ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

「ドッグトレーナーになりたい!」人を応援するブログです。犬が好きで犬の仕事につきたい人、ドッグトレーナーに興味がある人必見です!
ドッグトレーナーになるにはどうしたらいいのか?どんな人がドッグトレーナーになっているのか?など、
ドッグトレーナースクールのスタッフが発信するブログです。

スタートはご自身のタイミングで

キリッとした犬

2021年の始まりです!

謹賀新年

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

あけましておめでとうございます!2021年の幕開けです!
1年の計は元旦にあり!皆さまの今年の目標は決まりましたか?

私は事務局スタッフとして、とにかく前進あるのみ!
去年以上に色々な事を吸収して、自分の中に落とし込んでいきたいと思っています!目指せ!事務局のプロ!!

46期生始動!

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは1月から46期生がスタート致します!46期生の方は今頃もうすぐ始まる新生活にドキドキワクワクしている時でしょうか?

初めは分からないことだらけで不安なこともあるかもしれませんが、決して放ったらかしにはしないので安心してくださいね。一緒に成長していきましょう!

年に4回開講しています

そして、これから入学を考えている皆さま。
プレイボゥでは年に4回開講月を設けています。

1月スタートから始まり、3ヶ月ごとの4月、7月、10月スタートがあります。なので、ご自身のタイミングに合ったスタート時期を選んでいただけます。

1月は新年の新たな決意とともに身が引き締まる思いで始められますね。

4月はスタートの季節。穏やかな気候の中、さわやかな気持ちで始められそうですね。

7月は活発な季節。ギラギラ太陽に負けず、パワフルにスタート出来ますね。

10月は学びの秋。色付く景色の中、落ち着いた雰囲気で始められそうですね。

最後に

当スクールに興味を持ってくださった方ぜひお気軽にスクールに遊びに来てくださいね。今年もプレイボゥは全力で駆け抜けてまいります!

本年もどうぞよろしくお願い致します!!

坂井家のワンコ

犬のこと、一緒に学びませんか?

NODOG,NOLIFE~行動力筋を鍛えよう~

大みそかの過ごし方

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。
いよいよ大晦日。今年最後の1日です。
大晦日はぼんやりと今年1年を振り返ったりします。

今年は勤めていた会社を退職して、プレイボゥに転職して、目まぐるしく生活が変わった年でした。

今の自分は過去の自分から出来ています。
同じような日々の繰り返しのようだけど、その時間の過ごし方が未来の自分を
形成していくと思っています。

過去の自分が未来の自分を作る

突然ですが、皆さまは行動力がありますか?

私は普段腰が重い方ですが、たまに行動派になることがあります。
急に思い立って1人で海外旅行に行ったり、プレイボゥに入学したこともその1つだと思います。

1人で海外旅行に行ったことで自分の大胆さに気づきましたし、旅行中のハプニングを通して結局色んな人に助けられてるなと再確認しました。

そしてプレイボゥに入学したこと。
これがなかったらおそらく今私はここにはいません。犬についての知識も入学前とは比べ物になりません。

そういう行動のひとつひとつが今の自分に繋がっているなと実感します。

(まとめ)行動力をもつには

森山名誉校長の記事にも行動力について書かれていたものがあったのでご紹介しますね。

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.
タイトル:行動力筋を鍛える
本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9427.php
.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

いかがでしょうか?

やっぱり動くって大切です!でも不思議なことに自分にとって必要なタイミングがあって、そういう時は自然に行動力が湧いてくる気がします。

皆さまも行動力筋を鍛えて、ご自身の心の声に耳を傾けどんどん動いてみてくださいね!
それでは、今年最後のメルマガを終わりにしたいと思います。
良いお年を・・

ジャンプしようとする犬

動くって大切!

プレイボゥの座学ってどんな感じ?

プレイボゥの座学

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。
皆さまは『ドッグトレーナー養成スクール』ってどんなことをするか想像つきますか?

ドッグトレーナーを養成する学校だから、ずっと犬と一緒に訓練?
全部実践で体に叩き込む感じ?

そんな風に想像する方もいらっしゃるのではないでしょうか?
馴染みのない世界だからこそ、具体的にどんな事をしているのかなかなか想像がつかないですよね。

プレイボゥでは、大きく2つ、『座学』と『実習』で犬について学びを深めていきます。今日はそのうちの1つ、『座学』についてお話したいと思います。

たそがれる犬

犬への学びを深めたい

どんな内容?

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーに入学すると、まずは座学が始まります。
座学は週に一度、ご自身で選んだ曜日と教室で受けて頂きます。1コマ2時間半。
そして3ヶ月かけて全12コマの授業を受けて頂きます。

内容は基礎的な犬の知識から始まり、犬の学習理論など専門的な部分、カウンセリングの方法やマーケティングについてなど、ドッグトレーナーに必要なあらゆる知識を集中的に学ぶことが出来ます!

