ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

「ドッグトレーナーになりたい!」人を応援するブログです。犬が好きで犬の仕事につきたい人、ドッグトレーナーに興味がある人必見です!
ドッグトレーナーになるにはどうしたらいいのか?どんな人がドッグトレーナーになっているのか?など、
ドッグトレーナースクールのスタッフが発信するブログです。

若い子だけのものじゃない

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です。

竹井は大阪の教室で、
アカデミー生の皆さんやトレーニングに興味を持っているお客様と
お話する機会がたくさんあるのですが、
最近シニア犬のお話をよく聞きます。
アカデミー生にも何名かシニア犬を飼っている方がいるので、その子のお話を聞かせていただいたり、動画を見せていただいたりしています。

もちろん、パピーはパピーでかわいいですし、大人になった犬も成犬の魅力があります。

そしてシニア犬にも、シニアの魅力があります!
ボイシー

ボイシー君はシニアになってもみんなのアイドルでした!



歩くのがのんびりになって来たり、寝ている時間が長くなったり、食べるものが変わって来たり
色々な変化も可愛いと皆さん動画や写真を見せてくださいます。

プレイボゥのカリキュラムの中には、トレーニングの成果を動画で提出していただくというものがあるのですが
シニア犬と一緒にトレーニングをし、課題をクリアされた方もたくさんいますよ!

シニアになると
「もっとのんびりさせてあげたい」「わざわざトレーニングをするなんて…」と思われる方もいるかもしれませんが
トレーニングをすることで生活に張りが出て、以前よりもイキイキしているんです!と、嬉しそうにされていた方もいました(*^^*)

どうしても、素早い動きはできなくなったり、足腰に負担がかからないよう気をつけたりと
できないことも増えてきますが、
歩くのが少し辛くなった場合でも
座ったままで簡単にできるようなトリック(一芸のようなもの)を一緒に練習することで、コミュニケーションを取る時間にもなります。

ゴロンの練習なんかは、トリックにもなりますし身体を拭いてあげるなどのケアの時にも役に立ちますね!

教室でごろごろケイティ♪

ゴロンできれば大型犬でもラクラクお腹が拭けちゃいます♪


シニアになってからも新しいことを覚えることはできますし、
きちんと動く、考える時間を持つことで
体力の維持にもトレーニングが一役買えるかもしれません。

持病や筋力の違い、身体の痛みや視力、聴力の衰えなども考えられますので、若い子よりもよく見てあげて
負担にならない方法や、その子にできる範囲のことを考えないといけない部分はありますが
コミュニケーションが取れる楽しい習慣として、トレーニングを取り入れてみるのもよいのではないでしょうか?

これからは、ペットも高齢化の時代に入って行くと言われています。

シニア犬の体力維持のため、その子に合ったトレーニングをお伝えします!
なんていう
シニア犬ドッグトレーナーも出てくるかもしれませんね(*^^*)

犬に服は着せますか?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です!

10月に入っても暑いねー、なんて話をしていたと思ったら最近急に寒くなった気がしますね。

そろそろ冬支度を始めなければいけません。

竹井も、急いで冬服を引っ張り出し、
冬布団と毛布を用意しました!
皆さんの愛犬も、毛布にうずくまったり暖かい場所を求めるようになってきたのではないでしょうか?
外出の時も、上着が必要になってきましたね。
人は上着を着ますが、犬はどうでしょうか?

色んなお洋服で、可愛くおしゃれを楽しんでいる方もいますし
毛皮があるんだから服なんていらない、着せるなんてかわいそうと言われることもあります。

どちらが正しいのかと言われると、その犬によるところが大きいのではないかと思います。

これからどんどん気温が下がり、季節は冬になっていきます。

チワワやヨークシャーテリアなどの超小型犬と言われる犬種は、寒がりな犬も多いです。
スムースコートと呼ばれる短い毛の犬や、ヘアレスタイプの犬なども寒さには弱い種類です。
こういう犬には、外出時に寒くないよう服を着せてあげることも、対策として必要であると感じます。

お洋服のコロさん

コロさんもセーターで防寒!お外寒かったね。

 

また、身体に傷があったり皮膚の状態などによっては、気にして舐めたりしないようにと
保護のために服を着せることもあります。


服を着せること全てが必要ないと言ってしまえるものではないのです。

では、おしゃれのための服はどうでしょう?

