ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

「ドッグトレーナーになりたい!」人を応援するブログです。犬が好きで犬の仕事につきたい人、ドッグトレーナーに興味がある人必見です!
ドッグトレーナーになるにはどうしたらいいのか?どんな人がドッグトレーナーになっているのか?など、
ドッグトレーナースクールのスタッフが発信するブログです。

NO DOG,NO LIFE~動物の権利~

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。


ある朝、出勤のため最寄りの駅に向かっていたところ、私の前を男性とコーギーちゃんがお散歩をしていました。
天気も良く、「素敵な光景だなぁ」と思いながらその様子を見ていましたが、じわりじわりと違和感が…

動物(犬)の権利を満たすお散歩とは?

よく見ると、その飼い主さんはリードをせずにお散歩をしていたんですね^^;
とても驚きましたが、そのコーギーちゃんは飼い主さんから離れる様子は一切ありませんでした。

すれ違う人に吠えたり飛び掛かったりすることもなく、まるで親子が歩いているかのような自然かつ素敵なお散歩風景でした。

※日本ではオフリードは禁止されていますので、皆様くれぐれも真似はしないでください^^;

日本では思わず「え!?」と驚かれてしまうオフリードでのお散歩ですが、ヨーロッパでは犬がオフリードでいることが自然な風景として受け入れられています。
今日は日本とヨーロッパのお散歩事情の違い、その根底にある飼い主さんの意識や社会化の重要性についての森山先生のブログをご紹介したいと思います。

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

タイトル:動物の権利

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

犬が犬であるための権利を守るために

犬 散歩

犬の権利を守るために、飼い主がしなくてはならないことは何でしょう?

何の問題も起こることなく、ノーリードで歩くのが普通である状況。
犬好きとしてはこれ以上ないくらいの憧れです。

犬が広い公園を自由に走り回り、好きなときに匂いを嗅ぎ、ありのままの姿でいられるということは、その犬の権利が守られていることです。
果たして、今の日本の「犬を管理する」文化とは、犬の権利を尊重できているものでしょうか?

犬から、犬が犬として生きる権利を奪わないためにも、まずは飼い主さんが、社会化やトレーニングの重要性を知り、これらに取り組むことが大切です。
そしてそれをお手伝いできる人材を輩出することが、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの存在意義でもあるのです。

“犬の権利”のためにも欠かせないドッグトレーニング

私たちプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーは、“犬の権利”を守るため、そして日本の犬の飼い主さんの「NO DOG, NO LIFE」な生活をより良いものにするため、ドッグトレーニング事情を発信してまいります!

冒頭に出てきた男性とコーギーちゃんの姿が、いつの日か日本でも当たり前の風景として受け入れられますように…!

SNSでも常に情報発信中!こちらも是非チェックを!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Facebook
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Instagram

“犬のプロ”としての心得とは?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

本ブログをお読みになってくださる方々は、おそらく「犬好き」かと思いますU^(ェ)^U

自分の愛犬はもちろん、お散歩中の犬を見かけたりすると頬が緩み「こんにちは~♪」とついつい挨拶なんかもしてしまうのではないでしょうか?
そんなやりとりの中で、犬と触れ合うこともあるかもしれません。


“犬のプロ”らしい身のこなし方

さて、ここでお聞きします!
皆さんは犬と触れ合うとき、どういう「身のこなし」をしていますか?


立ったまま、犬の正面から、覆いかぶさるように犬を撫でたりしていませんか?
犬が自ら寄ってきてくれたとき「よーしよし!!」といきなり両手で顔をわしゃっと撫でたりしていませんか?

ちなみに、今ここで挙げたものは、犬との触れ合い方を知らなかった頃の私の夫の行動になります(笑)

犬好きの方ならなんとなく想像がつく方もいるかもしれませんが、こういった行動を取った場合、おそらく多くの犬は驚いたり、腰が引けてしまったりすると思います。
犬によっては驚きや恐怖心から、咬みついてきてしまう子もいるかもしれません。

犬に対する身のこなし方は、“犬のプロ”でもあるドッグトレーナーとして活躍する上でも非常に重要になってきます。

例えば、覆いかぶさるような前傾姿勢は犬にとって威圧的な印象を与えるため、人側は重心は後ろにすることを心がけます。
また、かわいくてついつい犬を見つめたくなる気持ちもありますが、凝視することは犬に威圧感を与える可能性があります。
両手でわしゃっと捕まれるように触られることも、犬はびっくりしたり怖がったりします。

