕事につきたい人、ドッグトレーナーに興味がある人必見です!
ドッグトレーナーになるにはどうしたらいいのか?どんな人がドッグトレーナーになっているのか?など、
ドッグトレーナースクールのスタッフが発信するブログです。

NO DOG,NO LIFE

こんにちは!プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の矢川です。

本日は、故森山名誉校長のブログからご紹介させていただきます。

森山先生もブログの冒頭でおっしゃっていますが、ちょっときわどいタイトルになっています、、。
でも、それは今回のブログをぜひ読んでいただきたいからきわどいタイトルにしたそうです。

今回も中身の濃いブログ内容になっておりますので、ご愛読くださいませ。

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.
タイトル:ドッグトレーナーって稼げる?
本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9746.php
.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。

いかがでしたでしょうか?

ブログでは、「森山はドッグトレーニングをあえてビジネスとして捉えています」と書いてありました。

「ビジネス」という部分だけをとらえてしまうと、「お金儲けが大切」のような誤解を生んでしまうかもしれませんが、
決してそういう意味ではないのです。

生前、森山先生はこんなことをおっしゃっていました。

「ドッグトレーナーになりたい人が収入が得られないから、
ドッグトレーナーになるのをあきらめるということを無くしたいんだ」とおっしゃっていました。

自分が生活していく以上、収入を得なくてはいけませんから、
大事な事ではありますが、大事なのは1つだけではありません。
もし、ドッグトレーナーになりたい人が少なくなれば、犬の正しい知識を持った人が少なくなってしまいますよね。

そうすると、どうなってしまうでしょう?
芝生の上で

ドッグトレーナーが減ってしまうと?



犬のしつけに困った飼い主さんが増える事があげられるのではないでしょうか?
では、その犬のしつけに困っている飼い主さんや飼われている犬を見た周りの人達ははどう思うでしょう?

「犬って飼うの難しそう」「犬を飼おうと考えていたけどやめようか」
ということになるのではないでしょうか?

そうすることによって犬を飼う人は減り結果、犬業界そのものが衰退していくことにも繋がる可能性があります。

そうならないようにするため、ドッグトレーナーをビジネスとして成り立つ職業にし
犬業界を活性化させる必要があるのだと思います。

森山先生の言葉で思い出すのが「犬を捨てない飼い主を増やすんだ、それが殺処分ゼロに繋がる」という言葉。

ドッグトレーナーになる人が多くなれば森山先生の言葉に近づけるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

知らない犬種

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の矢川です!

つい先日、大阪松屋町店の犬の保育園に最近2頭の大型犬のパピーが入園しました。
犬種はゴールデンレトリバーとシベリアンハスキーです!

どちらもパピーですから、ひとつひとつのしぐさがとてもかわいいのでホントにず~と見ていても飽きないですね~。
犬の保育園にシベリアンハスキーが入園したことで、携帯でいろいろ調べていると、こんな名前の犬種が載っていました。
シベリアンハスキー

シベリアンハスキーのえるちゃんとシーズーのマロンくん



それは、ミニチュアシベリアンハスキーです。

恥ずかしながら、自分はミニチュアシベリアンハスキーという犬種がいる事すら知りませんでした。

JKC(ジャパンケネルクラブ)やFCl(国際畜犬連盟)には公認されておらずUKC(ユナイテッドケンネルクラブ)に
10数年前に公認されたばかりの比較的新しい犬種のようです。
ですから、犬種図鑑には載っていないことが多いようなのです。

図鑑に載ってないからしらなくてもしょうがないか、、。
すいません、なんだか言い訳のようになってしまいました、、。

結局、何が言いたいのかと言いますと、今後も新しい犬種が公認されて犬種が増えてくる可能性があるということです。
逆に犬種がどんどん少なくなって、絶滅してしまうかも知れない犬種がいるかもしれません。

自分に限っていえば、人に教える立場の講師でもありますから、犬種の情報など
常に新しい情報を入れていかなければならないのです。

もし、人に何かを教える立場にいる人は自分の知識もバージョンアップしていかなくてはなりません。
教える事にゴールが無いのでなかなか大変です。

でも、知らないことが多い、無知って恐いなと感じた自分がいました。
犬種だけでなく、いろいろ勉強し直します、、。

ペットと一緒に住める物件 その2

こんにちは!プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の矢川です。

前回の続きで、ペットと一緒に住める物件のお話になります。

前回は大阪などの都市と地方の市町村でペットと一緒に住める物件の
あるひとつの共通点を自分は見つけましたの所で終わりました。

さて、その共通点ですが、感の良い方はもうおわかりかもしれません。
その共通点は物件に犬であれば1~2頭の頭数制限または、
飼育可能なのは小型犬に限るという条件が付けられている事です。

犬、3頭以上または何頭でも飼育可能という物件はほとんどありません。
また、大型犬OKという物件もほとんどありません。

なぜでしょう?

容易に推測することができます。

排泄の問題なども考えられますが、吠えた際に隣人とトラブルになってしまうからなのでしょう。
小型犬1頭でもとても吠える子はいると思いますし、逆に3頭以上の多頭飼いや
大型犬でも吠えたりせずに落ち着いている子はたくさんいます。
ゴールデンレトリバー

大型犬を飼う事のできる物件が増えて欲しい!