2時間半があっという間!

皆さまは2時間半の授業を受けたことはありますか?

私は学生の時、90分制の授業を受けていましたが、それでもとても長かった印象があります。

それが2時間半!なかなかの時間ですよね?
でも不思議なことに2時間半があっという間に過ぎていくんですよ!
【犬】という大好きな分野について、自ら学びたいと入学してきたんですから
それもそうですよね?
授業を聞いていると、もっと知りたい!って欲が出てきてどんどん質問したくなるんです。
一クラスだいたい5人ほどの少人数制なので質問もとってもしやすいですよ!
学生時代、同じくらい意欲があればな…と思ってしまったのはここだけの話(笑)

最後に

2時間半なのにあっという間?
そんなに犬の知識を学べるの?

と、興味を持ってくださった方!
スクール見学会に遊びに来てみませんか?実際の授業を見学出来るのでおすすめですよ!

ラブは天に二物も三物も与えられた犬?

好きな犬種はいますか?

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

昨日のメルマガでラブラドール・レトリーバーが好きとお伝えしました。
初めて飼った犬がラブラドール(黒ラブ)で見た目のカッコよさと賢いけどちょっと抜けてる(うちの犬だけ?)ギャップに見事に虜になってしまいました。

皆さまも好きな犬種はありますか?

私と同じくラブラドールが好きという方、ぜひお話しましょう(*’▽’)
ラブラドールもいいけど〇〇って犬種もいいですよ!なんて情報も随時募集中です!

ラブラドール

愛嬌のある表情が大好き!

レトリーバーについて

さて、そんな今日はラブラドール・レトリーバーについてお話したいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、『レトリーバー』はレトリーブ(回収をする)に由来する言葉です。
この『レトリーバー』と付く犬種、全部で6種類います。

1 ゴールデン・レトリーバー
2 ラブラドール・レトリーバー
3 フラットコーテッド・レトリーバー
4 カーリーコーテッド・レトリーバー
5 チェサピーク・ベイ・レトリーバー
6 ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・ レトリーバー

私の中のマイナーランキングでご紹介してみました。下に行くほどマイナーになっているのではないでしょうか?
そしてこの犬種は『鳥猟犬』というグループに属していますね。撃ち落とした鳥の回収をするために作り出された犬種になります。

ラブラドール・レトリーバーの歴史

さて。
ラブラドール・レトリーバーに話を戻すと1800年代に登場し、イギリスが原産国となっています。
祖先は、カナダのニューファンドランド島から来ていますが、そこで狩猟や漁業の手伝いをしていた犬をイギリス人が見つけ、自国の狩猟家に回収犬としてもたらしたのが最初と言われています。

ラブラドール以外のレトリーバー犬も同様の流れを汲んでいるものとそうではないものがいるのですが長くなりそうなので次の機会に。

参考文献:藤田りかこ著 犬種シリーズムック創刊号 “Retrievers and all about them”

知名度高い?低い?

また話は戻って先ほどのマイナーライキング!(今日はあっちこっちに話が飛びますね。すみません)
ラブラドールを2位にしたのには理由があって意外とその名を知られていないんです。
こちらも私の勝手な統計ですが「ラブラドールを飼ってるよ」というと3割くらいの人は「?」となってました。
そこで、盲導犬や介助犬の犬だよと説明すると「あー!あの頭のいい犬!」となるのです。
犬種よりお仕事を言った方がピンと来るなんて面白いですよね。

先ほどご紹介した参考文献の中にも「盲導犬ということばはほとんどラブと同義語」と書かれていますし、回収だけでなく、様々なお仕事に適している性質に対して「天はラブに二物も三物も与えたようだ」という記載もありました。

まとめ

お仕事になると集中力を発揮し、キリッとした表情が出来るのにオフになると犬が変わったように愛想を振りまき、人が大好き、好奇心にあふれ、食欲旺盛。そんな魅力たっぷりのラブラドールが大好きです!

ぜひ皆さまも年末年始、ご自身の好きな犬種について調べてみてはいかがでしょうか?
いつ・どんな目的で誕生したのかなど知らなかった意外な1面が発見できるかもしれませんよ!

今と20年前の人気犬種ランキング

犬まみれな1年でした

大集合~!
大集合~!

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。
さぁ、いよいよ!2020年も最後の週になりました!