このように、犬への身のこなし方ひとつとっても、犬のプロとして心得ておかなければならないことはたくさんあります。

犬と人

犬への行動ひとつとっても、犬のプロとして働く上で学ばなくてはいけないことが山ほどあります。

犬への接し方だけじゃない!?犬のプロが心得ておかなくてはいけないこと

“犬のプロ”であるドッグトレーナー、犬への接し方を心得ておくことが大切なのは想像がつくかと思います。
しかし実は、犬に関係のない部分でも、プロとして心得ておかなくてはいけないことがあります!

飼い主さんへのトレーニング方法の伝え方、お家へお邪魔したときに配慮すべきポイント、飼い主さんから犬の情報を聞き出す技術…
とてもこのブログだけでは書ききれません。

これらの内容を、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、ウェルビードッグスクール出張トレーナーの刈屋先生を講師に招いて「プロとしての心得」という授業で生徒の皆さんに学んでいただいております^^

刈屋先生は、森山校長の出張トレーナー時代の一番弟子さんで、現在は出張トレーナーとして活躍されている人気ドッグトレーナーさんです。

「どんな授業だろう?」と思われたメルマガ読者の方々、6月はちょうどこの授業を見学できるスクール見学会を開催予定です!

6月15日(火)9:50~11:30@中目黒教室
6月17日(木)9:50~11:30@中目黒教室
6月19日(土)9:50~11:30@中目黒教室

もし、見学してみたい!とのことでしたら、こちらよりお申込みください^^


犬のプロ“ドッグトレーナー”は奥が深い

「犬が好き!」という気持ちはもちろん大事ですが、その気持ち「だけ」ではやっていけないのがドッグトレーナー。

奥が深い職業ですね(^_^)/

常に情報発信中!こちらも是非チェックを!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Facebook
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Instagram

犬への常識が覆される本:ザ・カルチャークラッシュ

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。


ドッグトレーナー養成講座では、課題の中に「読書感想文」が含まれています。
読んでいただく文献は、ジーン・ドナルドソン著の「ザ・カルチャークラッシュ」です。

この書籍はご入学のタイミングで当スクールから生徒の皆さんにプレゼントさせていただくものです。

「社会人スクールなのに、読書感想文?」と思われるかもしれません。
しかし、犬に関する勉強をしていく上で、この文献を読んでいただくことはとっても意味のあるものだと私たちは考えるのです。


「ザ・カルチャークラッシュ」はどんな本?

「ザ・カルチャークラッシュ」は犬のトレーニング理論に関する本です。
専門的な用語も多く、生徒の皆さんは座学授業と並行してこの書籍を読み進めています。

特に“学習理論”の授業を終えると「一気に読みやすくなった!」という声をよく聞きます^^
そして内容を読み進めると、今まで抱いていた犬へのイメージががらっと変わります。

この書籍では、犬を「動物行動学」という側面からロジカルに捉え、犬との生活においてよく見られるシチュエーションを説明しています。

犬は私たち人間にとって、どの動物よりも身近な動物ですよね。
まさに「家族の一員」「ベストパートナー」であり、その存在の大きさは計り知れません。

そんな存在であるが故に、私たち人間はどうしても犬を「擬人化」し、人と同じような思考回路を持っていると思いがちです。

しかし、あくまで「犬は犬」です。
物の考え方、感じ方は人間と全く違います。
この書籍ではその事実を突きつけられます。

カルチャークラッシュ

真っ赤な表紙が印象的な「ザ・カルチャークラッシュ」。“ヒト文化とイヌ文化の衝突”という興味深い副題の謎も、読めばわかる。




「ザ・カルチャークラッシュ」を呼んだ生徒さんの感想

書籍を読み終えた生徒さんの読書感想文を拝見すると…

「犬を本質的に理解できていなかった」
「愛犬に申し訳ないことをしていた」
「もっと早くこの本に出会いたかった」

という感想が、非常に多いです。

そして感想文の最後は「これからは自分が、多くの飼い主さんに本来の犬の姿を伝えていきたい」という決意に満ちた言葉で締めくくられています。

犬に対する常識が覆されたこの瞬間を忘れずに、生徒の皆さんにはこれから先ドッグトレーニングの勉強に励んでいってもらいたいと、提出された読書感想文を見るたびに思います。

