ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 情報は鮮度が命

情報は鮮度が命

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長
森山 敏彦

——————————————–

近況

今日は、旅行代理店スクープジャパンの田中さんと
中目黒で打ち合わせをさせていただきました。

http://www.scoop-japan.com/index.html

いつもイギリスツアーをアレンジしてくれている
旅行代理店です。

かゆいところに手が届く素晴らしいサービスを
してくださいます。

田中さん、いつも有難うございます。

みなさん、旅行をするときは是非スクープジャパンを
使ってみてください。

国内のサービスも行っていますが、お勧めは
海外旅行です。

絶対おすすめ!

———————————————

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 情報は鮮度が命 】

———————————————

本文

森山の原点はイギリスです。

森山がなぜ今でもトレーナーとしてやっていける
かと言うと、ちょうど2000年のあの時、勇気を
出して、イギリスに行ったからだと言ってもも過言
ではありません。

イギリスでAPDT(英国家庭犬トレーナー協会)の
アセッサー(メンバーになりたい人を評価をする人)
であるフィリッパ・ウイリアムズに会っていなかったら
今の森山はいませんでした。

フィリッパに会っていなかったら、もしかしたら
トレーナーも辞めていたかもしれませんね。

それぐらいフィリッパは森山に影響を与えた人物
なのです。

フィリッパから学んだことは数知れず、今だからこそ
日本でも有名になった物もありますが、その当時は
殆ど日本では知られていなかった物ばかりです。

たとえば、クリッカートレーニングですが、当時
日本でクリッカートレーニングをしていたトレーナー
はほとんどいませんでした。

もちろん、森山もクリッカーのクの字も
知りませんでしたよ。

クリッカー?クラッカー?それって食べられる?
ぐらいの感じです^^;

ですからフィリッパからクリッカートレーニングを
伝授されたのはいいけど、日本ではクリッカーを
入手することさえ難しかったのです。

当時、クリッカーを扱っているショップは全くなく
仕方がないので知り合いのペットショップに
お願いしてアメリカから取り寄せてもらいました。

そして、一般の飼い主さんにクリッカートレーニング
を教えていったのです。

少しずつクリッカートレーニングというものがある
そうだと言ううわさが日本でも流れはじめたのですが、
当時は海外から先生もあまり来ていませんでしたので

プロのトレーナーもクリッカーの理論を学ぶ場所が
なかったのです。

ですから現役のトレーナーさん達が森山のところに
クリッカートレーニングを学びに来てくれました。

それとか、これはトレーニングではないのですが、
フィリッパから教わり犬の手作り食(生食)を
始めたのもこのころでした。

オーストラリアの獣医師イアン・ビリングハースト
先生が推奨するBARF DIETという食事方法です。

鳥の手羽先を中心に色々な肉を生で与えます。

肉のほかに野菜やフルーツも生の状態で与えますが
犬は野菜の繊維が消化ができないのでペースト状に
して与えるといった完全生食です。

かなり大まかに説明しますと、
その昔、犬の先祖であるオオカミは獲物を倒して
調理して食べたわけではなく、生のまま食べて
いました。

ですから犬も生のまま与えたほうが消化にも良いし
栄養も吸収しやすいとの理論です。

当時、森山は、犬にはドッグフードしかあげては
いけないと信じ込んでいましたので、この情報は
非常にセンセーショナルでしたね。

森山は愛犬コウメちゃんに恐る恐る生の手羽先を
あげたのですが、おいしそうにたくあんを食べる
ような音を立てながら食べてくれました。

当時まわりに犬の食事を手作りしている人は皆無
でしたので親しい獣医の先生に「イギリスで手作り食
教わってきたんですけど先生どう思います?」って
聞いてみました。

そうしたら先生曰く「犬に生肉食べさせたら、凶暴に
なって人間にかみつくようになるんじゃないの」と
本気で言われました^^;

今でこそ沢山の人が手作り食や生食を行っています
ので、ここではその効果がどれくらい素晴らしいかは
詳しく説明いたしませんが、当時は獣医の先生も
知らない情報だったのです。

それ以外にも森山がイギリスで初めて知った情報は
たっくさんあるのですが、長くなりますので今日は
これくらいにしておきましょう。

要するに、海外では私たちの知らない素晴らしい
情報がてんこ盛りになっているということです。

その情報を自分のものにできれば貴方は、ほかの
トレーナーとの差別化をすることができるのです。

2000年当時、クリッカートレーニングを理解
しているトレーナーは日本に数人しかいなかったと
思います。

犬の手作り食を飼い主さんに教えられるトレーナー
もほぼ皆無だったと思います。

ガンドッグトレーニングを教えられるトレーナーは
今でも森山だけ?だと思います

それらの情報を武器にして森山は他のトレーナー

との差別化を図ってきたのです。

海外の先生から学んだからこそ今の森山がいる

のだと思います。。

もちろん情報は時間とともに陳腐化していきます。

今、日本にクリッカートレーニングができるトレーナー
は沢山います。

手作り食に関しては森山より詳しい一般の飼い主さんが
沢山います。

しかし「な~んだもう遅いじゃん」と考えるか、もしくは
「海外には知らないことがたくさんある、勉強したい」
と思うかで貴方の未来は全く違ってきます。

どちらを選ぶかは自由です。

もしかしたら「海外の情報を学びに行ったのに

大したことなかった」と思うかもしれません。

でも、行動をしなければ「大したことなかった」
ということも知ることはできません。

今はインターネットが発達していますので海外の情報
でも気軽に入手することができるようになりましたね。

しかし、人間の生の口から出る情報とインターネットの
情報はその鮮度や深さが全く違うと思います。

ドッグトレーナーを目指す貴方、今後海外の先生から
学ぶ機会があったら時間とお金の許す限り参加する
ことをお勧めします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
 

 ぽちっとお願いします♪

———————————————

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
school@playbow.jp

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

——————————————–
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
——————————————-

—–