今年を表す漢字は【密】でした。
言わずもがな新型コロナウィルスが大きく影響していますね。

皆さまが今年を漢字一文字で表すとしたらどんな漢字を思い浮かべますか?
私は【犬】にしたいと思います!
4月からプレイボゥの事務局で働き始め、さらに犬について考えるようになりました。また、職場に犬がいるという恵まれた環境、11月にはイヌリンピックというイベントでたくさんの犬たちと触れ合い、本当に犬まみれな1年になったからです。

最新の人気犬種ランキング

2008年から不動の人気

ここで、ジャパンケネルクラブ(JKC)が発表している犬種別犬籍登録頭数
(人気犬種ランキング)を発表したいと思います!

1位:プードル
2位:チワワ
3位:ダックスフンド
4位:ポメラニアン
5位:フレンチ・ブルドッグ

参加URL:https://www.jkc.or.jp/archives/enrollment/10192

※プードルはトイ・ミニチュア・ミディアム・スタンダードを含む

いかがですか?
愛犬や好きな犬種は入っていたでしょうか?

プードルは2008年から不動の1位!
中でもトイプードルが圧倒的に人気です。
ちなみにトイプードルの登録件数だけでも1位は変わらないようです。
可愛いらしい外見に賢さを備え、毛が抜けづらいとなると、まだまだその座を
明け渡すことはなさそうですね。

20年前の人気犬種ランキング

ちなみに20年前の2000年の同ランキングです。

1位:ダックスフンド
2位:シー・ズー
3位:チワワ
4位:ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
5位:ラブラドール・レトリーバー

参考URL:https://www.jkc.or.jp/archives/enrollment/4631

なんと20年前ではトイプードルはプードルのくくりで13位でした!
こうやって過去のデータと比較するとより興味深いですね!
私の一番好きな犬種、ラブラドール・レトリーバーもこの時は5位に入っています!
また10年後、20年後とランキングがどう変わっていくのかも楽しみです。

最後に・・・

ただ、どんな犬種が人気だとしても、すべての犬たちにとって、日本の社会が
住みやすい環境であるといいなと思います。
これから先、犬と人が共生できる社会がどんどん進んでいることを願います。

そして、私たちプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーもその実現に向けて
今以上に尽力していきたいと思います!

80歳を超えたドッグトレーナー

80歳越えのドッグトレーナーってどんな人?

80歳越えのドッグトレーナーってどんな人?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の佐藤ですU^ェ^U
突然ですが、皆さま!かの有名なドッグトレーナー“イアンダンバー博士”はご存知でしょうか?ドッグトレーナー業界ではとても有名なこのお方、ウィキペディア情報ですと御年73歳!(参照:https://en.wikipedia.org/wiki/Ian_Dunbar)

このブログでも何回か登場しているイアンダンバー博士ですが、実は私の知っているドッグトレーナーで80歳を超えている方がいます。本日はそんなドッグトレーナーをご紹介したいと思います。

その名も…

その名はトゥーリッドルーガス女史です!2018年にトゥーリッドルーガス女史の
80歳のバースデーパーティーについての記載がホームページ上にありました。すると現在は82歳…、ホームページ上では、現在も現役でドッグトレーナーの教育にあたっている様子が伺えます。

■トゥーリッドルーガス女史のホームページ
http://en.turid-rugaas.no/

実はこちらのトゥーリッドルーガス女史もドッグトレーナー業界では有名な方です。

有名なドッグトレーナーのワケ

ドッグトレーナーの勉強を始めると絶対と言っていいほど出てくる単語“カーミングシグナル”を世に広めた方なのです!!!“カーミングシグナル”は犬にとってとても重要なボディランゲージの一種で、相手に敵意を持たせないために
発するなだめのシグナルのことを指します。

犬はむやみやたらに喧嘩をする動物ではないので、争いごとを回避する際に“カーミングシグナル”を使うのです。

最後に…

 

カーミングシグナルは犬同士の触れ合いの中で見られます

カーミングシグナルは犬同士の触れ合いの中で見られます

この“カーミングシグナル”を世に広めた有名なドッグトレーナーである、トゥーリッドルーガス女史。御年が80歳を超えてもなお、ドッグトレーナーの養成に携わっていて、本当にすごいの一言に尽きます。

ちなみにプレイボゥには、現在は新型コロナウイルスの影響によりストップしていますが、数年に1回、海外研修ツアーというものがあります。例えばイギリス(私はイギリスツアーに同伴させていただきました!)、スウェーデン、デンマーク…といった北欧が中心なのですが、故森山名誉校長は、生前「次はノルウェーに行ってみたいな!」と言っていました。

トゥーリッドルーガス女史はノルウェー在住のようですのでいつかの日か、トゥーリッドルーガス女史が生活しているノルウェーがどんな犬文化なのか、あわよくば、トゥーリッドルーガス女史の犬の観察スキル等、いつか目の当たりにしたいものですね!