ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

「ドッグトレーナーになりたい!」人を応援するブログです。犬が好きで犬の仕事につきたい人、ドッグトレーナーに興味がある人必見です!
ドッグトレーナーになるにはどうしたらいいのか?どんな人がドッグトレーナーになっているのか?など、
ドッグトレーナースクールのスタッフが発信するブログです。

愛犬の状態によって見直してみよう!

先日、幼馴染家族のお家に遊びにいきました!

数カ月前に愛犬を新たに迎えた!という話題を、以前メルマガでご紹介した家族なのですが、
その一家のお祖母さんが愛犬に会いにくる!ということで、私も愛犬のその後の様子と、久しぶりにお祖母さんに会うためにお邪魔してきました(^^)
(愛犬を迎えた時のお話はこちらをご覧ください!)

 

 

愛犬との生活で意識していること

愛犬(ビーグル)は、以前会ったときよりも少し大きくなっており、成長の速さにびっくり!
さらに、家族でしっかりと社会化やトレーニングにも取り組んでいるようで、想像よりも落ち着いた姿に感動しつつ、
元気な様子をみることができました♪


一家は、今回再び犬を迎えるにあたり、家族でしっかり話し合い、準備をして迎え入れていたので、
充実した日々を過ごしている様子を直に見られるというのは、犬に関わる仕事をしている身として、なんとも嬉しい気持ちになります。


幼馴染が以前飼育していた先代犬(柴犬)は、シニア期に入り視力が弱まったことから
家の中でも怪我をしてしまうことがあったので、今回は愛犬が快適に過ごせるような住まい環境についても強く意識をしているそうです。


私も、愛犬がシニア期に突入した際には、家の中の段差に踏み台を置いたり、食事を気にかけてみたり、と工夫していたのですが、それ以上に様々な場面で気付かされることがありました。

 

石田の愛犬

私の愛犬(ショコラ)です~


皆さんの中でも、愛犬のシニア期に同じような経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

シニア犬との生活意識したいこと

では、愛犬がシニアになった時どんなことを意識してみればいいのでしょうか?
皆さんも一緒に考えてみましょう!


1)住環境
シニア期に突入すると、体の老化現象も現れてきます。
愛犬の状態に合わせて、段差や角、床など怪我をしやすい場所を確認し、怪我をしないよう工夫・対策をしてみましょう!


2)散歩
愛犬の体の状態にもよりますが、筋力のキープの為にもできる限りお散歩は続けてみましょう!
とはいえ、無理は厳禁!安全に楽しくお散歩ができる方法を考えることが大切です。


3)食事
消化機能が衰えるので、体にあったフードに切り替えていきましょう。
また、食べづらそうな様子がみられる時には、食べやすくなる工夫を!


4)お手入れ、ケア
爪切りやブラッシング、歯磨き等、定期的なケアを行い病気や怪我の予防をしていきましょう!

(参考図書:7歳からのシニア犬との幸せな暮らし)


簡単にあげてみましたが、他にも、
シニア犬に適したトレーニングや、定期的な健康診断で愛犬の状態を把握することも大切ですね(^^)

 

 

犬の状態によって見直すのが大切

今回は「シニア犬」としてお話していますが、
例にあげた内容は、年齢に関係なく、「愛犬の状態が変わったな」と、感じた時に見直すことのできるものばかりだと思うので、
ぜひ皆さんと愛犬さんとの生活にも活かしてみてください!


「犬も人も快適に、幸せに暮らせる環境」を皆さん、一緒に実現していきましょう!


~おまけ~
お会いするのは5年ぶりだったのですが・・・
愛犬に会いに来ていたお祖母さんも変わらずとても元気!
なんと御年90歳とのこと。「すぐ疲れちゃうし、体は痛いし大変よー」といいつつ、自身のスマートフォンで愛犬の写真を楽しそうに撮る様子をみて、
「スマホを使いこなしている!?」と驚いてしまったのはここだけの秘密です(笑)

愛犬を通して、家族の絆がより深まる光景をみれて、なんだか幸せな時間となりました。

プレイボゥ、秋のイベントといえば!