たとえ吠えたとしても、飼い主が周りの事を考えて、すぐに対応すれば問題ないと思うのですが。
大型犬に限っていえば、大型犬=よく吠えるし、吠えた時うるさいのようなレッテルはられているように感じます。

確かに吠えた時は、高い声ですが、ゴールデンレトリバーやシェパードがよく吠えるというイメージはありませんよね。
何か間違った先入観があるのではないかと思います。

今後、犬の気質や正しい知識を持った人達が増えてくることで、
大型犬に対する見方も変わってくるのではないかと思います。

昨今、柴犬やトイプードルなど小型化が進んでいます。
そういった事から飼いやすさのみを重視した大型犬を小型化するといった
間違った方向に進んでしまわないことを切に願います。

ペットと一緒に住める物件 その1

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の矢川です。

突然ですが、最近、自分はよく物件探しをよくします。
今住んでいる所が来年の2月で契約が切れるので引っ越しを考えているのです。

皆さんは引っ越しする事になったら、まず何を優先されますでしょうか?

場所、賃料、間取り、日当たり、数え上げればきりがないと思います。
でも、ペットを飼われている方はまずはペットと一緒に住める物件になりますよね。

自分が学生時代だった20年前ぐらいはペットを飼ってよいマンション、アパートはとても少なかったように思います。
どれぐらい、少なかったかというと自分の記憶では全体で、数百件の物件があり、
ペットOK欄にチェックして検索するとペットと住める物件が一桁になったのを記憶しています。

それが、今ではだいぶ変わって来ているのです。
大阪店舗

大阪松屋町の犬の保育園



あるサイトの大阪市の物件例をあげると、ある区では全体で約7500件の物件があり、その中から、ペットと一緒に住むことのできる物件は2200件になります。
割合にして約3割がペットと一緒に住む事のできる物件なのです。

3割がペットと一緒に住める物件。

自分は昔に比べたら「あれっ?以外に多いな」と思ったのですが、皆さんはどう思われましたでしょうか?

もちろん、これは大阪のある区に関してですので、皆さんのお住まいの場所とは違いがあると思います。

違いはあると思いますが、いろいろ他の場所を調べてみると大阪などの都市と地方の市町村でペットと一緒に住める物件
あるひとつの共通点を自分は見つけました。

それは、何かというと、、。

次回に続きます。


日本最古のペット?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です。

本日は、日本の犬との歴史のお話を少しだけしてみたいと思います!

皆さん、日本最古のペットのお話を聞いたことはありますか?
記録上、一番古いペットと言われているのは雪丸という犬なんだそうです。
飼い主は、なんと聖徳太子
飛鳥時代のことです。

やはり、人と犬の歴史はとても古くから続いているのですねぇ…。

少し感慨深くなりますね。

たくさんの伝説を残した聖徳太子の愛犬らしく、雪丸にもたくさんの伝説が残っているようですよ。
人の言葉を話せたとか、お経を読めたというお話もありますし、雪丸が元旦に吠えると豊作になるなんていう伝説もあるそうです。

こんな伝説が残るという事は、雪丸は一日全く吠えないこともあるような静かな犬だったのでしょうか…?
どんな犬だったのか本当の所を確かめることはできませんが、色んな逸話が残る犬のお話に興味が湧いてきますよね。
白い犬

白い犬だったそうですよ

「死後は達磨寺に葬って欲しい」と言い残したとも伝えられており、実際に奈良県の王寺町にある達磨寺には雪丸のお墓と像が残されています。

現在は、王寺町のゆるキャラになって活躍しているようですよ!
色々なグッズが出ていたり、イベントに登場したりしています。
祖父母が達磨寺の近くに住んでいたので、竹井も王寺駅で雪丸に会ったことがあります(*^^*)

子供達と一緒に写真を撮ったりして人気者のようでした。

死後、お寺に像が建立される程飼い主に愛されていた雪丸は、今も地元の皆さんに愛されているようです。
すずちゃん

こちらは関西校の皆さんに愛されているすずちゃん♪


私達の近くにいる犬たちも、聖徳太子に負けないぐらい(ちょっと像は建てられませんが…)しっかり愛してあげたいですね!

犬を飼うということ

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です!

アラサー竹井、今更ながらTwitterにはまっております 笑
猫をお迎えしたこともあり、せっせと写真を投稿しては他の方の犬や猫の写真に癒される日々です。

そんなTwitter上で先日、話題になっていた写真がありました。

「猫と暮らすという事は…」という書き出しから始まるツイートだったのですが、
お写真にはテーブルでどどーん!と寝そべる猫さんと、片隅で作業をする飼い主さんのお姿。
作業効率のために買ったテーブルを猫に占領されてしまったようですが、猫と暮らすという事はこういう事、と
テーブルを譲った様子がほほえましいお写真でした。
寝転ぶケイティ

ケイティは机の下でどどーん!と寝ます(*^^*)



猫に限らず、動物と暮らすという事は、ある程度人が譲らなければならないことも存在します

例えば、お散歩の時間。
忙しいから今日はお散歩無いよ、なんてことになったら、犬は運動不足になったり、刺激のない生活で張り合いが
無くなってしまいます。
人が作業を中断したり時間を調整したりして、お散歩の時間を作ってあげなくてはいけませんね。

当然のお話ですが、犬はぬいぐるみではありません。心を持った生き物です。
やりたい事があるのが当然ですし、やりたくないこともあって当然です。
個性があるものですので、ある程度の傾向はありますが、同じ犬種だからと言って同じ性格ではありません
チワワ’s

チワワ同士だってそれぞれ違いがあります



犬を飼うという事は、
人の思い通りに犬を扱う事ではありません。
お互いに譲り合ったり、気持ちを伝えたり読み取ったりしながら一緒に生活をすることです
それには、犬の気持ちの読み取り方や人の意思の伝え方を知っていると、とてもスムーズに生活ができますよ!
上手く過ごせる関係性を築くことができれば、犬と暮らすという事は、とても幸せな事でとても楽しい事なのです。