そして、初心に帰るという意味でも、何度もこの本を読み返してほしいとも思います。
最近は電子書籍も多いですが、ふと目につくところに置いておけるのは、やはり紙媒体の本ならではの良さでしょうね^^

きっと今までの常識が覆される、犬好きは読んで損はない本。

犬と人

今までの犬への常識が覆され、犬との関係はより良いものになるでしょう♪

冒頭でお話したように、「ザ・カルチャークラッシュ」は犬のトレーニング理論に関する本で、専門的な用語も多いです。

どちらかというと、気軽な読み物というよりは、犬について本格的に勉強をする方向けかなと、個人的には感じますが…

もし興味がありましたら、是非一度読んでみてください。
犬への考え方が、がらっと変わると思います!

そして、「プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーではどんな勉強をしているの?」と気になったら、是非スクール説明会等へお越しください^^♪

——————————————

犬と共に、犬を学ぶ。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーで“犬”を学びませんか?

——————————————

犬を迎える夢をみた~私が犬を迎えるのを難しいと感じる理由~

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。


実は先日、犬を迎える夢をみました。


現在、私はペット不可の物件に住んでおり、今すぐに迎えることは難しい為、夢とはいえ、とても幸せで時間でした。
いつかは、再び犬を迎えたい!という密かな願望もあるので、正夢にならないかと願っています。


このメルマガを読んでくださる方の中にも、犬を迎えたいけど、今はまだ難しい、将来的に迎えたいという方もいらっしゃるかもしれません。

お散歩ですれ違う様子

犬を迎えたら、愛犬とのお散歩も日常風景ですね!

犬を迎える理由

2020年のペットフード協会の調査によりますと、犬の飼育理由は上位3つは以下となるそうです。

1:安らぎ・癒しが欲しいから

2:過去に飼育経験があり、また迎えたいと思ったから

3:犬を飼育している人をみて羨ましいと思ったから

(参考:ペットフード協会 全国犬猫飼育実態調査 https://petfood.or.jp/data/chart2020/8.pdf )

私の場合は2に当てはまりますが、皆さんは犬を迎えた理由、迎えたいと思う理由にどれか該当しましたか?

と、ここまでは、また犬を迎えたいという私の願望のみのお話ですが、
正直、私が犬を迎えるのは、物件以外の理由も含め、現状難しいと感じています。

なぜ難しいと感じるのか、理由をいくつかあげていきましょう。

 

犬を迎えるのが現状難しい理由

1つ目の理由は、「留守」です。

現状、犬を迎えたとしても、私が仕事で家を空ける間、愛犬は留守番をすることになってしまいます。

朝出て、帰宅は夜ですので、約半日は留守番となり、1人で過ごすこととなります。

ストレスを抱えさせてしまうのはもちろん、子犬から迎えた際には、トイレトレーニングなども不安要素です。

成犬と比べ、子犬は排泄のコントロールが難しいので、留守番が長くなってしまうと、トイレトレーニングをする機会が減り、指定の場所以外でもトイレをしてしまう犬に成長する可能性が高いのです。

次にあげる理由は、「社会化」です。

先日のメルマガでも、子犬のうちから「社会化」を行うことがとても重要だとお伝えしました。
(その内容はこちら:https://playbow-dogtrainers-academy.com/28267.php )

