ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

「ドッグトレーナーになりたい!」人を応援するブログです。犬が好きで犬の仕事につきたい人、ドッグトレーナーに興味がある人必見です!
ドッグトレーナーになるにはどうしたらいいのか?どんな人がドッグトレーナーになっているのか?など、
ドッグトレーナースクールのスタッフが発信するブログです。

犬の歴史を知ると、、。

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の矢川です。

先月ぐらいから、大阪松屋町にある犬の保育園に出勤することが多くなってきました。
というのも、犬の保育園に入園を希望の犬がとても増えてきたからなのです。

先日、一人のスタッフがこんな事を行っていました。

「知り合いがペットショップで働いているんですけど、ペットが売れすぎて店舗にあまり頭数がいないみたいです」
需要に供給が追い付いていないという事でしょうか。(この場合の供給という言葉を使う事に少し抵抗はありますが)

コロナ禍の影響で自宅で過ごすことが多くなり、ペットを迎えるという流れが背景にあるかもしれませんね。

さて、現在、大阪松屋町店のスタッフとしても勤務している自分はパグの2か月半の子を担当しています。

そのパグは社会化期の真っ最中ですので、犬慣れや物慣れ、場所慣れをメインに行っているのですが、他の犬と写真を撮っているとそれらの犬と共通点を発見してしまいました。

あまりにも偶然だったのでご紹介いたします。そのパグと一緒に写真を撮っていた犬種はシーズーとペキニーズMIXです。犬種に詳しい方はこれらの犬の共通点浮かんでいるかもしれません。

「マズルが短い」たしかにそれも共通点ですが、、。自分が気が付いたのはそれらの犬の原産国が中国だということ。「だから?何?」と言われてしまうと返す言葉もありませんが、中国原産の犬って限られていますので、珍しいことなんですよ!

パグ、シーズー、ペキニーズの他の中国原産の犬は、メジャーな所でいいますとチャウチャウ、シャー・ペイぐらいでしょうか。

ちなみにペキニーズの名前は中国の首都、北京(ペキン)からきています。

ペキニーズですが、あるサイトではおそらく中国最初の純血種で、霊魂を追い払う事ができる神聖な犬として崇められていたとの事です。

ペキ

神聖な犬の血を引くこの子もこれからお散歩練習です(笑)

シーズーやパグもその昔は皇帝や皇族に愛玩犬として飼われていたんですよ。

見た目となんだかギャップがありますね。自分が何気なく撮ろうしていた写真は神聖な高貴な犬達だったとは、、。(おおげさですかね)

犬の歴史を知るとその犬の見方も変わってくると思った矢川でした。

NO DOG,NO LIFE

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

 

毎年5月のGW頃に、大竹家では家庭菜園が始まるのですが、GWに植えた野菜たちが収穫できる時期になってきました!

 

今年はプチトマトナスおくらを栽培中ですが、特にプチトマトは今年は当たりで、真っ赤に色づき、味も甘くおいしく仕上がっております♪

 

自分で植えた種や苗が元気よく成長し大きな実りをつけたときはやはり嬉しいものですね^^

 

さて、そんな作物の栽培の話がドッグトレーナーにどうつながるのか??

 

まずは故森山先生のこちらのブログをご覧ください。

 

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

タイトル:農場の法則

本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9373.php

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

 

森山先生のブログ、いかがでしたか?

 

以前よりは犬の保育園ドッグトレーナーの数も増え、トレーニングの必要性や重要性を理解している飼い主さんも多くなり、ドッグトレーナーに対する需要も増えているかとは思います。

 

しかし、“職業”や“ビジネス”としては、他のお仕事に比べればまだまだ発展途上であることも事実です。

 

入学を検討し、来校された方から「本当にお仕事としてやっていけるのでしょうか?」と聞かれることもしばしばあります。

 

が、当スクールの卒業生には、実際に開業し、ドッグトレーナーとしてバリバリ活躍している方がいらっしゃいます。

 

