ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG クリッカートレーニング

クリッカートレーニング

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

英国APDT公認トレーナー

米国CPDT公認トレーナー

日本APDT事業企画委員

森山 敏彦

——————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 クリッカートレーニング 】

——————————————

本文

今週のアカデミーの授業はクリッカートレーニング
です。

森山が担当するのはクリッカーの理論です。

クリッカーとは消しゴムほどの大きさのプラスチック
の箱の中に板バネが入っていて板バネを押すとカチッ
と言う音がします。

その音が褒め言葉の代わりになるのです。

授業をやっていて思うのですがクリッカーは本当に
素晴らしいツールですね!

使いこなすには少し、練習が必要ですが使いこなせる
ようになったら本当に面白いです。

ではなぜ、犬のトレーニングにクリッカーを使う
のでしょうか?

クリッカーを使う利点は大きく分けて2つあります。

1つは、誰が鳴らしても同じ音が出るという事!

たとえば、女性と男性の声ではトーンが違います。

子供と大人でもトーンが違いますよね!

男性が野太い声で「グッドボーイ」などと言っても
犬は怖がってしまうかもしれません。

反対に女性が高いトーンの声で「いけな~い」と
言ったら犬は喜んでしまうかもしれません。

なぜならば犬は声のトーンで相手の感情を読み取る
動物だからです。

犬は高いトーンで吠えるときは、喜びや甘えの感情を
表しています。

反対に低いトーンで吠えるときは恐怖や攻撃の感情を
表しています。

ですから犬は人間の言葉のトーンで人間の感情を
読み取っている場合が多いのです。

さらに犬におやつをあげるときは優しく「おいで」と
言うと思いますが、犬がいたずらをしたときは
どのように犬を呼びますか?

低い声でどすを聞かせて「お・い・で」と呼んで
いませんか?

犬は「今行ったらやばいかも」と思うかも知れません。

全く同じ「おいで」のコマンドでも人間の感情が
変わると犬には全く違うコマンドになってしまう
ことがあります。

しかし、クリッカーは誰が鳴らしても同じ音が
出るので犬が理解しやすいのです。

クリッカーを使う利点2つめは、犬が良い行動を
した瞬間をとらえることができるという事です。

たとえばクリッカーを使わないトレーニングの場合
犬が伏せをしたときに褒めて、おやつを与えますが
犬はどの部分が良かったのか理解が難しいのです。

なぜならば、人間は日常的に言葉を使っています
ので褒め言葉が犬には伝わりにくいのです。

それが、クリッカーを使うと伏せた瞬間をクリッカー
の音でマークすることができます。

クリッカーの音はあまり日常生活の中には無い音
ですので犬はしっかりと意識できます。

ですから、犬は伏せたことが良かったんだと理解
できるのです。

クリッカーは言葉とおやつだけでトレーニングを
することの欠点を克服してくれます。

この2点だけでもクリッカートレーニングは
素晴らしいのですが、森山が一番気に入っている
もう一つの理由があります。

次回は森山がクリッカーを使う最大の目的をお伝え
します。

クリッカー使いたいと思った人も思わなかった人も

とりあえず下のバナーをぷちっとお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。

ためになったと思ったら愛のぽちっをお願いします♪

——————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
school@playbow.jp

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————

—–