もしも子犬から犬を迎えた際、子犬の時期(生後3週間~12週間)には、「社会化」を積極的に行う必要があります。

この時期の「社会化」は、その犬の今後を決める、と言っても過言ではないくらい重要なトレーニングの1つです。

社会化とは、その犬が成長するにつれ経験するであろう物事に慣らすことを指します。つまり飼い主以外の人や、犬・環境など様々なことに慣らしていく必要があるのです。

とても重要とお伝えしたように、「社会化」を積極的に行いたい気持ちは山々ですが、仕事をしながらですと、日中はなかなか取り組めないのが現状です。

最後の理由は、「移動手段」です。

こちらは、物件の理由とも少し似ているのもしれませんが、現在の生活では、車を持っておらず、移動はほぼ電車となります。

犬種や大きさによっては、トレーニング次第で電車移動も可能となりますが、やはり長時間の電車移動は、犬に負担をかけてしまう心配があります。

さらに、もしも夜間に愛犬の具合が悪くなった際にも、すぐに移動できる環境や手段が必要ですが、現状は、そこに該当していないと感じています。

他にも細々とした理由はいくつかありますが、大きな理由を3つ書かせていただきました。

夢にみるほど迎えたい気持ちは強いのですが、このような理由から、今は犬を迎えるの現実的ではない、と痛感しています。

犬を迎えてから「こんなはずじゃなかった…。」と後悔しないためにも、犬を迎える前にはまず、自分の現状や生活環境、そして犬との将来のことなど、しっかり考えたいですね。

 

犬を迎えたら「一生一緒」

「犬を迎えたら一生一緒」


プレイボゥで掲げている理念となりますが、もし身近に犬を迎えるか悩んでいる人がいたら、ぜひ今日のメルマガを参考にしてみてください!


余談:ちなみに夢で迎えた犬は白い子犬でしたが、犬種は分からず・・。おそらくミックスではないか、と夢の中で家族と会話をしていました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
日常の様子を大公開★

Facebook:https://www.facebook.com/playbowacademy/
instagram:https://www.instagram.com/playbowacademy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NO DOG,NO LIFE ~散歩の速度~

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。


2021年も早くも約半年が過ぎました。もう半年経つと今年も終了してしまう!と、良く分からない焦りを感じています。(笑)


6月といいますと、やはり真っ先に「梅雨」という単語が浮かんできます。

 

 

梅雨の時期のお散歩は・・

梅雨の時期といえば、多く話題にあがるのは「雨の日の犬のお散歩」について。
雨の日の散歩が多くなると心配なのが、足の裏を濡れた状態のままにして雑菌が増殖し、皮膚炎になる子もいること。
雨の日の散歩の後は、足を洗ってしっかり乾かしてあげてくださいね。

また、雨の日にお散歩に行かない際は、知育玩具を使ったりして、頭もお鼻もフル回転させて
運動不足を解消させてください!

犬のお散歩している様子

お散歩中~♪

 

「お散歩」についてのお話

と、本日はお散歩に関して少しお話しましたが、故森山名誉校長のブログにも
ぜひ読んでいただきたいブログがありますので、本日はそちらをご紹介いたします!

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

タイトル

散歩のスピード

https://playbow-dogtrainers-academy.com/9407.php

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

いかがでしたでしょうか?

 

お散歩の速度を今一度確かめよう!

私自身、愛犬を迎えたのは小学2年生の頃で、愛犬とのお散歩の際には、
がんばって早歩きをしたり、小走りになったりしながら歩いたことを思い出しました。

今現在、移動の際はわりと早い速度で歩くタイプですが、子供の頃は、愛犬のためにせっせと歩いていました(笑)

お散歩の際には、「愛犬は急いでお散歩終わらせてお家に帰りたいのかな?」とか、
「私のペースが早すぎるのかな」などと思っていましたが、犬にとっては、それが普通の速度だったのですね。

東京はまだ梅雨入りしていない為、最近でも近所を歩いていると、犬のお散歩によく遭遇します。

様子をみていると、とっとっとっと・・・と急ぎ足で歩いていながら、
何だか楽しそうな表情の犬ばかりで、すれ違う度に微笑ましくなってしまいます。
(マスクのおかげで、すれ違い様に微かににやけている変な人、と思われずほっとしていました(笑))

さらに、犬たちの軽快で楽しそうな様子をみていると、
運動不足の私も一生懸命歩くね!と逆にモチベーションを貰いました。

これが愛犬とのお散歩ならば、尚更やる気が出そうですね!

犬は、人間の社会の中で生活をしていますので、犬のやりたい事が制限されてしまう場面も多くあります。

お散歩中も、走れない場所があったり、しっかり横についていないと危ない道だったり、
様々な場合がありますが、犬に合せてもらったり、犬に合せてみたり・・・
互いに様子を見ながら、一緒に歩けるというのは、犬との充実した時間の一つですね!

これから梅雨に突入し、お散歩の時間も限られてくるかもしれませんが、
歩く速度をあわせたり、ちょっとしたことで、犬のストレスを減らし、憂鬱な雨の時期も共に乗り越えていきましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
日常の様子を大公開★

Facebook:https://www.facebook.com/playbowacademy/
instagram:https://www.instagram.com/playbowacademy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○○が怖い犬。その解決には・・?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。


突然ですが、皆さんには苦手なもの、怖いものってありますか?