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの石田です。


さて、先日11月19日、20日に
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは犬のイベント【イヌリンピック】に参加をしてきました!

イヌリン集合写真

アカデミー生の皆さん!

イベントは魅力満載!

イヌリンピックは、「愛犬とのコミュニケーションアップ」「愛犬同伴でのお出かけ促進」「公共施設利用時のマナー啓蒙」を目的にスタートしたイベントで、
2004年から開始されました♪


イヌリンピックの基本理念として掲げられているのが、
「ドッグスポーツ」を通して、犬と人がコミュニケーションをはかり共存共生を行う社会を築いていくこと。


「ドッグスポーツ」とありますが、イヌリンピックの競技は、参加に特別な訓練は必要のない競技ばかりとなっています!

しかーし!すべての競技には、普段の愛犬との生活に必要なしつけの要素が入っていたり、愛犬との絆やコミュニケーションの重要性に気付くことができるという
とても有意義なイベントなんですよ(^^)

楽しみながらも、愛犬との関係に新たな気付きを得られたり、飼い主さんのマナーやモラル向上の活動に寄り添うことができるなんて素敵ですよね♪


さらに・・・!
犬好きにはたまらない!


日常ではあまり見かけることのない犬種をみることができたり、
ご自身の好きな犬種を見かけることができたり・・・とまさに犬種のパラダイス(^^)


それだけでも参加する価値ありのドッグイベントとなっております(笑)


そんなイヌリンピックに、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーも毎回ブースを出して参加し、
生徒さんたちによる犬の無料しつけ相談や、犬のしつけ教室(ステージ登壇)、競技サポートを行っています!
(ちなみに春・秋と年2回参加しています♪)

 

イベントでは学びや成長が沢山♪

競技サポートでは、イヌリンピックでは定番!の「タイムレース」のスタートエリアを担当!

「タイムレース」とは、50mの直線を愛犬が走り、そのタイムを計る競技です。
タイプごとに犬種をカテゴリ分けし、各カテゴリーでの表彰もあるという、まさに大会らしい競技になっています♪

スタートエリアでは、飼い主さんとコミュニケーションをとる機会も多く、
常連さんの真剣な面持ちや、初参加の飼い主さんのワクワク感や緊張する雰囲気の中で会話することで、コミュニケーション力が培われていきます!
さらに、多くの犬種が全力で走る様子を間近にみることができるので、犬種図鑑で学んだ知識をアップデートすることができます♪

イヌリン、ブースの写真

しつけ相談のブースはこちら!


そして、犬の無料しつけ相談や、犬のしつけ教室では、
実際にご来場された飼い主さまとその愛犬への「しつけ相談」を行っていました!

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーといえば【ドッグトレーナー養成講座】を開講していますので、
イベントに参加する生徒さんたちは、日ごろから犬の「しつけ」や「トレーニング」を知識・技術として学んでいます。

そんな生徒さんたちが学んだことをアウトプットする場として、この「しつけ相談」は最適です!


飼い主さんのお悩みに沿って頭をフル回転し、皆さん一生懸命、アドバイスをされていました♪

 

 

イベントを通して伝わってほしい!

イベントにご来場される方の中には、「犬のしつけ」や「ドッグトレーニング」に興味をもち、ご自身で取り組まれている方もいれば、
愛犬の行動に悩みつつも、トレーニングをしたことはない・・という方も多くいらっしゃいます。


後者の方にとって、この「しつけ相談」の機会がしつけやトレーニングへの興味の第1歩となり、
愛犬とともにストレスなく、さらに絆を深める機会になればいいな、と毎回感じています。


今回のしつけ相談で活躍してくれた生徒さんの中には、以前も相談員として参加してくださり、開業後改めて参加してくれた方もいました!