アカデミー生の皆さんは、ドッグトレーナーを職業やビジネスとして捉え、そして実際に活躍できるよう一生懸命授業や実習、課題に励んでいます。

 

そして、学びが進めば進むほど皆さんめきめきと力をつけ、ドッグトレーナーへの歩みを進めています。

 

生前森山先生が蒔いた種は着実に大きな実りへ向けて成長を続けていると私は思います。

 

ドッグトレーナースクール校長

ドッグトレーナーは現実的なお仕事です☆

犬と飼い主さんがトレーニングを通じて素敵な関係性を築き、「捨てられない犬」「捨てない飼い主」を増やし、殺処分ゼロという大きな収穫につなげていかねば。

 

この成長を止めないためにも、私達アカデミー事務局は、アカデミー生の皆さまをサポートしていかねば。

 

と気を引き締めた大竹でした。

 

犬と一緒に避難できますか?

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

 

最近、豪雨による災害が全国各地で起こっており、テレビなどでその様子を見ると心が痛くなります。

 

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

ここ何年か、毎年全国のどこかで激しい雨により河が氾濫したり土砂崩れが起きたり、と避難を要する大きな災害が増えてきているように感じます。

 

明日は我が身
備えあれば憂いなし

 

をモットーに、私も非常食の確保や避難場所の確認をするようになりました。

 

 

そんな中、プレイボゥでは以前よりペットとの“同行避難”や“同伴避難”について何度かブログから発信しておりますが、これからゲリラ豪雨や台風の時期を迎えることもあり、この機会に改めて同行避難や同伴避難の意味や日頃の備えについて、発信させていただきます。

 

まず、“同行避難”と“同伴避難”の違いについて、皆さんご存知でしょうか?

 

 

2018年2月に環境省が改定した「人とペットの災害対策ガイドライン」には以下のように記載されています。

 

*******************

 

【同行避難】

 

ペットと共に移動を伴う避難行動をすることを指し、避難所等において飼い主がペットを同室で飼養管理することを意味するものではない。

 

【同伴避難】

 

被災者が避難所でペットを飼養管理すること(状態)を指す。ただし、同伴避難についても、指定避難所などで飼い主がペットを同室で飼養管理することを意味するものではなく、ペットの飼養環境は避難所等によって異なることに留意が必要である。

 

*******************

 

自宅と同じように同じ部屋で過ごせるかどうかは「避難した先による」んですね。

 

しかし、文字の印象に引っ張られ、災害時でも避難場所に行けばペットと共に過ごせる、と思われてしまう方もいるかと思います。

 

つい先日こんなネットニュースも見つけました。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/f02e32c635b8fb3f59408a62a492573e0ce8e9c6

 

災害時は自分も周りも混乱しているかと思います。

 

そんな時、いかに日頃からペットとの避難について理解し、災害に備えているかが自分と大切なペットを守る鍵になるのではないでしょうか。

 

クレート

避難所でも落ち着けるよう、クレート待機の練習は必須です。

 

さぁ、では、犬を家族として迎え入れた飼い主として日頃からどういった備えをしていく必要があると思いますか?

 

ドッグトレーナー養成講座のスタッフとして皆さんに発信していきたいことは、やはり、「しつけの重要性」です。

 

熊本地震の際は、ペットの受け入れOKだった避難所が飼い主のマナーやモラルが問題となり、突然受け入れがNGになってしまったことも。

 

飼い主は、犬とともに周りの方に迷惑を掛けないように避難する、という意識を持たなくてはいけません。

 

ガイドラインのP.33には、普段からキャリーバッグなどに入ることを嫌がらないことや、「待て」「おいで」などのしつけをしておく必要があること人や他の動物を怖がったり、むやみに吠えたりしないこと、等々の記載があります。

 

以下URLより全文を確認できますので、是非ご一読ください。

 

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h3002/0-full.pdf

 

犬を迎えた飼い主は、犬のためにも、もしもの時に備えて日頃からトレーニングをしておくことがとっても大事です。

 