犬の嫌そうな顔の写真

怖いもの・苦手なものあるよね~

怖いもの・苦手なものはありますか?

私は、少し大きいサイズの鳥に恐怖心を抱いています。

先日実家に向かう途中、住宅街を歩いていると、目の前にすこし大きなカラスがいるのを発見!

瞬時に辺りを警戒しつつ、走ってその場から立ち去り、目的の場所まで遠回りをして向かいました。

端から見ると、「あの人普通に歩いてると思ったら、方向変えていきなり走り出した」と少し不思議な光景だったかもしれません。

なぜ、鳥に恐怖心や苦手意識を抱くようになったかといいますと、幼い頃、鳥たちにエサをあげられるという動物園の体験の中で、フラミンゴに背中をつっつかれてしまったという経験したことが原因です。

それ以降、大きな鳥と接する機会や、経験もなく、大きな鳥は怖い・苦手いうイメージで成長してしまいました・・・

その為、現在も鳩より大きいサイズの鳥を見かけると日常・動物園など場所問わず距離をとります。
もしも、誰かが一緒に居ならば、その人を盾にするかのようにしてさっと通り過ぎます。

怖いもの・苦手なものがある皆さん、似たような経験はありませんか?

そしてこの状況!実は犬との生活の中でも当てはまる状況だったりするのです。

怖いもの・苦手なものは、犬にも当てはまる

例えば、お散歩の最中。
知らない人が近付いてきたり、知らない犬を発見した際、飼い主に縋りつくような行動をしたり、後ろで出来るだけ小さくなって隠れるような姿勢をとる犬をみかけたことありませんか?

それは、犬が「怖い」という気持ちからしている行動で、犬にとっては大きなストレスになっているかもしれません。

 

犬にとっての「怖さ」「苦手」をなくすには?

では、その「怖さ」をなくすためにはどうしたらいいのか。

「怖い」という感情を既にもっている場合は、対象物をいいイメージに変えるためのトレーニングを行ったり、その犬にあった方法を見出す必要があります。

この辺りはまさにドッグトレーナーのお仕事ですね。

ですが、この「怖い」「苦手」という気持ちを抱くより前にその対象物に慣れていたらどうでしょう・・?

知らない人や犬に慣れていたら、特に気にすることなくお散歩ができるのではないでしょうか?

この「慣らす」ということ、実はとても重要なのです!そしてそれがプレイボゥでも大切にしている「社会化」といいます。

 

「社会化」とは?

社会化とは・・・
犬が生活する中で出会うであろう物事にあらかじめ慣らしておくことを言います。

犬の場合、生後3週間~12週間くらいまでを「子犬の社会化期」と呼んでいて、色々なものに慣れやすい時期と言われています。

この時期に、色々なものを見たり、聞いたり、触れたりすることで、怖いから攻撃してしまう、どうすればいいか分からなくてずっと落ち着けない、というようなことを減らすことが出来ます。

このメルマガを長年読んでくださる方には既に慣れ親しんだ言葉かもしれませんが、今回、この「子犬の社会化」について学べる機会があるのでご紹介します!

◆ゼロから学べる子犬の社会化セミナー
https://playbow-dogtrainers-academy.com/1796.php
日時:6月10日(木)13時30分~15時

ご興味のある方はぜひご参加をお待ちしております!

私の体験談に話を戻しますが、今回の遠回りをせざるを得ない状況に陥って実家まで来たことを母に話すと、
「怖い気持ちのまま終わったから、もっと楽しい思いもさせてあげればよかった・・」と謝られてしまいました。

日常生活で大きな鳥と遭遇する機会はあまりないので、そこまで気にしていなかったのですが、母と話していて、これは私自身の「社会化」不足な部分だな、と感じました。

犬と共に暮らす上で、人間社会は犬にとって怖いものが存在します。

大切な愛犬がストレスを感じず過ごせるよう、しっかり「社会化」を行っていきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
日常の様子はFacebookやInstagramにて★


Facebook:https://www.facebook.com/playbowacademy/

Instagram:https://www.instagram.com/playbowacademy/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー