ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG デンマークのドッグトレーナーヴィベケ・リーセ

デンマークのドッグトレーナーヴィベケ・リーセ

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長
森山 敏彦

——————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル


【 デンマークのドッグトレーナーヴィベケ・リーセ
女史によるドッグトレーニングスカイプ集中講座 】

——————————————

本文



いよいよ明日。デンマークのカリスマトレーナー
ヴィベケ・リーセ女史によるドッグトレーニング
集中講座の申し込みを開始します。




講座の内容は下記の通りです。



————————————————-


第一回目

飼い主と犬の協調作業について。普段(特に日本では)
どんな風に協調関係を築いているか?


第2回目

1.先週の宿題についてみんなでディスカッション。
2.狩猟欲、防衛欲について→この欲をトレーニング
にどう活かしているか



第3回目

先週に引き続いて狩猟欲、防衛欲について話し合う。
また犬の性欲についても言及。あなただったらどんな
風にこれをトレーニングにいかすか?


第4回目

子犬の発達について。
1.子犬の発達について、その行動を読みながら、
どんな発達段階にいるか理解することができますか?
2.社会化訓練ができていない子犬が、どう
将来問題行動を発達させるか


第5回目

飼い主と犬とのコミュニケーションについて
1.日本ではたいていどんな風にみなさん、
コミュニケーションをとっているのでしょうか?
2.コミュニケーションをするときに、
犬の何に注目して行えばいいのか?


第6回目

ストレスの限界について
1.どのように「もうここまで!」を見極めるか。
2.どんなボディシグナルを見つけるべきか、
そしてどんな風に人間は対応すべきか


第7回目

学習について
トレーナーとしてどんな風にシェーピングを授業で
使っている?


第8回目

コンタクト。
1.どんなコンタクト・トレーニングを行ったら
いいのだろう?
2.どの段階で(たとえば年齢、トレーニングの
進み度によって)、コンタクトトレーニングを
進めていけばいいのだろう?


第9回目

1.犬とコミュニケーションをする際に、
どうやって人間が犬にボディランゲージを
みせるべきか?
2.宿題:今までの復習をする上でのテスト。
ここではみなさんの理解度を見てみます。
これは次回の授業で答えを提出してもらい、
それをもとにみなさんとディスカッションします。


第10回目

1.前回の宿題の答えをみなさんで、討論・話し合い
2.犬の扱い方



————————————————-



今回の内容はドッグトレーナーを目指している方、
ドッグトレーナーとして独立後、間もない方は
もちろん、



ヨーロッパ人の犬との関わり方を学びたい方にも
充分満足していただける内容となっておりますので
初心者の方からプロの方まで幅広く受講して
いただくことができます。




以前にも言いましたが、ドッグトレーナーは犬の
ボディーランゲージを読めなくては仕事になりません




ヴィベケはボディーランゲージを見る天才です。




そのヴィベケから直接学べる機会は今回をおいて
他にはないと思います。



実はヨーロッパの中でも北欧のドッグトレーニングは
かなり進んでいると言われています。




日本に居ながらにして、そのドッグトレーニングを
学べる機会もそうないと思います。



今回は少数でヴィベケとディスカッションしながら
講座を行いますので7名の募集となります。



一方通行のセミナーとは違い、その場その場で疑問に
思ったことを直接ヴィベケから聞くことができます。



さらに通訳は沢山の犬雑誌にスウェーデンから記事を
書いていらっしゃる、あの有名な藤田りか子さんが
勤めてくださいますので、




りか子さんからも色々な情報がもらえることと
思います。




おそらくインターネットで募集してしまうとすぐに
埋まってしまうと思いますので、今回は森山のブログの
読者さんとメルマガの読者さん限定と
させていただきます。



詳細につきましては明日この記事にて発表させて
頂きます。



お見逃しなく!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
 

 ぽちっとお願いします♪

——————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
school@playbow.jp

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:
school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————


—–