その方の感想の中で「相談に来る飼い主さんには笑顔で帰っていただくことが出来たかな」という一言がありましたが、
在学期間~卒業後に様々な経験を積まれてきた結果が現れているのだな、とその努力にとても尊敬しました。


イベント実習は、普段とは違う視点での気付きを得られ学びが深まりますが、そこでの反省点を活かしながら経験を積み、改めて参加してみると自分の成長を実感できる、という点も
とてもオススメです(^^)


なんて、イベントについて熱く語ってしまいましたが(笑)、
今日のメルマガから生徒さんの頑張りや、イベントの楽しさが伝わればなによりです♪


そして興味を持たれた方がいましたら、ぜひプレイボゥに通って
イベント実習に参加してみませんか?
犬と人との幸せや飼い主さまの笑顔をつくることが出来る、素晴らしい現場です!

★もっとイヌリンピックの様子がしりたい方はこちらも御覧ください!
イベントに参加して現場力を身につける!

犬の保育園が増える=幸せな犬が増える

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の佐藤です!

プレイボゥからお届けしているこのメールマガジンに目を通してくださっている方々にとっては、とても馴染みのある【犬の保育園】。

犬の保育園には犬種や大きさも様々な犬たちが!

犬の保育園に通うことを義務教育に?

プレイボゥを創立した故森山名誉校長はよく言っていました。

「犬の保育園(幼稚園)を義務教育に」

これくらい当たり前の世の中になれば、子犬を迎えたら保育園や幼稚園、またはドッグトレーナーさんについて見てもらう等、当たり前の社会になることと思います。

そうすれば、“社会化”を適切に受けることができ、ストレス少なく人間社会で共生していくことが出来ます。

要はお利口さんな犬たちが日本全国に溢れるわけですねU^エ^U

それを見越して故森山名誉校長は話していたのです。

年々、犬の保育園や幼稚園の認知度は上がってきているように感じますが、まだまだ地域差などもあることから、まだまだ頑張らなくてはいけませんね!

プレイボゥの犬の保育園の様子はこちらの過去ブログから↓↓

◆ 扉をあけるとそこは・・
https://playbow-dogtrainers-academy.com/22159.php

身近にプロがいる安心感

少し話は変わりますが、私は現在犬と暮らしていないのですが、人間の保育園に子供を通わせているので、犬の保育園と似た施設である保育園にはとても助けられています。

そして実際に子供を保育園に通わせたことで大きく実感したことがあります。

自分が仕事をしている日中の時間、保育のプロである保育士さんに見てもらえることで、子供の成長スピードがグンッ!と伸びたこと。

そして何より自分が日中仕事をしている間に、自宅で過ごす中で経験させてあげられないようなことを経験させてあげることが出来ていて、とても有難いのです。

私は保育士さんの持つ知識は持っていませんし、たくさんの子供と触れ合った経験もありません。

だからこそ、身近にプロがいる安心感はとても心強いのです。

人間の保育園と似ている犬の保育園

初めて会う人も怖くないよ!こんなことだって出来るように♪

このお話は、犬の保育園にも当てはまるはずです。

日中飼い主様がお仕事している間、愛犬が家で1人(1頭)留守番をしている…。

ズバリ!勿体ないと思いませんか???

特に犬を迎えてから1歳過ぎるくらいまでは、社会化と言われる犬の心の成長にとー-----っても大切な時期です。

だからこそ、プレイボゥはせめて1歳過ぎるまでだけでも、愛犬を犬の保育園や幼稚園に預け、犬のプロによる保育(トレーニング)を受けて欲しい!と切に願っているのです。

(もちろん成犬になってからも通うメリットもたくさんありますよ♪)

そうすることで日中飼い主様がお仕事中、効率的かつ安全に様々な経験をすることが出来るので、将来的に困った!と感じる愛犬の行動に悩まされることも少なくなりますし、もし悩んだ場合でも身近にプロがいるのですぐ相談することが出来ます。

まさに人間の保育園や幼稚園と一緒!

こんな考え方含め、もっともっと保育園や幼稚園の良さが広まると良いですよね♪

おバカなのは愛犬?いえいえ、違います!