そしてドッグトレーナーはトレーニングを提供するだけでなく、飼い主さんにしつけの重要性を根付かせることも重要な仕事のひとつです

 

「明日は我が身」
「備えあれば憂いなし」

 

 

どんな時でも犬と共に笑顔で過ごせるよう、平和なときから備えましょう^^

 

“耳”となる犬

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

 

以前のブログで、犬好きが高じて小学生の頃の自由研究では働く犬についてばかり調べていたことをちらっとお話させていただきました^^

 

自由研究では盲導犬介助犬警察犬について調べたのですが、盲導犬と介助犬は働く犬の中で「補助犬」と呼ばれます。

 

補助犬」は盲導犬介助犬、そして聴導犬の総称になります。

 

実は私、小学生の頃は聴導犬の存在を認識しておらず、自由研究では聴導犬について調べなかったのですが、大学時代のサークル活動の一環で聴導犬に携わる機会がありました!

 

聴導犬は、盲導犬と比べると頭数や認知度も低いかと思いますので…本日は皆さまに聴導犬について
ご紹介したいと思います!

聴導犬

ユーザーの“耳”となる聴導犬。その仕事内容は?

聴導犬は、タッチをするなどの動作を使って耳の不自由な方に音を知らせて生活をサポートします。

 

ドアのチャイムや目覚まし時計の音など生活をしていく上で必要な様々な音を覚えそれをユーザーに知らせます。

 

音が聞こえないことから感じる不安を軽減し、耳の不自由な人の快適で安全な生活を支えるのが聴導犬の役目です。

 

聴覚障害は目で見てすぐに分かるものではないため、「見えない障害」とも言われており、その方が必要としている時に必要な情報を伝えられない時があります。

 

例えば、電車などで緊急のアナウンスが流れたとしても、聴覚に障害があるとそれに気付けなかったり、状況が把握できなかったりします。

 

しかし、聴導犬がいれば、「聴覚障害であること」の目印になり、他の方からサポートを受けられるようになります。

 

また、聴導犬について話を聞いたときに「危ないなぁ~」と思ったのがユーザーの後ろから車が近付いてきたときの話です。

 

車の音が聞こえないため車が近づいてきたときに自分から避けるということが困難、ということでした。

 

こういった状況では、聴導犬は車が近づいてきていることをユーザーに知らせることもします。

 

生活のサポートだけでなくユーザーの安全を守ることも仕事のひとつなんですね。

 

また、聴導犬は盲導犬・介助犬とは違ったある特徴があります。

 

皆さん、何かわかりますか?

 

盲導犬や介助犬は、ユーザーの指示に従って動いたり、作業を行いますが、聴導犬はユーザーが認識していない「」を判断して知らせなくてはいけません。

 

 

つまり、聴導犬だけが補助犬の中で唯一【自発的に作業をする】必要があります。

 

適性がある、と判断された犬が補助犬として活躍するのですが、聴導犬の場合は、盲導犬や介助犬と違い、指示がなくても自ら動ける力を持っている犬でなければならないんですね。

 

ちなみに、昨日のブログで話題に出した児玉先生の愛犬のぼくくんは、どちらかというと児玉先生の顔をじっと見つめ、指示を待つタイプです。

 

(この時の顏もたまらなく可愛いのです♪)

 

もう一頭の愛犬のあたちちゃんは割と自分から積極的に動くタイプですので、ぼくくんとあたちちゃんでしたら、あたちちゃんのほうが聴導犬には向いているのかもしれませんね!

 

昨日のブログでもお話ししましたが、それぞれの犬の個性を認め、補助犬であればその個性をお仕事として活かし人と犬が上手く共生していける社会を作り出していくことが人も犬も幸せになれる方法なのかもしれませんね^^

 

まだ私は実際に働いている聴導犬を見たことがないのですが、見つけた際は心の中で「お仕事がんばれ!」と応援したいと思います♪

 

 

参考HP:日本補助犬情報センター
https://www.jsdrc.jp/

 

参考HP:日本補助犬協会
https://www.hojyoken.or.jp/

犬の個性を認める

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

 

突然ですが皆さん、今期ハマっているテレビドラマはありますか?

