ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 最近のこうめ

最近のこうめ

ドッグトレーナー養成スクール

  PLAYBOW Dog Trainers Academy

     https://www.playbow-dogtrainers-academy.com/

◆こんにちは!

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長の森山です。


小梅のガン摘出手術から3ヶ月が経ちました。


先生から「脾臓の血管肉腫を患った子の平均寿命は約2ヶ月ぐらいですよ」と言われてから平均寿命を1ヶ月伸ばしています。



◆小梅は前回、前々回にも書きましたヒーラーの先生方や応援してくださる皆さんから元勇気をもらってとても元気にしているのですが、やはり体力が落ちているのか、時々動けなくなってしまうときがあります。


特に夜中にかなり冷え込んだときなどは、朝はお散歩にも行きたがりませんでした。


◆そんなときは部屋が2階にありますので階段を降りなければならないのですがひどいときは階段を下りることが出来ません。


仕方なく私が抱っこして外に連れ出し、排泄をさせますが、排泄を済ませるとその場にまた伏せてしまい、またそのままお家に抱っこで連れて帰ります。


◆ある朝、普段は異常なくらいの暑がりだった小梅がファンヒーターの前で温風にさらされながら伏せているのを見て「あ~寒いんだ」と思い、その日から夜中もエアコンをいれホットカーペットのスイッチを入れっぱなしにしておくと次の日の朝は快適にお散歩に行ってくれることに気がつきました。


◆今、事務所でこのブログを書いている足元に小梅は寝ているのですが部屋の温度を高めにしていつも小梅が寝ているフローリングに簡易ベッドを引いてあげました。



◆つい先日、以前のお客様からお手紙を頂き、「8歳で愛犬のゴールデンを脾臓の血管肉腫で亡くしました」との連絡を受けました。(ポテトの冥福を祈ります)

手紙には「術後ボール投げが出来るまで回復したのに12月の急に冷え込んだ時に亡くなってしまいました」との事でした。

あまりにも今の小梅と状況が同じなのでびっくりしています。


◆脾臓の血管肉腫はゴールデンレトリバーには本当に多い病気だそうです。

もしこのブログを読んでいる方で愛犬が脾臓の血管肉腫を患っている方がいたら是非暖かくしてあげてください。

かなり症状が和らぐようです。


    ドッグトレーナー養成スクール








  PLAYBOW Dog Trainers Academy

     https://www.playbow-dogtrainers-academy.com/

—–