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局と講師も務めております佐藤ですU^エ^U

何気なく、Yahoo!知恵袋を見ていたらこんな質問の出だしが目に留まりました。

『愛犬がバカです。』

その質問内容は…

思わずその質問を開き、内容を見てみると・・・


(要約すると)~~~~~~~~~~~~~

愛犬がバカです。
5歳になっても無駄吠えするし、お散歩はスムーズに行けないし、室内の正しい場所でトイレも出来ない。
あらゆるものを噛むし、人の足に対して腰を振ってきます。
しつけ方が悪いのか・・・

どうしたら良いでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このような内容でした。


犬を迎えた経験のある方は、似たようなことで悩んだ経験があるのではないでしょうか?


かくいう私も初めて家族となった今は亡きウェルシュコーギーペンブロークの愛犬のしつけに悩んだ過去があります。

(家の中では隙あらば人の足のかかとを噛んで追い立ててきたり、手を出すタイミングを誤ると興奮状態で噛んでくる、お散歩はひきずられるように常にダッシュでした・・・)

こちらが今は亡き愛犬。広場でロングリードを付けて遊んだ後は、追い込み漁で捕まえての帰宅…。

続く回答は…

さて話を元に戻しますが、このような質問に対する回答はどんなものだったのか。

(要約します)~~~~~~~~~~~~~

愛犬は貴方から教えてもらった通りのことをしているだけです。
その愛犬を「バカだ」と言うならば、「自分はバカだ」と言ってるのと同じだという事です。

5年も習慣として根付いた行動を直すにはその分、改善には時間がかかることを知っておいてください。
習慣を一発で即座に直す方法なんてありません。
一貫した正しい方法と根気が必要です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この質問と回答には、まさにドッグトレーナーが伝えたいことでもありました。
(ちなみにこの文章の後には、近隣のドッグトレーナーに頼むのが良いと続いてます。)

犬は決しておバカじゃない!!!

犬は決しておバカではないのです。

なんなら犬という動物は、人間の子供でいう3~4歳児の知能を持っており、物事の善悪を判断することは難しいと言われています。

つまり犬は良くも悪くも学習することによって、様々な行動を取るようになっていきます。
その取る行動の中に人間にとって不都合な行動をすることもあるでしょうから、人が常日頃からしっかりと犬に「こういう行動は良い行動だよ。この行動はなるべくやめようね。」と教える必要があるのです。

犬がおバカに見えてしまうかもしれませんが、それは飼い主が適切に適切な行動を教えてこなかった結果なのです。

過去に私はこんなブログを書いていました。

◆ 犬が出来るか出来ないかは“飼い主次第” ◆
https://playbow-dogtrainers-academy.com/25093.php

愛犬をおバカだと決めずに、愛犬の持っている能力を最大限に引き出してあげられると良いですよね。

そのためにもドッグトレーニングの知識は必要不可欠なのです!

納豆好きな愛犬。トレーニングには不向き・・?

愛犬の好物は納豆!(飼い主調べ)

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

最近、愛犬の好物がどうやら納豆ではないかと思っています。
色々なおやつをあげていますが、圧倒的な反応の良さからそう判断いたしました(笑)
においのきついものを犬は好むといいますが、納豆のあの強烈なにおいがお好みなんですかね^^
私も納豆が大好きなので、同じものが好きなことは嬉しい限りです。

え・・と思われてしまうかもしれませんが、薄味派の私は、納豆に何もかけず、混ぜ混ぜしたら納豆単体で食べるので、その残りを数粒あげています。
ネバネバして食べづらいことを気にする様子もなく、美味しそうに食べている姿を見ながら、
お願いだから、食べ終わってすぐには舐めに来ないでねと心の中で祈っています。

皆さまの愛犬や身近な犬は、どんな食べ物やおやつが好きですか?

愛犬は、納豆に限らず、食べることが大好きで、先日は柿をおいしそうに食べていました。
果物をあげた時の咀嚼音ってかわいいですよね!
(私は特にリンゴをあげた時の咀嚼音が大好きです♪)

実習に使うおやつ

さて!今月から、10月に入学した53期生の犬の保育園での実習がスタートいたしました!
生活スタイルは生徒さんによってバラバラ。
すぐに実習に入る方もいれば、ご自身の状況を見ながら実習に入る方も。
実習は、ご自身の都合のいい日時に予約して入っていただく形なので、ご自身のペースで入っていただくことができますよ!