これに関しては、個人的には犬が嫌がっていないならいいのではと思います。
嫌がっているのに、必要のないものを無理に着せることは問題があるかもしれませんが
嫌がらずにすんなりと着てくれる、可愛い姿に飼い主が嬉しくなる、優しい声をかけてもらって犬も嬉しい
という関係であれば、
それもひとつのコミュニケーションではないかと思います。

ただ、出来れば可愛いかどうかだけでなく、動きやすいかどうかや、リボンやボタンなどの誤飲の可能性が無いかなど
機能性も考えて服を選んでいただければな、と思う竹井でした。

食欲の秋に気をつけること

こんにちは!プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です。

朝晩の空気がひんやりとし、秋がやってきましたね。
秋と言えば、読書の秋・スポーツの秋・芸術の秋、色々言われることがありますが
多くの犬たちは「食欲の秋」なのではないでしょうか?
暑くて身体が重い夏を過ぎ、食欲が高まってくる季節です。

 

知育玩具

おいしいおやつ入ってるかな?


が、そんな食欲の秋だからこそ気をつけないといけないのが「誤食」です。

食欲旺盛な愛犬においしいものを食べさせてあげたい!というのは飼い主の願いではありますが
今が旬の秋の味覚にも注意が必要なものがありますのでお気をつけください。


例えば、秋の果物のブドウ

ブドウは急性腎不全を引き起こす、犬にとってはとても怖い食べ物です。
犬が欲しがっても、与えないように気をつけなければいけません。

また、こちらも秋の果物代表の柿
柿は少量犬に与えることは問題無いのですが、気をつけないといけないのが種です。
柿の種は大きく硬いもの。
消化がしにくい部分ですし、小型犬では喉に詰まってしまったり、とがった部分で消化管を傷つけることもあります。
柿おいしい!となったら、同じ匂いのする種まで一緒に口にいれてしまう事もありますので、注意してあげてくださいね。

他にも色々食べてはいけないものがありますので、犬に食べ物を与える時には一度調べてみると良いですよ!

また、犬の嗅覚はとっても優れています。
箱に入れてあるから大丈夫。タッパーに隠してるから大丈夫。というのは大変危険です!

竹井は動物病院に勤めていた頃、箱を食い破り、チョコレートと紙箱を両方誤食した犬を見たことがあります。
幸い、その子は軽症で済みましたが、一歩間違えると中毒のうえ腸閉塞なんてことにもなりかねません。

届かない・見えない・匂わない場所にしっかり仕舞って、気付かれないくらいが
安心できて、犬も我慢せずにいられる良い方法ではないでしょうか。

ドッグトレーナーになりたい人☆必見☆

こんにちは。
アカデミー事務局の佐藤ですU^エ^U

本日は

・ドッグトレーナーに興味がある

・犬のしつけに興味がある

・実際のトレーニング方法を体験したい

そんな方にお勧めなセミナーのご紹介です♪

大人気!【関東】世界基準のドッグトレーニング体験セミナー

このセミナーは実際にドッグトレーナーの愛犬と一緒にプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーのドッグトレーニングが実体験出来てしまう!

そんなお得な機会です!!

可愛いトレーニングのお供はこの犬たち!

 

ぼく

ぼく君


あーこ

あたちちゃん

この2頭は児玉先生の愛犬ですが、とても上手なドッグトレーニングの先生をしてくれます。
(最初は人間が教わる感じですね!笑)

おすわりやふせなどの基本的なトレーニングはもちろん、何か日々のしつけの中で気になる疑問も解消できてしまうお得なセミナー。

どなたでもご参加いただけるセミナーですので、ご都合よろしい方はぜひご参加くださいね!