 

私はテレビっ子なので、新しいドラマが始まる時期は「面白そうなドラマはあるかな?」とかかさずチェックをしています☆

 

そんな私が今期ハマっているドラマは「私の家政夫ナギサさん」です。

 

そのドラマの中で、先日「ナギサさんの言葉が刺さる」とネットでも話題になった一言があります。

 

それは「できるところだけじゃなくて、できないところも見てあげてください」という言葉です。

 

(以下、ドラマの内容に触れます!)

 

これは、仕事は出来るが家事全般が苦手な主人公が、母親の「あなたなら仕事も家事もできる!」という期待に応えようと奮闘するものの無理がたたってしまった、という回で家政夫のナギサさんが主人公の母親に向けて言った一言です。

 

人間ですもの、得意不得意くらいありますよね。

 

親子間であったり、職場間であったり、その人の得意不得意を認めて付き合っていくことはとても
大切なことだと改めて感じた場面でしたし、そう思われた視聴者も多かったのではないかと思います。

 

では、皆さんは愛犬の「できないこと」認めてあげていますか?

 

 

人と同じように、犬にも得意不得意はありますし、それはその犬の個性でもあると思います。

 

しかし、「犬はこうあるべきもの」や「トレーニングすれば何でもできるようになる」といったイメージが先行してしまうが故に、時に飼い主さんが犬に対して高いハードルを課してしまうことがあります。

 

例えば、「うちの犬は他の犬が苦手なんですけど他の犬とお友達になってほしいんです!」という依頼が飼い主さんからあったとします。

 

(ここでは社会化不足のため他の犬が怖い、という可能性は一旦抜きにします)

 

その犬にとって、他の犬と仲良くすることは必ずしも必要なことなのでしょうか?

 

人間でも、人見知りであまり親しくない人と話したりするのは苦痛という方もいらっしゃるように、犬でもそういう子はいると思います。

 

むしろ、同じ種である「」よりも人間である「飼い主さん」の方が好き!ということであれば、飼い主としてこれ以上嬉しいものはないですよね^^

 

飼い主さんにはそういったお話をして、愛犬とよりよい関係を築いていけるようお手伝いするのもトレーナーのお仕事ですU^(ェ)^U

 

 

また、プレイボゥのトレーニングマネージャーである児玉先生の愛犬、ぼくくんはおすわり、まて、呼び戻し等の基本的なトレーニングがバッチリ入っていて「さすがトレーナーの犬だな!」という感じなのですが、ぼくくんはちょっと怖がりな一面もあり、なかでも自転車が苦手です。

 

自転車に対する恐怖心をなくすために自転車慣れのトレーニングをすることもありますが、ぼくくんにとって自転車に対する恐怖心のレベルはとても高く、トレーニングをするほうがぼくくんの負担になってしまうため…

 

児玉先生は無理にトレーニングをすることなく、道を歩くときは自転車が来ないか気を配り、自転車と出くわしたときはさっとぼくくんを自転車から遠ざけるようにして歩くことで、ぼくくんが恐怖心を感じないようにケアをしてあげています。

 

怖がりな一面もぼくくんの「個性」として愛情をもって接する児玉先生

 

そんな児玉先生が大好きなぼくくん

 

そこには揺るぎない信頼関係が生まれています。

ぼく

児玉先生とぼくくんは固い絆で結ばれています♪

日本中の犬と飼い主さんの関係性がそうなることを願って…

 

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーは犬と飼い主さんの素敵な関係構築をサポートできる質の高いドッグトレーナー輩出を目指し日々活動しております。

 

あなたの愛犬はどんな個性を持っていますか?U^(ェ)^U

 

ママはトレーニングが上手!?