そして、実習が始まるにあたり、生徒さん自身に実習時に使用する道具のご準備をお願いしているものがいくつかあります。
その1つが実習で使用する「犬のおやつ」です。
実習前の生徒さんから、どんなおやつがいいですか?と質問を受けることがあります。
(ちなみに実習で一緒にトレーニングをする犬は、実際に保育園に登園している犬たちになります。
そのため、飼い主様指定のおやつがあったり、アレルギーがありおやつが決まっている子も。
そういった子たちのトレーニングはもちろん指定のおやつで行います。)

おやつはトレーニングの鍵

そもそも、おやつは何に使うかというと、トレーニングを効率的に行うために使用していきます。
当スクールでは、犬も人もストレスが少なく行うことが出来る【モチベーショントレーニング】を学べるのですが、犬が教えたい動きやそれに近い動きをしてくれたらすぐに褒めておやつをあげていきます。

おやつは、「よくやったね、えらいよ」のご褒美なんですね♪
そのため、ご褒美であるおやつは重要な役割を持っているんですよ!

トレーニングの時、おやつをあげているけれど、そこまで反応が良くない気がする、と思っている方は、もしかしたら使っているおやつが原因かもしれません。
では、トレーニングの時はどんなおやつをあげればいいのか?
そのヒントが、下記のスタッフブログに書いてありましたのでご紹介いたします♪

〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ドッグトレーナーが薦めるオヤツ】
https://playbow-dogtrainers-academy.com/25186.php

〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーー

トレーニングを楽しく効率的に

いかがでしたか?
ぜひ、愛犬のモチベーションがあがるおやつを見つけて、効率的にトレーニングをしてみてくださいね!
本当に、おやつ1つで犬の動きが見違えるほど変わることがありますよ!

ちなみに、上述した愛犬の好物、納豆でのトレーニングは、ネバネバベタベタととても扱いづらいので、こういったものはトレーニング時のおやつには不向きです(汗)

そして!
タイムリーなことに11月23日(水)のインスタライブでは、ドッグトレーナー歴13年目の赤堀先生が「トレーニングに使うおやつ」をテーマにお話してくださいます!

おやつを使ったら太らない?
どんなおやつを使うの?
どうやってあげるの?

そんな皆さまからのお悩みにお答えします!
時間はお昼の12時30分から!
アーカイブには残さない限定配信になっているので、ぜひリアルタイムでのご視聴をお待ちしております!
もちろん、ライブ配信中にも質問やコメントを受け付けますので、視聴しながら気になったことがあればどしどしコメントしてください!

■アカデミーinstagram
https://www.instagram.com/playbowacademy

ちょっとでもメルマガ読者の方々と関わりを持ちたいな~と思っている瀬尾からお送りいたしました。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

あーちゃんと児玉先生

見づらいですが、講師の愛犬もおやつを使ってトレーニング♪

大型犬とドッグランに行ってきました!

大型犬との生活、再び!

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

先月の話になるのですが、実は大型犬リターンズしておりました!
何の話?という方は、よかったらこちらをご覧ください↓
我が家に大型犬がやってきた!

そう、ここで登場した大型犬を再び預かっていたのです♪
まためくるめく日々の始まりです(笑)

結論から言ってしまうと、前回以上にあっという間に時間が過ぎ去り、大・大・大充実した日々となりました!
我が家での生活リズムを覚えてくれていたのか、前回以上にスムーズに我が家での生活を受け入れてくれたように感じました。

「飼い主のもとを離れるのは寂しいけど、ここはいつもと違うにおいの場所で遊べる面白いところ」
「前回も少しここで過ごせば飼い主が迎えに来たから今回も大丈夫」

こんな風に思っていたかは不明ですが、安心して過ごしてくれていたように思います。
決して広くない我が家のリビングの床にデーンっと横たわると、やはり小型犬の愛犬や愛猫とは比べ物にならないほど、存在感がありました!

