ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 原理原則

原理原則

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

英国APDT公認トレーナー

米国CPDT公認トレーナー

日本APDT事業企画委員

森山 敏彦

——————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 原理原則 】

——————————————

本文

20代の頃、森山はサラリーマンをしていた。

あるとき上司が移動になり新しい上司に変わった。

実はその上司は、自分の部下になる森山たちに
「今日から君たちの上司になる○○です、よろしく」

と言う趣旨の挨拶をしなかったのだ。

森山は挨拶を重んじる。

たとえ上司と言えども新任の挨拶はするべきと
考えている森山は、その次の日からその上司に
挨拶をしなくなった。

今思うとその頃の森山は、結構とんがっていた。

その結果、当たり前だが上司と森山の関係は最悪な
状態になっていった。

今考えれば、自分はなんて嫌な部下だったんだろう
と思う。

上司にしてみれば、新しい職場について緊張も
していただろう。

部下に対して挨拶を忘れてもおかしくない。

それなのに森山は挨拶ができない奴は上司とは
認めない、といった態度を取った。

だから、そのツケが回ってきた。

自分が独立してスタッフを雇うようになってからだ。

森山が独立して間もない頃の話。

朝、会っても挨拶できないスタッフがいるのだ。

森山も「お前が挨拶しないなら俺もしないよ!」

と言う態度を取る。

当たり前だが関係がぎくしゃくしてくる。

その関係は決して仕事でも良い結果を生むことはない。

人間関係にひびが入って仕事の質も落ちる。

お客様商売としては致命的だ。

しかし、森山は理解した。

「お前の上司はこういう気持ちだったんだぞ」

と神様が教えてくれたのだ。

だから森山は良い上司になろうと決心した。
(今できているとは言いませんが^^;)

そしていろいろな本を読み勉強をした。

その中のいくつかの本は学習理論の本だ。

その結果、学んだ答えは無視や罰を与えても相手は
はこちらが望んだ行動をするようにはならない。

相手を尊重し、認め、理解すれば相手もこちらを
理解してくれるということ。

森山は「相手を変えよう」と思うのを止め
「自分が変わろう」と思うようになった。

だから相手が挨拶をしてもしなくても自ら進んで
挨拶をするようにした。

相手の良いところに注目し、気になるところには
目をつぶるようにした。

するとどうだろうか!

相手の態度が変わってきたではないか!

おそらく向こうも今まで「感じ悪いな」と思って
いたのであろう。

それが、こちらから挨拶をするようになったので
相手も挨拶をするようになったのだ。

昔から、「他人と過去は代えられない」
「変えられるのは自分と未来だけ」

と言う言葉がある。

相手を責めたり変えようとすると、大抵、逆の
結果が出る。

相手から嫌われたり、さらに意固地になったりする。

そうではなく、相手を尊重し、認め、理解しよと
すれば相手は心を開いてくれる。

結果、相手もこちらを理解し、尊重してくれる
ようになる。

これは原則なのだが、実行するのは中々難しい。

だからこそ行う価値があるのだと森山は思う。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
  ぽちっとお願いします♪

——————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
school@playbow.jp

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————

—–