こんにちは。

 

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

 

私、2019年の春から産休・育休を取得し、今年の6月よりアカデミー事務局へ復帰したのですが、約1年間の子育てを経て思ったことがあります。

 

それは…

 

世のお母さんたちはドッグトレーニングを勉強し始めたらあっという間に習得してしまうのではないか!?ということです。

 

例えば… 我が家では、子供がずりばいやはいはいができるようになった頃から、色んなものに興味を示し、手を伸ばし、口の中に入れるようになりました。

 

それまでは平気で床にゴミ箱やバッグを置いていたのですが、ちょっと目を離すとそれらの中身を引っ張り出し、口に入れようとするのでゴミ箱は手の届かないところへ置き、バッグはクローゼットの中に片付けるようにしました。

 

はい!私のこの「物を口に入れさせないように部屋を片付ける」という行動、犬のトレーニングにも通ずる部分です!

 

プレイボゥでは「環境を整える」ことも、問題行動に困っている飼い主さんに提案する対処法のひとつですよ、と、アカデミー生の皆さんにお伝えしています。

 

実際の犬の問題行動の例を挙げると…

 

家の前を人が通ると吠えるんです…」というお悩みの場合は、家の中から人が見えないようにカーテンを閉めたり、犬の目線の高さに目隠しをつけたりすることが出来ないか、ということを提案したりします。

 

散歩のときに他の犬に吠えかかるんです…」というお悩みの場合は、お散歩の時間帯を人出が少ない時間帯にしたり散歩コースを変える等を提案することもあります。

 

犬に何かを教える前に、一番簡単に出来る対処方法ですね!

トレーニング

育児とトレーニングにはまだ共通点が…!?

 

また、子供が寝返りをするようになった時に私が困ったのが“オムツ替え”なのですが…

 

ここでもドッグトレーニングに通ずるものを感じたエピソードがあります。

 

オムツを替えているときに寝返ろうとするので私は若干ストレスを感じていました(笑)

 

オムツ替えの時だけでもおとなしくしててほしい…!

 

そう思い、手始めにいつも遊んでいるおもちゃを手渡してみたのですが、効果はなく、すぐに寝返ってくれました^^;

 

しかし、ここで【おもちゃへの興味(夢中度)<寝返り】ということが分かったので、「寝返りたい」という気持ちに勝る 特別な何か、を探そう!と思い、今度は“スマホ”を手渡してみたところこれが効果抜群でした!!

 

普段から好き勝手触らせないようにしていたこともあってか、きっと特別感が違ったのでしょうね。

 

犬のトレーニングでは、こんな使い方をします。

 

例えば、「走ってくる自転車に飛びつこうとする」というお悩みがあったとします。

 

おやつを使って飼い主に注意を向けさせ走ってくる自転車をやり過ごす、というトレーニング方法をとることもありますが、このときに使うおやつは「自転車に飛びつきたいという気持ちに勝るものでないといけません。

 

いつも食べているフードよりはチーズとか、何なら人が食べているお肉を茹でておやつの代わりに使うとか!

 

ただ、おやつの魅力度が高すぎると、今度はおやつに夢中になり過ぎてトレーニングに支障をきたすこともあります。

 

このあたりの塩梅がとても難しいです。

 

犬の「自転車に飛びつきたい」という気持ちに勝りつつも、興奮しすぎないおやつを選び、トレーニングを進めていく。

 

ドッグトレーナーはトレーニング方法だけでなく、その犬の様子ご褒美にも気を配っていかなくてはいけないんですね。

 

と、ここまでお話したように、子育てトレーニングには通ずる部分が多いように私は感じています。

 

事実、「子育てがひと段落したから」ということで入学された生徒さんは、授業等を受けられた後に「人間の子供と一緒ですね~!」とおっしゃる方も多いです^^

 

 

 

是非、子育てがひと段落して「そろそろ自分の好きなことに時間を費やしたいなぁ」と考えられている犬好きのママには「ドッグトレーナーになる」ということも、選択肢に入れていただきたい! と思った今日の大竹でした。