朝のお散歩時には、前回とコースを変えようと思い、少し草の多い小道を選択。
「え、今回はこっちなの♪」と相手の喜びようがリードを通して伝わってきます。

お散歩後、あちこちにくっつき虫がついていて取るのが大変だったのは、ここだけの話です(笑)

大型犬とドッグランへ!

さて、預かっていた期間中、ドッグランに遊びに行きました!

そこは貸し切り出来るドッグランで、斜面の多い、小高い丘を半分に切ったような場所。
イメージしていた「原っぱ+平地」のドッグランとはタイプが違っていました。

リードを取ってフリーにすると、「え、いいの?自由に動いていいの?」という表情をしてこちらをうかがってきます。
うん、いいよ。自由に遊ぼう!と伝えると、もう楽しくて仕方がない!という様子でドッグランを縦横無尽に駆け回ります。
時折立ち止まっては、周りの音を聞いたり、空気のにおいを嗅いでいました。

元陸上部の私も一緒に!と思いましたが、もう体がまったく動きませんでした!
斜面に足を取られ、転ばないようにすることで精いっぱい(笑)

ケイティと瀬尾
ドッグランを駆け回る大型犬と必死な私(笑)

ドッグランという場所

ところで、ドッグランって犬にとって難易度が高い場所って知っていますか?

私が行ったドッグランは貸し切りだったので他の犬はいませんが、たくさんの犬が集まるドッグランは
様々な「大きさ」「年齢」「性別」「犬種」の犬たちが集まっている場所です。
同じスペースにいる犬がどんな性格かも初対面では分かりません。

愛犬が臆病な性格であれば恐怖から固まってしまうかもしれませんし、
逆に恐怖から他犬への攻撃行動に出てしまう犬もいるかもしれません。

また、愛犬がとっても犬好きでフレンドリーな性格だと、臆病な犬を怖がらせてしまう存在になったり、「こっちに来ないで!」と攻撃を受けて怪我をしてしまう可能性もありますね。

元生徒の私の同期で、プレイボゥに入学してから犬を迎えた方がいるのですが、こないだ初めてドッグランに連れていったとSNSで近況報告が。
少し怖がりな愛犬のため、愛犬が小さい頃は遊びに行かなかったようです。
ドキドキしながらのドッグランは、飼い主の不安をよそに楽しく遊んでくれたとのこと。

もしかしたら、まだ他の犬に慣れていない小さい頃に連れて行っていたら、怖い思いをして「ここは嫌な場所!」と強く思って今回のことは実現しなかったかもしれません。
トレーニングを重ね、そろそろ行ってみようかとトライしたところ、案外楽しんでくれたなんて、愛犬の成長やトレーニングの成果を感じ、とっても嬉しいですよね^^

他スタッフのブログでもドッグランについての記事があったので、紹介いたしますね。

〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ドッグランでも安全に】
https://playbow-dogtrainers-academy.com/30107.php

〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドッグランで楽しむために♪

いかがでしょうか?

ブログの最後にも書いてありますが、他に気を付ける点としては、ドッグラン後の犬の変化です。
普段あまりしない激しい運動は、知らぬ間に愛犬の体に負担をかけてしまうことも。
上述した大型犬と遊んだドッグランは、斜面が多く足場の悪いドッグランだったので、そういった場所はより一層の注意が必要です。

ちなみに、開業した卒業生の中に、天然芝のとても素敵なドッグランを併設した犬の保育園を運営している方がいらっしゃるのですが、いつもそのドッグランで犬たちが遊びまわる様子を教えてくれるんです♪
実物を見に、いつか遊びに行きたいな~なんて思っています。

ドッグランは、トレーニングをきちんとしている犬が集まり、運営者や飼い主様がきちんと愛犬の行動を管理することで、もっと安全でよりよい遊びが出来る場になっていくのではないかなと思います。

ぜひ、愛犬へのトレーニングを通して、さらに愛犬と絆を深め、安心安全で楽しいドッグライフを送っていきましょう!