残席僅かです!お申込みはお早めに♪↓↓

お電話またはお申込フォームよりお願いいたします。

📞 03-5734-1711

セミナー申し込み
03-5734-1711

NO DOG,NO LIFE

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です。
昨日は災害時に備えた準備のお話を少しさせていただきましたが、準備の中には心の準備も必要です。

災害が起こった時というのは、いつも過ごしている所にいられなかったり、飼い主と離れなくてはいけなかったり
普段とは違うことがたくさんあります。
さらに、避難するとなると、知らない人や動物がたくさんいるところにいなくてはいけなくなったり
長い時間をクレートの中で過ごすことも必要になることがあります。

その一つ一つに対するトレーニングも、もちろん必要になってきますが、
様々なことに対する許容範囲を広げておくことができれば、より過ごしやすくなるかもしれません。

【関西】飼い主1年生 セミナー

子犬の頃から慣らしていくのが近道です

 

故森山名誉校長のブログにも、犬のメンタル面のお話が載っていました。
.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。
こちらのブログに登場する「ドッグトレーナーに必要な深読み・先読みテクニック」
実は、参考図書として教室に置いてあります。
興味のある方はぜひ、教室にいらした際スタッフにお尋ねください(*^^*)
参考図書

各教室には参考図書がたくさん♪


竹井も興味がわきましたので、さっそく読んで参りました!

少し怖いな、と思う事を一つずつ克服していくことでメンタルキャパシティを強化する方法が、場面ごとの写真と共に解説されていたのですが
印象に残ったのは、愛犬・飼い主ともに常にメンタル・キャパを磨いてゆきたい、という記述。

飼い主が不安な気持ちになると、愛犬は「飼い主が不安になるような怖い事」と感じてしまいます。
これは怖い事じゃないんだよ、と態度で示せるような余裕のある飼い主でいたいですね。

愛猫も怖がりなのですが、自身も大変ビビりな竹井。
飼い主が先にビビりを治さなければな、と気を引き締めたのでした。

可愛い愛犬を守るために

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です。

今週のメルマガは大阪からのお届けです。
先月は大きな台風が発生し様々な地域で猛威を振るいましたが、皆さまのお住まいの地域はいかがだったでしょうか?

 

幸い、大阪は雨風もあまりひどくなく、関東でもプレイボゥの施設は被災せずに済みました。
ですが、これをお読みいただいている中にも被災された方や怖い思いをされた方がいらっしゃるのではないでしょうか?
台風が通過してから3週間程となりましたが、まだまだ大変な思いをされている方はいらっしゃると思います。
被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

大きな爪痕を残していった台風ですが、この台風で非常時のための準備を意識された方もいるのではないでしょうか。
ジャックとソフトクレート

竹井は愛猫の避難用ケージを購入しました!



災害が起きた時の考え方として、自助・共助・公助というものがあります。
自助とは、自分の命を自分で守るという事。
共助とは、家族やご近所など小さなコミュニティ内で共に助け合うという事。
公助とは、行政などの公の助けの事です。

災害時の基本は「自助」となります。
もちろん共に助け合う事は大切なのですが、まず自分の身を守らなければ助けに行くこともできません。
特にペットと一緒に生活をしている方は、自分がきちんと動ける状態でないとペットを助けることができません。

災害時はどうしても人が優先されます。
動物に関する事も少しずつ整備はされてきていますが、共助・公助の部分では、人の安全・人の生活が確保された後、やっと動物のことを考えられるという事が多くなります。

ですので、自分の安全を確保した上で、愛犬を守ってあげられる備えが必要になってくるのです。

 

トレーニング中

普段のトレーニングが役に立つ場面もたくさんあります。



大きな災害が続いていますので、ぜひ一度、必要なもの・必要な事、きちんと確認をしていただければと思います。

こんな時期だからこそ、皆さんに災害に対しての知識をつけていただきたい!
という事で、東日本大震災の際にボランティアとして被災動物たちのお世話に携わった講師の矢川から、災害についてお伝えするセミナーの開催を決定いたしました。

◆災害までに私たちができること◆
日時:11月20日(水)10:00~11:30
場所:大阪教室
定員:6名
参加費:無料
https://playbow-dogtrainers-academy.com/13397.php

災害後の被災地の様子や被災動物たちの暮らし、役に立ったもの・事など、実際に現場にいたからこそ伝えられることが満載です。
大切な愛犬を守るために、皆さまぜひご参加下さいませ!